タイにおける工場の臭気対策


人気ブログランキングへ

工事種別

工場の排気臭対策

担当(著者)
提出日付
2018年11月13日
施工先
タイ王国の工場
施工概要
排気臭対策実施の為の脱臭デモテスト
施工前状況
  • タイの某工場団地にある製造工場にて、製造過程より排気臭が発生していた。
  • その排気臭が排気口から拡散されるにあたって、広範囲に向かって臭気を感じさせていた。
  • 何年も、いろいろな対策を施してきたが、中途半端な為か、解決へは至らなかった。
  • タイ王国でも、日本の悪臭防止法のような規制が検討され、規制値への考え方も出来てきた為、工場側としてしっかりと脱臭対策を施したいと考えておられた。
  • 日本における脱臭技術をもち、タイでも展開している企業として弊社を発見いただき、お問い合わせを頂戴した。
施策内容
  • 既に少し前に、この工場にて、臭気対策コンサルテーションを実施済であり、どこの排気臭気を、どこまで脱臭して低減してあげればよいかはわかっていた。
  • 工場の予算の関係もあり、違う脱臭方法をテストされたりしていたが、なかなか効果が思うようにいっていなかった。
  • ある程度、実機へ進んだ際への予算も相談しながら、その中でベストな提案をさせていただき、それの効果検証を行うための、脱臭デモテストをご発注いただけた。
  • 弊社のタイの代理店さんと、ビジネスパートナー会社さんたち、さらには外注業者さんともアライアンスして、消臭剤のスプレー噴霧装置の実機を見据えた脱臭デモテストを現地にて実施させていただいた。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
その他補足感想など
  • 臭気対策のコンサルテーションから脱臭装置の実機を見据えた現地フィールドテスト。そしてその結果をうけての、脱臭対策としての消臭剤スプレー噴霧システムの実機のご提案から、実機を導入いただくまで、相当な時間を有する事となった。
  • 弊社の臭気判定士や、技術責任者、担当者は、ほぼ毎月、10日間ほどのタイ出張を行っているので、タイでの工場の臭気対策には、そこまでタイムロスはない。
  • さらにはタイに、弊社共生エアテクノの代理店企業がおり、大変フットワークも軽い為、最初のお問い合わせに対してのお打ち合わせ等は、極力迅速に対応させていただいている。
  • この工場の場合は、他のシステムを検討されたり導入してみたりされていた為に、本腰を入れて対策するまでに時間がかってしまったようだ。
  • 日本でもタイでも、脱臭対策を実施するにあたって、比較検討するというのは当然、やっていくべき重要事項である。しかし、臭気苦情というのは、放置すれば放置するほど、遅くなれば遅くなるほど、事態が悪化していくケースが多い。
  • せめて、臭気対策のスケジュールだけでも工程を組んで近隣さんへ提出するようにしていけば、臭気苦情に対して少しでも、センシティブな部分をケア出来るケースもある。
  • そう、いつまでに何をしてくれるのか等がわからない状況では、いつ解決するのかわからない悪臭に、いつまでも苛まれる事になってしまうからだ。
  • そういうときこそ、餅は餅屋。日本でもタイでの、臭気対策の事でしたら、消臭・脱臭専門会社である、弊社共生エアテクノのお問い合わせ下さい。
タイ工場の臭気調査
消臭剤のスプレー噴霧装置のデモ機
ダクトスプレーシステムデモ機
消臭剤のスプレー噴霧装置のデモ機
ダクトスプレーシステムのデモテスト
タイ工場での臭気測定

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


周辺住民からの臭気苦情対策


人気ブログランキングへ

工事種別

工場の現状把握

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2018年11月5日
施工先
製造工場の臭気対策
施工概要
周辺住民からの臭気苦情対策
施工前状況
  • 某工場にて製造する過程から発生する臭気が、周辺へ飛散していた。
  • 周辺住民からの臭気苦情が絶えず、工場ではいろいろな対策を講じていた。
  • しかし、臭気対策を自前でやってみてはいるが、なかなか効果を出す事が出来なかった。
  • いよいよ役所も絡んでくるというので、工場では「餅は餅屋」という事で、臭気対策の専門会社をリサーチする中で、弊社共生エアテクノを見つけていただいた。
  • 早速、ご連絡をいただき、工場の臭気対策を専門に行っている弊社の臭気判定士が現地へお伺いして、現場の確認と、お打ち合わせを実施させていただいた。
施策内容
  • 工場においては、臭気対策を手探りでやってみている事は分かった。
  • しかし、現状の把握を一度もやった事がない中で、手あたり次第の臭気対策を施しても、うまくいくケースは弊社の経験上、とても少ないのである。
  • よって、まずは、「臭気対策コンサルテーション」を実施する事を強くおすすめした。
  • 脱臭装置本体はとりあえず置いておき、現状把握をしておくだけでも、次の対策を講じやすくなる事から、お客様からも大変納得をいただき、すぐにご発注いただいた。
  • 臭気判定士複数名にて、数日かけて、工場の排気臭各箇所や、周辺の臭気飛散状況を確認していき、臭気コンサルテーションを無事、終了する事が出来た。
装置などの名称/分類
施工後の状況
  • 臭気の現状把握をしっかりと確認出来た為、ターゲットとなる排気口や、どこまで臭気を脱臭すればよいのかがクリアになった。このまま次のステップである、「脱臭装置のデモテスト」へ進んで行く事もすぐに決定いただいた。
その他補足感想など
  • 臭気対策で最も大切な事の一つとして、「今、どこからどれくらいの臭気が出ているのか」を把握する事が挙げられる。
  • それをわからずして、やみくもに脱臭装置や脱臭システムを導入しても、臭気苦情が解決するケースは少ないと思われる。
  • また、近隣住民さんは、目に見えないニオイに対しての苦情をおっしゃられているので、「きちんと対応します」という言葉よりは、「ニオイを可視化」して、「現状ではこれだけニオイがあり、ここまでニオイが飛んでいるので、ここまで脱臭する事で、ニオイの拡散範囲がここまでになります」という説明をする事で、近隣住民さんのご理解も得られやすいと思われる。
  • 「臭気の現状把握をするだけで、お金がかかるのか・・」と、お客様から最初のお打ち合わせでおっしゃられるケースもありますが、ほぼすべてのお客様が、臭気コンサルテーションの報告会後に、「やっておいてよかった」とおっしゃられます。
  • そこから次のステップとしては、脱臭装置の実機選定へ向けた、現地での脱臭テストとなっていくが、かなりの割合でそこまではやっておくというお客様が多い。
  • 工場の排気臭対策や、悪臭防止法の規制値遵守、近隣住民様の臭気苦情対策でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
工場の現状把握
臭気飛散状況の確認
臭気測定
臭気調査

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


リニューアルに伴うカビ対策


人気ブログランキングへ

工事種別
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2018年10月25日
施工先
某施設
施工概要
リニューアルに伴うカビ対策
施工前状況
  • 某教育施設にて、某部屋と倉庫の改修工事が計画されていた。
  • しかし、換気不足等から、カビ臭が問題となっていた。
  • 実際にカビの発生も目に見えて確認出来ていた為、このまま改修工事を進めてよいのか、判断に迷っていた。
  • 建築業者さんも、設備業者さんも、明確なる判断が出来なかった為、カビ関係の専門業者をインターネットで検索し、弊社共生エアテクノにお問合せを頂戴した。
  • 早速、弊社共生エアテクノ臭気判定士が現地へ赴き、カビ対策の現場経験豊富な営業担当者による現地確認を実施させていただいた。
  • その結果、カビ対策として除カビ工事と防カビ工事を施しておいた方が良いとご提案させていただき、ご発注を頂戴した。
施策内容
  • 除カビ工事としては、使用する薬剤を、プロパストップタイプEとした。
  • 防カビ工事としては、使用する薬剤を、プロパストップタイプCとした。※現:プロパストップタイプNOKIFである。
  • 施工期間は1日とし、午前中に除カビ工事を実施。除カビ剤を2度噴霧とした。
  • 業務用のファンとフレキシブルダクトを持ち込み、除カビ工事終了後、お昼休み期間を頂戴し、その間にしっかりとファンを稼働させ、乾燥させた。
  • 躯体はコンクリートであった為、乾燥が早く、しっかりと乾燥したことを確認の上、防カビ剤を噴霧した。防カビ剤は1度噴霧とした。
  • 噴霧作業は2名にて実施し、2名とも弊社の臭気判定士にて実施した。
  • 噴霧器は、電動の散布機と、フォグマスター、そして手動の噴霧器を場所に応じて活用した。
装置などの名称/分類
施工後の状況
その他補足感想など
  • 某教育施設であった為、カビ臭やカビ菌というのは、教育環境上、よくない状況であった。
  • しかし、リニューアルをしてしまえば、カビ臭は抑止できるのではないかと考えておられた。
  • スケルトンにした状態で、弊社がカビのチェックを行ったところ、コンクリートの躯体部分に、カビの発生が目視でも確認でき、このままリニューアルを進めると、また同じようにカビ菌が活動してカビ臭が発生する事が予想出来た。
  • よって、弊社としては、除カビ作業と防カビ作業のご提案を行うとともに、必要に応じてカビ菌の菌数測定をオプションとしておすすめさせていただいた。
  • リニューアル工事のスケジュールでは、日程的にかなりタイトであり、何とか確保出来て1日が限界という事もあり、菌数測定は実施せず、カビ菌のふき取り作業も実施せず、とりあえずカビ菌を退治するべく、除カビ作業と防カビ作業を1日で実施する事となった。
  • 建築業者様も積極的にカビ対策にご協力いただけて、足場の設置や換気設備の補助等、1日という作業期間で対応できるように、全面的に対応いただけた。
  • 弊社からも、カビ対策業務に精通した2名のプロフェッショナルにて、事前準備から綿密に実施し、作業当日も効率よく、除カビや防カビ作業を進められるように作業役割の分担を行い、工程通りに作業を進められた。
  • 弊社共生エアテクノでは、カビ対策業務の全般を行っている。除カビや防カビ、カビ菌の菌数測定や菌種同定等、カビに対するご相談であれば、弊社までお問い合わせ下さい。
防カビ材・除カビ資材
防カビ材・除カビ材の噴霧
防カビ材・除カビ材の噴霧
防カビ材・除カビ材の噴霧

脱臭・消臭等「におい」・「カビ」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/