作成者別アーカイブ: kanri-nishiyama

改修工事に伴う除カビ・防カビ作業


人気ブログランキングへ

工事種別

某工場の除カビ・防カビ

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2019年1月11日
施工先
某工場
施工概要
工場の改修工事に伴い、発生しているカビの除カビと防カビ対策
施工前状況
  • 某工場において、改修工事が計画され、施工スタートというときに、某所においてカビの発生が大量に認められた。
  • それは、内装材等を剥がして、スケルトン状態になったときに、コンクリート躯体や天井部分にびっしりとカビが発生していた事で発見された。
  • そのまま改修工事を進めていくわけにもいかず、かといって工程に余裕もなく、カビ対策をどうしたらよいのか、建築業者様をはじめ皆様、悩んでおられた。
  • インターネットで、カビ対策業者を検索いただき、弊社共生エアテクノを見つけていただき、お問い合わせいただいた。
  • 弊社の臭気判定士が打ち合わせを実施し、最短での作業日程や作業内容を決定し、除カビ・防カビ作業を正式にご依頼いただいた。
施策内容
  • 通常の改修工事が行われている中で、いわゆる建築現場での他業者さんとの相番にて、カビ対策業務を進めていく事となった。
  • 朝礼前に新規入場者教育を受けて、朝礼では新規入場者として挨拶をしたのち、早速、作業に取り掛かった。
  • 天井高が高い為、足場を用意いただき、まずは除カビ剤であるプロパストップタイプEを用いつつ、ウエスにて除カビと同時にカビの色素の拭き取り作業を実施した。
  • 時間や作業性の関係上、拭き取り作業は出来る範囲でよいと打ち合わせ済であり、その後、噴霧器を使用して、除カビ剤を二度、しっかりといきわたるように噴霧した。
  • 乾燥させたあと、防カビ剤(現:プロパストップNOKIF)を噴霧及び塗布して、作業を完了した。
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 改修工事が進められていく中で、弊社の除カビ防カビを行った上で、内装を新装した。
  • その後、カビの発生やカビ臭の問題というのは発生していないと聞いている。
  • 条件によってカビの再発は致し方ないが、一度リセットする事で抑制効果は期待出来る。
その他補足感想など
  • 本現場では、最も気を遣ったのは、他業者さんとの相番での作業となったことである。
  • プロパストップタイプEは、除カビ剤という事もあり、刺激的な臭気が発生する。
  • さらに、現場の場所が奥まった場所にあり、満足に換気をしにくい状況であった。
  • 予め、朝礼時での注意勧告もしていただき、弊社としても作業エリアは三角コーン等で明示する事で、カビ対策の作業エリアには立ち入らないように配慮した。
  • もう一つ、天井が高い為、足場を用意いただいたが、特に拭き取り作業時には、いろいろな危険も伴う為、熟練したカビ対策作業員であったが、常に手元や足元への注意を怠らず、安全第一でカビ作業を実施した。
  • 時間的な制約や、他作業との相番という制約等の中で、何とか事前のタイムスケジュール通りに作業を終える事が出来た。
  • 拭き取りに関しては、作業効率や作業内容等の条件で限界があり、やれる範囲での実施ではあったが、お客様からはご満足いただけた。
  • また、除カビ作業防カビ作業においては、十分な薬剤噴霧を実施出来た為、多少、他の作業員さんにご迷惑を掛けつつも、問題なく完了する事が出来た。
  • 除カビ防カビ、カビの菌数測定、カビ臭調査等、カビ対策に関する事でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
除カビ作業
除カビ剤/防カビ剤 噴霧及び塗布
除カビ剤/防カビ剤
除カビ剤/防カビ剤 噴霧及び塗布

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


タイにおける工場の臭気コンサルテーション


人気ブログランキングへ

種別
担当(著者)
提出日付
2019年1月4日
施工先
タイの工業団地
施工概要
タイの工場での排気臭と臭気規制との確認他(タイの工業団地の臭気規制)
施工前状況
  • タイの某工業団地にある日系の工場にて、製造過程から排気される排気臭が、近隣住民さんから臭気苦情となってしまっていた。
  • 工場側としては、真摯に対応をしていくスタンスであり、いろいろ導入してみたりトライされていたようだが、なかなか臭気苦情の解決には至っていない。
  • よって、まずはしっかりとした現状把握をした上で、臭気問題の解決をやっていかなくてはならないと判断され、以前もお問い合わせをいただいた弊社に、また、お声掛けを頂戴した。
  • 臭気コンサルテーションのお見積書をタイの代理店さん経由で提出させていただいたところ、無事、ご発注いただいた。
施策内容
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 臭気拡散シミュレーションにより、ターゲットとする排気ラインや製造過程を絞り込み、それらをどこまで脱臭すればよいか等、そして臭気監視システムDeomoniを設置していく事で、臭気をリアルタイムでさらに確認していく等の提案をご報告書に纏め、本件は終了となり、次のステップへ続く。
その他補足感想など
  • 日本でもタイでも、本当によく見かける光景ではあるが、工場の臭気対策を勘案していく上で、現状の把握が出来ていないまま、脱臭装置を導入しておられるケースがある。
  • 特にタイでは、まだまだ、「臭気を測定する」という部分については普及していないように感じていて、あっても成分濃度測定結果である・・というケースも少なくない。
  • なので、「臭気測定」を実施するという事に、それなりの費用を支払うというのも、最初は多少、ハードルが高いと感じられるケースもあるようだ。
  • しかし実際には、現状把握をまず、実施する事が、いかにその後の展開をスムーズに成功へ導けるかの大切なスタート地点となる。
  • 実際に臭気コンサルテーションを行う事で、脱臭装置が必ずしも必要ではないケースもあるし、臭気監視システムに検量線を引いて、24時間365日の臭気変動や臭気把握をDeomoniで実施するというセカンドステップへ繋がっていくケースもある。
  • 日本では、日本の国家資格である臭気判定士。タイでは、タイの資格である臭気判定士が、それぞれ臭気測定を実施する資格となるが、臭気測定の方法は同じなので、弊社では経験豊富な臭気判定士臭気対策コンサルタントが、タイの代理店さんと一緒になって、タイの工場の臭気対策に当たっている。
  • 日本及びタイの工場にて、臭気対策をご検討の場合は、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
タイの工場の臭気コンサルテーション
タイの工場の臭気コンサルテーション

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


タイにおける工場の臭気対策のカンファレンス


人気ブログランキングへ

種別

タイの環境ビジネス

担当(著者)
臭気判定士 松林宏治
提出日付
2018年12月24日
施工先
タイ王国
施工概要
施工前状況
  • 近年、タイにおける工業団地では、工場から排出される臭気が、近隣住民からの臭気苦情の原因となるケースが増えてきている。
  • タイではそれにより、日本でいう悪臭防止法条例や、日本では国家資格である臭気判定士のような資格制度の確立が順次、されていっている。
  • 弊社のタイ代理店でも、タイの臭気判定士が在籍しており、タイにおける工場の臭気対策ビジネスを、弊社と一緒になって推進していただいている。
  • その中で、タイ王国の環境ビジネスミッション団が日本(中部経済産業局及びアイセット)より派遣される事になり、環境ビジネスの技術をPRできる参加企業を募っておられた。
  • 弊社は名古屋にもオフィスがあり、名古屋オフィスには臭気判定士も常駐している。以前、ベトナムの環境視察でも臭気コンサルテーションを実施させていただいたこともあり、本ビジネスミッションにも参加させていただくこととなった。
施策内容
  • 弊社からは臭気判定士でもある代表の松林。また、タイビジネスパートナーである代理店さんからは、タイの臭気判定士さん。この2名にて当日のミッション団に参加させていただいた。
  • 午前中、まずはタイの工業省。
  • 午前中の2件目はタイの環境省。
  • 午後はまず、弊社の環境ビジネスとして、タイの工場の臭気対策をプレゼン。
  • その後、実際に弊社を必要としていただけるタイの工場様との商談会や相談会を個別に実施。
  • 最後に懇親会を実施して。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 弊社以外の参加企業様が水処理や排水処理であり、まだまだその部分はタイで求められていると感じたが、臭気対策はこれから、もっと規制も厳しくなっていく事が予想される。しかし臭気対策専門企業は少ない為、弊社はタイでもっともっとお役に立っていかなくてはならない。
その他補足感想など
  • 午前中に表敬訪問させていただいた、タイの工業省及びタイの環境省では、弊社の臭気監視装置「deomoni」を中心とした環境対策技術のPR及び、弊社の手掛ける臭気対策ビジネスに関して、たくさんの質疑応答を頂戴した。
  • タイでは今後、日本でいう悪臭防止法のような、臭気に関する規制を、タイの工業団地やタイの工場を中心に、整備していくとこの環境ビジネスミッション団に参加して、その必要性をさらに感じた。
  • 午後の環境技術(弊社の場合はタイの工場に関する臭気対策の技術)のプレゼンテーションでも、数多くの企業様が参加されており、臭気対策を含めた環境ビジネスへの興味の高まりや、技術の必要性、そしてニーズの増加等を肌で感じる事が出来た。
  • その後のビジネス商談会では、ご希望いただいた5社のタイ企業様(日系現地法人のタイの工場様とタイローカルの工場様)との面談を実施し、それぞれ設定された時間内では足りないくらいの具体的な臭気問題と、臭気対策の質疑、お話をさせていただいた。
  • 弊社では日本はもちろんであるが、タイでは特に工場の臭気対策がこれからもっともっと必要とされていくと考えており、そこで求められる、必要とされる以上、しっかりとタイの工場の臭気対策でお役に立てる体制を日々、整えていけるように尽力している。
  • タイの工場の臭気対策であれば、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
タイの工場の臭気対策をプレゼン
タイの工場の臭気対策をプレゼン
タイでの懇親会
臭気判定士

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/