月別アーカイブ: 2016年5月

都内某飲食店の異臭調査


人気ブログランキングへ

工事種別
都内某飲食店の異臭調査
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2016年5月24日
施工先
都内某飲食店内にて不定期に発生する、汚水臭・下水臭の臭気発生源調査
施工概要
飲食店としては致命的ともいえる「悪臭」が店内に突如として発生する。
常時ではなく、突発的な発生の為、発生源の調査が出来ない状況の中、弊社にお問い合わせを頂戴した。
施工前状況
悪臭の質として、ドブのような排水のニオイとの事であったが、常時ではない為、調査中に嗅いで確認できるかはわからない。住戸の中の1階一部分に店舗スペースがあり、そこを飲食店がテナントして借りている構造であった。
施策内容
1.臭気調査の熟練臭気判定士2名が現場へ赴いたが、特に気になる悪臭は感じられなかった。
2.それでもわずかでも異臭が官能できないかを嗅ぎまわり、怪しい箇所を幾つか候補に挙げた。
3.スモークテスターにて気流を確認した。どうやら店舗内は負圧であり天井裏や壁裏、床下等から、住宅側の臭気を引き込んでいる事が確認できた。
4.店舗内だけではなく、可能性を広げる為に、住戸側でも床下や外観、天井裏から屋上までくまなく目と鼻でチェックし、図面との整合性も確認していった。
5.多くの仮説を立てたのち、トレースガスにより、仮説を順次検証していき、その中の1箇所を異臭発生源と立証した。
6.また、悪臭発生をとりあえず防止できる応急処置案も提案した。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
  • スモークテスター・・・スモークで気流を視覚化するための装置。通称:ケムカン
  • 臭気センサー・・・トレースガスをキャッチする高濃度センサー
  • トレースガスセット・・・独自に開発したトレースガスと高感度センサー
施工後状況
弊社より臭気調査の報告書をご提出し、最も発生源と思われる箇所の修繕をお願いした。
同時に、修繕が難しい場合の対処法も2つほどご提案させていただいた。
(どの方法で修繕したかは確認できていないが)その後、悪臭発生は収まっているようだ。
その他補足感想など
  • 最初、どれだけ飲食店内を調査しても、ニオイはないし怪しい箇所も(幾つかはあったが)「これだ!」という核心に迫る事が出来なかった。
  • 一旦目線を変え、住戸側にも可能性を広げた事から、一気に臭気調査が進展した。
  • 住戸側の床下で発生した下水臭が、床下や壁裏、天井裏を通じて飲食店内に入り込んでいたのは、普通では想定できない発生源であったと思われる。
  • 弊社の異臭調査では、「常識を疑え!」がモットーであり、「そこは確認している」とか「そこが原因はあり得ない」と言われる場合でも、必ず自分たちの目と鼻で確認するようにしている事が、今回の異臭発生源を特定する謎解きに繋がった。
  • 飲食店からも、住民からも、「まさかここが原因だったなんて・・」と驚かれた。悪臭の発生源を根本から修繕できればベストだが、本件のように建物が古く、完全なる修繕は難しいケースも少なくない。そんな時は、とりあえず悪臭の発生を抑えるという最大のゴールを、いかに現状でやれる範囲の対策をご提案できるかも、弊社の重要な役割であると思っている。
床下や外観、天井裏から屋上までくまなく目と鼻でチェック
床下や外観、天井裏から屋上までくまなく目と鼻でチェック
多くの仮説を立てたのち、トレースガスにより、仮説を順次検証
多くの仮説を立てたのち、トレースガスにより、仮説を順次検証
一旦目線を変え、住戸側にも可能性を広げた事から、一気に臭気調査が進展
目線を変え住戸側にも可能性を広げた事から臭気調査が進展
わずかでも異臭が官能できないかを嗅ぎまわる
わずかでも異臭が官能できないかを嗅ぎまわる
スモークテスターにて気流を確認
スモークテスターにて気流を確認
店舗内は負圧であり天井裏や壁裏、床下等から、住宅側の臭気を引き込んでいる事が確認
店舗内は負圧であり天井裏や壁裏、床下等から、住宅側の臭気を引き込んでいる事が確認

今回は、飲食店の異臭調査についてお伝えしました。
においでお困りの場合は共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


ホテルの客室の異臭調査


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2016年5月13日
施工先
ホテルの客室にて不定期に汚水臭・下水臭が発生する、臭気発生源調査
施工概要
静岡県の某所、有名なホテルの1室にて、不定期に下水のような悪臭が発生してお困りであった。
いろいろ調査をされたが原因が特定できず、脱臭専門である弊社にお問い合わせを頂戴した。
施工前状況
悪臭の感じ方は、下水のような汚水臭との事。何度か設備のリニューアルをしていて、配管等の衛生設備図面も確実ではないようだ。お客様にお部屋を貸し出しするのをためらわなくてはならない為、早急に原因解決を必要としていた。
施策内容
1.下水臭の臭気調査に熟練した2名の臭気判定士にて現場に入り、異臭調査を開始した。
2.臭気判定士の嗅覚による官能評価を行ったが、気になる異臭は感じられなかった。
3.スモークテスターにて気流を確認した。
4.臭気センサーと嗅覚による臭気強度マッピングを行った。
5.図面と実際の設備を天井裏に入り込んだりして、目で追えるだけ追っていった。
6.上記をトータルし、怪しい箇所を何カ所か、仮説を立てた。
7.トレースガスにより、仮説を順次検証していき、その中の1箇所を異臭発生源と立証した。
装置などの名称・分類
  • 下水臭の臭気発生源調査
  • ホテルの客室にて下水臭の発生
  • 建物内の汚水臭対策
  • 異臭調査、異臭発生源調査
装置の紹介(概要)
  • スモークテスター・・・スモークで気流を視覚化するための装置。通称:ケムカン
  • 臭気センサー・・・トレースガスをキャッチする高濃度センサー
  • トレースガスセット・・・独自に開発したトレースガスと高感度センサー
施工後状況
弊社より臭気調査の報告書をご提出し、立証箇所の修繕をお願いした。
設備業者さんによりその箇所を修繕したところ、異臭の発生は完全におさまったという。
その他補足感想など
  • ホテルの場所が東京からは離れていた事と、お客様が早期解決をご希望されていた為、1回の臭気調査でなるべく発生源を特定させられるよう、熟練の臭気判定士2名にて対応した。
  • 建築当初の設備図面から、いろいろなリニューアルがされており、現認と図面のチェックだけでも相当な時間と手間を要したが、ここを怠ると仮説を十分に立てられない。
  • たくさんの仮説を立て、一つずつ可能性を潰していくのが、弊社の臭気調査である。
  • 調査中は下水臭が一度も発生せず、発生源特定は難航したが、弊社では実際の悪臭が発生していなくても、今回のように発生源を特定できるノウハウを有している。(もちろん実際の悪臭を嗅げればベストではあるが・・)。
  • 弊社の立証箇所を修繕し、見事に異臭発生が皆無となった為、ホテルからは大変感謝をいただいた。決して楽な調査ではなく、天井裏への潜伏等、難易度の高い臭気調査ではあったが、お客様からの「ありがとう」が何よりのやりがいである。
臭気センサーと嗅覚による臭気強度マッピングを行った
臭気センサーと嗅覚による臭気強度マッピングを行った
図面と実際の設備を天井裏に入り込んだりして、目で追えるだけ追っていった。
図面と実際の設備を天井裏に入り込んだりして、目で追えるだけ追っていった。
仮説を立て、一つずつ可能性を潰していくのが、弊社の臭気調査
仮説を立て、一つずつ可能性を潰していくのが、弊社の臭気調査
スモークテスターにて気流を確認
スモークテスターにて気流を確認
臭気判定士の嗅覚による官能評価を行った
臭気判定士の嗅覚による官能評価を行った
建築当初の設備図面から、いろいろなリニューアルがされており、現認と図面のチェックだけでも相当な時間と手間を要した
建築当初の設備図面から、いろいろなリニューアルがされており、現認と図面のチェックだけでも相当な時間と手間を要した

今回は、ホテルの客室の異臭調査についてお伝えしました。
においでお困りの場合は共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


アスファルト製造工場の排気臭対策


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛 
提出日付
2016年5月06日
施工先
アスファルト製造工場様
施工概要
アスファルトを製造する過程にて、硫黄化合物系臭気が発生する。
道路工事現場などで感じる臭気だが、周辺住民から時々、「臭気を感じる」と言われていた。
施工前状況
悪臭苦情までは至っていないが、硫黄化合物系臭気は不快に感じられるケースも多く、本格的な悪臭苦情になってしまう前に、脱臭対策を検討したいという状況だった。
施策内容
1.臭気対策のコンサルテーションにて、現状の把握を行った。
2.その結果、敷地境界線から400m先でも、当工場から発生する硫黄化合物系臭気を官能した。
3.これにより、脱臭目標値を明確化し、脱臭デモテストを実施した。
4.その結果、ハイブリッドスクラバー脱臭装置のtypeWで、目標値をクリアできると検証できた。
5.弊社の技術開発チームにて脱臭装置の設計を行い、納品前チェックを行った。
6.施工協力会社さんとCO-WORKして、脱臭装置の現地設置と試運転を実施した。
7.施工後、実際の排気にて脱臭効果を測定した。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
  • ハイブリッドスクラバー脱臭装置のtypeW・・・小風量から大風量までしっかりと効果を発揮できます。 疎水系臭気に対しても、カスタマイズした消臭剤の使用で、 高い脱臭効果を期待できます。
  • 消臭剤噴霧設備・・・噴霧ボックス内消臭剤噴霧ノズルと消臭剤との接触効率を高めるため、 フィルターを設置しております。
  • 脱臭装置の現地フィールドデモテスト装置・・・現場でのヒアリングによりお客様が抱える臭気問題を把握し、臭気判定士による周辺での臭気拡散状況を調査、 実際の排気臭気でテスト機を用いた脱臭効果検証を行うことにより、最適な脱臭装置を選定・ご提案します。
施工後状況
原臭臭気濃度40,000(臭気指数46)→脱臭装置出口臭気濃度5,000(37)
脱臭効率 87.5% 排気風量40CMM
その他補足感想など
  • 事前に臭気対策コンサルテーションを実施させていただいた事により、脱臭設備の選定が明確になった。
  • 事前に脱臭デモテストを実施させていただいた事により、脱臭装置の設計条件がより明確になった。
  • 脱臭装置を導入してから、20mも離れれば臭気を感じないレベルまで低減できた。
  • 周辺の住民様からも「臭気を感じる」と言われることもなくなったとお聞きしている。
  • 2010年1月に脱臭装置を導入させていただき、現在でも定期的にメンテナンスを行っていただき、適切に運用いただいている。
ハイブリッドスクラバー脱臭装置のtypeWで、目標値をクリア
ハイブリッドスクラバー脱臭装置のtypeWで、目標値をクリア
臭気対策のコンサルテーションにて、現状の把握
臭気対策のコンサルテーションにて、現状の把握
消臭剤噴霧設備
消臭剤噴霧設備
対象臭気や排気風量、設置スペース等を考慮して設計・設置
対象臭気や排気風量、設置スペース等を考慮して設計・設置
施工後、実際の排気にて脱臭効果を測定
ハイブリッドスクラバー typeW を設置
広範囲に一定の水量・水圧で噴霧できる特殊ノズルで霧化散水
広範囲に一定の水量・水圧で噴霧できる特殊ノズルで霧化散水

今回は、アスファルト製造工場の排気臭対策についてお伝えしました。
においでお困りの場合は共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/