某オフィスビルの汚水・下水様臭気の異臭発生源調査


人気ブログランキングへ

工事種別
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2018年4月10日
施工先
オフィスビル
施工概要
某オフィスビルの汚水・下水様臭気の異臭発生源調査
施工前状況
  • 某所にあるオフィスビルにて、不定期に下水のような悪臭が執務エリアや会議室に強く発生してくる為、業務にも支障が出ていて困っていた。
  • このオフィスビルには地下フロアもあり、その為、汚水槽と雑排水槽が設置されていた。
  • ビル管理会社や、設備業者では、その汚水槽や雑排水槽が怪しいのではないかと、何度か調査を行ったが、全く改善されなかった。
  • また、オフィスビルはかなり築年数が古く、大幅なリニューアルや増築工事等も行ってきており、もはや管理会社や設備業者では、全く手に負えない状態となってしまった。
  • そこで、ビルのオーナー様がインターネットで臭気調査の専門会社を検索されたところ、弊社の対応が良かったとの事で、弊社臭気調査のご依頼をいただいた。
施策内容
  • 臭気調査の熟練である臭気判定士2名にて現場へ訪問した。
  • まずはお客様より、臭気発生状況や臭気の強弱、発生している場所等のヒアリングを行った。
  • その後、特に強く臭気を感じるエリアを中心に、臭気判定士の嗅覚による官能チェックをしつつ、ターゲットとなる臭気がわずかでも残存していないかを確認していった。
  • すると、ある特定の箇所で、強度としては弱いが、質としては明らかに汚水臭気とわかる臭気の存在を嗅ぎあてた。
  • 建築図面をチェックしていくが、増築や改築、リニューアルに次ぐ工事の為、衛生配管までははっきりとわからない状況であった。
  • 屋上やビル外部からも目視でも確認していったが、見える範囲には限界があった。
  • その為、仮説を絞り込んだ上で、トレースガスによる漏洩調査を実施したところ、該当箇所から強いトレース反応を確認出来た。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
  • 現場経験豊富な臭気判定士(国家資格)の嗅覚による官能評価
  • においセンサーやスモークテスターを用いた臭気強度等のマッピング
  • トレースガスセットを用いて行う、仮説を実証する為のトレース試験
施工後の状況
  • それ以上は追跡できない為、専門業者による穴開け工事を依頼し、工事時は立ち会った。
    ビル管理会社側では、そこには何もない!との事であったが、実際に穴あけが完了し、開口部から裏側を確認すると、謎の配管が立ち上がってきており、その配管から下水臭が発生している事が確認出来た。そこを閉塞する事で、完全に臭気問題は解決された。
その他補足感想など
  • オフィスビルにおいて、不定期に発生する汚水のような臭いや、下水のような悪臭は、業務の集中力を妨げるほど不快感の高い悪臭である。
  • この現場でも、臭気の発生頻度は不定期であったが、会議室や打ち合わせスペースもあった為、お客様との商談中や、大切なゲストの来社時に、突如として異臭が発生してくるのは早急に解決したい切実な問題であったと聞いている。
  • しかし、あの状況から考えれば、まさかそこに発生源があるとは、普通に考えればあり得ない事である。弊社としても、鍛え抜かれた臭気判定士2名による嗅覚の官能評価である程度、絞り込めたとはいえ、それだけでは確実に断言するには至らなかった。
  • トレースガスによる実証試験にて、自信が確信に変わった為、ようやく「ここに穴をあけてみましょう」と提案する事が出来た。
  • 「穴をあけて何もなかったら?」という質問に対しては、「可能性を一つ潰したという事でご納得下さい。ただ、かなり高い確率で、何かはあるでしょう」とお答えし、作業を進めていただいたが、結果的には正解であった。
  • 立ち会い時には多少の不安もあったが、終わってみればお客様から「さすがプロですね」と心から感謝いただけて、一安心した次第である。
  • 建物や施設等において発生する汚水や下水の臭気の調査はもちろん、工場の臭気対策カビ等、臭いに関する事であれば、ぜひ弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
においセンサー
臭気発生源
臭気判定士による官能評価
トレースガスによるトレース試験

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


マンションの室内にて不定期に発生する異臭調査


人気ブログランキングへ

工事種別

マンションの室内の異臭調査

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2018年4月1日
施工先
都内高層マンションの1室
施工概要
マンションの室内にて不定期に発生する異臭調査
施工前状況
  • 某マンションにて、住民様より「不定期に強い異臭がする」と、マンション管理会社に悪臭苦情が寄せられた。
  • 分譲マンションで新築すぐであった為、管理会社は施工した建築業者や、設計会社へ情報を共有し、異臭問題の解決をするべくいろいろ調査を行った。
  • しかし、どの業者も異臭発生源を突き止める事が出来ないまま、時間だけが過ぎていき、住民様からは早急に対策を求められ、関係性まで悪化してきてしまった。
  • 設計会社がインターネットで検索したところ、臭気対策臭気調査の専門会社である弊社を見つけていただいた。
  • 新築のマンションのスペックイン等でお付き合いがあった為、最短での臭気調査をご依頼され、臭気調査の熟練臭気判定士2名にて現場へお伺いした。
施策内容
  • 臭気調査を実施している時間帯で、お客様が指摘されている異臭は発生しなかった。
  • お客様からのヒアリングでは、「下水のような悪臭」や「ドブ臭」といった表現があり、場所が脱衣所周辺で気になるという事から、汚水臭にターゲットを絞り、臭気調査を進めていった。
  • スモークテスターで気流を確認していくと、高層マンションであり高気密・高断熱の為、気密性が大変高く、さらに24時間換気の給気口を閉塞されていた為、室内が強い負圧状態である事を確認した。
  • エアーバランスを確認する為に、キッチンの換気扇を稼働させたり停止したり、風呂場やトイレの換気扇を稼働・停止させたりしながら、いろいろな臭気発生源の仮説を立てていった。
  • 最も負圧を強くした状態にて、臭気判定士の嗅覚には、わずかではあるが、汚水・下水系臭気が感じられた。それを嗅覚にて追い込んでいくと、脱衣場にある洗面台の排水口部分からであった。
  • その為、トレースガスを別の雑排水管から流し込み、センサー反応をチェックするという実証試験を行ったところ、しっかりとした反応が確認された。
  • エアーバランスの改善をいろいろとご提案させていただき、臭気調査を終了した。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 基本的には、給気をしっかりとっていただく事で、大きな部分での臭気問題は解決した。
    しかし弱い臭気レベルでの臭気発生は残る為、通気口の設置をご提案させていただいた。
    高気密・高断熱のマンションでは、このようなエアーバランスの崩れから汚水・下水臭が発生するケースは決してレアケースではない。
その他補足感想など
  • 省エネや高気密・高断熱のマンションは、気密性が高く、冷暖房効率が大変よくなっていて、エネルギーを使うランニングコストを低減出来る可能性が高い。
  • しかしそれと引き換えに、室内の空気の入れ替わりが少なくなってしまうという欠点が挙げられる。
  • その為、建築基準法で定められている「24時間換気」が設けられていて、多くのケースでは「第三種換気」つまり、排気をファン等の機械制御で行い、給気を給気口等の自然制御で行うようになっている。
  • ところが、その給気口が、夏は熱い空気が、冬は冷たい空気が入ってくるし、虫等の侵入も懸念される為に、閉じてしまわれるケースをしばしばお見受けする。
  • 上述したように、「臭気」だけの観点からすれば、24時間換気は最低限、稼働させておいて、給気口はしっかり開けておく必要がある。
  • それでも高層マンション等では、汚水配管や雑排水配管が縦系統で繋がっており、配管内の圧力バランスも避けて通れない問題となる。もちろんその対応として、通気口が設けてあるケースがほとんどだが、いろいろなバランス問題が重なった時、本件のようにどこかの室内に排水トラップを通り抜けて、あるいは一時的にトラップがなくなって、悪臭が侵入してしまう事がある。
  • 施設や商業ホテル飲食店等はもちろんだが、マンションやご家庭臭気調査でも、弊社共生エアテクノは対応しております。まずはお問い合わせいただければ幸いですが、大変多忙であり、お待ちいただく期間はご容赦下さい・・。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


カフェテリアのフライヤー排気臭と食堂の厨房排気臭 脱臭対策


人気ブログランキングへ

工事種別

商業ビルの食堂の排気臭対策

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2018年3月22日
施工先
商業ビルの食堂 (厨房排気臭の脱臭対策)
施工概要
カフェテリアのフライヤー排気臭と食堂の厨房排気臭 脱臭対策
施工前状況
  • 某所にて、オフィスビルの新築工事が計画されていた。
  • 密集地帯ではなかったものの、悪臭防止法では複合臭気として臭気指数(臭気濃度)の規制エリアであり、また、近隣に住居や倉庫、工場が多く、計画段階において周辺から、環境面(臭気も含む)への配慮を条件とされていた。
  • 設計会社及び建築会社から、厨房排気用脱臭装置メーカー及び代理店に、それぞれ設計検討や見積依頼等が出され、弊社にもご依頼を頂戴した。
  • 弊社からは、費用面、設置スペース、周辺との状況、臭気の拡散シミュレーション等を実施したご提案書を提出させていただいた。
  • 最終的に施主もご意向もあったとの事で、弊社に脱臭装置のご発注を頂戴した。
施策内容
  • 内示を頂戴した段階で、現場事務所等にて最終的な現場確認(新築中)や設置場所、施工における所掌範囲、内容等を何度かお打ち合わせさせていただいた。
  • そののち、正式に設備業者様(サブコン様)からご発注を頂戴し、脱臭装置一式の製作に取り掛かった。
  • 既設であれば、原臭臭気指数(臭気濃度)を実測してから、脱臭の設計を行う事も可能だが、本現場は新築であった為、弊社の過去のデータベースから、想定される原臭臭気濃度を設計条件とさせていただいた。
  • また、想定の範囲を超える臭気が発生する可能性もある為、弊社として、予備段数を設けられる設計とするようにご提案し、承諾いただいた。
  • 納期通り、ケーシングを納入。サブコン様にて設置、ダクト関係を繋げていただいたのち、厨房排気臭対策用の脱臭フィルター「ゼオガイア」(当時マグセライド)を当方にて設置を実施した。
  • 実際にオフィスがオープン後、厨房が稼働するピークの時間帯に、三点比較式臭袋法による臭気指数を測定し、原臭と脱臭後の効果測定を行った。
  • 下記の通り、設計条件を問題なくクリアしていたことから、検収となった。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
  • 厨房排気臭対策用の脱臭装置「ゼオガイア」(当時:マグセライド)
  • 排気臭気の拡散シミュレーションからの脱臭装置の提案
  • フライヤー臭気の脱臭対策。
施工後の状況
  • 系統1:原臭臭気濃度1,300(臭気指数32)→脱臭後臭気濃度32(臭気指数15) 脱臭効率97.5%
  • 系統2:原臭臭気濃度320(臭気指数25)→脱臭後臭気濃度40(臭気指数16) 脱臭効率87.5%
  • いずれも設計条件をクリア。想定と同程度であり予備段数への追加設置は不要であった。
その他補足感想など
  • 本件では、特に近隣の倉庫様から、臭気についての対策要望が強かった。倉庫会社様からしてみれば、倉庫に保管している保管物は大切なお客様からのお預かり物であり、そこに油や飲食物のニオイが付着してしまうのは、可能性だけでも排除しておきたいのは当然であろう。
  • しかし、臭気というのは、脱臭装置の出口にて、完全に無臭レベルまで低減させるのは大変困難であり、費用面や設備面、ニオイの特性等をトータルで鑑みれば、現実的ではない。
  • そこで、排気臭がどこまで飛散するかを、シミュレーションしたり、経験豊富な臭気判定士が実際に嗅いで(既設等であれば)、あるいは現場を確認して、対象場所へは臭気が飛散しない予測のもとで、脱臭装置の設計提案を実施させていただく事も可能である。
  • もちろんあくまで想定であり、完璧な対策を求めていくと、脱臭装置が莫大なものになっていってしまう。よって本件では、脱臭フィルターを入れるケーシングに余裕をもたせ、万が一、臭気が強くなってしまったりしたときの為に、脱臭フィルターを追加で設置できるようにしておいた。
  • 実際に稼働後、臭気判定士が臭気を採取し、三点比較式臭袋法にて、臭気濃度(臭気指数)を測定したところ、設計時に想定したものとほぼニアリーの原臭の強さであり、脱臭効率もほぼ設計通りであった。
  • 近隣への臭気拡散状況も全く問題なく、悪臭苦情等の発生もゼロであり、しっかりと脱臭対策を遂行出来た。
  • 新築でも既設でも改修でも、脱臭や消臭、臭気調査や臭気測定等、臭気対策に関する事でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/