自然還元型の生ごみ処理装置「トラッシュ」について


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 中丸晴樹
提出日付
2017年10月13日
施工前状況
  • 離島にて、生ごみを処理する際、焼却炉にて処分していた。
  • しかし焼却炉の定期修繕や更新工事の費用がかかり、生ごみを収集する手間や時間もあり、出来るだけそれらを少なくできるような対策を検討されていた。
  • すべての生ごみを処理出来る装置は少なく、電気代等のランニングコストも考慮しつつ、いろいろな業務用の生ごみ処理機を比較検討されていた。
  • そんな中で、自然還元型であり、脱臭専門会社である弊社が販売している生ごみ処理機「トラッシュ」を選択いただいた。
施策内容
  • 既存の焼却炉付近と、テストケースとして住民様の住居エリアに、生ゴミ処理装置「トラッシュ」の設置を決定いただいた。
  • ご発注いただいてから、製作期間を経て、トラッシュ本体が納品された。
  • 技術指導はメーカーの技術担当者にて行い、施工は地場の業者様にて行われた。
  • 設置完了後、住民様への取扱説明会も実施させていただいた。
  • 運用の中で、1日の最大処理量50kgまでの投入や、生ごみ臭の漏洩を防止する開閉部分の確実なる開け閉め等、より利便性の高い方向へのご要望や、強度や運営のご質問を数多く頂戴しつつ、仕様書通りとなっている事を確認し、検収となった。
装置の紹介(概要)
  • 生ゴミを自然還元方式による処理方法
  • 株式会社ヨロズヤ製「トラッシュ
  • バイオの力で消化・発酵を促進させる専用分解促進剤「オールOK
施工後の状況
  • 基本的には、投入するゴミの種類や量をきっちり遵守いただければ、ほぼノーメンテでご使用いただける。ランニングコストもオールOKというバイオ系促進剤が少々必要となるだけである。水道代やガス代、電気代等は一切必要ない為、最低限の運用をしていただけば幸いである。
その他補足感想など
  • 生ゴミは実に70~90%が水分と言われている。その為、焼却時の諸弊害は問題となるケースも少なくない。
  • 離島では、ゴミ焼却や収集にもいろいろと負担が大きく、出来るだけ島内で費用や手間を少なく、自然への負担も少ない状態で、生ごみを処理出来るのが理想でありベストと思われる。
  • その点、㈱ヨロズヤのトラッシュという自然還元型生ごみ処理機は、生ゴミをそのままトラッシュに投入するだけである。あとはトラッシュ内部で分解され、自然に還元されていく。
  • 1日に50kgまでの投入量があり、客先によっては同時に2台を設置いただき、まず1台にゴミを投入。そちらが満杯になったら、もう1台に投入。そのうちに、最初の1台がまた使えるようになる・・というサイクルで有効活用いただくケースもあると聞いている。
  • 今回、納入させていただいた現場でも、出来るだけ焼却炉を利用しないようにすることと、島民の高齢化もあり、将来的にはトラッシュをゴミ集積場に必要台数設置し、自然還元型のごみ処理を推進していきたいとの事であった。
  • また、弊社が消臭・脱臭の専門会社である事から、ニオイ監視装置についてや、臭気測定についてもお問い合わせをいただき、生ごみ処理装置だけではなく、臭気全般からのお手伝いも可能である。
  • もし、自然還元型の業務用生ゴミ処理装置「トラッシュ」にご興味がありましたら、弊社までお問い合わせ下さい。また、ゴミ処理臭気の対策や測定等でも、弊社までお気軽にご相談下さい。
生ごみ処理装置「トラッシュ」設置風景
生ごみ処理装置「トラッシュ」投入口(安全パイプ)

今回は、自然還元型の生ごみ処理装置「トラッシュ」についてお伝えしました。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


飲食店舗の厨房の排気臭対策


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2017年10月2日
施工先
某飲食チェーンの店舗内厨房からの料理臭対策
施工概要
店舗内の調理から発生しているフライヤー排気臭の脱臭対策
施工前状況
  • 某飲食チェーンのある店舗にて、店内の厨房で料理をしている際に発生するフライヤー臭や料理臭の排気が、近隣住民から苦情となっていた。
  • 既設店舗であり、既に排気ラインも排気風量も稼働中の為、大幅なリニューアルや刷新工事は難しい状況であった。
  • 完全に無臭レベルにする必要はなく、ある程度、臭気を低減出来れば住民様も納得いただける状態との事であった。
  • それらの条件に合致する、厨房排気の脱臭装置を探している中で、弊社にお声掛けいただいた。
施策内容
  • 弊社担当者がお打ち合わせを実施したところ、臭気に関しては測定等もした事のない状況だった。
  • やみくもに脱臭装置を導入しても、目的に合致しない可能性がある為、臭気測定を含めたデモテストの実施をご提案した。
  • 小型のデモテスト機を用いて、厨房排気臭気の脱臭テストを実施し、原臭臭気と出口臭気の臭気濃度を三点比較式臭袋法にて算出した。
  • 同時に、周辺への臭気拡散シミュレーションを用いて影響度合いを想定し、必要な脱臭効率を計算した上で、実機のご提案を行った。
  • ご発注いただき、実機製作~設置、納品後の試運転後、厨房を実稼働させて臭気測定を実施した。
  • 仕様書通りの臭気濃度となっている事を確認し、検収となった。
装置などの名称・分類
  • 厨房排気臭の脱臭装置
  • ゼオガイア脱臭装置(当時:マグセライド脱臭装置)
  • フライヤー排気の脱臭
装置の紹介(概要)
施工後の状況
    稼働後の臭気測定結果:原臭臭気濃度1,600(臭気指数32)→脱臭後臭気濃度160(臭気指数22) 脱臭効率90%となり、臭気苦情も無事、納まったと聞いている。 ちなみに、設計段階では、脱臭効率80%を見込んでいたため、初期性能としては想定以上のしっかりとした脱臭効果を発揮している結果となった。
その他補足感想など
  • 初期のお打ち合わせでは、臭気の現状を全く把握していない中で、厨房排気臭の脱臭装置を探しておられたため、弊社としてはまずは現状把握からやっていかないと、適当に脱臭装置を導入しても、臭気苦情の解決にはならない可能性があるとご説明した。
  • 先方からは、最初はいぶかしいと思われた感もあった(普通の脱臭装置屋なら、すぐに脱臭装置をすすめてくるからという事らしい)が、丁寧にご説明していく中で、一見遠回りでも、しっかりしたステップを踏んで、脱臭対策をしていく方が良いという事をご理解いただけた。
  • きちんと費用を頂戴し、臭気測定による現状把握と、小型脱臭デモテスト機による脱臭テスト、そして近隣への臭気拡散シミュレーションによる必要脱臭効率等をご報告書に纏めた上で、それらをクリアできる脱臭装置の実機をご提案させていただいた。
  • 大変、理に適っているという事で盤石なる信頼を頂戴し、脱臭装置の実機をご発注いただけた。
  • しっかりと脱臭フィルター及びケーシングユニットを製作し、納品~設置まで対応させていただいた。
  • 実際の厨房排気臭にて、実機での脱臭効果を測定したところ、想定以上の脱臭効果を発揮出来ていたので、お客様のご期待を上回る結果でお応えできた事に、大変安心した次第である。
  • 厨房排気臭気の脱臭対策でも、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
ゼオガイア脱臭装置
脱臭フィルター
ゼオガイア脱臭装置/臭気測定
仕様書通りの臭気濃度となっている事を確認

今回は、飲食店舗厨房の排気臭対策についてお伝えしました。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


排気臭を24時間、常時監視する臭気測定システム


人気ブログランキングへ

工事種別
担当(著者)
臭気対策コンサルタント 平山レオ
提出日付
2017年9月21日
施工概要
排気臭を24時間、常時監視する臭気測定システム
施工前状況
  • タイの某工場にて、近隣様から臭気苦情が発生している。
  • しかし複数の工場が隣接しており、自社工場のどのタイミングが、臭気苦情とリンクするのかがよくわからない状況であった。
  • 同時に、隣接している他工場の排気臭が臭気苦情の原因ではないかという事についても、把握できていない状況であった。
  • それらを把握する為に、まずは現状把握の出来るシステムを探していた。
施策内容
  • お客様と、弊社タイの代理店にて、弊社の「デオモニ」について協議いただいた。
  • 弊社もタイにてお打ち合わせに加わり、設置場所や内容のご説明を実施した。
  • その結果、東西南北の4方向と、隣接部分の合計5箇所に、デオモニを設置する事となった。
  • 臭気モニタリングシステムを設置する指令本部から、各デオモニ設置箇所までの電波状況と、必要となる中継機及び設置方法や電源供給方法等を現場にて確認を行った。
  • デオモニ本体、中継器、設置BOX等を輸出・納品し、電気工事や取付工事が行われた。
  • デオモニのセンサー値の調整や検量線の為の臭気測定等を行い、最終調整と試運転、取扱説明を実施した。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
  • 風向風速計と臭気測定機の連動システム
  • 定点設置・敷地境界設置による、臭気監視
  • 基準値オーバー時のアラーム機能
施工後の状況
  • 既に5台のデオモニが、24時間体制で臭気の監視体制に入っており、臭気が飛散すればセンサー値も高くなり、一定数値をこえたら警報が出るようになっている。また、風向風速計もセットとしてシステムに組み込まれているので、苦情時の臭気や風向風速からも現状把握がよりやりやすくなっている。
その他補足感想など
  • 日本では多くの実績を有するデオモニによるニオイ監視システムだが、海外での販売及び納品~実働の現場は初めてとなった。
  • 現場が、タイの工業団地にある工場であり、四季のある日本とは違い、常に暑く、雨も多いという条件を考慮する必要があった。そういった意味では、タイの工場に、スクラバースプレーシステムを複数導入させていただいており、操作盤や電気盤の経験も実績としてあるため、暑さ対策は問題なく設計する事が出来た。
  • 当初、試運転を行ったところ、電圧の違いなのか、初期値が高めに表示されたり、風向風速計の風速が速すぎたりと、幾つかの現象が発生した。しかし実際に弊社メンバーが現場にて確認を実施し、問題なく稼働させる事が出来た。頻繁にタイにいっている強みがここで生かされたといえる。
  • また、日本とタイの臭気判定士にて、嗅覚測定法を実施する事で、デオモニの検量線もより正確なものを実現出来たと感じている。
  • このデオモニ設置により、臭気の現状把握が見えてきており、問題点を絞り込んだうえで、排気臭対策(インジェクションスクラバーの設置)を次のステップとして進めているところである。
  • まずは、工場の臭気の拡散状況を把握しておきたい場合でも、風向風速計とセットにしたデオモニによるモニタリングシステムがお役に立てると思いますので、ぜひ一度、お問い合わせ下さい。
風向風速計連動(臭気測定)
デオモニシステム
デオモニ(5台稼働)
作業風景(高所臭気調査)
臭気測定データ
耐候設置BOX(デオモニ)

今回は、排気臭を24時間、常時監視する臭気測定システムについてお伝えしました。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/