作成者別アーカイブ: kanri-nishiyama

新築工事中に発生した火災の脱臭作業


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年8月10日
施工先
新築中に火災が発生した建設物
施工概要
某ビルの新築工事中に発生した火災の脱臭作業
施策前状況
  • 某施設を新規建築中に、不幸にも火災が発生してしまった。
  • 建築業者様からは、このようなケースを含め、脱臭に関する事や、臭気調査に関する事等、過去何度も「におい110番」をご相談いただく関係でもあり、今回も弊社にお声掛けいただいた。
  • まずは臭気判定士が現場へ急行し、火事の復旧具合やススの除去状況、焼き焦げ臭の附着状況等を確認した。
  • スス除去は建築業者様手配にて対応いただけるとの事だったので、弊社はそのあとの脱臭作業をお引き受けする事となった。
施策内容
  • 脱臭作業に必要なオゾン脱臭装置をはじめ、脱臭機材一式を車に積み込み、現場へ入った。
  • スス除去等の状況をチェック後、脱臭作業のビフォアーとして、臭気判定士による官能評価と、臭気測定機による臭気強度測定を実施した。
  • 臭気測定後、脱臭作業に入るべく、脱臭機材を必要な場所へセッティングし、オゾンガス消臭剤による燻蒸脱臭作業をスタートした。
  • 脱臭作業そのものは約1週間にわたって実施計画となっており、臭気対策コンサルタントが1名、現場に常駐して、脱臭作業の常駐管理を実施した。
  • 途中、臭気の気になる場所の洗浄作業や、残存オゾン濃度のチェック等も行いながら、順調に消臭業務は進捗していった。
  • 施工計画通りに脱臭作業を終了し、脱臭作業のアフターとして、臭気判定士による官能評価と、臭気測定機による臭気強度測定を実施した。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • ビフォアーでは臭気判定士の嗅覚による官能評価及び臭気測定機による臭気強度のいずれも、高い数値であったが、アフターでは目標値を十分にクリアできる臭気強度測定結果となっており、問題なく検収となった。
その他補足感想など
  • 新築中の施設であり、工事の進行とともに、脱臭作業を実施する必要があった。
  • その為、事前調査にて、脱臭が必要な箇所と、不要な箇所等を区分けして、相番業者が作業できるところと、オゾンガスを発生させるリスクから完全立ち入り禁止エリアを慎重に打ち合わせ、施工計画を綿密にスケジューリングしていった。
  • それでも現場は生き物であり、お客様へお引渡しする工期もある為、一部、どうしても脱臭しきれない箇所も発生した。
  • その部分に関しては、後日、別作業として残し、しっかりと脱臭作業を別途、実施する事で、臭気問題が発生する事のないようにしっかりと脱臭作業を実施した。
  • 範囲が広く、脱臭エリアも区切ったエリアで複数になった為、オゾン脱臭装置だけでも複数台を必要とし、それに伴うハイブリッド脱臭工法の設備や道具も複数必要であった。
  • また、現場が東京から遠方であった為、機材が足りない等の手配ミスは許されず、脱臭道具を総動員して現場対応に当たった。
  • 何度もご依頼いただいている建築業者様であり、現場進捗に応じて臨機応変に弊社も対応した為、無事に脱臭作業も終了できて、大変感謝いただけた。
  • 脱臭専門会社がしっかり脱臭作業をして、臭気測定までした報告書を出してくれるので、施主へもしっかり脱臭できた事を言えるし、とても安心していただけるとのお言葉を頂戴できた事は、脱臭屋である弊社としても光栄な事である。
  • 建築中のビルでも、既存の建物でも、脱臭作業や異臭調査等に関する事であれば、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気判定士による臭気調査
臭気判定士による臭気調査
脱臭作業装置
脱臭作業装置
脱臭作業
脱臭作業
アクティボJによる脱臭作業
アクティボJによる脱臭作業

今回は、火事発生後の脱臭作業についてお伝えしました。
様々な「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


脱臭装置を見据えた現場でのフィールド脱臭テスト


人気ブログランキングへ

工事種別

脱臭装置を見据えた現場でのフィールド脱臭テスト

担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士 山田大介
提出日付
2017年8月2日
施工先
タイの某工場
施工概要
バンコクから遠方にある工場の近隣住民への臭気対策
施工前状況
  • タイの某製造工場様にて、いろいろな脱臭対策を講じてきたが、思うように結果が出ていない。
  • この工場様が属されている業界全体に、タイ工業省が臭気規制を設ける可能性も出てきた。
  • 同時にこの工場様は日本の工場のタイ現地法人でもあり、日本本社の指導により、臭気対策を独自で行ってきていて、特に近隣住民様への配慮を最優先されている。
  • しっかりした脱臭技術をもち、タイでの対応もすぐに可能であり、日本やタイでの脱臭実績のある企業を探しておられる中で、弊社のタイ代理店にお問い合わせいただいたようである。
  • すぐに脱臭テストを実施していただきたいとの要請を受け、実施となった。
施策内容
  • バンコクから車で行ける距離ではない為、事前に脱臭デモテスト道具を確認し、輸送トラックにて機材一式は陸送する方法とした。
  • メンバーは、日本から弊社の臭気判定士2名、技術責任者1名、タイの臭気判定士(タイ人スタッフ)2名とゼネラルマネジャー1名の合計6名体制で現場へ乗り込んだ。
  • 炎天下の中、打ち合わせから現場確認を経て、脱臭デモテスト装置を設置した。今回は消臭剤噴霧システムにてデモテストを実施した。
  • 消臭剤としては、弊社の取扱いがいろいろある中で、この工場の臭気に最も合致している、酸化機能水(共生エアテクノ製)を用いた。
  • 複数パターンで実機を見据えながら酸化機能水消臭剤によるダクトスプレーシステムテストを実施した。
  • 臭気採取後、いったんお昼休みとシャワータイムを経て、嗅覚と心身をリフレッシュしたのち、三点比較式臭袋法による臭気測定を実施した。
  • 臭気測定は、タイ人臭気判定士がオペレーターをつとめ、日本の臭気判定士と、現地工場のタイ人従業員女性スタッフを混在させた6名パネルにて実施した。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 臭気濃度40,000(臭気指数46)→脱臭後→臭気濃度5,000(臭気指数37) 脱臭効率87.5%
  • 他、何パターンかについても、同等レベルの脱臭効率を発揮する事が出来た。
  • 本データをもって、実機のご提案の検討に移っていく。
その他補足感想など
  • タイの比較的遠方での脱臭デモテストであったが、弊社タイ代理店さんの段取りがよく、また、お客様が大変しっかりとした協力体制を敷いていただいたため、順調に予定通り、一連の脱臭デモテストを実施する事が出来た。
  • 臭気の変動が大きく、またどのような規制が敷かれていくのか不明ではあるが、近隣住民様への配慮を最優先に取り組まれておられる姿勢には、弊社としても大変共感できるし、何としてでもその真摯な姿勢に微力でも全力を尽くして、脱臭専門会社としてお手伝いしたいと、参加したメンバー全員で強く認識した。
  • 結果として、脱臭効率が90%近く算出され、嗅覚による官能評価でも誰が嗅いでもはっきりとわかる脱臭効果を叩き出す事が出来た。
  • この結果を基に、弊社の技術責任者が、脱臭装置の実機提案をさせていただくべく、設計勘案に入っていく。諸条件があり、簡単ではないが、少しでもお客様のゴールに近づけるようなご提案をしていく所存である。
  • タイの工場様では、臭気に対する規制は厳しくなったり新たに設けられる事も増えてくるようであり、続々と臭気対策についてのお問い合わせを頂戴している。
  • また、臭気監視装置「deomoni」に対するお問い合わせも数多く頂戴しており、まずは臭気を監視したり、可視化するという取り組みにも多くの興味を持っていただいているようである。
  • 弊社では、タイの代理店さんとともに、タイの工場の臭気対策にも取り組んでおります。タイの工場の臭気対策のご相談でも、まずは弊社までお問い合わせ下さい。
脱臭デモテスト装置設置
脱臭デモテスト装置設置
脱臭デモテスト装置
脱臭デモテスト装置
臭気測定作業
臭気測定作業
臭気測定作業
臭気測定作業

今回は、脱臭装置を見据えた現場でのフィールド脱臭テストについてお伝えしました。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


商品における臭気の判定業務


人気ブログランキングへ

工事種別

臭気の判定

担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士 松林宏治
提出日付
2017年7月23日
施工先
商品における臭気の判定業務
施工概要
某業界にて、通常の場合と特別な場合での、商品の仕上がりや店舗内の臭気の測定。
施工前状況
  • ある業界に属する会社さんが、普通とは違う方法の工程にて差別化を検討した。
  • 特別な方法にて、臭気という点でも差を感じられたのでそれを判定してみたい。
  • しかし自分たちが「これは違うね」と言っても説得力がなく、ユーザー様向けにもわかるように、第三者による臭気測定を実施し、ブランディングとして打ち出したいとの事であった。
  • 同時に、店舗内もその方法にて、他店とは差別化できるはずであるとの事であった。
  • ブランディングを実施する会社経由にてお引き合いを頂戴し、仕上がり商品の臭気判定と、店舗の臭気調査を弊社にご依頼いただいた。
施策内容
  • まずは店舗の調査を実施した。臭気判定士2名及び臭気対策コンサルタント1名の合計3名にて店舗の確認を実施。臭気判定士の嗅覚による官能評価として、6段階臭気強度表示法と、9段階快・不快度表示法及び、臭気測定機を用いた。
  • 特殊な方法を実施している店舗と、通常オペレーションの店舗をそれぞれ訪問し、臭気調査を実施した上で、比較を行った。
  • 次に、仕上がり商品の臭気測定を実施させていただくべく、通常のやり方と特別なやり方での仕上がり商品を用意していただいた。
  • 弊社の臭気判定士による嗅覚による評価と、臭気センサーによる評価はもちろんだが、メインの評価としては三点比較式臭袋法を用いた。
  • 公平性を期すために、盲検法を取り入れる事とし、どの検体がどの方法で仕上げたを、弊社メンバーにはわからないようにした。
  • 前日の午後に梱包していただき、検査当日の午前中着にて送っていただいた。そのまま到着後すぐ、弊社メンバーにより臭気の測定業務を行った。
  • 後日、店舗及び商品の臭気測定結果をご報告書に纏めてご提出し、一連の臭気調査業務は検収となった。
装置などの名称・分類
  • 商品や店舗の臭気測定
  • 臭気判定士による臭気の測定
  • 臭気測定装置や嗅覚法による臭気の比較調査
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 盲検法の測定結果としても、先方が通常の方法及び特別な方法での仕上がり状況において、臭気の差が認められたため、お客様がそれらも含めて小冊子にまとめて、差別化やブランディングを訴求したところ、前年同月比の売上が162%もアップしたと嬉しいご連絡を頂戴した。
その他補足感想など
  • 臭気は目に見えない上に、ニオイの感じ方としても十人十色であり、臭気を評価するというのは大変困難な事と言える。
  • また、良い匂いも悪い臭いも、「ニオイの記憶」と結びつきやすく、それだけニオイは企業や一般個人のイメージとして脳に刻まれやすいとも言える。
  • これをブランディングに活用する企業も増えてきているようで、ニオイ=嗅覚もそんなブランディングの一つのトリガーとして取り入れていく試みも増えてきているようだ。
  • 視覚、聴覚、味覚、触覚などはブランディングツールとしてわかりやすいが、嗅覚はまだまだ未知の領域のようだ。
  • 近年、この事例のような「臭気の比較」であったり「臭気の測定」、あるいは「臭気の判定」といった内容のご相談やご依頼も、本当に増えてきている。
  • 弊社では、純粋な臭気測定機関ではなく、現場経験豊富な臭気判定士たちによる、提案型の臭気測定を、このようなご相談をいただいたケースでは対応するように心がけている。
  • 今までやった事のないケースばかりであり、第三者として臭気をジャッジしていくのは簡単ではない。
  • それでも誰かがやらなければならない以上、必要とされる限りは弊社としては鋭意、対応していきたいと考えている。
  • 物や人、品質や空間等、いろいろな臭気の比較や評価、判定や測定をご検討の企業様は、一度弊社にもご相談してみて下さい。
採取した検体をチェック
採取した検体をチェック
三点比較式臭袋法
三点比較式臭袋法
臭気の測定
臭気の測定
検体を採取
検体を採取
店舗の臭気調査
店舗の臭気調査
仕上がり商品の臭気測定
仕上がり商品の臭気測定

今回は、商品における臭気の判定業務についてお伝えしました。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/