deomoniの付帯オプション開発


人気ブログランキングへ

 
種別

新しいシステムの開発

担当(著者)
臭気対策コンサルタント 吉田博満(開発技術担当役員)
提出日付
2020年7月7日
施工先
施工概要
対応前の状況
  • 弊社のニオイセンサー「deomoni」は、日本の工場とタイの工場において、ニオイの見える化として、あるいは定点臭気監視として、ニオイモニタリングとしてたくさんの工場様に導入されている。
  • 弊社のdeomoniのWEBページやカタログをご覧いただいてもおわかりになる通り、本体であるニオイ測定器の周辺機器として、さまざまな部品やオプションが用意されている。
  • もともとは、PCによるモニタリングのみのところから、アンドロイド搭載のスマートフォンでもモニタリングできるように開発したり、指定したセンサー値をオーバーしたときにパトライトによる警報が出されるように、といった新しいオプションは、全て、お客様からの「あったらいいな」のお声にヒントを頂戴し、都度、研究と開発を重ねて出あがってきたものである。
  • そして今回、また一つ、お客様の声にて開発に取り組んでいる。
施策内容
  • もともと、弊社のデオモニは、無線システムというのが大きな特徴というかメリットの一つである。
  • 工場の敷地境界での臭気監視になると、東西南北4か所等、数kmにもわたっての広範囲になるケースも当然あり得る。
  • そんなときに、24時間365日リアルタイムで測定していく臭気センサー値を、有線でホストコンピューターまで送っていく配線工事は大変なものがある。
  • 弊社の臭気測定装置は、無線方式であるため、途中に中継器を設置していくことで、どれだけ広い敷地であっても、無線をつないでホストコンピューターにて一元管理、監視をすることが可能となっている。
  • そして最近、立て続けにお客様より、「電源工事も省きたいんだけどなぁ」という声が、弊社の営業担当経由で聞かれるようになった。
  • そこで、各所に単体で設置されるdeomoniと中継器を、電気配線なしで、独立にて稼働できるシステムの開発に着手したのである。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • いろいろな機材を買いそろえ、弊社の大阪ラボにて、実際にdeomoniのデモ機を稼働させながら、テストを行っている。連続稼働テストや、条件別テスト等、どうしても時間と手間はかかるが、お客様がさらに便利に使っていただけるシステムの完成を目指して、最短にて完成を目指す。
その他補足感想など
  • 実は、弊社がメーカーとなって発売している商品では、このdeomoni以外にも多々あり、例えばヒット商品の一つであるデオキーパーなども、実に多くのお客様のアイデア、「こんなのあったらいいな~」というお声をたくさんいただく。
  • そんなお声が、弊社の臭気判定士や営業担当者から会社に挙げられ、それを技術開発チームが内容を検討し、できるだけそれらを実現できるように動いている。
  • よって、上述した以外にも、実はdeomoniではあと数件の、付属やオプションとしての開発が検討されていて、実際にプロジェクトが想定されている。
  • デオキーパーという活性炭を充填する脱臭装置でも、超大型のメガキーパーや、超小型のミニキーパー、充填方式の工夫がされたカゴキーパー等々、実際に現場やお客様の声を反映させた商品が開発され、世の中に収まっている。
  • ヒット商品を開発するのは容易ではないが、ヒット商品を軸にそれらを縦軸や横軸に展開していくことで、もっともっと世の中に必要とされるメガヒット商品に育てていくことは出来る。
  • deomoniも弊社が発売当初、計画として見込んでいた販売量をはるかに凌駕する需要に恵まれたが、いまだに衰えない販売が続いているのは、お客様の声やお客様や現場とともに、絶え間なく成長させていただいたからと思っている。
  • もちろんすべてのお声を拾って、全てを形にできるほどの余裕はないが、世の中に必要としていただける商品やサービスを提供している限り、お客様から必要としていただける。
  • このように弊社では、日々、技術開発を行っておりますので、臭気対策に関することでしたら、弊社共生エアテクノまでお気軽にご相談下さいませ。
deomoniのオプション
deomoniのオプション
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


現状の臭気強度や質の判定


人気ブログランキングへ

工事種別

臭気の調査

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2020年6月28日
施工先
某新築マンション
施工概要
現状の臭気強度や質の判定
施工前状況
  • 現在、既に長年使用されている建物があった。
  • その施設は保管物や入居テナント、設備の特色として、臭気の発生源がたくさんあった。
  • 施設管理側もそれを理解していて、リニューアルの時期になってきたため、どこのポイントでニオイが強くて、どこまで改修していくべきか、そしてその時に脱臭作業や除菌作業等が必要になるのか、勘案されていた。
  • といっても、全くそのノウハウやハウツーがなかった為、臭気調査や臭気判定、臭気測定といった業務を専門的に幅広く、かつ簡易的にやってくれる専門業者を探している中で、弊社にお声掛けいただいた。
施策内容
  • 弊社の作業環境測定士の資格も併せ持つ臭気判定士が、まずは客先事務所へお伺いし、お打合せを行った。
  • 臭気の測定や臭気判定といった業務にも、いろいろなやり方や方法がある為、ご予算の規模と客先が求めているゴールをヒアリングさせていただき、弊社としての対応をご提案させていただいた。
  • その後、正式に臭気測定のご依頼を頂戴した為、臭気判定士2名にて現地へ訪問。臭気判定士の嗅覚による官能評価とニオイセンサーによる臭気マッピングを実施。
  • 後日、報告書に纏めてご提出する事で、一連の業務は完了した。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • とても規模の大きい大型倉庫レベルの施設であった為、臭気のマッピングも1日かけて実施していった。お客様やご依頼主様からは求めていた答えが出たと大変感謝いただいた。
その他補足感想など
  • 大変大きな大型倉庫クラスの施設における、臭気の調査や判定、測定業務においては、いろいろな方法でのご提案が可能となる。
  • 今回、例えばガスクロ等による臭気成分の分析を実施する事も可能であったが、時間と費用の両面からは、現実的ではなかった。
  • また、稼働中の施設であった為、来場者やテナント様の商売、エレベーターやトイレ等、臭気を嗅ぐ、あるいは臭気センサーで測定する、という点においても、お互いに邪魔にならないように、実施していく必要があった。
  • 弊社からは、ニオイを嗅いでいく業務に精通している2名の臭気判定士をセレクトし、現場作業前には入念に事前打ち合わせを計画していった為、ほぼスケジュール通り、臭気調査を実施していく事が出来た。
  • また、臭気をマッピングしていく事で、実際に脱臭作業が必要な個所や、カビ等の発生があり除カビ対策や除菌対策が必要な個所等、リニューアル工事を客先が実施するにあたり、より具体的なリニューアル計画を立案していくための参考データをご提供する事ができたと思う。
  • 臭気調査異臭発生源調査、臭気測定や臭気判定業務でしたら、工場や建物から一般家庭まで、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気判定士による臭気調査
臭気判定士による臭気調査
臭気判定士による臭気調査
臭気判定士による臭気調査

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


脱臭装置を導入していただくために(脱臭装置デモテスト)


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2020年6月22日
施工先
某生産工場
施工概要
生産工場の排気臭対策としての脱臭装置
施工前状況
  • 弊社では、自社がメーカーとして開発から設計まで行っている脱臭装置としては、インジェクションスクラバー脱臭装置や、デオキーパー脱臭装置等を有している。
  • この度、某生産工場にて、悪臭防止法の臭気指数(臭気濃度)を遵守すること等を目的として、弊社の脱臭装置を導入していただくべく、段階をおって進めていくことになった。
  • 実際に稼働している工場であり、対象の排気ラインも常時、運転されていることから、工場様よりそれを脱臭できるかどうかの、デモテストからスタートして貰いたいと要請を頂戴した。
  • 弊社としては、脱臭の成功ステップとして、臭気のコンサルテーションと脱臭のデモテストは避けて通れないとご説明するケースが多く、本件ももちろん、実排気臭にての脱臭デモテストの実施を快諾、実機を見据えてデモテストを実施させていただいた。
施策等の内容
装置等の名称/分類
装置等の紹介
施工後状況
  • 複数日にわたってしっかりとテストを実施させていただき、報告書に纏めて報告会を実施。
    工場の脱臭目的やご予算、希望納期、等々を詰めさせていただき、インジェクションスクラバー脱臭装置をメインとした実機選定という次のステップへ進んでいくこととなった。
その他補足感想など
  • 脱臭装置導入のための、脱臭装置の実機を見据えたデモテストだけでも、今回の現場のように、たくさんの脱臭方式をトライしてみたいというケースがあり、弊社では工場様のご要望やご意見をすり合わせて、可能な限りのお手伝いをさせていただいている。
  • このような脱臭デモテストは数多く行っているため、東日本チーム(東京拠点)及び西日本チーム(大阪拠点)の東西2拠点にて、脱臭デモテストや臭気対策コンサルテーションが実施できるに足る機材や道具類をそれぞれ準備している。
  • ここから脱臭装置の実機を設計していく段階では、細かい部品や部材一式まで、当然のごとく弊社の営業担当者と設計責任者、現場担当者が何度も社内側(製作協力工場含めて)での打ち合わせや協議も何度も行いながら、少しずつ形になっていく。
  • また、弊社では、工事業の許可として、機械器具設置工事業と、管工事業を取得しているが、本格的な配管工事等は、餅は餅屋という通り、専門業者様や客先指定業者様等に依頼するケースが多い。(もちろん弊社でも実施できる体制は協力業者様とともに整えてある)。
  • デオキーパーにしても、インジェクションスクラバーにしても、あるいはハイブリッドスクラバーにしても、弊社のHPやカタログをご覧いただければ、基本的なスペックを記載した標準ラインナップは揃えてある。
  • しかしなかなかスタンダードで収まるケースも多くないため、都度、お客様と弊社弊社内部、そして製作協力工場様を含めての大枠打ち合わせやディテール打ち合わせ等を繰り返してやっていくことになる。
  • 工場の排気臭対策としての臭気測定やデモテスト、脱臭装置でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
脱臭装置
脱臭装置のデモテスト

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/