カビや下水等の臭気チェック


人気ブログランキングへ

工事種別

漏水後の臭気確認

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2018年8月8日
施工先
某マンションの室内
施工概要
マンション室内の臭気調査(カビや下水等の臭気チェック)
施工前状況
  • 某マンションにて、漏水事故が発生してしまった。
  • 漏水に気が付くのが遅れた為、壁裏や床下に漏水が貯まってしまっていた。
  • 住民さんが、「何かクサイ」と感じ始めて、管理会社に相談したところ、漏水が発覚した。
  • 既に湿気と水、さらには気密性の高さ等から、高温多湿な壁裏や床下、天井裏では、多数のカビが発生してしまっていた。
  • 管理会社としては、最大限の対応を行うという事で、躯体を残して出来る限りのスケルトン状態まで解体し、除カビや防カビ対策を実施した後、復旧しようとした。
  • しかし住民さんから、本当に臭気がなくなったのが不安であるとのことから、第三者の中立的立場である専門機関に臭気測定を依頼する事となった。
施策内容
  • 臭気調査臭気測定の専門会社をいろいろリサーチし、機器分析やガス成分調査等もあったが、今回のケースでは、複合臭としての残存臭気等を判定したいとの事であった。
  • 弊社にお問い合わせいただいたときに、弊社が出来る対応や調査内容を詳細にご説明申し上げて、お見積書もご提出させていただいた。現地調査や下見は実施していない。
  • 結論として、今回のニーズに最も合致する臭気調査内容であるとご判断いただき、弊社にご依頼を頂戴した。
  • 臭気判定士2名にて現場へ訪問し、最も臭気を感じやすい条件を整えていただいた段階で臭気測定を実施させていただいた。
  • 基本的には、現場経験豊富で嗅ぎ分けや識別能力が鍛えられる臭気判定士の嗅覚による官能評価を主とし、臭気センサーを副として臭気判定を行っていった。
  • 壁や床等までくまなく嗅ぎまわり、また、一部、下水臭や雑排水臭がする原因も指摘しながら調査を進めていき、ほぼ、スケジュール通りに臭気調査を終了した。
装置などの名称/分類
  • ゼロ・オド・サービス分野より、「クサイに挑むプロフェッショナル」の臭気調査
  • 臭気判定士による、マンション室内空間の臭気判定
  • カビ臭や雑排水臭気の調査
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 臭気判定士2名の嗅覚による官能評価では、6段階臭気強度表示法で、ターゲットとなる臭気に関しては2未満(認知閾値に達せず)であった為、問題なしと判定した。一部、気になる臭気の質は原因まで特定し報告した。その後、特に問題なくお住まいになられていると聞いている。
その他補足感想など
  • ニオイというものは、目に見えない。また、ニオイの感じ方は千差万別、十人十色である。
  • また、一度気になってしまったニオイに関しては、嗅覚閾値が鋭敏になるのではないかと思われるほど、僅かなニオイでも感じ取ってしまうケースも、現場レベルの経験として、弊社は有している。(エビデンスがない為、あくまで経験値としてである事をご理解いただきたい)
  • しっかり対応をしたという施工者側や管理側では、完全にニオイを含めて問題なくなっているのだが、一度そこで臭気トラブルにあってしまった住民側等では、どれだけやってもらっても不安感が残ってしまったり、対応が遅かったりすれば不信感にも繋がってしまいかねない。
  • そんな時に、弊社のような中立な第三者機関が、本当に臭気がなくなっているのか、はたまたまだ臭気としては感じられるのか、あるいは対象となっている臭気とは違う質が存在しているのか、等を臭気判定していくというのは、大変責任のある役割であり、やりがいを感じる業務である。
  • しかし、目に見えないからこそ、誰かがそれに物差しを当ててあげなければならないし、何かしらの目に見える形であらわしてあげなければならない。
  • 現状、それを出来る資格はない(臭気判定士は本来、その役割は権限として国家資格にはない)が、臭気調査や臭気測定の経験は豊富であり、臭気対策専門業者として、また、臭気コンサルタントとして、臭気にかかわる仕事を多くさせていただいている弊社が、その役目を担っていかなければならない事は、毎度痛感する次第である。
  • 臭気調査や臭気測定、臭気判定に関する事はもちろん、臭気対策に関する事でしたら、工場病院飲食店ホテルから一般のご家庭まで、まずは弊社共生エアテクノまでご相談下さい。
臭気判定士による異臭調査
嗅覚による官能評価

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


ホテルの臭気調査


人気ブログランキングへ

工事種別
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2018年7月27日
施工先
ホテルの客室
施工概要
ホテル臭気調査(異臭苦情あり、原因不明)
施工前状況
  • リゾートホテルにて、一部の客室に宿泊されたお客様からたびたび、臭気苦情が寄せられていた。
  • ホテル側としても、臭気の問題はお客様の評価やホテルの管理に直結する問題であり、支配人特命として、いろいろと臭気調査を行ってきた。
  • しかしなかなか臭気苦情をなくすことが出来ず、かといって抜本的な原因を特定する事も出来ないまま時間だけが過ぎていき、困り果てていた。
  • 夏や冬、ゴールデンウィークやシルバーウイークには、多くの観光客で賑わう観光地でもあり、せっかくご来場いただいたお客様や宿泊者が、「クサイ」と言って帰られるのは、ホテルとしても致命的であり、おもてなしの精神にも欠けると、同業他社へのヒアリングや、インターネット等でもリサーチされて、弊社共生エアテクノに行き着いた。
  • ホームページをご覧いただき、信頼できそうだ‥という事で、臭気調査のご依頼を正式に頂戴した。
施策内容
  • 場所が遠方であった為、臭気調査に熟練した臭気判定士が2名にて、現場へ赴いた。
  • 異臭の内容が不明であった為、汚水や下水、雑排水系臭気のトラブルの可能性も考慮し、トレースガスセットをはじめ、臭気調査に必要な七つ道具を満載した。
  • 臭気調査当日は、閑散期でもあり、問題となっている複数の客室は原則、空けておいていただいたが、一部の異臭苦情の少ない客室は稼働されており、それらもふまえての臭気調査となった。
  • 臭気苦情が頻繁に発生しているお部屋や、しばしば発生するお部屋、そして全く苦情が発生していないお部屋等、当日は20部屋程度を臭気調査として入室させていただき、徹底的に臭気判定士2名の嗅覚にて、官能評価を行っていった。
  • その結果、臭気苦情が発生しているお部屋では、臭気判定士の嗅覚から2つの原因が導き出された。
  • 1つはタバコ臭であり、もう1つはVOC(揮発性有機化合物)の臭気であった。
  • それらの発生原因を推定し、また、対策方法も立案したものを報告書にまとめてご提出し、臭気調査は終了となった。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
  • ニオイセンサーによる臭気強度マッピングと臭気評価
  • スモークテスターによる気流チェック
  • トレースガスを用いた汚水下水及び雑排水臭の漏洩調査
施工後の状況
  • 念のため配管関係のチェックも行ったが、特に気になる下水臭等の漏洩箇所は見当たらなかったため、原因をVOC臭気とタバコ臭気に特定出来た。脱臭対策や消臭対策、日常の臭気防止対策をご提案し、それらを実践していただいた後は、大きな臭気苦情はないと聞いている。
その他補足感想など
  • リゾートホテルであり、閑散期でもお客様はそれなりにいらっしゃるので、原則、10:00のチェックアウトから15:00のチェックインの間での臭気調査を実施する必要があった。
  • 同時に、清掃される方や、修繕される業者さんとの相番ともなる為、いかに効率よく、的確に、臭気調査を進めていけるかが大きなポイントの一つとなった。
  • そのため、このようなホテル臭気調査の経験豊富な臭気判定士2名にて現場へ行き、約20部屋にわたる客室の臭気を続々と判定していった。
  • そしてその中からさらに気になった部屋を詳細に臭気調査を行っていき、お客様がおっしゃっている臭気苦情の発生源を絞り込んでいった。
  • お客様から寄せられている臭気の表現も様々であり、それらを一つずつ、潰していった結果、大きな原因となる臭気を特定していく事が出来た。
  • 最終的には、臭気発生源を特定し、それらの対策方法までご提案する事で、今後の繁忙期に向けての対策をホテル側にて実施していただくことが出来た。
  • ニオイの感じ方は十人十色ではあるが、何とか臭気の発生原因を突き止め、対策案までご提示出来た為、お役に立てたことを光栄に思う。
  • ホテルオフィスビル飲食店ご家庭等における、異臭の発生源調査や臭気調査であれば、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気判定士による異臭調査
においセンサーによる測定
臭気判定士による臭気の特定
臭気判定士による異臭調査

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


オフィスビルの雑排水系臭気 発生源調査


人気ブログランキングへ

工事種別

オフィスビルの異臭調査

担当(著者)
臭気判定士 悪臭スナイパー 中丸晴樹
提出日付
2018年7月18日
施工先
某オフィスビル 特定のフロアのテナント様
施工概要
雑排水系臭気の発生源調査(硫黄化合物系臭気の臭気調査)
施工前状況
  • 某オフィスビルにて、特定のフロアのテナント様から、「不定期に下水のような悪臭が漂ってきて困っている」との悪臭苦情が管理会社に寄せられていた。
  • 管理会社では、いろいろと臭気の発生状況を確認したり、考えられる対策を講じてみたが、なかなか臭気のランダムな発生状況を把握しきれず、改善する事が出来ないままであった。
  • さすがにお手上げとなり、懇意の水道業者さんや設備業者さんにも相談されたが、なかなか解決する事が出来ず困り果てていた。
  • そこでインターネットでも「臭気調査」等で調べてみたところ、弊社共生エアテクノを発見いただいた。
  • お問い合わせいただき、弊社の担当者とのやりとりを経て、臭気調査を実施させていただく事となった。
※ちなみに弊社では、臭気調査においては原則、下見を行っておりません。あらかじめご了承下さい。
施策内容
  • 臭気調査当日、臭気判定士2名にて現場へ訪問させていただいた。
  • オフィスビルであり、テナント様も通常稼働中であったが、対象エリアがトイレであった為、平日の日中に臭気調査を実施させていただいた。
  • 一番、対象臭気の発生が出やすい状況で調査をしたかった為、お客様が積極的にご協力いただき、スムーズに臭気調査は進んでいった。
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価や、臭気センサーによる臭気マッピング。スモークテスターによるエアーバランスのチェック等を実施していく中で、徐々に怪しい臭気漏洩箇所が絞り込まれていった。
  • 多くの仮説を立てていく中で、必要に応じて上下階にも出入りさせていただき、天井裏や床下、壁裏までくまなく調査し、仮説を一つずつ消去し、絞り込んでいった。
  • 最も怪しい箇所まで絞り込み、トレースガスによる実証調査を行ったところ、トレースガスの反応を確認出来た。
  • 修繕対象箇所を報告書に纏め、一連の調査は終了となった。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
  • 雑排水系臭気の漏洩箇所調査
  • オフィスビルにて発生している悪臭発生源調査
  • 下水臭が不定期に発生する原因調査
施工後の状況
  • 対象の修繕箇所を業者さんが施工を行ってからは、大きな悪臭の発生は収まった。 念のため、お客様からは、トレースガスの再現テストをご要望いただき、追加費用を頂戴して確認テストも実施させていただいた。特に問題は確認できず、お客様にもご安心いただけた。
その他補足感想など
  • 臭気調査に入らせていただいた当初、全くといっていいほど、汚水臭や雑排水臭の痕跡がなく、大変きれいな現場であった為、調査は難航するかもしれないと覚悟した。
  • しかし調査を続ける中で、トイレの中でわずかだが、雑排水臭を臭気判定士の嗅覚にてとらえる事が出来た。
  • その微量な雑排水臭を嗅覚で追い込んでいったところ、特定箇所まで追い詰める事が出来た。
  • それでも、目視等では問題は見当たらず、スモークテスターや換気扇のオン・オフ等によるエアーバランスのパターンチェックや、圧力バランスのチェック等を実施し、当該箇所を中心に、その周辺までくまなく調査を継続した。
  • そして最も怪しいと思われる箇所をターゲットに、トレースガステストを実施したところ、予想通りにそこからトレースガスの漏洩を確認出来た。
  • 便所の改修工事等も何度か実施されており、見た目ではきれいな状態ではあったが、見えないところではいろいろと老朽化や不備が生じており、臭気対策以外でも修繕が必要な様子であった。
  • オフィスビルのトイレという、対象エリアとして大変狭かったが、しっかりと悪臭問題を解決出来たので、また一つ、知見と経験を蓄積する事が出来たし、お客様にもご安心いただけた。
  • 原因不明の異臭発生源調査や、汚水や下水、雑排水臭の臭気調査であれば、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気測定
トレースガスによる実証調査

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/