月別アーカイブ: 2022年4月

工場の排気臭対策(新型デオキーパー脱臭装置/活性炭を用いた脱臭装置)



人気ブログランキング

    
種別

工場の排気臭対策

担当(著者)
技術開発チーム 平山レオ
提出日付
2022年4月25日
対応先等
産業工場
概要
工場の排気臭対策(新型デオキーパー脱臭装置/活性炭を用いた脱臭装置
状況等
  • 弊社共生エアテクノでは、産業工場様が製造時に排出される排気臭の脱臭装置として、乾式および湿式の脱臭方式をはじめ、いろいろなご提案ができる体制を整えております。
  • 大型の脱臭装置になりますと、プラント設備に近くなって参ります。大きな排気風量にたいして、臭気と脱臭素材(活性炭であったり、消臭剤であったり)をしっかりと接触させられるように、さまざまな創意工夫を経験値と研究から選定していきます。
  • それらのケースでは、常設となります。つまり、脱臭装置を設置してしまえば、動かすことはないので、長くそこの場所でご使用いただけるように、脱臭システムの設計を進めさせております。
  • また、多くの場合では、脱臭装置を設置するだけでは充分ではないため、圧力損失がかかる分の新たなファンを一緒に設置させていただいたり、排気ダクトの延伸や追加、さらには水道や電気といった部分まで、工場様と一緒になって、対応を進めさせていただいております。
  • どのような脱臭装置であっても、ランニングコストは1つのネックとなって参りますので、弊社では例えば消臭剤などは、酸化機能水をはじめ、なるべくランニングコストをおさえられるように開発努力をして、常に新たなる開発を日々、取り組んでいっております。
対応内容
  • 大風量で臭気が弱いときなどは、酸化機能水を用いた消臭剤スプレー噴霧システムがベストマッチですし、臭気が強いときなどは、インジェクションスクラバーをご提案となります。
  • ところが、排気の場所が変動するケースなどでは、まず、湿式の脱臭装置は難しくなります。なぜなら、給水と排水という問題が出てくるからです。
  • 工場様で、排気する場所やターゲットをしばしば変更しながら脱臭装置を使いたい・・というご要望があることも多くございますので、弊社ではこのたび、可動式の脱臭装置を発売させていただくことなりました。
  • これまでも実は商品としては有しておりました。その基本形は、大変多くの納入実績でおなじみの、デオキーパー脱臭装置です。
  • 脱臭素材は基本、活性炭であり、そこにファンを内臓することで、「これ1台あれば排気の出る製造場所」にもっていき、ダクトを繋いで脱臭することが可能でした。
  • 今回、新たに脱臭装置としては、新型デオキーパーとしてキャスター付きです。ゴロゴロ転がしてもっていくことが可能となりました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • さらに、大きな特徴としては、「工場内に排気することが可能」という設計仕様も設けたところにあります。SDGsでは当然、省エネも入ってくるので、大量の排気は工場内の空調不可を増やします。それを場内に排気することで、少しでもエネルギー負荷を低減できるように配慮した結果です。
その他補足感想など
  • 例えば、月に1回とか2回程度だけ、強い臭気が発生する工程があり、それが数ラインあるような場合では、それぞれの製造ラインごとに、局所排気装置を設けて、排気ダクトを設置していくと、その全てに脱臭装置が必要となってしまうようなケースがございます。
  • 脱臭屋である弊社が申し上げるのも気が引けますが、決して脱臭装置は安いものではないのに、生産性のない設備であり、利益を出してはくれません。それなのに、毎日稼働するわけではなく、常時臭気が発生するわけでもない排気ラインに、全て脱臭装置を設置しておくのは、正直もったいないケースとなる可能性も否定できません。
  • 今日はここの製造ライン。2週間後はそこの製造ライン。1か月後はあそこの製造ライン。そんな感じで、製造工程が時々である上に、場所も変わるようなケースは多くあると思います。実験設備などではまさに、そういう事例も弊社では多く対応して参りました。
  • また、局所排気や、全体排気としても、当然ですがリターンエアーとしては使えないですから、すべての場内空気は排気されれば外部放出となります。排気した分は、OA(外気)から給気しなくてはなりませんので、夏場の冷房と冬場の暖房については、エネルギーコストも負担となりますし、SDGsの観点からもできることなら避けたいところかと推察します。
  • かといって、排気臭をRAとして戻して、OA(外気)とミックスしてSA(サプライエアー)として場内に入れると、今度はどんどん場内の空気環境が悪化していってしまいます・・。
  • そこで弊社では、従来より大変多くのお引き合いと納入実績のある、活性炭を脱臭素材として内臓しているデオキーパー脱臭装置を、可動式かつ場内排気の対応も可とした、新しい活性炭脱臭装置の開発に成功致しました。
  • 工場の排気臭対策や、場内の空気環境改善でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
可動式の脱臭装置
可動式の脱臭装置
可動式の脱臭装置
可動式の脱臭装置
     

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


建物に付着・残存した臭気の脱臭(オゾン燻蒸脱臭サービス)



人気ブログランキング

    
種別

脱臭作業

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2022年4月15日
対応先等
某施設(会議室)
状況等
  • 某所にて、会議室内のニオイが問題となっていました。
  • ニオイの質としてはよくわからないレベルではあったようですが、多少、気になるというお声がちらほらあり、来客者が不快感を感じるケースも懸念されていました。
  • どうやら、何かしらのニオイが発生し、その発生源は現状、なくなっているものの、その臭気が付着してしまい、それが徐々に揮発することによって、若干の異臭として感じられる可能性があるようでした。
  • 放っておいてもいずれ消えていくだろうとお考えになられる一方で、少しでもやれることがあるならば、やっておきたいと、弊社臭気判定士にご相談を頂戴しました。
  • 弊社臭気判定士が現地を確認させていただいた上で、脱臭作業についてのご説明とスケジュール、お見積りなどをご提案させていただきました。
  • 基本的には無人空間での作業となること、そして音の問題や作業場の換気の問題などがあるためです。
  • 時間帯や日にちを詰めて、脱臭作業のスケジュールが決まりました。
対応内容
  • 建物内を念のため、臭気判定士が嗅覚にて臭気チェックを行いました。
  • 臭気として感じられるのは、会議室の1室のみでしたので、脱臭のターゲットをそこに絞りました。
  • オゾン脱臭装置としては今回はゲルリッツをセレクト。対象容積等から選定しました。
  • 消臭剤としては2種類。異臭の中で悪臭支配率の高い臭気の質をターゲットとした消臭剤と、オゾンガスの酸化力を促進させる薬剤を選定しました。
  • 換気のための窓はあるものの、外気の新鮮な空気が入りにくい為、ファンとダクト、延長コードを用意して、うまく換気の能力をアップさせられる準備を整えました。
  • また、養生テープやマスカなどを準備して、オゾンガスが漏れそうな箇所の閉塞や、移動できない備品でオゾンガスがダメージを与えそうなものの養生などを行いました。
  • その他、噴霧器や専用のマスク、工具類の準備をして、現場にて脱臭作業を実施しました。
  • 基本的に、オゾンガスを燻蒸させて、付着臭気と反応させていくことになります。
  • 時折、残存臭気を臭気判定士の嗅覚でチェックし、臭気のマッピングを行い、強い個所の対策をしっかりと行っていきました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
  • 臭気判定士による脱臭
  • 臭気対策コンサルタントによる付着臭気の脱臭作業
  • オゾンガスと専用薬剤を用いた特殊脱臭工法
対応後の状況等
  • オゾン燻蒸脱臭作業から換気、そして臭気チェック。このサイクルを繰り返していくというオーソドックスな脱臭現場でしたが、1サイクル目からしっかり臭気低減が確認されまして、予定のスケジュールを実施したあとには、しっかりと異臭がなくなったことを確認し、無事作業は終了しました。
その他補足感想など
  • 施設や建物、住居などの中で、脱臭作業のご依頼をいただくケースは多いです。
  • その多くは、火災後の焼き焦げ臭の脱臭であったり、ススの除去作業であったりとなっておりますが、カビ臭であったり、原因不明の異臭、タバコ臭、ペット臭なども少なくありません。
  • また、近年では、倉庫における脱臭作業、あるいは脱臭が必要かどうかの臭気調査、臭気アセスメントなども増加しております。
  • 特に引っ越しや倉庫の荷主さんの退去後などでは、前オーナーさんの生活スタイルや保管物によって、強い臭気が付着してしまっているケースも少なくありません。
  • そういうケースでは、ニオイがなくなるまでお貸出できなかったりするわけで、そのための脱臭作業が必要となって参ります。
  • 弊社では、大型倉庫から小さな会議室等まで、脱臭作業の基本としては、オゾンガスを用いるようにしております。
  • 大きなオゾン脱臭装置から、小型のオゾンガス発生装置まで、用途に応じて様々な機種をご用意しております。
  • そして、ニオイの質や強さによっては、当然、オゾンだけでは除去しきれなかったり、除去に時間がかかってしまいますので、ほとんどの現場では、オゾンガスにプラスして、消臭剤等を用いるようにしております。
  • その消臭剤ももちろん1種類ではなく、臭気判定士が臭気の質を判別して、最も支配率の高い臭質に合わせて、弊社のたくさんある消臭剤の中からベストセレクトになるものを選定しております。
  • 加えて、脱臭作業の合間には、残存臭気の確認や、臭気のマッピングを行い、どこのニオイがまだ強いのか、あるいは臭気強度ではどうか、など、細かく脱臭作業の内容を変化させながら、現場の状況に臨機応変に対応していっております。
  • もし、付着臭や異臭などが消えないようなケースがございましたら、弊社共生エアテクノまでご相談下さい。脱臭作業のご相談を承りますので、宜しくお願い致します。
 
オゾン脱臭装置 ゲルリッツ
換気ファン
脱臭剤噴霧
臭気判定士による残存臭気チェック
     

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


原因不明の異臭(異臭発生源調査)



人気ブログランキング

    
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2022年4月5日
対応先等
某クリニック(建物内の異臭調査
状況等
  • 某クリニック内にて、原因不明の異臭が発生しているとのことでした。
  • 比較的、新しい建物でありましたが、冬場では特に、そのような異臭は感じられなかったようです。
  • しかし暖かい季節になって、従業員さんがその原因不明の異臭に気が付きました。
  • 最初は、暑くなってきたので、新建材などの揮発が原因かな?と気にしないようにしていたようです。
  • それでもなかなか異臭の発生がおさまらず、しかも終日ではなく、朝などの特定のタイミングだけとのことでした。
  • さらに、クリニックの来院者からも、ときどき「臭いが気になる」という指摘もではじめたため、いよいよ建築業者さんや設計いただいた方などに、ニオイ問題の相談をされたそうです。
  • 親身になって相談にのってはいただいたものの、全く原因がわからず、一部内装材を変えてみたり、配管接続部分の密閉性を強化したりと、やってみても変わらないままでした。
  • 臭気調査の専門会社をwebで検索、弊社共生エアテクノにご相談を頂戴しました。
対応内容
  • ご連絡をいただき、弊社異臭調査のプロフェッショナルである臭気判定士が対応に当たりました。
  • ヒアリングをさせていただき、弊社の臭気アセスメントの方法と費用をお伝えしたのち、すぐにご発注をいただきまして、最短日程にて異臭発生源調査を実施することになりました。
  • 当日は、臭気判定士2名にて、異臭調査に乗り出しました。
  • 何もない状況から、ニオイを嗅ぎ、気流を確認し、建築設備図面をチェックし、内外観なども確認。たくさんの異臭発生の仮説を立案しました。
  • そののち、あるタイミングで、異臭の発生を確認できました。2名の臭気判定士とも、その異臭を嗅ぎ取れまして、そのままニオイを追っていきました。
  • すると、エアコンからその異臭が発生していることがわかりました。
  • 念のため、トレースガスによる汚水や下水、雑排水の漏洩チェックも行いましたが、どこからも漏れは検知されず、原因はエアコン内部のフィン部分にあると断定できました。
  • 臭気の質もわかり、発生原因もわかったため、お客様も納得しきりでした。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
  • 臭気判定士による臭気調査
  • 臭気対策コンサルタントによる臭気アセスメント
  • トレースガスを用いた臭気漏洩箇所チェック
対応後の状況等
  • 対策としては、エアコン内部の金属部分、フィンあるいはエバポレーターに、雑菌が繁殖することです。それが、冷房運転時等で結露が発生し、加湿されることで、雑菌の活動が活発化して異臭を発生させるのです。内部の金属部分を除菌消臭することで解決します。
その他補足感想など
  • 建物内の異臭の発生源としては、例えばそれが地下なのか、地上階なのか、あるいは高層なのか、といった条件によっても、弊社が想定する仮説の立て方が変わってきます。
  • 同時に、例えば暑い時期に発生しやすいのか、あるいは寒い季節の方が発生しやすいのか、雨上がりとか晴天時とか、諸々の条件によって、やはり仮説の立て方が変わってきます。
  • またあるいは、常時臭っているのか、はたまた不定期だけど朝方とか夜とかなのか、もしくは全くの不定期で突如として異臭が発生するのか、等でも変わってきます。
  • そして臭気の質です。汚水や下水といった、下水道のようなニオイの質というのが最も多いご相談ではありますが、それ以外でも、カビのようなニオイであったり、雑巾が腐ったような匂いであったり、おしっこのような悪臭であったり、建材のような臭気であったり、消毒系とか柔軟剤、タバコといったようなニオイも最近では多いご相談の特徴として挙げられたりします。
  • 今回の現場では、臭気の質はよくわからないけど、不快度の高いニオイであり、発生するタイミングは不定期で瞬間的なもの。冬場は感じられず、梅雨時からニオイが感じられるようになった。というものでした。
  • 梅雨時から夏場にかけては、オフィスビルやクリニック等、夜間は無人となり完全に閉鎖されますので、その間は室温がぐんぐんあがります。そして朝、最初に出社された方がエアコンをオンにするわけです。
  • するとそのタイミングで、エアコンが稼働し、一気に温度を冷やしていくので、このタイミングがもっとも、内部に結露が生じて、それらがエアコン内部で多湿状態をつくりあげるのです。
  • そしてある程度安定すると、室温が冷えてきて結露もおさまります。それがまた、昼間など気温があがるタイミングで、エアコンも稼働率をあげますと、またその分、結露が生じます。
  • この結露して内部が加湿された状態のみ、この現場のような異臭が発生するというメカニズムなのです。
  • 臭気調査や異臭調査、臭気アセスメントや異臭発生源調査でしたら、弊社共生エアテクノまでご相談下さい。
 
異臭発生源調査
異臭発生源調査
     

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/