インストール前のデオモニ電波確認


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気対策コンサルタント タイ担当 平山レオ
提出日付
2019年4月12日
施工先
日本及びタイの製造工場
施工概要
インストール前のデオモニ電波確認
施工前状況
  • 日本及びタイ、その他、世界規模にて世界各地に製造工場を持っておられる日本の製造工場はたくさんある。
  • その中の一つの工場様にて、環境問題の一つに「臭気」という分野も盛り込まれていた。
  • 臭気対策を実施していく中で、例えば臭気苦情が発生していても、臭気苦情が発生していなくても、常に、臭気レベルを把握していく事は、環境対策の一つとして必要であると判断された。
  • そこで早速、日本の各地の工場にて、臭気対策の一環として、弊社の24時間臭気モニタニングシステムDeomoniを導入していく事を決定していただいた。
  • 続いて、タイの各地の工場でも同様に、デオモニを設置していく方向性にてお話を頂戴した。
施策内容
  • タイの各工業団地にある工場様にも、弊社の臭気判定士と技術担当役員、そして担当の臭気対策コンサルタントや、タイ現地代理店のマネージャー、タイの臭気判定士や現場担当者らのうちから、スケジュールを調整して、それぞれの工場へ順次お伺いしていった。
  • 例えば工場の見取り図をご用意いただき、まずはどこの場所にデオモニを設置するのがベターかを検討した上で、実際に現地や現場を視認していく作業が必ず必要となる。
  • さらに、コントロールする中央制御場所と、デオモニ設置場所をつなぐ電波の中継機の設置位置も必要となる為、実際にデモ機を持参し、人海戦術で電波状況も確認する作業が必要となる。
  • そして設置できそうな場所や高さ、状況をプロットした上で、最終お見積書提出となる。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 本現場では、当初の想定からの現場での動きで、中継機の台数の算出や、臭気センサーDeomoniの設置位置の把握、風向風速計の必要性等、いろいろより良いご提案をする事が可能となった。 ほかのタイの工場でも、お打ち合わせや現場での電波確認等はほぼ必ず実施させていただく。
その他補足感想など
  • 何もない状況であれば、想定している範囲まで電波が届くのだが、やはり工場では、遮蔽物や障害物も少なくない為、想定している距離ほど電波が届かないケースも多くある。
  • そのため、まずはざっくり概算でのお見積りを出させていただき、ある程度、ご予算と合致する場合は、必ずといっていいほど、電波確認も含めて再度、現場にお伺いさせていただいている。
  • そして、コントロール室として使用する場所から、Deomoniを設置する場所を実際に歩いて、ニオイセンサーの設置する位置の選定提案からはじまり、中継機の設置場所も確認しながら対応している。
  • そして、実際に現場の臭気にて臭気判定士による臭気測定を実施し、臭気濃度(臭気指数)を算出。それと臭気測定器Deomoniとをリンクさせる事で、はじめて、ニオイのモニタリングに意味が出てくるという事になる。
  • 最近では、Deomoniを1台、手持ちで持っておいて、定点観測以外の気になるポイントや、製造物の臭気値による管理もみてみたいというご要望も多く、新たなるバージョン開発も鋭意進めている。
  • 工場の臭気に関する事でしたら、日本でもタイでも、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
デオモニ電波確認
デオモニ電波確認

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


厨房排気臭対策(消臭剤スプレー噴霧システム)


人気ブログランキングへ

工事種別

厨房排気臭対策

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2019年4月4日
施工先
某食品製造工場
施工概要
食品工場の食材製造過程における排気臭対策
施工前状況
  • 某食品製造工場において、近隣住民より臭気苦情が寄せられる事があった。
  • 普段は問題ないのだが、製造工程も食品の種類によって変わる為、臭気苦情も不定期ではあったが、ある程度、製造時と臭気苦情の発生のタイミングは工場側で把握できるようになった。
  • しかし、実際に脱臭対策をしていくにしても、臭気の測定をした事もなく、どこまで臭気が飛散しているのかもわからない為、やみくもに脱臭設備を導入するというのも上策ではなく、いろいろとインターネット等でも検索し、脱臭専門業者を探しておられた。
  • 弊社にお問い合わせをいただき、担当者が現地を確認の上、臭気の現状把握と、脱臭デモテストの実施をご提案させていただいた。
施策内容
  • 内容をすり合わせさせていただいた上で、正式に臭気測定と脱臭デモテストのご発注を頂戴した。
  • 常時稼働しているわけではないので、慎重に製造工程と弊社のスケジュールをすり合わせて、複数日にわたっての現場作業を決定した。
  • 脱臭デモテストは、事前打ち合わせにより、消臭剤スプレー噴霧方式となった為、インジェクションスクラバーのデモ機は持ち込まず、酸化機能水消臭剤を噴霧する脱臭デモテスト用のBOXと、それに付随する道具や工具関係一式を持ち込んだ。
  • 現場にて噴霧条件を変えながら臭気採取する組と、その採取を三点比較式臭袋法(簡易法)にて臭気測定する組にわかれて、無事、予定していた工程をすべて完了する事が出来た。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 酸化機能水も、添加剤としてのタイプであったり、濃度であったりのパターンがあり、消臭剤噴霧も接触時間や風量、風速等で何十パターンにも及ぶトライを行った結果、maxで90%程度の脱臭効率を得られた。報告会実施後、実機の設計や勘案に移っていく。
その他補足感想など
  • 周辺調査と嗅覚測定(簡易法)を担当した臭気判定士2名の官能評価では、数km先でも風向きや風の強さによって、臭気の飛散を確認出来た。臭気苦情になるレベルではないと思われるが、臭気の飛散は時として、「こんなに飛ぶのか」と思わせてくれる。
  • 製造工程が常に一定で24時間365日であるのか、あるいは製造工程が不定期で、多種多様になっているのか、いろいろな製造過程や製造条件も加味していかなくてはならない。弊社ではすべての製造工程や製造方法を把握できず、工場によっては守秘というケースもあるので、「この工程の時のこの臭気」とお客様からご指示を頂戴し、脱臭テストを実施させていただくようにしている。
  • また、弊社としては、インジェクションスクラバー脱臭装置をご提案するべきところでも、ご予算の関係や設置スペースの問題等で、お客様から、「第一段階としてもう少し安くて脱臭効果が劣ってもいいから、スプレー噴霧方式で行きたい」等のご要望があれば、弊社としては極力、脱臭効果を最大限発揮できる条件を整えて、お客様に納品させていただくべく、今回のように、何十パターンにもおよぶトライをさせていただき、ご予算内で出来得る限り最大限の脱臭効果を出せるようにやらせていただいている。
    工場の排気臭対策や、工場の臭気対策でしたら、日本でもタイでも、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
脱臭デモテスト用のBOX
臭気測定

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


ゼオガイア脱臭装置(油臭気対策)


人気ブログランキングへ

工事種別

厨房排気臭対策

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2019年3月25日
施工先
某複合施設(厨房)
施工概要
フライヤー排気臭、油臭気対策(ゼオガイア脱臭装置
施工前状況
  • 某複合施設において、新築工事の計画が進んでいた。
  • 上層階はオフィステナントエリアであったが、低層階に飲食店のテナントが入る計画となった。
  • 集合させて排気するにあたり、一つには悪臭防止法条例の規制値を遵守する事が必要となった。
  • また、排気する場所やダクティングによって、風向き等でOAへ回り込み、オフィスのテナントへの給気ラインから厨房のニオイが入ってしまう可能性も懸念された。
  • いずれにしても、厨房から発生する料理臭やフライヤーの油系臭気は、ある程度、脱臭しておかなくてはならない為、設計段階から脱臭対策も検討され、必要な脱臭装置の選定も行われた。
  • 弊社にも脱臭対策のお手伝い依頼を頂戴し、シミュレーション等もさせていただいた。
施策内容
  • 予想される飲食店が確定できない事から、あくまで過去の想定や経験から、原臭の臭気指数(臭気濃度)を想定し、飲食店や厨房の排気臭対策の脱臭装置である、「ゼオガイア」を選定した。
  • ただし、原臭臭気指数の変動の可能性や、想定される脱臭効率よりもさらに脱臭効果を高める必要がある可能性も考慮し、ケーシングボックスに余裕をもたせる設計をご提案し、了承を得ていた。
  • 例えば、ゼオガイア脱臭フィルターが設計上、4段でOKとなっていても、ケーシングボックスでは6段まで脱臭フィルターを設置できる設計としておき、何かあればその空いている予備スペースに、追加で脱臭フィルターを導入できる対応策である。
  • 建築段階で、先にケーシングボックスを設置していただき、脱臭フィルターは最後の最後に当方にて設置をさせていただいた。
装置などの名称/分類
  • 飲食店の厨房排気臭対策
  • 食品スーパーやコンビニ等のフライヤー排気臭対策
  • 食品製造工場の排気臭対策
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 試運転調整にて、圧力損失等の問題もなく、無事に稼働していた。
    また、厨房稼働後の臭気測定についても、必須項目である場合と、そうではない場合があるが、原則としては弊社では臭気測定を実施し、原臭側と脱臭後の臭気指数(臭気濃度)を測定している。
その他補足感想など
  • できれば、既に臭気が発生していて、その臭気を測定したり嗅ぐ事から、実機の対策を進めていければ、より、確実になっていく可能性が高い。
  • しかし、臭気の強弱の変動はともかく、臭気の質が変わってしまうと、選定していた脱臭システムや脱臭方法では効果が見込めなくなってしまう可能性も否定できない。
  • その点、飲食店からの排気臭は、料理臭や調理臭がメインであり、ゼオガイアフィルターは全般的に脱臭効果を発揮してくれやすい。
  • それでも、飲食店の営む料理内容によっては、やはり臭気の質の変動は大きくなる為、稼働後に数年たって、飲食店のテナントが入れ替わる可能性も考慮していく必要がある。
  • そのため、比較的、このような設計段階では多く用いられる手法ではあるが、脱臭フィルターを設置するケーシングボックスに、予備段数を入れられる余裕を持たせておく。
  • 今回の現場でも、その設計手法を用いて実機が導入されたが、稼働後に特に問題なってはおらず、予備段数は予備のままとなっている。
  • 一度、臭気苦情が発生してしまうと、問題が大きくなっていく可能性も高いので、出来るだけ、未然に臭気対策を実施するのがベストであろう。
  • 飲食店や食品工場等の厨房排気臭対策でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
ゼオガイア脱臭フィルター
脱臭フィルター 設置

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/