作成者別アーカイブ: kanri-nishiyama

オフィスビルの雑排水系臭気 発生源調査


人気ブログランキングへ

工事種別

オフィスビルの異臭調査

担当(著者)
臭気判定士 悪臭スナイパー 中丸晴樹
提出日付
2018年7月18日
施工先
某オフィスビル 特定のフロアのテナント様
施工概要
雑排水系臭気の発生源調査(硫黄化合物系臭気の臭気調査)
施工前状況
  • 某オフィスビルにて、特定のフロアのテナント様から、「不定期に下水のような悪臭が漂ってきて困っている」との悪臭苦情が管理会社に寄せられていた。
  • 管理会社では、いろいろと臭気の発生状況を確認したり、考えられる対策を講じてみたが、なかなか臭気のランダムな発生状況を把握しきれず、改善する事が出来ないままであった。
  • さすがにお手上げとなり、懇意の水道業者さんや設備業者さんにも相談されたが、なかなか解決する事が出来ず困り果てていた。
  • そこでインターネットでも「臭気調査」等で調べてみたところ、弊社共生エアテクノを発見いただいた。
  • お問い合わせいただき、弊社の担当者とのやりとりを経て、臭気調査を実施させていただく事となった。
※ちなみに弊社では、臭気調査においては原則、下見を行っておりません。あらかじめご了承下さい。
施策内容
  • 臭気調査当日、臭気判定士2名にて現場へ訪問させていただいた。
  • オフィスビルであり、テナント様も通常稼働中であったが、対象エリアがトイレであった為、平日の日中に臭気調査を実施させていただいた。
  • 一番、対象臭気の発生が出やすい状況で調査をしたかった為、お客様が積極的にご協力いただき、スムーズに臭気調査は進んでいった。
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価や、臭気センサーによる臭気マッピング。スモークテスターによるエアーバランスのチェック等を実施していく中で、徐々に怪しい臭気漏洩箇所が絞り込まれていった。
  • 多くの仮説を立てていく中で、必要に応じて上下階にも出入りさせていただき、天井裏や床下、壁裏までくまなく調査し、仮説を一つずつ消去し、絞り込んでいった。
  • 最も怪しい箇所まで絞り込み、トレースガスによる実証調査を行ったところ、トレースガスの反応を確認出来た。
  • 修繕対象箇所を報告書に纏め、一連の調査は終了となった。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
  • 雑排水系臭気の漏洩箇所調査
  • オフィスビルにて発生している悪臭発生源調査
  • 下水臭が不定期に発生する原因調査
施工後の状況
  • 対象の修繕箇所を業者さんが施工を行ってからは、大きな悪臭の発生は収まった。 念のため、お客様からは、トレースガスの再現テストをご要望いただき、追加費用を頂戴して確認テストも実施させていただいた。特に問題は確認できず、お客様にもご安心いただけた。
その他補足感想など
  • 臭気調査に入らせていただいた当初、全くといっていいほど、汚水臭や雑排水臭の痕跡がなく、大変きれいな現場であった為、調査は難航するかもしれないと覚悟した。
  • しかし調査を続ける中で、トイレの中でわずかだが、雑排水臭を臭気判定士の嗅覚にてとらえる事が出来た。
  • その微量な雑排水臭を嗅覚で追い込んでいったところ、特定箇所まで追い詰める事が出来た。
  • それでも、目視等では問題は見当たらず、スモークテスターや換気扇のオン・オフ等によるエアーバランスのパターンチェックや、圧力バランスのチェック等を実施し、当該箇所を中心に、その周辺までくまなく調査を継続した。
  • そして最も怪しいと思われる箇所をターゲットに、トレースガステストを実施したところ、予想通りにそこからトレースガスの漏洩を確認出来た。
  • 便所の改修工事等も何度か実施されており、見た目ではきれいな状態ではあったが、見えないところではいろいろと老朽化や不備が生じており、臭気対策以外でも修繕が必要な様子であった。
  • オフィスビルのトイレという、対象エリアとして大変狭かったが、しっかりと悪臭問題を解決出来たので、また一つ、知見と経験を蓄積する事が出来たし、お客様にもご安心いただけた。
  • 原因不明の異臭発生源調査や、汚水や下水、雑排水臭の臭気調査であれば、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気測定
トレースガスによる実証調査

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


フライヤーや料理、調理臭の脱臭対策


人気ブログランキングへ

工事種別

複合施設にある厨房の排気臭対策

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2018年7月6日
施工先
某複合施設に入店している飲食店
施工概要
フライヤーや料理、調理臭の脱臭対策
施工前状況
  • 某複合施設に入店している飲食店からの厨房排気臭が問題となっていた。
  • 屋上で排気していたため、悪臭防止法の規制値としては問題のない臭気指数であった。
  • しかし、臭気コンサルテーションを行って判明したが、その厨房排気臭はそのままほかのテナントのOA取り入れ口にまわりこみ、OA(外気取り入れ口)から侵入してしまっていた。
  • 決して強い臭気ではなかったが、風向きや時間帯によって、テナント様から臭気苦情が来るケースがあり、ビル管理会社としてもなんとか対策を講じたいと検討しておられた。
  • しかし、設置スペースも限られており、風量のアップも難しく、排水はできないし電気容量も増設できない状況の中で、やれる脱臭条件をインターネット等で探しておられた。
  • そんな中で、弊社共生エアテクノを見つけていただき、駆動部等がない厨房排気用脱臭装置「ゼオガイア」(カルモア製)はどうですか?とWEB問い合わせフォームよりお寄せいただいた。
  • 早速、弊社営業担当者が対応させていただいた。
施策内容
  • 営業担当の臭気判定士が、何度かお客様とのお打ち合わせや、現場確認を実施させていただいたところ、お客様ご指定のゼオガイア脱臭装置にて、対応可能である事が判明した。
  • それは、排気風量から設計される設置スペースであったり、排気される臭気指数(臭気濃度)の強さから脱臭に必要な脱臭フィルターの段数であったり、はたまた、臭気拡散シミュレーションから想定される必要な脱臭効果(脱臭効率)であったりという、全ての点を総合的に判断してのご提案となった。
  • ただし、ピークの時間帯での臭気測定を実施していなかった為、まずは臭気の測定を実施する事をご提案させていただいた。
  • お客様からは、同時に厨房排気臭気の脱臭テストも行って欲しいというご要望を頂戴し、快諾。
  • 臭気採取道具と、ゼオガイアの脱臭デモテスト装置を持ち込み、実際に排気臭がピーク時にサンプリング及び脱臭テスト実施させていただいた。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 排気されてくる厨房排気臭の臭気指数27(臭気濃度500) ゼオガイア脱臭デモ機通過後の臭気指数14(臭気濃度25) 脱臭効率95%であった。 十分なOA異臭対策を実現できるため、実機の設計及びご提案という次のステージへ進んでいく。
その他補足感想など
  • 一番最初にお問い合わせをいただいたときは、「厨房排気臭の脱臭装置」という事だった為、悪臭防止法を遵守する為のご提案を第一案として考えていた。
  • しかし、いろいろお話を伺ったり、現場を何度か確認させていただく中で、排気臭のレベルが低く、近隣へ影響を与えるほどのレベルではないと推測された。
  • さらにいろいろとお話をしてお打ち合わせを進めていく中で、問題点がクリアになってきて、やるべき内容やご提案事項が明確になってきた。
  • お客様としても、特に既設・既存のマンションや複合施設の場合は、設置スペースや重量、給水・排水、音や電気といった面で、多くの制約条件を抱えておられる。
  • かといって、ゴールに見合わない脱臭装置や脱臭システムをご提案しても、解決にはならないので弊社としては遠慮させていただく。
  • 本現場では、諸々の条件を勘案したのち、ゼオガイア脱臭装置であればいけるであろうと立案させていただき、念のために脱臭テストまで実施させていただけた。
  • ほぼ予想通り、実際には予想以上の効果と結果を出す事が出来た為、安心して脱臭装置の実機の設計をしてご提案をする事が出来る。
  • 厨房排気の脱臭装置はもちろん、工場や飲食店等の排気臭対策であれば、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気測定
脱臭デモ機
脱臭デモ機によるデモテスト
臭気判定士による臭気コンサルテーション

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


塗装工場の排気臭の為の臭気コンサルテーション、デモテスト及び脱臭装置


人気ブログランキングへ

工事種別

工場の塗装ラインの臭気対策/有機溶剤(VOC)臭気の低減

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2018年6月28日
施工先
某所にある塗装等を行っている工場
施工概要
塗装工場の排気臭の為の臭気コンサルテーション、デモテスト及び脱臭装置
施工前状況
  • 某所にある塗装等を行っている工場からの排気臭が近隣住民からの苦情となっている。
  • 周辺へ拡散・飛散している臭気は、有機溶剤系臭気(VOC臭気)であるとの事であり、まずは臭気対策のコンサルテーションにて、原臭や発生している臭気の強さ、周辺へどこまで飛散しているか等の確認から実施させていただいた。
  • その後、どこまで臭気を脱臭・低減すれば、悪臭防止法での規制値を遵守できるのか、そしてご迷惑をおかけしている近隣さんへの臭気飛散を防止できるのか、を勘案し、いろいろな方法を勘案した。
  • いくつかの方法やパターンが立案出来た為、それらを絞り込んでいく為に、脱臭装置や脱臭システムの現地でのデモテストを実施する事となった。
施策内容
  • お客様のご予算や設置スペース、排水処理設備の余力等から、実機での最有力システムを、デオミスト方式として進める事となった。
  • 現場に、消臭剤のスプレー噴霧システムのデモ機を持ち込み、実際の塗装排気ラインから分岐させた実排気を用いて、実機を見据えたフィールドテストを実施していった。
  • スプレー噴霧システム及びデオミスト方式による消臭方法ではあるが、消臭剤だけでも、酸化機能水を用いたり、マイクロゲル消臭剤の数パターンを用いてみたりと、何パターンものバリエーションを試す必要があった。
  • それ以外にも、スプレー噴霧の条件をいろいろ変えながら、現地にて臭気を三点比較式臭袋法(簡易法)にて測定し、その結果をみながらまた、次の条件を試す等、トライアルを繰り返していった。
  • その中で、現場の実臭気にベストマッチな条件を見出し、さらにはそれ以外の脱臭方式(インジェクションスクラバーデオキーパー等)まで勘案していく事となった。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • ①原臭臭気濃度13,000(臭気指数41) → 脱臭後臭気濃度5,000(臭気指数37)
  • ②原臭臭気濃度7,900(臭気指数39) → 脱臭後臭気濃度2,500(臭気指数34) 他
  • 脱臭効率 ①61.5% ②68%
その他補足感想など
  • 塗装工場では、いろいろな塗料を使ったり、オーダーによって生産状況が変わる為、弊社ではその種類や生産工程までは把握する事は不可能である。
  • 当然、お客様の方でも真剣に臭気対策を御検討されておられるので、「最も臭気の強い状況、あるいは臭気苦情が発生している時の生産状況」を日々、データ取りして把握しておられるケースがほとんどである。
  • 弊社が臭気コンサルテーションや臭気測定、脱臭対策のデモテスト等を実施させていただく時は、お客様から「実際に苦情となっている(問題となっている)臭気を発生させる工程の時にお願いします」とご指定いただくので、そのタイミングの期間内で、コンサルテーションなり脱臭テストなりを実施しなくてはならない。
  • 本現場でも、数日間の工程を見ていたものの、実際には述べ1日程度の臭気発生タイミングであった為、現場での臭気採取や消臭剤の組み換え、噴霧パターンの変更等を実施するグループと、臭気測定及び周辺調査を行うグループという、2班に分かれての作業となった。
  • 当初想定していないいろいろな問題も発生したが、現場経験豊富な臭気判定士の対応力と、ある程度は対応できるように揃えてあるデモ機材や道具類によって、何とか与えられた工程内で一通りの想定していたデモテストを実施する事が出来た。
  • ここからまた、実機を勘案しての社内での検討や設計、積算作業と、お客様とのお打ち合わせを繰り返しながら、ゴールをクリアするという全メンバーのミッション遂行の為に、引き続き尽力していく。
  • 塗装工場の排気臭気や、有機溶剤臭の脱臭、低減、VOC臭気の消臭対策はもちろん、工場の臭気対策であれば、経験豊富な弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気コンサルテーション
デモテスト及び脱臭装置

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/