月別アーカイブ: 2020年10月

建物や倉庫等での火災後の火事臭気脱臭や煤除去、ダイオキシン測定等


人気ブログランキングへ

 
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2020年10月28日
対応先
某建物
対応前の状況
  • 某建物において、不幸にも火災が発生してしまった。
  • 全焼ではなかったが、火元を中心に火事となり、延焼しなかったフロアにも煙が侵出し、粉塵等が見受けられる状態であった。
  • 常時、人がいて、また、来客や来場者もいる建物であった為、しっかりとした脱臭作業を実施する必要があることと、ダイオキシン等の有害物質の有無も確認する必要があった。
  • 複数の業者に相談や問い合わせを行ったが、単純にオゾン脱臭をやりましょう、とか、臭気の保証はできない、といった清掃やメンテ業者さんが多く、困っておられた。
  • その中で、脱臭専門業者である弊社共生エアテクノにもお声掛けいただき、脱臭方法や煤除去方法、実績や臭気保証、経験値や測定までを含めてご説明したうえで、弊社に正式にご依頼を頂戴した。
対応内容
  • まずは事前の臭気測定からスタートした。もちろん現状把握も含まれており、どこがニオイが強いのか、どこの煤除去を中心に実施するべきか、見えない箇所の臭気状況はどうか、等を臭気判定士2名を中心に、しっかりマッピングしていった。
  • 次に煤除去作業を実施した。やみくもに脱臭作業を行っても、焼き焦げ臭の発生源がある以上は、一時的に臭気がなくなったと感じて、また再発してしまうからである。
  • 大型の専用マシンを持ち込み、煤除去作業を複数の機械にて数日かけて行い、細かい部分は人の手によって、ふき取り作業等にて煤除去を実施した。
  • その後、脱臭作業を実施した。大型のオゾン発生装置を持ち込み、空間を中心に燻蒸脱臭を実施。同時に、促進剤を用いたり、消臭剤を併用する事で、脱臭効率と脱臭効果を高めた。
  • 最後に、ダイオキシンの濃度測定と、臭気判定士による臭気チェックを行い、一連の作業を終了した。
装置等の紹介
  • ダイオキシン測定
  • 臭気判定士による臭気レベル判定や臭気強度マッピング
  • 特殊な洗浄作業による臭気発生源の除去
施工後の状況
  • 脱臭作業として一連の流れとして、2週間ほどの工程をいただき、煤除去から脱臭消臭作業、そしてアフターの測定までしっかり行い、ダイオキシン及び臭気レベルともに問題なしとなり、無事、検証を頂戴した。
その他補足感想など
  • それなりの規模である建物や施設にて、火災後の焼き焦げ臭であったり、付着してしまった異臭等であったりを、脱臭や消臭していくというのは、実は簡単ではない。
  • 一般的に広く知られているオゾンガスによる脱臭作業は、多くの業者さんが提案できる方法であり、その効果ももちろんあるものだが、ケースや状況によっては満足のいくところまで脱臭しきれないとか、消臭できないケースもしばしば見聞する。
  • それは、単純にオゾン脱臭機を持ち込んで、一般的な目安のオゾンガス濃度を発生させ、同じく一般的な目安である時間を運転すれば、とりあえずニオイは低減するといったような経験値やノウハウしかもっていないためであると考えられる。
  • それでも臭気のレベルが低かったり、ある程度限られた空間であれば、何とか対応できるかもしれないが、臭気の質が特殊であったり、臭気の発生源が残存しているのに見落としたりするケースでは、なかなか簡単に脱臭作業として満足いくクオリティには至らないと思われる。
  • また、経験豊富な臭気判定士や、臭気対策コンサルタントがしっかり現地調査を実施して、きちんと臭気に対する低減確認であったり、必要によっては保証といったところを行っていかないと、のちのち、トラブルになってしまうケースも考えられる。
  • 日数的にも、現場規模によっては、数日では終わらず、1週間とか2週間の工程を組み、たくさんの人と機材を投入して脱臭作業は行われていく。最低でも、日中は原則、脱臭作業員が常駐し、脱臭作業を実施していく。
  • 建物や施設、住居や倉庫において、脱臭作業や臭気対策臭気調査をご検討でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
煤除去作業資材
煤除去作業
大型の専用マシン(煤除去)
オゾン発生装置
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


脱臭装置設置のための、工場における現地フィールドテスト


人気ブログランキングへ

 
担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2020年10月17日
対応先
某工場
対応前の状況
  • 工場においては、生産や製造、稼働や運営に関する過程等から、当然のごとく、臭気が発生する。
  • その臭気は、香料工場飲食工場のような、よい匂いであっても、近隣住民様等からは悪臭と苦情が寄せられるケースもありますし、塗装鋳造といったような異臭ととられるケース、さらには畜産堆肥といったように、悪臭と呼ばれるケースもあるが、いずれの臭気も、臭気苦情が寄せられれば、悪臭防止法にも抵触するし、工場としてのコンプライアンス対策も問われることになる。
  • 弊社では、臭気のコンサルテーションによって臭気苦情や臭気問題の解決を探り、その中の一つの脱臭装置として、デオキーパーは数多くの工場様に導入いただいている。
  • そして多くのケースではデモテストを実施させていただき、効果検証を実施している。
対応内容
  • 今回のケースでは、工場様の製造ラインから漏洩する臭気が、工場全体に広まり、ルーフファンや窓等から漏洩し、近隣住民様や周辺環境を留意される方から、臭気苦情が寄せられるケースがしばしばあった。
  • 弊社としては、局所吸引方式を行い、その臭気を脱臭して問題のない臭気レベルにしてから排気する方法を勘案したが、お客様ではその臭気を排気するよりも、工場内に戻して利用したいとのことであった。
  • また、排水設備がないこともあり、お客様と協議を重ね、活性炭を用いた脱臭装置弊社デオキーパーでの脱臭対策を実施していくこととなった。
  • まずはどれくらい、脱臭効果があるのか、そしてある程度の試験による活性炭の寿命予測と交換頻度の算出、また、吸引するための適切な風量等を確認すべく、デオキーパーのデモテスト機による、現地フィールドテストを実施させていただいた。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • デオキーパーのデモテスト機は、現地で実際の排気や漏洩臭気から、実機を見据えてスケールダウンしたサイズでのテストを実施となる。本現場でも、初期性能は高く、臭気濃度10(臭気指数10)以下であった。これから実機設計を行っていく作業となる。
その他補足感想など
  • 弊社では、最も需要の高いデオキーパーの風量を、大きく区分けし、3つのスタンダード商品を風量別(10CMM用、20CMM用、30CMM用)にてご用意、お客様にもわかりやすいように、図面等もあわせて、弊社のホームページにも掲載している。
  • これにより、工場様からは、「うちの脱臭装置で、デオキーパーの20CMMが欲しいんだけど」と、あらかじめ風量や設置スペース等もご確認いただいたうえでのご依頼等も多く頂戴するようになり、詳細打ち合わせから導入までがスピーディになってきている。
  • その一方で、当然、工場様によっては、極小風量もあれば、大きな風量もあるため、弊社ではそこから、工場様の需要に見合ったデオキーパーを都度、設計させていただいている。
  • また、活性炭についても、入れ替え方法や形状等、お客様の現場状況や臭気変動、作業性を考慮し、様々な活性炭方式を取り入れている。
  • その結果、大風量向けのメガキーパーや、小風量向けのミニキーパー、活性炭の設置方法に工夫をこらしたカゴキーパー、といったような派生商品が続々と創造されている。
  • 最近では、本当に排気という排気量でもないところでの使用も検討されていて、「マイクロキーパー」という新しい型の設計にも取り組んでいる。実用化されたらまた、本ブログでもご紹介していく。
  • 活性炭はもちろん、スクラバーや消臭剤スプレー噴霧システム等、工場の脱臭装置や、工場の排気臭対策をご検討の場合は、事前の臭気測定から実施致しますので、ぜひ弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。日本の工場だけではなく、タイの工場も対応致します。
デオキーパー
デオキーパー
デオキーパーのデモテスト機
デオキーパーのデモテスト機
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


オフィスビルの臭気調査(室内空間にて発生している異臭発生源調査)


人気ブログランキングへ

 
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2020年10月7日
対応先
某オフィスビル
概要
不定期に発生する悪臭の測定と調査
対応前の状況
  • 某オフィスビルにおいて、不定期に異臭が発生していた。
  • その場所は、ショールーム兼会議室となっており、常時、人がいない空間であった。
  • お客様が来場されたときや、ショールームで催し物が開催されるとき、あるいは会議等において、当該スペースが利用されるのだが、時々、利用者等から、「何かクサイよね」という話が出ることがあるとの事であった。
  • すぐにニオイが気にならなくなる程度という事もあり、お客様においても対策や対応が難しい状態であったが、かといって放置するわけにもいかず、いろいろと協議を重ねておられた。
  • 出入りの設備業者さんや、管理会社さんにも見て貰ったが全くニオイすらわからない状態であり、専門業者の調査をお願いしようという事で、インターネット等で検索され、弊社共生エアテクノご相談いただいた。
対応内容
  • 臭気調査の実績が豊富な臭気判定士が、ご相談の窓口となり、状況のヒアリングや異臭調査の内容ご説明、お見積書の提出や実施可能なスケジュール調整等を行った。
  • お客様にて社内稟議が通り、正式に弊社にご発注いただいた為、臭気調査実施日を確定し、臭気判定士2名にて、現場へお伺いさせていただいた。
  • 確かに当初、気になる臭気や異臭、悪臭といったたぐいのものは、熟練した臭気判定士2名の嗅覚には感じられなかった。お客様も「今日はニオイがない」という事であった。
  • その状態にて、当該箇所を入念に、臭気判定士の嗅覚による官能評価、6段階臭気強度と9段階快・不快度及び質の判定、さらにニオイセンサーも併用しながら、臭気マッピングを行っていった。
  • 同時に、普段は利用されていない状態から、利用する状態へと、空調や衛生関係等の運転を行っていただき、エアバランスや臭気変動を入念にチェックしていった。
装置などの名称/分類
  • エアコンから発生する異臭
  • エアコンから発生する雑菌臭
  • 空調機から発生する悪臭
装置等の紹介
施工後の状況
  • 幾つか、気になる臭気ポイントを確認できたため、お客様に一つずつ、確認をしていくと、エアコンを稼働させた直後に発生する、雑巾を絞ったような悪臭がピンポイントで整合する事が判明した。エアコン洗浄(内部のフィンの部分を中心)にて一旦、臭気発生は収まった。
その他補足感想など
  • ここ数年、臭気調査を実施していく中で、異臭の発生源の一つとして挙げられるものに、エアコンや空調機からの冷房風とともに出てくる悪臭がある。
  • エアコンの場合、吹き出し口の部分にカビが多く発生しており、そのカビ臭がするケースも少なくないが、その場合は除カビをすることで、比較的簡単に悪臭を取り除くことができるだろう。
  • しかしそれをやっても、まだ、エアコンから悪臭がしていて、掃除をしても抑制できないケースも多々、実際に現場として我々も遭遇している。
  • さらにその臭気は、カビ臭にも近いがカビ臭というわけでもなく、雑菌臭というべきか、生乾き臭というのに近いか、大変不快感を伴う悪臭である。
  • しかも厄介な事に、常時その臭気が発生するわけでもなく、不定期であり、臭気の強度も強かったり弱かったり、同じ条件でエアコンが稼働していても、ニオイが発生する時もあれば、しない時もあるという、臭気調査においても大変厄介な現場となる。
  • 弊社ではある程度、臭気発生のメカニズムやタイミングを得られている為、こうやったらニオイが出やすいというところを実施し、お客様に「問題となっているのはこのニオイですか?」と確認していただくこともある。
  • 同時に、抜本的かつ恒久的な対策が取りにくく、一度対策を実施してもまた、同様の臭気が発生してしまう可能性がある。
  • それでも臭気の発生源が確認できて、何かしらの応急対策もわかると、お客様からはご安心いただける。
  • 臭気調査異臭発生源調査、臭気の質の判定等、悪臭対策に関する事でしたら、工場からご家庭まで、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
空気の流れ
臭気センサーによる測定
臭気判定士による判定
臭気判定士による判定
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/