某歯科クリニックにて少々気になる臭気の調査


人気ブログランキングへ

工事種別

歯科クリニック内臭気調査

担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士 松林宏治
提出日付
2018年2月14日
施工先
某歯科クリニックにて少々気になる臭気の調査
施工概要
施工前状況
  • 某歯科クリニックにて、ごくまれに、来院された患者様から「クサイ」というクレームが発生していた
  • 院長先生は、スタッフや出入り業者に、しばしば臭気のヒアリングを行ったが、よくわからなかった。
  • そのまま気にしなくても大きな問題となるレベルではなかったが、やはり臭気問題であり、来院される患者様に余計なご負担を掛けたくないとも院長先生は考えておられたようだ。
  • 市販の空気清浄機を導入する等、考えられる対策は講じてみたが、特に変化はないようだった。
  • 複合施設に間借りするテナントスペースの歯科クリニックであり、他の買い物客等への影響も懸念され、歯科クリニックのコンサルタントに相談したところ、臭気調査の専門会社があると紹介された。
  • コンサルタントから弊社に相談が寄せられ、臭気調査の内容をご説明の上、正式にご依頼いただく運びとなった。
施策内容
  • 歯科クリニックがお休みの日を狙って臭気調査実施日を決定。
  • 臭気調査の経験豊富な熟練の臭気判定士2名にて、現場へ訪問。
  • 歯科クリニックの先生およびスタッフ様にいろいろとヒアリングを行う事から調査をスタート。
  • 臭気判定士2名の嗅覚による官能評価、及びスモークテスターにて気流をチェック。
  • 気になる箇所があった為、建築図面にて衛生配管と空調配管関係を確認し、現場の実際の配管状況との整合性をチェック。
  • また、空調の稼働状況での変化や、時間帯での変化、特定作業の実施時での変化等、いろいろな条件を再現しながら臭気を確認していった。
  • 結果としては、数種類の気になる臭気の質を感応出来て、それらが諸々の条件によって待合室側に流れ滞留したり、臭気の発生が強くなる等、幾つかの懸念点が挙げられた。
  • その中から、エアーバランスの悪さの改善を、最優先事項としてご提案させていただいた。
装置などの名称/分類
  • クサイに挑むプロフェッショナルによる、歯科クリニックの臭気調査
  • 歯科医院の臭気強度マッピング及び臭気質の臭気測定。
  • 臭気判定士による臭気判定。
装置の紹介(概要)
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価。
  • スモークテスターを用いた気流チェック。
  • 臭気センサーを用いた臭気強度マッピング。
施工後の状況
  • クリニックの形状が、細長い作りであった為、待合室側から給気を入れて、治療室側の一番奥から排気をするエアーバランスを出来得る限り整えた。同時に、待合室側に酸素クラスター除菌脱臭装置を設置し、除菌と脱臭が出来る仕組みも整えるようにご提案した。
その他補足感想など
  • 臭気の質としては、有機溶剤系臭気(接着剤等で使用する)や、消毒液系臭気であり、いわゆる「歯医者さんのニオイ」と判定された。
  • 不快感の高い下水のような臭気や、人体にも有害となる可能性のあるカビ臭、エアコンからの異臭等は調査期間内では確認できず、その可能性も限りなく低いものと判断した。
  • 但し、エアーバランスが悪い事から、どうしても待合室側に、歯科治療時に発生した臭気が滞留してしまう事が判明した。歯科クリニックのドアをあけて入ったその時に、少々強い臭気があると、一部クレームになる可能性は否定出来ないと思われる。
  • しかし、複合施設の中のテナントスペースに入店している歯科医院であり、エアコンは単独でも、給排気が思うように改修できなかったり、外気の取り入れ量に制限があったりと、決して歯科医院の空調条件としては、良い条件ではない事もあった。
  • 幸い、臭気苦情の発生頻度としてはごくまれであり、弊社の調査でもそこまで気になるレベルではないと判断された為、可能な限りの対策でいけそうであった。
  • 院長先生からは、「全く何も見えない、嗅げない、わからない中で、このように臭気判定をしてくれて、わかるように説明して貰えたので、安心したし対策方法も検討できる」と大変喜んでいただけた。
臭気判定士による官能評価
臭気判定士による官能評価

スモークテスターを用いた気流チェック
臭気測定機による確認


脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


不定期に発生する悪臭の発生源調査


人気ブログランキングへ

工事種別

連続監視を用いた臭気調査

担当(著者)
臭気判定士 中丸晴樹
提出日付
2018年2月2日
施工先
某書店内にて不定期に発生する悪臭の発生源調査
施工概要
施工前状況
  • 某書店にて、不定期に発生源不明の悪臭が発生していた。
  • テナント様及びビル管理会社で、一定期間にわたる異臭発生状況のヒアリングを行った。
  • その結果、外部で発生した異臭が書店内に侵入する事による悪臭発生ではないかと推測した。
  • しかしそれを証明する方法がなく、またもしそれが違っていた場合に、それ以上の臭気発生源調査を実施していく事は難しいと判断された。
  • そのようなモニタリング調査や悪臭侵入経路調査の出来る会社をリサーチした結果、弊社共生エアテクノを発見し、お問い合わせいただき、お打ち合わせやご提案を実施させていただいた。
  • 一定期間の臭気モニタリングを実施する事から臭気調査をまるっとご依頼いただいた為、早速、この異臭の発生源調査をスタートする事となった。
施策内容
  • まずは臭気のモニタリングである。書店が閉店し、ビルが完全に立ち入り禁止になる夜間や早朝、そしてお客様が常時出入りする営業中も、24時間365日、臭気を監視する必要がある為、弊社が開発した「デオモニ」を、書店内及び外気の侵入口他、数点に設置した。
  • 約1週間ほど、ニオイ監視システム「デオモニ」による連続測定を行った。
  • 期間終了後、デオモニを回収し測定の解析を行ったところ、臭気の変動は確認出来たが、外気での臭気変動と、書店内での臭気変動が、全く異なっている事が判明した。
  • その為、外部で発生した悪臭が書店内に侵入してくる仮説は完全に覆された。
  • すぐさま、臭気調査の経験豊富な臭気判定士2名にて、ゼロからの異臭発生源調査を行った。
  • 臭気の質としては、完全に下水系臭気であり、嗅覚を中心にわずかな下水・汚水臭を追い込んでいった結果、全く想定していない、別の倉庫が発生源と判明した。
  • もう誰も使っていないシンクのトラップが蒸発しており、そこから排水本管の圧力バランスで汚水臭が発生し、天井裏や壁裏を通じて書店内に侵入しているルートを突き止めた。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
  • 汚水、下水系臭気の発生源特定調査
  • ベテラン臭気判定士の嗅覚やスモークテスターを用いた悪臭発生源調査。
  • 仮設を実証する為のトレースガス調査。
施工後の状況
    トレースガスによる実証テストでも、一定条件を満たすとしっかりとした反応を書店内で確認出来た。使っていないシンクなので、完全に撤収してしまう事に決定し、工事実施までは排水部分を完全閉塞した。結果として、汚水・下水臭の発生は完全に納まった。
その他補足感想など
  • 当初、書店内で不定期に発生していた臭気を嗅いだニオイと同じ質のニオイを、外部でも確かに官能する事が出来た為、依頼主が想定されている臭気侵入ルートの可能性が高いと弊社も予測した。
  • しかし、実際に現場を臭気判定士の目で確認し、足で歩いていくと、弊社の経験や勘から、外部の臭気発生箇所と侵入ルートが遠く、その可能性は否定できないが、確率は低くなった。
  • 慎重に、デオモニを設置する箇所を選定し、簡易的なテストモニタリング調査の上、1週間ほどの連続測定を実施した。
  • その間に、簡易的な臭気拡散シミュレーションや、トレースガスでの調査も実施してみたが、やはりどの角度から見ても、そのルートからの下水臭気の侵入は当てはまらないと考えられた。
  • 結果として、デオモニの測定結果からも、外気侵入ではないと判断された為、ゼロから再度、臭気調査を実施した上で、発生源を突き止める事が出来た。
  • 人の嗅覚そして体力には限界があるので、連続した臭気のモニタリングであれば、このような臭気調査はもちろん、工場の排気や敷地境界での臭気監視としても、デオモニにお任せ下さい。
臭気判定士による異臭発生元調査
デオモニによる連続監視

デオモニ測定解析
異臭発生元特定


脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


薬局内にて発生している異臭侵入経路調査


人気ブログランキングへ

工事種別

ゼロオドサービスより臭気調査

担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士 松林宏治
提出日付
2018年1月25日
施工先
薬局内にて発生している異臭侵入経路調査
施工概要
施設内の悪臭調査
施工前状況
  • 某薬局にて、薬局内にて悪臭が発生し、困っていた。
  • 悪臭は常時、臭っているわけではなく、不定期に突如、発生する状態であった。
  • テナントビルの1階であった為、ビル管理会社から設備業者さんが紹介され、いろいろ調査してみたが全く原因がわからない状態であった。
  • 調剤薬局であり、病院から処方箋をもって患者様がいらっしゃるケースが多く、体調を崩されている患者様の事を考えれば、悪臭というのはマイナスの影響を与えかねないと懸念されていた。
  • ホームページで悪臭の発生源調査会社を検索し、弊社共生エアテクノを見つけていただき、ご連絡を頂戴した。
  • お電話にてお話したのち、御見積書をご提出、即時ご発注いただき、臭気調査実施となった。
施策内容
  • 臭気調査には、経験豊富な臭気判定士3名にて現場へお伺いさせていただいた。
  • 依頼主からのヒアリングをもとに状況を確認し、同時に建築図面もご用意いただき、衛生配管関係を中心におおよその建物や設備の構造を確認していった。
  • 臭気判定士の嗅覚と、におい測定機にて、臭気強度と質のマッピングを行っていった。
  • 調査期間中、薬局内で異臭の発生は感じられなかったが、依頼主から「腐った卵のような悪臭」とお聞き出来たので、下水・汚水系の臭気を中心に調査を継続した。
  • 薬局の外部にて不定期に強い下水臭を確認出来た為、スモークテスターやトレースガスを用いて、その硫黄系臭気が薬局内に侵入してくるか実証テストを実施した。
  • 階段下収納の壁面に、管を貫通させた時の影響か、大きな穴が開いており、そこから汚水臭を薬局内へ引っ張り込んでいる事が確認出来た。
装置などの名称/分類
  • ゼロオドサービスより、臭気調査
  • クサイに挑むプロフェッショナル集団による、異臭侵入経路調査
  • 汚水下水臭気の発生源調査
装置の紹介(概要)
  • 臭気調査の経験豊富な臭気判定士の嗅覚と経験、ノウハウによる臭気の判定
  • ニオイセンサーやスモークテスターを用いた、ニオイや気流の視覚化と検証
  • たくさんたてる仮説の可能性を潰したり、実証する為の、トレースガス調査
施工後の状況
  • その場で、パワーテープ等で壁面の穴を仮閉塞し、臭気の発生状況の変化を確認していただいた。
  • その対策にて、臭気の発生が収まったので、さらに給気口を新たに設置していただき、万全を期した。
  • 薬局出入口からの異臭侵入も懸念されたので、対策案をお伝えし、業務終了となった。
その他補足感想など
  • 調剤薬局内での臭気調査であったが、依頼主よりとにかく最短で・・とのご要望もあり、休みの日や夜間ではなく、比較的患者様の少ない時間帯の平日に実施させていただいた。
  • なかなか出直しや、再調査のスケジュール調整も難しい事が予想された為、臭気判定士3名による異臭調査の実施となった。
  • 最初はあらゆる衛生配管や上階との関係性、リニューアル工事による補修や修繕箇所の確認等を実施したが、全ての仮説がシロであった。
  • しかし、悪臭には必ず発生源がある・・という弊社のモットーから、異臭発生源を調査していくと、該当箇所では対象臭気の発生が確認出来なかったが、1人の臭気判定士が鋭い嗅覚で、わずかな汚水臭を嗅ぎ逃さず、そこから調査は急ピッチで進展した。
  • 結果的に、ほとんど誰も気にしていなかった、階段下収納の壁面という、発生経路を突き止める事が出来た。
  • いろいろと制限も多かった中で、無事に下水臭の侵入経路を特定し、薬局内への異臭侵入をストップする事が出来て、一安心であった。
臭気測定機
スモークテスター

臭気発生状況の変化の確認
臭気測定機による確認


脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/