某マンションの火災後の臭気対策


人気ブログランキングへ

工事種別

某マンションの火災後の臭気対策

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年6月12日
施工先
マンションの各部屋及び外壁
施工概要
火災後の脱臭、臭気測定、消臭剤噴霧
施工前状況
  • 某マンションにて火災が発生した。
  • 新築のマンションの建築工事中であり、完成間近の火事であった。
  • スス除去は完全に行われたが、部屋や場所によっては、若干ニオイが気になる部分もあった。
  • また、お客様にご購入いただく際に、臭気についてご安心いただきたいという部分もあった。
  • 臭気対策専門業者による、測定脱臭等を検討されて、弊社にお問い合わせをいただいた。
施策内容
  • まずは火災後の臭気対策の経験豊富な臭気判定士が、現調と打ち合わせを行った。
  • その結果、全部屋の臭気測定を行い、NGの部分を脱臭作業していくスケジュールとなった。
  • 臭気判定士2名にて、分譲予定のマンション全戸の臭気を確認していった。
  • 測定には、臭気判定士の嗅覚による官能評価と、臭気測定機を使用した。
  • 一部、臭気が気になる部屋は、ハイブリッド脱臭工法による火災臭の脱臭作業を実施した。
  • また、外壁付近の臭気も気になった事から、消臭剤噴霧作業を実施した。
  • 一連の脱臭作業終了後、対象箇所の臭気を再度、測定を実施した。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 脱臭作業後の臭気としては、全部屋及び対象箇所全てが、問題のないレベルとなっている事を確認し、報告書に纏めてご提出した。
  • その後、マンションは無事に発売開始となり完売したが、火災臭が問題となったケースは1件も発生していない。
その他補足感想など
  • マンションやオフィスビル等、新築工事中の現場における火事や火災は、タバコの不始末等からしばしば発生してしまう。
  • 完成間近の場合は、解体する事も出来ず、時間的な制約もある為、内装等はもちろん全撤去ではあるが、躯体部分はそのまま使用しなくてはならないケースが多いと思う。
  • もちろん、躯体部分をそのまま使うといっても、附着したススや汚れは全て、除去した上で、焼き焦げ臭が附着していれば、徹底的な脱臭作業を行う。
  • 今回の現場では、火元だけではなく、全部屋と外回り等において、臭気測定を行う徹底ぶりであったが、しばしばこのようにしっかりと対応を希望されるケースもある。
  • 弊社としては、臭気対策専門業者として、臭気判定士による臭気測定を行う事で、第三者として客観的に問題ない臭気レベルである事を、ご報告書に纏めさせていただく。
  • 本現場では、脱臭作業を行った箇所もあるが、外壁についてはハイブリッド脱臭工法も使えなかったので、消臭剤を噴霧する事で火災臭の低減を行った。
  • 不幸にして、建築中に火災が発生してしまったケースでも、弊社は臭気測定や脱臭作業、ダイオキシンの測定、スス除去等、トータルでもパーツでも、お引き受けする事が出来るので、火災や火事のあとの脱臭については、弊社の「Zero Odor Service」チームまでお問い合わせいただければ幸いである。
全部屋の臭気測定を行い、NGの部分を脱臭作業
全部屋の臭気測定を行い、NGの部分を脱臭作業
本現場では<a href=消臭剤を噴霧する事で火災臭の低減を行った” width=”90%” />
本現場では消臭剤を噴霧する事で火災臭の低減を行った
ハイブリッド脱臭工法による火災臭の脱臭作業
ハイブリッド脱臭工法による火災臭の脱臭作業
臭気判定士の嗅覚による官能評価
臭気判定士の嗅覚による官能評価

今回は、某マンションの” target=”_blank”>火災後の臭気対策についてお伝えしました。
様々な「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


病理検査室の作業環境改善対策


人気ブログランキングへ

工事種別

病理検査室の作業環境改善対策

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年6月1日
施工先
ホルムアルデヒドの対策と同時に、キシレン臭の対策も実施
施工概要
病院の病理検査室におけるキシレン対策
施工前状況
  • ホルムアルデヒドについては、プッシュプル装置等で対策は施していた。
  • しかし、法律や規制、目標値があったわけではなく、とりあえずの簡易対策装置であった。
  • ホルムアルデヒド濃度は、規制値の0.1ppmをオーバーしており、キシレン臭も強かった。
  • もちろん、規制前の装置である為、脱臭装置を新設し、FA濃度をクリアできるように設計した。
  • ホルムアルデヒド対策をやるので、どうせならキシレン臭対策も実施したいという事で、そちらも対策した。
施策内容
  • 医療現場対策チームのリーダーが何度も現場へ行き、採寸や打ち合わせを繰り返した。
  • キシレン臭気対策ももちろん実施可能なので、技術陣との詳細な打ち合わせも徹底した。
  • 病理検査室内には制限が多く、FA対策機器もキシレン対策機器も、既存ものから本現場専用に多くの改良を加え、オーダーメイドにて製作対応する事となった。
  • FA対策機器としては、λ型プッシュプルを搭載した特製シンクと、卓上型吸引テーブルを基本として、テーブル内にスライド式廃液タンクを収納した。
  • キシレン対策機器としては、卓上型吸引テーブルを基本として、エアーバランスを現場にて調整する事で、大幅に吸引能力を向上させた。
  • さらに、病理検査室全体の空気環境改善も含めて、酸素クラスター除菌脱臭装置を導入し、ホルムアルデヒド臭気と濃度、キシレン臭気と濃度の低減に寄与させた。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 意外と大がかりな設計と施工になったが、経験豊富なFA対策チームにて対応した為、大きなトラブルもなく予定通りに設置完了となった。
  • ホルムアルデヒドの濃度測定は、全てのA点及びB点で0.1ppm未満となり、規制値をクリアした。
  • キシレン濃度の測定では、痕跡あり程度の濃度(キシレン2ppm以下)であったが、先生や技師さんからは「大幅にキシレン臭が低減したね」と合格点を頂戴出来た。
その他補足感想など
  • ホルムアルデヒドを使用する病院様の部署としては、病理検査室及び解剖室、解剖実習室などがあり、弊社では専用の対策チームにて、数多くのFA濃度対策を実施してきた。
  • 弊社としては、病院様のご要望や作業性を優先するべく、既存の装置を型式におしはめて販売する事はなく、1病院様、1病理検査室様ごとに、極力、ご要望にお応えできるように、時には現場合わせのカスタムメイドにて、対応してきている。この姿勢はこれからも変わらない。
  • おかげさまで、FA濃度0.1ppm以下の対策は、多くの病院病理検査室様で完了あるいは意識として高くなっており、もしまだ、規制値をクリアできていない・・ですとか、対策を検討したい・・という病理検査室様や解剖実習室様があれば、弊社が必ずやお役に立てると考えている。
  • そして同時に、作業環境の改善対策として、「キシレン臭」の低減対策もご相談いただくケースが多くなってきた。
  • この現場のように、FA対策と同時にキシレン対策もやってしまえれば、より対応しやすくはなるが、レアケースかもしれない。
  • よって弊社では、キシレン臭対策のみのご相談や対応ももちろん実施しており、キシレン臭対策専用の脱臭装置(吸引装置)も開発が完了し、新商品のラインナップとなっている。
  • 酸素クラスター除菌脱臭装置だけでも、作業環境改善対策としては有効な方法であり、弊社ではデモ機も有している。
  • ホルムアルデヒド対策はもちろん、キシレン臭対策でも、作業環境改善対策も、弊社のFAチームまでお問い合わせいただければ幸いである。
オーダーメイドにて製作対応
オーダーメイドにて製作対応
何度も現場へ行き、採寸や打ち合わせを繰り返した
何度も現場へ行き、採寸や打ち合わせを繰り返した
病理検査室全体の空気環境改善
病理検査室全体の空気環境改善
λ型プッシュプルユニット付流し台
λ型プッシュプルユニット付流し台
病理検査室の作業環境
病理検査室の作業環境
酸素クラスター除菌脱臭装置を導入
酸素クラスター除菌脱臭装置を導入

今回は、病院の病理検査室におけるキシレン対策についてお伝えしました。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


某飲食店で不定期に発生するドブのような臭気の発生源調査


人気ブログランキングへ

工事種別

異臭発生源調査

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年5月22日
施工先
施工概要
某飲食店のVIPルーム(個室)に、不定期に発生するドブのような臭気の発生源調査
施工前状況
  • 飲食店のなぜかVIPルーム(個室)のみ、不定期に突如として、ドブのような悪臭が発生する。
  • お客様から臭気苦情があり、帰ってしまわれるケースもしばしば起こってしまっている。
  • しかし、いざ確認しようとしても、臭気がなく、発生状況も不定期であった。
  • とりあえず、大至急発生原因を特定し、ドブのような臭気の発生をストップしたい。
  • インターネットで検索し、臭気調査を専門で実施している為、調査を依頼した。
施策内容
  • 緊急性の高い臭気調査のご依頼であり、経験豊富な臭気判定士2名にて現場訪問した。
  • 「今日はニオイがない」と聞いていたが、臭気判定士の嗅覚には弱い下水系臭気が感じられた。
  • そのニオイを記憶して、天井裏や壁裏、床下等、嗅げるところを全て確認していった。
  • 次に、スモークテスターを用いて、嗅覚で疑問を持った幾つかの仮説を検証していった。
  • すると、数カ所、風の流れについて、仮説と合致するところが見つかった。
  • さらに、最も怪しいと仮説が立てられた建物内ではないところを調査した。
  • そこでは、常時ではなかったが、調査期間内でおいて、まさにドブのような臭気を感じられた。
  • そのタイミングで、店舗内の該当箇所を確認すると、同様の臭気質が発生していた。
  • お客のスタッフさんからも「まさにこのニオイである」という証言を得られた。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 全ての仮説が一致した為、外部からの臭気侵入ルートを遮断するようにご提案させていただき、臭気調査を一旦終了した。
  • 状況によってはトレースガスの調査を実施するつもりだったが、その処置により、その後は悪臭の発生がなくなった為、そのまま臭気調査は完了となった。
その他補足感想など
  • 悪臭が発生していなくても、臭気調査は可能か?とは、しばしば頂戴するご質問である。
  • 本来、当然の事ながら、その対象臭気を嗅げた方が、異臭発生源調査の確実性は高まる。
  • しかし、下水や汚水のような臭気の場合は、トレースガスを使った調査等で、実際の悪臭が発生していなくても、臭気調査は可能であるともいえる。
  • 他には、図面を見せていただけると、臭気調査はやりやすくなる。
  • 本現場では、わずかでも対象臭気を感じ取れた事と、図面が現認としっかり合致した事から、比較的進めやすい調査となった。
  • さらに、幾つか立てた仮説の中から2つほどが残り、最終的には実際に問題となっている臭気を確認できた為、ばっちり合致した。
  • 本来であればトレースガスで仮説を実証していくのだが、本件ではそれをするまでもなく、仮説がニオイによって真実となったので、対処法をご報告して無事、異臭調査を終了した。
天井裏や壁裏、床下等、嗅げるところを全て確認
臭気判定士の嗅覚による異臭発生源調査
天井裏の嗅覚による異臭発生源調査
天井裏の嗅覚による異臭発生源調査
天井裏や壁裏を確認
天井裏や壁裏の嗅覚による異臭発生源調査
床下等を確認
床下等の嗅覚による異臭発生源調査
臭気発生源特定
異臭発生源確認
異臭発生源特定
異臭発生源確認

今回は、飲食店のVIPルーム(個室)での異臭発生源調査についてお伝えしました。
 ※厨房排気のにおい対策に関してはこちらをごらんください。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/