月別アーカイブ: 2017年1月

香料系臭気の排気臭対策


人気ブログランキングへ

工事種別

香料系臭気の排気臭対策

担当(著者)
臭気判定士 山田大介
提出日付
2017年1月27日
施工先
施工概要
芳香成分を利用している某工場にて、そこから発生している香料系臭気の排気が問題となっていた。その排気臭の脱臭を検討しなくてはならなかった。
施工前状況
・臭気判定士による事前確認にて、原臭臭気の強さと質を確認した。
・湿式や乾式等の脱臭方式の中から、現場の状況やお客様との打ち合わせを実施した。
・弊社のご提案できる中から、「デオキーパー」脱臭装置による脱臭をご提案させていただいた。
・テスト時には、臭気濃度(臭気指数)を簡易法にて測定する方法と、検知管による成分濃度の測定にて、デモテストの効果を判定する事で決定した。
施策内容
1.デオキーパー脱臭装置のデモ機と、その周辺機器を現場へ搬入した。
2.現場の臭気に適合する活性炭を、デオキーパーの中に充填していく。今回は粒状の活性炭を用いて、脱臭素材とした。
3.排気ファンを運転し、デオキーパーのテスト機の風量調整を実施。実機となった場合を見据えて、最適な風量条件を設定していく。
4.設計条件が整ったところで、炉を稼働させていただき、実際に脱臭する臭気を発生させていただいた。
5.デオキーパー脱臭装置を通過させ、原臭臭気と脱臭後の出口臭気を同時採取する。
6.都度、簡易法による臭気測定と、検知管による成分濃度測定を実施し、脱臭効果を記録する。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 原臭臭気濃度16,000(臭気指数42)
  • 脱臭装置出口の臭気濃度130(臭気指数21)
  • 脱臭効率99%強
  • 成分濃度 原臭臭気で50ppm→脱臭後ND
その他補足感想など
  • 工場によっては、芳香成分を使った香料系の甘い臭気を排気する。
  • それは食品工場に限らず、使用する成分によっては産業工場でも当然のように発生する。
  • 普段、それを嗅いだ時には決して「悪臭」という感覚ではなくても、その臭気を毎日嗅ぐ近隣住民さんや、今までなかったところに排気される臭気であった場合は、「異臭」や「悪臭」という感覚になり、悪臭苦情に発生するケースがある。
  • 今回の工場様でも、生産する場所の移設等から、排気臭気の脱臭対策をご検討されるという事になり、弊社にて脱臭テストを実施し、確実に脱臭出来る方法をご確認いただけた。
  • 弊社にて、新しい生産設備の排気から、近隣住民様への距離等を考慮した、臭気拡散シミュレーションを行った結果では、脱臭装置を必ずしも導入しなくてもよいかもしれない・・という事もあった為、まずは脱臭装置の設置スペースを確保していただく事とした。
  • そして何か問題が発生したり、近隣住民様との協議が必要となった場合等に、いつでも脱臭装置を設置できる体制を整える事が出来た。
  • 「臭気の測定だけでもしておきたい」ですとか、「脱臭装置でとれるかどうかのデモテストだけでもしておきたい」という場合でも、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
デオキーパー脱臭装置のデモ機と、その周辺機器を現場へ搬入
デオキーパー脱臭装置のデモ機
臭気に適合する活性炭をデオキーパーに充填
臭気に適合する活性炭をデオキーパーに充填
検知管による成分濃度測定
検知管による成分濃度測定
原臭臭気と脱臭後の出口臭気を同時採取
原臭臭気と脱臭後の臭気を測定

今回は、芳香成分を利用している某工場で発生している香料系臭気の脱臭についてお伝えしました。
上記のように「臭気の測定だけでもしておきたい」、「脱臭装置でとれるかどうかのデモテストだけでもしておきたい」という場合でも、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


大型倉庫の脱臭作業と汚れ洗浄


人気ブログランキングへ

工事種別

大型倉庫の脱臭作業と汚れ洗浄

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年1月18日
施工先
倉庫に附着している油系臭気、溶剤系臭気
施工概要
関東某所の大型倉庫にて、倉庫内の臭気が問題となっていた。その臭気の質の確認と、臭気の対策方法を検討し、脱臭まで行う事。
施工前状況
・まずは、臭気調査の経験豊富な臭気判定士が、現場にて現状の臭気発生状況を確認した。
・その結果、発生している臭気には2種類あると判定した。
・1つは、前に倉庫を借りていた保管物から発せられた臭気の附着臭であり、油系臭気であった。
・今1つは、新たに設置したラック類から発生している臭気であり、塗装系の溶剤臭気であった。
臭気測定機でのセンサー値は330~360程度であり、脱臭作業を行う事で低減可能と判断した。
施策内容
1.附着している臭気の発生源である汚れを除去する。
2.オングストロンGという機能性特殊洗浄剤を用いて、動力噴霧器にて圧力をかけて、臭気の発生源である汚れを取り除いていった。
3.附着しているニオイ分子を除去する。
4.消臭剤(マイクロゲル)とオゾン発生装置(アクティボJ)を複数台使用し、オゾン燻蒸脱臭作業を実施していった。
5.ベークアウトを併用する。
6.業務用ヒーターを用いて温度管理を行い、業務用ファンを用いてオゾンガスの拡散や充満と、分解された副生物を排出した。
7.約10日にわたり、上記作業をサイクルにわけて実施していく事で、附着臭気と発生している臭気を低減していった。
装置などの名称・分類
  • オゾン燻蒸脱臭作業
  • 機能性特殊洗浄剤
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価と臭気調査
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価にて、臭気強度2以下であり、問題ない臭気レベルであるという判定結果となった。
  • 臭気測定器「kalmor-Σ」でも、ビフォアーで330~360のセンサー値であったものが、アフターでは260~270と低減しており、嗅覚の官能評価と合わせて問題ないレベルと判定された。
  • 実際にお客様にも確認いただき、多少、塗装系溶剤臭はあるが、油系臭気が完全になくなった為、大変満足いただき、検収となった。
その他補足感想など
  • お客様が、「何かニオイがするんだけど、よくわからない」という事からスタートした本現場。まずはお客様が気になっている臭気の質を的確に判定出来た事が信頼に繋がった。
  • そんな中、完全に臭気を除去するには1か月くらいは必要であったが、ご指摘した2つの臭気のうち、油系臭気の方が問題であり、塗装系の溶剤臭はそこまで問題とされていない事が分かった。
  • また、お客様のスケジュールの問題にて、脱臭(弊社)に与えられる時間(期間)にも限りがあった為、弊社としてはぎりぎりの10日間を頂戴し、油系臭気の脱臭を主としてスタートさせていただいた。
  • オングストロンGを使って、徹底的に洗浄を行った効果もあり、油系臭気に関しては全く気にならないレベルまで脱臭する事が出来た。
  • 塗装系の有機溶剤臭は、いわゆる「新建材臭」であり、脱臭作業後も多少残ったが、上述したようにそこまで倉庫の運営上、気になる臭気ではなかった為、想定の範囲内の仕上がりであった。
  • お客様には、「揮発しきってしまえば臭気はなくなる」ことをお伝えし、ルーフファン等を用いての出来る限りの換気をおすすめした。
  • 諸条件の制限があり、弊社としてももてる限りのオゾン発生装置をはじめ、脱臭作業に必要な装置やシステムを動員して、与えられた範囲内での最大限の作業を行った。
  • おかげで、お客様に大変ご満足&ご納得いただいてお引渡しができた。
  • 倉庫の附着臭気や、カビ臭、コンテナ、火事や火災後の焼き焦げ臭気等の脱臭作業であれば、弊社共生エアテクノにお任せ下さい。
臭気調査
臭気判定士が臭気発生状況を確認
動力噴霧器にて圧力をかけて臭気の発生源である汚れを取り除く
動力噴霧器にて臭気の発生源である汚れを除去
オングストロンG使用徹底洗浄
徹底的に洗浄
洗浄・脱臭作業
洗浄・脱臭作業
脱臭作業機材
脱臭作業機材
臭気測定(ビフォアー/アフター比較)
臭気測定(ビフォアー/アフター比較)

今回は、大型倉庫内の臭気の質の確認と、脱臭作業についてお伝えしました。
においでお困りの場合は共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


消臭剤 効果確認デモテスト


人気ブログランキングへ

工事種別

消臭剤 効果確認デモテスト

担当(著者)
臭気対策コンサルタント 平山レオ
提出日付
2017年1月9日
施工先
塗装ブースからの排気臭を想定
施工概要
大型の塗装ブースはもちろん、中小町工場の塗装作業からの排気臭対策でも、その塗装臭が近隣さんからの臭気クレームになってしまっているケースが多く見受けられる。
施工前状況
  • 塗装をするための塗料は、改良が進んでいるようだが、VOC臭とVOC濃度は避けて通れない。
  • 塗装系の臭気は水に溶けにくく湿式脱臭では難しい。排水処理設備も有していない。
  • かといって、乾式脱臭では、活性炭にせよ何にせよ、ランニングコストは大きくなってしまう。
  • また、イニシャルコストも、脱臭や消臭という非生産設備にはコストをかけにくい。
  • このようなケースにて、何かお役に立てるシステムを開発できないかと技術開発を進めている。
施策内容
  • 化学薬品メーカーさんの素材と、弊社の脱臭技術を組み合わせて、新しい塗装ブースの排気臭の脱臭対策向け消臭剤を商品化する。
  • ラボにて、簡易塗装ブースを作成し、実際に塗装を行い、塗装臭の低減と、VOC濃度の削減を確認する。
  • 弊社大阪ラボでの数度にわたるテスト実施以外にも、協力工場でのテストや、実際のお客様でのデモテストにて、測定データを蓄積する。
  • その中で、消臭剤の濃度やブレンド方法が弊社独自のノウハウとして蓄積され、複数パターンでのご提案が可能となっていく。
  • 消臭剤がいくらよくても、気液接触しなければ意味がない為、弊社オリジナルの「ハイブリッドスクラバーType-IC型」を中心に、装置側での検証も徹底的に行っている。
  • 臭気測定は、弊社の臭気判定士による嗅覚測定法(簡易法)による臭気濃度(臭気指数)を算出し、成分濃度測定は、ガスクロにて、トルエンやキシレン等、VOC濃度の変化を成分分析にて確認している。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • VOC成分濃度は、大幅に・・とまではいかないが、確実に低減できる事がわかった。これは湿式脱臭方式としては、未知の領域を切り開く画期的な検証データ結果であろう。
  • 脱臭効率も、それなりに納得できる結果を安定的に得られてはいる。しかしまだ改良の余地はあるので、開発チームでより良いものへ改良と検証を続けていく。
  • 循環方式で使用しても、一定期間は脱臭効果を維持できそうなので、お客様のランニングコスト削減にもつなげていけるだろう。
  • 年度内には商品化し、発売したいと考えている。
その他補足感想など
  • このように、弊社大阪ラボでは、常にお客様のお役に立てるような消臭剤や脱臭装置、脱臭システムの開発を行っている。
  • 塗装臭、有機溶剤臭、VOC臭を低臭し、成分濃度も低減できる新型消臭剤には、開発チームとしても大いなる期待と、まだまだよくできるという思いが強い。
  • 中小工場様向けには、ハイブリッドスクラバーType-ICと消臭剤を組み合わせた「消臭システム」として、一式セットにて販売させていただく方向性で設計を進めている。
  • 一方で、大規模な工場様向けには、スクラバーにせよ、スプレーシステムにせよ、現場ごとに都度設計が必要であると考えており、基本仕様は作成するつもりではあるものの、実際には消臭剤のユニット販売等、状況に応じてフレキシブルに対応していくつもりである。
  • 従来の消臭剤とは違い、弊社の酸化機能水やこの塗装ブース向け塗装臭対策用消臭剤は、ランニングコストを抑えられるのも、お客様にメリットを感じていただける魅力になると考えている。
  • 塗装に限らず、今、お使いの消臭剤のランニングコストを削減したいというようなご希望をお持ちの工場様がいらっしゃいましたら、弊社共生エアテクノまでご相談下さい
テスト用簡易塗装ブース

テスト用簡易塗装ブース

消臭剤テスト装置

消臭剤テスト装置

消臭剤テスト設備

消臭剤テスト設備

消臭剤テスト実施

消臭剤テスト実施

今回は当社の技術開発についてお伝えしました。
においでお困りの場合は共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。
共生エアテクノへのお問合せはこちら

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/