消臭剤シリーズ「デオドプロ」の活用方法


人気ブログランキングへ

 
担当(著者)
臭気判定士 二級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2020年11月18日
対応先
タイの工場/日本の工場
概要
消臭剤の簡易噴霧ユニット(消臭剤シリーズ「デオドプロ」の活用)
対応前の状況
  • 日本の工場でも、タイの工場でも、製造現場や製造ラインから臭気が発生し、その臭気は局所吸引や工場内の全体排気から、排気ダクトを通して排気されていく。
  • 多くの場合は、臭気の拡散効果を高めるために、屋上や高いところに排気口を設けている。規模の小さな工場等や、タイの工業団地で周囲に広い敷地がある場合などは、工場建屋の壁面に排気口が設けられることもある。
  • いずれにせよ、そこから排気される工場臭気は、諸条件によって周辺へ拡散され、場合によっては近隣住民や近隣工場、近隣の施設から悪臭苦情となる。
  • 弊社では、臭気対策コンサルテーションを実施し、臭気をどこまで低減すれば悪臭問題を解決できるかご提案させていただいている。
  • それ以外では、工場様から「とりあえず」をご要望いただくケースも多々ある。
対応内容
  • このようなケースでは、弊社としては最低限、簡易的な臭気コンサルテーションを実施させていただくが、場合によってはそれすら省略するケースもある。
  • そのうえで、乾式か湿式かをお客様とご相談しながら、ご要望をふまえ、また現場状況や条件等もかんがみたうえで、簡易的な脱臭装置や消臭方法を決めていく。
  • 乾式の場合は、圧倒的にデオキーパー脱臭装置がセレクトされる。デオキーパーの場合はお客様から、「この風量なのでこの型番」といったようなご指定をいただくケースも少なくない。
  • 湿式の場合は、スクラバー脱臭装置は(簡易的ではないため)難しく、デオミスト消臭剤噴霧システムのようなチャンバー式消臭剤噴霧による消臭方法であれば、簡易的とはいえ、それなりの消臭効果がみこめる。
  • しかしそれすら予算的な問題や、設置スペースの問題、その他の諸条件で難しい場合があり、タイの工場において、消臭剤を噴霧するための簡易噴霧ユニットを要望された。
装置等の紹介
施工後の状況
  • 弊社の技術開発チームが、たくさん実施させていただいているタイの工場での臭気対策の経験をいかし、極力シンプルで、かつしっかりとした噴霧量と消臭剤の噴霧ができる、小型噴霧ユニットを設計開発し、販売させていただいた。日本でも正式発売予定である。
その他補足感想など
  • 一口に「工場の排気臭対策」とか、「工場の臭気対策」といっても、本当に多種多様で、それぞれの工場様において、十人十色の狙いがある。
  • 完全に悪臭苦情を解決したい場合や、悪臭防止法の遵守をしたい場合などは、日本でもタイでも、それなりにしっかりとした一連の臭気対策をステップごとに実施していくケースが圧倒的に多い。
  • 今回のように、「とりあえず、臭気が少しでも低減すればいい」という目的をクリアするためのケースだと、工場様もご予算に限りがあり、またユーティリティの制限も多くなったりする。
  • さらには、ランニングコストを抑えたいとか、メンテナンスにお金をあまりかけられない、といったような、導入後をみすえた部分も重要になってくる。
  • 本件では、既に設置されている排気ダクトをそのまま活用し、弊社が導入させていただいた小型消臭剤噴霧ユニットから配管工事を実施し、ノズルを排気ダクト内に設置するという、湿式脱臭方式としては最も簡易的な方法の一つと思われる対策を実施いただいた。
  • もちろん弊社も、臭気判定士と技術責任者がタイの現地工場へ行き、臭気の確認や試運転、操作方法のご説明等まで実施し、より消臭効果の発揮できるノズル選定や設置個所の選定、噴霧径から消臭剤の選定までお手伝いさせていただいた。
  • 消臭剤も、弊社デオドプロシリーズは種類があるため、少しでも工場の臭気にマッチする消臭剤を選定することが必要である。
  • 今後、日本の工場でも、簡易噴霧ユニットを商品化し、販売していく予定である。
  • 日本の工場はもちろん、タイの工場でも、臭気対策をご検討でしたら、弊社共生エアテクノまでまずはお問い合わせ下さい。
消臭剤小型噴霧ユニット
消臭剤小型噴霧ユニット
消臭剤小型噴霧ユニット
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


臭気モニタリングシステムのレベルアップ


人気ブログランキングへ

 
担当(著者)
臭気判定士 中丸晴樹
提出日付
2020年11月6日
対応先
某製造工場様
概要
デオモニの臭気データー反映
対応前の状況
  • 某製造工場様にて、弊社の臭気センサー「deomoni」を導入いただいた。
  • 工場の敷地境界線や、工場の排気付近にて、複数台のニオイセンサーデオモニをインストールいただき、自社工場の排気臭の24時間モニタリングを行うようになった。
  • さらに、風向風速計も同時に設置いただき、風向きや風速と、どの方角のニオイセンサーが反応したか、等によって、製造ラインや生産工程と、近隣へ及ぼす臭気の拡散状況や臭気の強度を、ある程度、把握していけるようになった。
  • そのうえ、いろいろなオプションも考案いただき、「こんなことできますか?」と複数ご相談いただき、都度、弊社としては対応に当たっていた。
対応内容
  • その中では、例えば、ニオイ測定器でのお客様向けデータのご依頼もあった。
  • そのため弊社では、今までもっていた臭気変動データに加えて、新たに単一成分や複合臭気を作成し、あくまでラボ内でのデータではあるが、それらをデータ作成していくことをお引き受けした。
  • いろいろな臭気成分を準備し、弊社臭気判定士が複数名、スケジュールを合わせて大阪のニオイラボに集合、複数日にわたるデータとりを行った。
  • ニオイの強さ、組み合わせ、臭気センサーの種類、など、多くの実験を必要としたが、お客様のご依頼にお応えするためでもあり、弊社としても新たなるデータを蓄積することもできるので、慎重に多くのデータを順次、測定していった。
  • たくさんの臭気袋や、濃度測定用の検知管、そして臭気判定士の嗅覚による官能評価。多くの手間と時間をかけて実施したが、これらの新たなる膨大なデータは、工場の臭気モニタリングシステムとして、さらにレベルアップできるものと確信している。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • いつもいつも、臭気監視システム「deomoni」は、お客様の声やご要望とともにある。 日本およびタイの工場にて、たくさん導入いただいており、その実績は信頼の証ではあるが、なによりもそこから頂戴するお声が新たなる成長のヒントとなっている。
その他補足感想など
  • 発売以来、数年で弊社を代表する大ヒット商品となったdeomoniというニオイ測定器は、日本の工場及びタイの工場にて、数多くの導入実績を誇る。
  • 弊社としては、シンプルでベーシックな機能を優先し、複雑な機能は省き、その分、お客様が大切とする費用を抑えるべく、発売をスタートさせた。
  • 予想以上にお客様、工場から高評価を頂戴することができて、敷地境界の東西南北へ設置していただけたり、隣接する工場と自社工場の臭気モニタリングに設置していただりと、多くの用途にてご活用いただいている。
  • さらに、弊社があえた省いたようなシステム、例えば警報を表示するシステムであったり、ハンディタイプで使用できるようなシステムであったり、という部分も、導入が進んでいく上で、お客様から多くのご要望が各種、頂戴するようになっていった。
  • そして弊社の開発チームではその都度、それらを新たなるオプションとして製品化していく動きをとっており、今回の専用のニオイとニオイセンサーとの相関図作成も、その必要性の一つとして実施されたものだった。
  • 電光掲示板への掲載や、パトランプとの連動等、工場様によっては全体的な環境対策の一分野として、臭気モニタリングを実施されている工場様も少なくない。
  • 工場のニオイの見える化や、臭気モニタリングでしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
deomoniデータインプット
デオモニ用臭気データサンプル
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


建物や倉庫等での火災後の火事臭気脱臭や煤除去、ダイオキシン測定等


人気ブログランキングへ

 
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2020年10月28日
対応先
某建物
対応前の状況
  • 某建物において、不幸にも火災が発生してしまった。
  • 全焼ではなかったが、火元を中心に火事となり、延焼しなかったフロアにも煙が侵出し、粉塵等が見受けられる状態であった。
  • 常時、人がいて、また、来客や来場者もいる建物であった為、しっかりとした脱臭作業を実施する必要があることと、ダイオキシン等の有害物質の有無も確認する必要があった。
  • 複数の業者に相談や問い合わせを行ったが、単純にオゾン脱臭をやりましょう、とか、臭気の保証はできない、といった清掃やメンテ業者さんが多く、困っておられた。
  • その中で、脱臭専門業者である弊社共生エアテクノにもお声掛けいただき、脱臭方法や煤除去方法、実績や臭気保証、経験値や測定までを含めてご説明したうえで、弊社に正式にご依頼を頂戴した。
対応内容
  • まずは事前の臭気測定からスタートした。もちろん現状把握も含まれており、どこがニオイが強いのか、どこの煤除去を中心に実施するべきか、見えない箇所の臭気状況はどうか、等を臭気判定士2名を中心に、しっかりマッピングしていった。
  • 次に煤除去作業を実施した。やみくもに脱臭作業を行っても、焼き焦げ臭の発生源がある以上は、一時的に臭気がなくなったと感じて、また再発してしまうからである。
  • 大型の専用マシンを持ち込み、煤除去作業を複数の機械にて数日かけて行い、細かい部分は人の手によって、ふき取り作業等にて煤除去を実施した。
  • その後、脱臭作業を実施した。大型のオゾン発生装置を持ち込み、空間を中心に燻蒸脱臭を実施。同時に、促進剤を用いたり、消臭剤を併用する事で、脱臭効率と脱臭効果を高めた。
  • 最後に、ダイオキシンの濃度測定と、臭気判定士による臭気チェックを行い、一連の作業を終了した。
装置等の紹介
  • ダイオキシン測定
  • 臭気判定士による臭気レベル判定や臭気強度マッピング
  • 特殊な洗浄作業による臭気発生源の除去
施工後の状況
  • 脱臭作業として一連の流れとして、2週間ほどの工程をいただき、煤除去から脱臭消臭作業、そしてアフターの測定までしっかり行い、ダイオキシン及び臭気レベルともに問題なしとなり、無事、検証を頂戴した。
その他補足感想など
  • それなりの規模である建物や施設にて、火災後の焼き焦げ臭であったり、付着してしまった異臭等であったりを、脱臭や消臭していくというのは、実は簡単ではない。
  • 一般的に広く知られているオゾンガスによる脱臭作業は、多くの業者さんが提案できる方法であり、その効果ももちろんあるものだが、ケースや状況によっては満足のいくところまで脱臭しきれないとか、消臭できないケースもしばしば見聞する。
  • それは、単純にオゾン脱臭機を持ち込んで、一般的な目安のオゾンガス濃度を発生させ、同じく一般的な目安である時間を運転すれば、とりあえずニオイは低減するといったような経験値やノウハウしかもっていないためであると考えられる。
  • それでも臭気のレベルが低かったり、ある程度限られた空間であれば、何とか対応できるかもしれないが、臭気の質が特殊であったり、臭気の発生源が残存しているのに見落としたりするケースでは、なかなか簡単に脱臭作業として満足いくクオリティには至らないと思われる。
  • また、経験豊富な臭気判定士や、臭気対策コンサルタントがしっかり現地調査を実施して、きちんと臭気に対する低減確認であったり、必要によっては保証といったところを行っていかないと、のちのち、トラブルになってしまうケースも考えられる。
  • 日数的にも、現場規模によっては、数日では終わらず、1週間とか2週間の工程を組み、たくさんの人と機材を投入して脱臭作業は行われていく。最低でも、日中は原則、脱臭作業員が常駐し、脱臭作業を実施していく。
  • 建物や施設、住居や倉庫において、脱臭作業や臭気対策臭気調査をご検討でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
煤除去作業資材
煤除去作業
大型の専用マシン(煤除去)
オゾン発生装置
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/