印刷工場の排気臭対策


人気ブログランキングへ

工事種別

印刷工場の排気臭対策

担当(著者)
提出日付
2017年7月13日
施工先
蓄熱燃焼脱臭装置通過後の残存臭気の排気臭対策
施工概要
既に十分な脱臭対策(RTO/蓄熱式燃焼装置)を行っていたが、それでも近隣住民から臭気苦情があった。
施策前状況
  • 印刷工場の生産ラインにて、その排気臭が近隣住民から臭気苦情となっていた。
  • 既に蓄熱式の燃焼脱臭装置にて、脱臭対策を実施されていて、臭気は大幅に低減されていた。
  • しかしそれでも、工場の敷地境界線をこえて、臭気が飛散している状況であった。
  • 極力、イニシャルコストをかけず、近隣住民様まで臭気が飛散しなくなるような脱臭システムを探しておられた。
  • 無臭レベルや大幅な脱臭効率を求める必要はない為、いろいろ検索いただいた中で弊社にお声掛けを頂戴した。
施策内容
  • 臭気判定士にて現場の確認を実施。既にいろいろな検証データをお持ちであった為、臭気のコンサルテーションは実施せず、シミュレーションから必要脱臭効率を設定した。
  • 次に、その設定した脱臭効果を発揮できる脱臭方法を検討し、ダクトスプレーシステムをご提案させていただいた。
  • 打ち合わせの結果、早速、デモテストの実施をご指示いただき、デモテスト費用を頂戴した上で、数度にわたる実機を見据えた脱臭効果の検証デモテストを実施した。
  • テスト結果より、ダクトスプレーシステムにて設定した脱臭効率をクリアできる事が判明し、実機設計へとステップを移行した。
  • 接触時間を稼ぐ為のダクト延伸や、排気温度を下げる為の工夫等、いろいろなノウハウも織り交ぜながら、実機を導入させていただいた。
  • 脱臭設備の工事も無事、完了した。
  • ダクトスプレーシステムの設置後の試運転、脱臭効果の検証を実施した。
  • 脱臭効果は想定以上の脱臭効率となっており、無事、検収となった。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
  • ハイブリッドスクラバーTypeW型(に近い)
  • 消臭剤(マイクロゲルS-B1+Nの特殊改良タイプ)
  • 蓄熱燃焼脱臭装置通過後の臭気の脱臭
施工後状況
  • 原臭臭気濃度:2,500(原臭臭気指数:34)
  • ダクトスプレーシステム通過後の臭気濃度:400(臭気指数:26)
  • 脱臭効率:84%
その他補足感想など
  • 工場から排気される臭気の質としては、酢酸エチル、酢酸ブチル、トルエン、キシレン等であった。
  • 生産ラインの稼働が常時ではなく、臭気の変動も大きいとの事であり、必要な時だけ消臭剤を噴霧できる、ダクトスプレーシステムを採用いただいた。
  • 風向風速計を設置する事で、一定方向で一定風量以上の場合のみ、連動で消臭剤がスプレーされるシステムとした為、お客様のランニングコスト削減にも繋がった。
  • 燃焼脱臭装置通過後の臭気であった為、排気温度が高いという点についても対策が必要であった。
  • よって、ダクトスプレーシステムを多段式とし、最初は冷却水を噴霧する方式にて、温度を下げた上で消臭できる設計仕様とした。
  • 本現場では、臭気のコンサルテーションは実施していないが、お客様にて臭気測定データ等を多く持ち合わせておられた。よって、そのデータにてシミュレーションによる必要脱臭効率を設定出来た為、現場にて実際の排気臭を一部、引き込む事によるフィールドデモテストを入念に実施した。
  • 実機では、デモテスト時以上の脱臭効果がしっかりと発揮され、近隣住民様への飛散臭気の到達はなくなったと聞いている。
  • 既存の脱臭装置の改良や、さらなる脱臭対策のご相談でも、弊社にまずはお問い合わせを頂戴できれば幸いである。

 

蓄熱燃焼脱臭装置通過後の臭気の脱臭
蓄熱燃焼脱臭装置通過後の臭気の脱臭
ダクトスプレーシステムを採用
ダクトスプレーシステムを採用
脱臭効果の検証デモテストを実施
脱臭効果の検証デモテストを実施
必要な時だけ消臭剤を噴霧できる
必要な時だけ消臭剤を噴霧できる

今回は、印刷工場の排気臭対策についてお伝えしました。
様々な「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/


自動車内装部品製造工場の排気臭対策


人気ブログランキングへ

工事種別

自動車内装部品製造工場の排気臭対策

担当(著者)
臭気対策コンサルタント タイ担当 平山レオ
提出日付
2017年7月3日
施工先
自動車内装部品製造工場
施工概要
タイの工業団地にある日系の工場にて、近隣住民から臭気苦情あり。
施策前状況
  • 自動車の内装部品の製造工場にて、製造過程からの排気臭対策が問題となっていた。
  • 近隣住民からの臭気苦情があり、タイの臭気規制も2016年から本格化している。
  • 既に臭気対策は講じられていて、臭気の希釈と、排気口の立上げは実施されていた。
  • それでも臭気苦情はおさまらない為、臭気の現状把握から対策までを検討されていた。
  • タイでの臭気対策コンサルテーションや脱臭システムの納入経験もあり、タイ現地に代理店も有する弊社をインターネットで探していただき、ご依頼を頂戴した。
施策内容
  • 日本の臭気判定士と、タイ担当者、技術担当にて現場へお伺いし、お話させていただいた。
  • 全く臭気の状況がわからない為、簡易的な臭気測定を実施させていただいた。(有償)
  • その結果、排気されている臭気の強さと、近隣への臭気の拡散状況がわかった。
  • どこまで臭気を脱臭してあげればよいかをシミュレーションした上で、脱臭装置を提案した。
  • 選定させていただいたハイブリッドスクラバー脱臭装置をもとに、設置スペースや仕様等を綿密にお打ち合わせさせていただき、実機のご発注をいただいた上で製作にかかった。
  • 日本国内で設計・製造し、出荷前検査を経て輸出。無事にタイの現場にて納品された。
  • 設置立ち合い及び設置後の試運転、脱臭効果の検証を実施した。
  • 脱臭効果も想定通りとなっており、無事、検収となった。
装置などの名称・分類
施工後状況
その他補足感想など
  • 工場から排気される臭気の質としては、焼き焦げ臭VOC臭、フェノール臭であった。
  • 工程が加熱加工であり、排気温度もそれなりに高い為、既存の希釈ラインもそのまま活用し、設置スペースと排気ラインを極力、活用できるようにハイブリッドスクラバー脱臭装置の設計を行った。
  • 住民説明会も開催されたが、日本人スタッフでは言葉や慣習の違いもある為、弊社代理店のタイ人臭気判定士に同席して貰い、脱臭装置の説明を実施する事が出来た。
  • 無臭レベルにする必要はなかった為、必要最小限の脱臭効率を、与えられたご予算の中で勘案し、臭気拡散シミュレーションによる必要脱臭効果をクリアできる脱臭装置を選定した。
  • 納期的にも急がれており、また脱臭効果も確実に見込める内容であった為、納入前の脱臭効果の検証テストを実施せずに実機導入となった。
  • 脱臭効果はしっかりと発揮され、近隣住民様への飛散臭気の到達はなくなっている。
  • 臭気以外でも、いろいろな問題があり、一筋縄では円満解決には至っていないと聞いているが、引き続き、臭気に関する事であれば、タイでもどんどん、測定や調査、設計や納入を対応していく所存である。
  • タイ王国における工場の排気臭対策や、作業環境改善対策であれば、弊社までまずはご相談いただければ幸いである。

 

日本とタイの臭気判定士による臭気測定
臭気測定を実施
日本とタイの臭気判定士による臭気測定
臭気測定を実施
ハイブリッドスクラバー脱臭装置通過後の臭気濃度測定
ハイブリッドスクラバー脱臭装置通過後の臭気濃度測定
ハイブリッドスクラバー
ハイブリッドスクラバーTypeD型

今回は、タイの自動車内装部品製造工場の排気臭対策についてお伝えしました。
様々な「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/


不定期に発生するドブ系臭気の異臭調査


人気ブログランキングへ

工事種別

原因不明のドブのような臭気

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年6月22日
施工先
建物・既設・(築年数新しい)
施工概要
某施設内において不定期に発生するドブ系臭気の異臭調査
施策前状況
  • 某施設において、あるエリアを中心に、不定期に異臭が発生して困っていた。
  • 異臭は天井付近から床面に落ちてくるような感じがするとの事であった。
  • 雨の日の翌日にその悪臭が発生しやすいが、本当に不定期であるとの事。
  • 空調機の洗浄やフィルターの交換等を実施したが改善の見込みがない。
  • テレビで弊社の臭気調査が放映されていたのを見て、「こんな会社あったんだ!」と、すぐにお問い合わせをいただいた。
施策内容
  • 異臭調査に熟練した、臭気判定士2名にて、現場へお伺いした。
  • 異臭が発生するという現場にはりこみ、悪臭の発生を待った。
  • お客様からは「ドブのようなニオイ」と聞いていたが、それを感じ取る事は出来なかった。
  • 天井付近から落ちてくる感じがするとの聞き込みを基に、図面を慎重にチェックし、現場の目視での確認と照合していった。
  • 幾つか仮説を立てていく中で、その悪臭が不定期に発生している場所とは違う場所(機械室)にて、非常に弱くではあったが、ドブ系臭気を臭気判定士が嗅ぎ取った。
  • その場所を入念に、嗅覚及びスモークテスターでチェックしていくと、あきらかにドブ系臭気が侵入してきている発生源が見つかった。
  • 違う場所に侵入したドブ系臭気が、なぜ当該箇所に入ってくるのかを、トレースガスを使って調査したところ、反応をはっきりと確認出来た。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
  • Zero Odor Serviceより「クサイに挑むプロフェッショナル」による異臭発生源調査
  • 不定期に室内にて発生する、悪臭(ドブ系臭気)の調査
  • 臭気調査
施工後状況
  • まずは、悪臭が発生している場所を仮閉塞した。
  • そのうえで様子を見ていただき、問題がなければ本閉塞作業を業者さんにお願いした。
  • 同時に、ドブ臭が侵入してくるルートを説明し、出来得る限りの対策も施した。
  • 仮閉塞の段階で、ドブ臭の侵入は完全に納まった為、本閉塞作業を実施後、ドブ臭問題は収束したと聞いている。
その他補足感想など
  • 本現場では、対象エリアでは一度も、ターゲットとしている悪臭を嗅ぐ事は出来なかった。
  • しかし、経験豊富な臭気判定士には、図面を入念にチェックし、現場を嗅ぎまわっていく事によって、明らかに発生場所は違うところだと仮説を立てた。
  • お客様からの証言「天井付近から漂ってくるような気がする」とか「雨の日の翌日が強いていえばニオイが発生しやすいような気がする」という内容も、臭気問題解決のヒントとなった。
  • そして、わずかに発生していたドブ系臭気を、しっかりと嗅ぎ逃さずキャッチできたことで、臭気調査は一気に展開していく事が出来た。
  • 本来、問題とはならない場所であり、設備構造的にも誰もが「ここは大丈夫、あり得ない」と口をそろえてスルーする部分であった。
  • しかし弊社の臭気調査では徹底的に「常識を疑え」を合言葉に、仮説を潰していく為、今回も仮説の一つしてあげていた部分で、ニオイを嗅ぎ逃さなかったのだと思う。
  • 異臭問題は、解決のパターンがあるようでない。現場の数だけ仮説があり答えがある。
  • 建物内で不定期に発生しているドブのような悪臭や、常時漂っている悪臭の、臭気発生源調査であれば、弊社まで一度、お問い合わせをいただきたい。
臭気判定士の嗅覚による臭気調査
臭気判定士の嗅覚による臭気調査
スモークテスターによる気流チェック
スモークテスターによる気流チェック
トレースガスによる悪臭侵入経路調査
トレースガスによる悪臭侵入経路調査
臭気侵入/発生源の確認
臭気侵入/発生源の確認

今回は、不定期に発生するドブ系臭気の異臭調査についてお伝えしました。
様々な「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/