洋食レストラン(イタリア料理)の厨房排気臭対策


人気ブログランキングへ

工事種別
担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2018年8月29日
施工先
洋食レストラン(イタリア料理)
施工概要
ガーリック臭気及び料理臭の排気臭対策
施工前状況
  • 都心部にてオープンした、イタリア料理店にて、排気臭が近隣から臭気苦情となっていた。
  • また、入居したビルの上階のテナントからも、臭気苦情が寄せられてしまった。
  • お店及び管理会社としては、どのような対応をして良いかまったくわからず、困っていた。
  • なかなか臭気トラブルが収まらない為、インターネット等で臭気対策専門業者を検索した。
  • 弊社共生エアテクノを見つけていただき、管理会社よりお問い合わせを頂戴した。
  • 弊社の厨房排気臭対策の営業担当者より、内容の詳細ヒアリング等を行った。
  • 結果として、まずは現状把握と、必要な脱臭効率の把握をやる事で合意した。
  • そのため、臭気コンサルテーションと、脱臭デモテストを、同時に実施するご発注を頂戴した。
施策内容
  • イタリア料理店の厨房稼働状態がマックスとなるタイミングとして、お昼のランチタイムをターゲットとさせていただいた。
  • 排気口へ近づき、臭気採取道具をセッティング。臭気のピークのタイミングを可視化する為、ニオイセンサー(現:Deomoni)を設置するとともに、臭気判定士の嗅覚でも臭気変動をチェックした。
  • また、厨房排気臭対策用の脱臭装置(現:ゼオガイア)の小型テスト機も持参した。
  • 必要な設計風量を排気ダクトからアルミのフレキダクトで分岐させて、小型デモテスト機に実際の厨房の排気臭を導入した。
  • 臭気がマックスのタイミングで、排気口及び脱臭デモテスト機にて臭気採取を実施した。
  • 採取した臭気は、三点比較式臭袋法にて、臭気指数(臭気濃度)を算出した。
  • また、臭気拡散シミュレーションを実施し、脱臭対策のご報告とご提案をレポートに纏めてご提出した。
装置などの名称/分類
  • 厨房排気臭対策
  • イタリア料理店からの、ガーリックやスパイス等の調理臭気対策
  • フライヤーからの臭気の脱臭対策
施工後の状況
  • 現場の状況として、本排気に相応しい脱臭装置の設置場所や費用が合わなかった。
  • それでもやれるだけの対策として、臭気拡散シミュレーションの結果をもとに、排気口の変更(延伸)を実施する事をファーストステップとしてご提案させていただいた。
その他補足感想など
  • 都心部のとても狭いエリアにオープンした、イタリア料理レストランであり、ランチタイム時は大変な賑わいであった。ただ、人気が出れば出るほど、厨房排気臭の絶対量も多くなってしまう。
  • 近隣苦情だけであれば、悪臭防止法を遵守する方法がシンプルに考えられたが、本件ではどちらかというと、入居しているビルの他フロアのテナントさんからの臭気苦情がメインと判明した。
  • よって弊社も、臭気採取やデモテスト以外に、上階のテナントフロアへも立ち入り許可を頂戴し、実際に嗅覚によってフライヤー排気臭の侵入状況をチェックするという作業も実施した。
  • 拡散シミュレーションの結果から脱臭装置のご提案も盛り込んだが、都心狭小地という事もあり、設置スペースがなく、ニオイ以外に音(脱臭装置用に追加するファン)の問題も懸念された。
  • それでも何かしら対策は実施したいので、少しでも軽減できそうな提案をしてほしいというご依頼を頂戴し、拡散シミュレーションの結果をもとに、排気口の変更(排気ダクトの延伸)を代替案としてご提案した。
  • これは臭気苦情をゼロにすることは難しいが、それでも軽減は出来る可能性があるという苦肉の策ではあった。
  • その後、弊社としてはそれ以上のお手伝いが難しい為、何かあればご連絡をいただくという事にて、本案件は終了した。
  • 厨房の排気臭対策や、工場の脱臭対策であれば、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。臭気の測定や脱臭のデモテストだけでも、対応させていただきます。
厨房排気臭対策の脱臭フィルター「ゼオガイア」デモ機
脱臭装置 デモテスト
臭気調査
臭気判定士による異臭調査

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


タイにおける工場の排気臭対策


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気対策コンサルタント タイ及び西日本担当 平山レオ
提出日付
2018年8月17日
施工先
タイの工場
施工概要
タイの日本現地法人として設立されている工場の臭気対策
施工前状況
  • 日本のタイ現地法人として設立されているタイにある工場。
  • いろいろな製造ラインを有しておられて、稼働率も高く、その分、排気臭や排気量も多い。
  • 風向きや生産状況によって、近隣から臭気苦情が寄せられるようになってきた。
  • もともと周囲には何もない状況だったが、今は住居や施設が立ち並び、臭気対策はタイといえども必須となってきている。
  • 弊社のタイ代理店にご相談いただき、まずは臭気監視装置「Deomoni」を、工場の敷地境界や排気口近くに設置する事で、臭気の変動をモニタリングしていくことが決定した。
  • また、最も臭気が強いレベルで排気される製造ラインの排気口には、消臭剤のスプレー噴霧ユニットも設置して、脱臭対策を実施する事も決定された。
施策内容
  • 24時間ニオイ監視システム「デオモニ」は、無線にて電波を飛ばして、中央監視室にあるパソコン等の画面にて、臭気変動状況等をリアルタイムでチェックできる。
  • 同時に、そのデータは保存され、のちほど、時系列や場所別等でのチェックをする事が可能である。
  • 日本の悪臭防止法が、タイでも悪臭防止条例というような形で徐々に制定されつつあり、臭気指数(臭気濃度)の算出も必要となっている。
  • 弊社では、日本の臭気判定士と、代理店さんに常駐しているタイの臭気判定士によるコラボにて、臭気対策コンサルテーションや臭気濃度の測定等を実施する事で、デオモニの数値に検量線を覚えさせ、測定回数や手間を少なくする事も可能である。
  • また、風向風速計を設置し、臭気センサー「Deomoni」と関連づけることによって、どの風向きの時にどこのニオイセンサーが反応しているか、等の詳細なデータ確認も可能となっている。
  • 電波状況の確認をタイ現地にて実施し、中継器の台数も決定した。
  • 出荷前検査を弊社大阪ラボにて実施した。
装置の紹介(概要)
  • 日本やタイの工場にて、排気される臭気や場内臭気を、無線にてモニタリングできるシステム。
  • 風向風速計との連動により、どの風向きの時にどのセンサーが反応するかを確認する。
  • 人による臭気マッピングや臭気測定の手間や時間を軽減できるシステム。
施工後の状況
  • 臭気監視システムDeomoniの出荷前検査として、結果としては問題なく施主検査に合格した。
  • 具体的には、Deomoni複数台の反応や挙動のチェックがメイン。その他、弊社自主基準に合わせて、各項目をくまなく検査している。
  • その後、タイへ輸出され、タイ現地にて設置工事や試運転確認後、検量線を作成していく。
その他補足感想など
  • 今までは、工場の担当者が、ハンディタイプのセンサーを手にもって、毎日決まった時間に敷地境界を歩いて、臭気レベルをメモする必要があった工場様。
  • 近隣から「今、臭気が来ている!」と臭気苦情があってから、センサーを用意しアイドリングして、駆け付けた時には「もうないよ」と言われて手間ばかりの割には確認ができない工場様。
  • 近隣から臭気苦情が寄せられているが、どう考えても自工場の排気臭ではなく、近隣の違う工場からの排気臭ではないかと思っておられる工場様。
  • 今は臭気苦情等はないが、今後の為にも、あるいは自社基準やコンプライアンス、臭気苦情を発生させない予防を考えていきたい工場様。
  • 悪臭防止法条例にのっとり、臭気指数測定を毎度やっているが、そこまで厳密なデータを毎回必要とはしておらず、参考程度でよく、測定回数を減らしたいと考えておられる工場様。
  • その他、様々なケースで、工場の臭気を常時監視、24時間モニタリングできるシステムが、Deomoni(デオモニ)の最大の特徴である。
  • 日本及びタイの工場にて、そのような需要やニーズ、試みを考えておられましたら、弊社の臭気監視システム「Deomoni」はベストマッチですので、ぜひ弊社までまずはお気軽にお問い合わせ下さい。
臭い監視システム ユニット
臭い監視システム ユニット
臭い監視システム 表示
臭い監視システム デオモニ

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


カビや下水等の臭気チェック


人気ブログランキングへ

工事種別

漏水後の臭気確認

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2018年8月8日
施工先
某マンションの室内
施工概要
マンション室内の臭気調査(カビや下水等の臭気チェック)
施工前状況
  • 某マンションにて、漏水事故が発生してしまった。
  • 漏水に気が付くのが遅れた為、壁裏や床下に漏水が貯まってしまっていた。
  • 住民さんが、「何かクサイ」と感じ始めて、管理会社に相談したところ、漏水が発覚した。
  • 既に湿気と水、さらには気密性の高さ等から、高温多湿な壁裏や床下、天井裏では、多数のカビが発生してしまっていた。
  • 管理会社としては、最大限の対応を行うという事で、躯体を残して出来る限りのスケルトン状態まで解体し、除カビや防カビ対策を実施した後、復旧しようとした。
  • しかし住民さんから、本当に臭気がなくなったのが不安であるとのことから、第三者の中立的立場である専門機関に臭気測定を依頼する事となった。
施策内容
  • 臭気調査臭気測定の専門会社をいろいろリサーチし、機器分析やガス成分調査等もあったが、今回のケースでは、複合臭としての残存臭気等を判定したいとの事であった。
  • 弊社にお問い合わせいただいたときに、弊社が出来る対応や調査内容を詳細にご説明申し上げて、お見積書もご提出させていただいた。現地調査や下見は実施していない。
  • 結論として、今回のニーズに最も合致する臭気調査内容であるとご判断いただき、弊社にご依頼を頂戴した。
  • 臭気判定士2名にて現場へ訪問し、最も臭気を感じやすい条件を整えていただいた段階で臭気測定を実施させていただいた。
  • 基本的には、現場経験豊富で嗅ぎ分けや識別能力が鍛えられる臭気判定士の嗅覚による官能評価を主とし、臭気センサーを副として臭気判定を行っていった。
  • 壁や床等までくまなく嗅ぎまわり、また、一部、下水臭や雑排水臭がする原因も指摘しながら調査を進めていき、ほぼ、スケジュール通りに臭気調査を終了した。
装置などの名称/分類
  • ゼロ・オド・サービス分野より、「クサイに挑むプロフェッショナル」の臭気調査
  • 臭気判定士による、マンション室内空間の臭気判定
  • カビ臭や雑排水臭気の調査
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 臭気判定士2名の嗅覚による官能評価では、6段階臭気強度表示法で、ターゲットとなる臭気に関しては2未満(認知閾値に達せず)であった為、問題なしと判定した。一部、気になる臭気の質は原因まで特定し報告した。その後、特に問題なくお住まいになられていると聞いている。
その他補足感想など
  • ニオイというものは、目に見えない。また、ニオイの感じ方は千差万別、十人十色である。
  • また、一度気になってしまったニオイに関しては、嗅覚閾値が鋭敏になるのではないかと思われるほど、僅かなニオイでも感じ取ってしまうケースも、現場レベルの経験として、弊社は有している。(エビデンスがない為、あくまで経験値としてである事をご理解いただきたい)
  • しっかり対応をしたという施工者側や管理側では、完全にニオイを含めて問題なくなっているのだが、一度そこで臭気トラブルにあってしまった住民側等では、どれだけやってもらっても不安感が残ってしまったり、対応が遅かったりすれば不信感にも繋がってしまいかねない。
  • そんな時に、弊社のような中立な第三者機関が、本当に臭気がなくなっているのか、はたまたまだ臭気としては感じられるのか、あるいは対象となっている臭気とは違う質が存在しているのか、等を臭気判定していくというのは、大変責任のある役割であり、やりがいを感じる業務である。
  • しかし、目に見えないからこそ、誰かがそれに物差しを当ててあげなければならないし、何かしらの目に見える形であらわしてあげなければならない。
  • 現状、それを出来る資格はない(臭気判定士は本来、その役割は権限として国家資格にはない)が、臭気調査や臭気測定の経験は豊富であり、臭気対策専門業者として、また、臭気コンサルタントとして、臭気にかかわる仕事を多くさせていただいている弊社が、その役目を担っていかなければならない事は、毎度痛感する次第である。
  • 臭気調査や臭気測定、臭気判定に関する事はもちろん、臭気対策に関する事でしたら、工場病院飲食店ホテルから一般のご家庭まで、まずは弊社共生エアテクノまでご相談下さい。
臭気判定士による異臭調査
嗅覚による官能評価

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/