月別アーカイブ: 2022年8月

タイおよびベトナムでの臭気対策業務の推進



人気ブログランキング

  
種別

ASEAN地域での拡販

担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士1級 においかおり環境アドバイザー 松林宏治
提出日付
2022年8月27日
対応先等
概要
タイおよびベトナムでの臭気対策業務の推進(ビジネスパートナー様とのCO-WORK)
状況等
  • 弊社ではしばしば、インターネットより臭気対策のCO-WORKについてご相談やお問い合わせを頂戴致します。
  • 多くのケースでは、いわゆる「商社」という業態の会社様が多く、状況としては、お客様やお取引様から、臭気対策に関するご相談を頂戴し、その対応のために口こみやお知り合いのつて、あるいはインターネットやSNSで検索いただき、弊社共生エアテクノを見つけていただくルートが最も多くございます。
  • また、「メーカー」という業態の会社様からもしばしば、ご相談やお問い合わせをいただきます。それらについては、自社で開発された製品や技術などがあるけれども、販売方法がわからないであったり、なかなか売れていかないので、既存の脱臭業者と組んで拡販してみたり、OEMで供給できないか、といったような内容が多くございます。
  • あるいは、いわゆる板金屋さんや製罐屋さんといった工場様からも、弊社の脱臭装置の製作が可能ですよ、といったようなお問い合わせもしばしば頂戴しております。
対応内容
  • 弊社としては、このようないろいろな問い合わせを頂戴する中で、基本的にはよほど、大きな相違やズレがない限りは、ご面談させていただいたり、実際にお話をさせていただく中で何かしらのCO-WORKが可能かどうかを勘案させていただいております。
  • 特に今、弊社が注力している、「タイ」および「ベトナム」という、ASEANの中でも中心である2つの東南アジアの国については、臭気対策のニーズが高まってきていることもあり、製造・販売・技術が三位一体となって、弊社の消臭技術や脱臭装置臭気対策の知識やスキルなどで、お役に立てるように営業活動を推進しております。
  • タイについては、日本で契約をさせていただいている代理店さんのタイ現地法人にて業務窓口をお願いしておりますが、弊社としては認知活動やPR推進を一緒に行っていただけるタイ現地法人企業様を募集しております。
  • もちろん、弊社の脱臭装置デオキーパーは小規模ですが、スクラバーのような中型・大型の脱臭装置の製作であったり、何かしらの脱臭・消臭における技術や製品の提供(OEMも可)いただける企業様についても、随時募集しております。
  • その他、東アジアや日本国内でも、常に新しい技術やスキルなどがあればご相談下さい。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • タイとベトナムの販売協力やPR協力、全世界の技術的なご提供やOEMなどのタイアップであれば、弊社の役員として、代表である松林と技術開発担当役員の吉田が対応します。国内のタイアップは弊社各メンバーが事業内容に応じて対応致しますので、ぜひ問い合わせ下さい。
その他補足感想など
  • タイにおいては、経済発展が進んでいくに従い、昔の日本のような、いろいろな環境問題が発生するようになっております。
  • そのため、タイの工場については、日本における悪臭防止法という法律を参考にして、タイが定める条例としての悪臭防止法を制定する動きが進んでおります。
  • 現状では、タイの工場の業種ごとに規制を進めていく予定と聞いておりまして、例えば塗装工場であったり、ゴム関連の工場では、すでに規制値の目安も出てきているようです。
  • 具体的には、工場の排気口での臭気濃度臭気指数)および工場の敷地境界線における臭気濃度臭気指数)を目安に進められています。
  • これは日本の工場でも同じであり、例えば悪臭防止法の東京都であれば、排気口で臭気濃度300(正確には320です、なぜなら臭気指数が25なので)、敷地境界線で10(こちらは臭気指数も10),といったような条例となっておりまして、タイでも同じように、この2つの規制値を遵守していくことになりそうです。
  • ただ、日本の悪臭防止法では飲食店等も全て範囲内ですが、タイでは現状、工場のみでスタートするようですので、排気口では臭気濃度で1000とか2000といったように、遵守するにはやってやれないことのない数値が盛り込まれそうです。
  • 問題は、例えばその臭気濃度を測定できる業者さんがタイにいるのか?というところからでして、弊社ではもちろん、日本の臭気判定士と同じレベルでの臭気測定ができるように、タイの代理店さんと協働しております。
  • さらに、まだまだ臭気測定臭気対策については知られていない点も多く、弊社ではPR活動や認知活動に注力しております。そのための協力企業様も常に募集しておりますので、もしタイやベトナムに拠点がありこのような活動にご興味がございましたら、ぜひ弊社までお問い合わせ下さい。
 
共生エアテクノイメージ
タイ・ベトナムの現地法人
タイとベトナムの販売協力やPR協力
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


エアコン稼働時の悪臭



人気ブログランキング

  
担当(著者)
臭気判定士 山田大介
提出日付
2022年8月17日
対応先等
某建物(エアコン稼働時の悪臭)
概要
空調機からの異臭(除菌・除カビ
状況等
  • 某建物において、毎年、クーラーを使用する季節になると、異臭苦情がテナントさんより寄せられておりました。
  • 管理会社さんや建築設備業者さんなどが、異臭クレームがあったときには、そのテナントさんのところへ行ってみるのですが、「もうニオイはおさまってしまった」ということが続いているとのことでした。
  • 悪臭の発生はずっとではなく、一時期的に強くなり、あとは収まっていくとのことでした。
  • 各テナントさんにアンケートをとっていったところ、
    ◇朝来てエアコンを稼働したときや、昼休み明けなどに多く発生するが、ランダムであること。
    ◇異臭は長く続かず、はやければ数分でなくなってしまうこと。
    ◇ニオイの質としては雑巾やカビ、酸っぱい系といった評価であったこと。
    が判明しました。
  • それらのにおいのアンケート結果は得たものの、原因究明と対策の方法は見当たらず、インターネットより臭気調査の専門会社である弊社お問い合わせをいただきました。
対応内容
  • 弊社では、臭気判定士(国家資格)による臭気状況の確認作業を行うべく、まずはいただいているアンケートに追加で、「臭気が気になる箇所」や「その日の天候」といった項目も付け加えさせていただきました。
  • それらのアンケートが出そろったところで、おおよその臭気の発生原因をいくつか仮説をたてました。
  • 実際に現場へお伺いして臭気アセスメントを実施させていただくときには、臭気が発生しやすいタイミングである朝イチを狙って、現地に張り込みさせていただきました。
  • そして、臭気判定士および臭気対策コンサルタント、さらにはニオイセンサーdeomoniも各所に設置しまして、嗅覚と臭気計にて臭気マッピングを行いました。
  • その結果、空調機の吹き出しから、雑巾が腐ったような異臭を確認。立ち合いのお客様に「このニオイですか?」と確認していただいたところ、「まさにこれです!」と、証言が一致しまして、異臭原因の発生源を突き止めることが出来ました。
  • 結果的に原因は、空調機の内部にある、金属フィンの部分にて繁殖してしまっている雑菌とご説明させていただき、空調機内部の清掃作業及び除菌抗菌作業をおすすめさせていただくことをレポートにまとめまして、業務を完了致しました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • その後、金属フィン(エバポレーター)を除菌抗菌する薬剤や作業方法についてご相談をいただきました。除菌はオングストロンG。抗菌はプロパストップタイプNOKIF。洗浄方法は高圧洗浄機を用いる方法をご説明し、結果的に作業請負も実施させていただきました。
その他補足感想など
  • 毎年、冷房を使用しはじめる季節になりますと、本件のようなニオイのクレーム問題が、いろいろなビルやホテル、飲食店などで発生しております。
  • 上述しましたように、異臭の原因としましては、空調機にあります。
  • 空調機といいますと、吹き出し部分のお掃除などは定期的に実施されているケースはありますが、その中の金属フィンの部分については、なかなかお掃除やメンテナンスをされていないケースを多くお見受けします。
  • しかし、冷房使用時は、そのフィンの部分にはたくさんの結露が生じます。その証拠に、夏場いのエアコン使用時には、大量のドレン水(エアコン内部の結露水を排水するための仕組み)が排水されています。
  • ご家庭であれば、ベランダ等にエアコンからホースが出ていて、そこからポタポタと水が出ていますし、オフィスビル等であれば、共有のエアコンドレン専用の配管を設けているケースなどがあります。
  • そのため、金属フィンの部分には、たくさんの水分があり、夏場のエアコン未稼働時は暑くなっており、高温多湿なところに雑菌が多く発生します。
  • その雑菌が活動するとき、つまりエアコンを停止状態から稼働状態にした瞬間が、フィン部分の結露も多くなり、それに伴い雑菌も活動が活発化することで、雑巾が腐ったようなニオイや、カビのような不快臭を発生させてしまうのです。
  • そして加湿状態が落ち着いたり、冷えて温度が一定になったりすると、雑菌の活動も落ち着くため、異臭も収まっていくのです。
  • 薬剤を用いた洗浄が対策としてベストですが、すぐにまた菌が発生してしまうので、根気よく除菌抗菌等を行っていく必要があるでしょう。
  • 臭気のことでしたら、工場や病院から一般のご家庭まで、共生エアテクノにご相談下さい。
 
エアコン金属フィン(エバポレーター)
エアコン金属フィンの清掃
エアコン金属フィンの清掃
エアコン金属フィンの清掃
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


工場の排気臭対策(脱臭装置「デオキーパー」)



人気ブログランキング

  
種別

排気臭対策としての脱臭装置

担当(著者)
臭気判定士 第二種電気工事士 中丸晴樹
提出日付
2022年8月6日
対応先等
某工場(工場の排気臭対策)
概要
工場の排気臭対策(脱臭装置「デオキーパー」)
状況等
  • 某工場において、排気臭の脱臭装置を検討されておりました。
  • 脱臭装置の前に、脱臭方法の選定をご検討なさっていく中で、大きくは湿式と乾式というところから勘案をスタートされたとのことでした。
  • 湿式方式については、弊社ではスクラバー脱臭装置や、消臭剤のダクト内スプレー噴霧システムなどがありますが、排水処理設備への負担が増してしまうことや、消臭剤のランニングコスト(弊社の酸化機能水はかなり低コストで抑えられますが)の問題があり、湿式は見送りとなりました。
  • 次に、乾式脱臭装置としては、真っ先に燃焼方式がクローズアップされたとの事でした。
  • しかし、莫大なエネルギーコストを必要とすることがネックとなり、また、イニシャルコストも大きなものであり、本工場の脱臭という点では、過剰なスペックであることから、見送りとなったとのことでした。
  • そのようにして、諸々の脱臭方式や脱臭システムなどをトータルで勘案し、活性炭を用いた脱臭方式でいこうという決定がなされ、弊社にもお問い合わせを頂戴しました。
対応内容
  • 弊社では、臭気判定士および第2種電気工事士として、工場の臭気対策をはじめ、いろいろな現場経験も豊富な担当者が、早速、対応に当たりました。
  • 実際に、工場に訪問させていただき、臭気のチェックなどを確認させていただきました。
  • すると、臭気の質が、VOC系(揮発性有機化合物)であったことと、現場の状況や環境、対象の製造ラインの稼働状況などを勘案し、弊社としてのご提案もやはり、活性炭を脱臭素材として用いるのがベストであると判断致しました。
  • その後、排気風量や対象の臭気の臭気濃度臭気指数)や臭気の質などからトータルで勘案し、脱臭装置を「デオキーパー」にて実機のご提案をさせていただきました。
  • 簡単なデモテストを実施させていただき、想定通りの脱臭効果を発揮できることが確認できましたので、導入へ向けてのお打ち合わせとなりました。
  • 弊社では、技術チームが諸条件を鑑みて、SUS製デオキーパーを仕様として設計を進めまして、お客様のご発注をいただけたので、実機製作から出荷前チェックと工程を着実に進めて参りました。
  • そして期日通り、無事、納入させていただきました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
その他補足感想など
  • 古くから用いられていて、いまだにその効果がしっかりしている脱臭方式の1つとして、活性炭を用いた脱臭方式が挙げられます。
  • 活性炭の1グラムあたり、テニスコート1面分ともいわれる広大な孔が無数にあいており、そこに匂い分子を吸着していくという、とてもシンプルでありながらわかりやすい、脱臭の原理に基づいております。
  • さらに、脱臭をしたいニオイの種類に応じて、活性炭には得意・不得意があるのは否めないのですが、それでも添着剤等を用いることで、さまざまな臭気の質に対応することを可能としております。
  • もちろんいいことばかりではなく、例えば、吸着しきってしまえば、破過してしまうということ。そうなれば交換という作業が必要になります。
  • また、接触効率が悪いと、活性炭が臭気を吸着する前に抜けていってしまい、十分な脱臭効果を発揮できない可能性が出てきてしまいます。
  • それらをカバーするために、活性炭の量を増やしたり、厚みを増したりすると、今度は圧力損失が莫大なものになってしまったり、脱臭装置そのものが大きくなってしまい、設置スペースの問題やファンの問題なども出来てしまうのです。
  • 弊社はもうすぐ臭気対策の業務で20年目になりますが、20年の経験を活かした集大成の活性炭脱臭装置として、「デオキーパー」を開発し、製造から販売までトータルで対応しております。
  • タイの工場においても、いよいよデオキーパー脱臭装置の販売を可能としまして、デモテスト機もタイの拠点に有しております。
  • 活性炭を用いた脱臭装置でしたら、日本の工場、およびタイの工場にて対応可能です。まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
デオキーパー脱臭装置
デオキーパー脱臭装置
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/