月別アーカイブ: 2021年5月

湿式方式による脱臭システム(インジェクションスクラバー)


人気ブログランキングへ

 
種別

工場の脱臭装置

担当(著者)
臭気判定士 山田大介
提出日付
2021年5月28日
対応先
某工場様
状況等
  • 某工場様において、排気臭の臭気対策を検討しておられました。
  • 工場の規模が大変大きいため、まずはどこの排気のニオイが、問題となっているのか、原因の絞り込みや、周辺への悪臭臭気の拡散状況の把握等を行われました。
  • その臭気のコンサルテーションや臭気のアセスメントは、弊社臭気判定士たちが中心となって対応させていただきました。同時に、数社、外部の環境測定業者さんや、拡散シミュレーション業者さんにもご協力いただき、しっかりとした絞り込みを実施する事が出来ました。
  • 絞り込んだ排気ラインも、トータルではかなり大きなボリュームとなり、それらについての脱臭対策についても、引き続き、弊社にご相談を頂戴する事が出来ました。
  • 工場様と弊社にて、何度も何度もたくさんのディスカッションを重ねさせていただき、脱臭については期を分けて、順番に実施していく事にて大枠の方向性が決定しました。
  • 上述させていただきました、臭気対策コンサルテーションと同時に、脱臭のデモテストも実施させていただいておりまして、その脱臭方法を「インジェクションスクラバー」を用いたスクラバー方式の脱臭装置とする事も、合わせてご提案の上、ディテールプランの検討に入りました。
対応内容
  • 脱臭装置の設置スペースや、トータルのボリューム、そして狙っていく脱臭効率等を勘案し、既存のインジェクションスクラバー脱臭装置では、なかなかベストマッチする内容で納まっていかないと、弊社の技術担当チームが判断しました。
  • そのため、脱臭方式の基礎的な部分はそのまま、効果が認められているので継続としまして、さらにこの工場様の脱臭目的に合致したシステムとするべく、技術開発チームにてインジェクションスクラバーの改良を進めていきました。
  • 結果として、インジェクションスクラバーのキモとなる、気液接触部分に改良を加え、新しい設計仕様が完成しました。これにより、スクラバー方式よりもコンパクトで、水(消臭剤)の総使用量、必要量も少なくする事ができるようになりました。
  • 新仕様での最終テストと本設計という最終段階を進んでおります。
装置等の紹介
対応後の状況
その他補足感想など
  • 工場の臭気対策として、脱臭装置を選定させていただくときには、多くのケースでは標準仕様通りには進んでいきません。
  • 一部、弊社製ですとデオキーパー脱臭装置、他社製の脱臭装置弊社が仕入れて販売させていただいている商品ですと、酸素クラスター除菌脱臭装置、などは、そのままの型式や型番で、納品させていただくケースもあります。
  • しかし、規模的に大きなシステムになってきますと、デオキーパー脱臭装置はもちろん、インジェクションスクラバーハイブリッドスクラバーの場合は、100%近くが、現場現場に合わせた設計を必要とします。
  • そして例えば、そこに利用する消臭剤一つとっても、弊社では消臭剤として「デオドプロ」シリーズをラインナップしており、その中のどのタイプを使用するかは、テーブルテストや実機を見据えた現地でのデモテストによって決めていきます。
  • 付属するシステムも、ファンの容量の選定からはじまり、接触boxの大きさ、噴霧するノズルの選定、水量や風量、戻してくる排水の再利用方法や添加方法等々、多くの設計仕様を決めていく必要があり、大きなプロジェクトとして、対応していくケースがほとんどです。
  • 今回の工場様では、そこからさらに一工夫も二工夫も加える事により、スクラバーシステムよりは簡易化できた上に、消臭剤噴霧システムやデオミスト型よりも高効率の消臭効果を発揮できる、全く新しい脱臭システムが完成しました。
  • 工場の脱臭装置臭気対策でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
インジェクションスクラバー(改良&仕様変更)
インジェクションスクラバー(改良&仕様変更)
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


居酒屋内での悪臭発生


人気ブログランキングへ

 
種別
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2021年5月18日
対応先
テナントビル店舗( 飲食店 | 居酒屋 )
概要
テナントビル店舗内での臭気調査
状況等
  • ある雑居ビルの地下に入居しているテナントさん(形態としては居酒屋とBARの間のような飲食系であった)において、異臭が漂ってくるとの事でした。
  • その異臭は、お客様によっては不快に感じられるという悪臭苦情があったりしたようですが、全員が苦情を申し立てるほどでもなかったらしく、また、従業員の方々でも、そのニオイが感じられるという人と、あまりよくわからないとか、気にならない、という人がいらっしゃったようでした。
  • 飲食店のオーナー様としては、一部のお客様が、「ちょっとニオイがきついから」と帰ってしまわれるケースがあり、放置するわけにもいかず、ビルの管理会社さんにご相談されました。
  • 当初、ビル管理会社さんもニオイのチェックに行かれたようですが、あまりはっきり臭気の判別ができず、臭気調査の専門会社に臭気アセスメントをして貰おうかと、弊社共生エアテクノに臭気発生源調査ご相談、ご依頼を頂戴しました。
対応内容
  • ご依頼を頂戴し、臭気調査の日程を調整の上、臭気判定士2名にて、悪臭の発生源調査にお伺いしました。
  • 当初、ご相談をいただいた時に、ヒアリングをさせていただく中で、お客様からは、「臭気は常時、感じられる人には感じられるようだが、休み明けが最も強く感じられる」という臭気の変動についてのご回答を頂戴しておりました。
  • また、「臭気の質としては、人によって回答は様々ではあるけど、下水とか汚水のようなという表現があったり、雑巾が腐ったようなニオイ」という表現もあり、何とも不快な・・というどんより重いような感じだとの事でした。
  • 実際に現場に乗り込んだ時には、極力、その状態としていただき、先入観を持たずに「しっかりとニオイを嗅ぐ」事からスタートしました。
  • 臭気アセスメントとして、たくさんの候補となる悪臭や異臭を嗅ぎ分けましたので、それらを鼻休憩時に、臭気判定士2名が照合し、発生源を絞り込んでいきました。
  • エアコンや空調のON/OFF等も仮説に従ってやってみますと、やはり天井裏から悪臭が落ちてくることがわかり、さらに詳しく天井裏を確認していきました。
  • すると、思わぬところにねずみの死骸があり、それらが悪臭発生源と突き止めました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況
  • 目に見えない部分での臭気発生源の確認用として、トレースガスセットを持参していましたが、ニオイセンサーともども、使用するには至りませんでした。弊社の臭気アセスメントでは、嗅覚による嗅ぎ分けや判別により解決するケースもあり、この現場でも問題なく解決しました。
その他補足感想など
  • テナントビルにおいては、新築であっても、古いビルであっても、悪臭が発生する可能性は当然、ゼロではありません。
  • 古いビルの場合は、経年劣化による原因もありますが、多くの場合は、リニューアルをしたタイミングであったり、テナントが入れ替えになったタイミングは、臭気が発生しやすいタイミングとなります。
  • また、本現場の場合では、確かに古いビルではありましたが、どちらかというと原因は「地下」にある事が挙げられると思います。
  • 地下にあるテナントの場合は、どうしても一つの問題点として、「汚水や雑排水の常時排水ができない」という事があり、その為、「一定量が溜まるまで、汚水槽や雑排水槽に、それらを貯めておかなくてはならない」という現状があるのです。槽の中は、曝気によって臭気の発生を抑制するケースもありますが、小規模ですとエアレーションもなかったりします。いずれにせよ、そこには臭気が発生する原因があり、同時に、害虫なども発生しやすくなってしまうのです。
  • もう一つ、その地下の槽に一定量が溜まりますと、「ポンプアップ」といって、揚水ポンプが稼働して、その槽の中の汚水や雑排水を、下水へ一気に放流します。このタイミングも室内に臭気が侵入しやすいケースとなります。(問題がなければもちろん、室内に臭気が漏れることはありません。)
  • いろいろな臭気の発生源がありますので、臭気調査、悪臭アセスメント、異臭発生源調査、臭いの判定でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ、ご相談下さい。
異臭発生源(天井裏)
異臭発生源(天井裏)
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


消臭剤噴霧システム


人気ブログランキングへ

 
種別

工場の排気臭対策

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2021年5月7日
対応先
某工場様(産業工場の脱臭装置
状況等
  • 産業工場の臭気対策にて、悪臭防止法の条例遵守と、近隣住民からの悪臭クレームの対応策として、某工場様ではいろいろな脱臭装置や消臭方法も検討されていました。
  • インターネット等で検索され、いろいろな脱臭屋や消臭メーカーに問い合わせされたようで、弊社にもお声掛けいただきました。
  • 弊社は、自社製品としてもスクラバー脱臭装置や消臭剤の簡易噴霧システム、活性炭を用いた脱臭装置等々をラインナップしており、さらには一部、イオン発生装置等は他社メーカーの除菌脱臭装置を代理店として販売もしています。
  • 工場様が必要とする脱臭装置は多種多様であり、また求める脱臭レベルや脱臭効率も、目標や目的によって大きく変わってくるからです。
  • もちろん導入前にはコンサルテーションやデモテストも実施させていただいております。
対応内容
  • この工場でも、まずは臭気対策コンサルテーションを数日かけて実施させていただき、現状の臭気の拡散状況の把握や、どこまで脱臭すればよいのかという目標設定等をさせていただきました。
  • そしてそれに向かって、どのような脱臭装置であればどこまで実現していけるのか、あるいは排気口の改造等でもある程度、対策していけるのか、等を報告会でディスカッションを重ねていきました。
  • その後、弊社デオミストシリーズを用いた消臭システムにて脱臭対策を進めていいただく事となりまして、デモテストにてマッチする消臭剤や消臭システムのディテールを確認する作業を現地にて実施致しました。
  • 最終的には、弊社デオミストを設置いただき、そこから定期的な臭気測定、周辺での拡散状況チェック、さらにはその工場以外の他エリアにある工場でも導入のリクエスト、といったように、脱臭装置を設置して終わりではなく、その後も長く、お付き合いが続いております。
  • また、新しいタイプの消臭剤が弊社として開発されたときや、弊社の仕入先が開発した時は、常にお客様にも情報を提供させていただき、興味を持っていただいたり、お客様のランニングコスト削減等に繋がる場合は、実際にサンプル提供や、テスト実施をしております。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況
  • 工場様によっては、メンテナンス保守契約を締結させていただき、定期的な脱臭装置の修繕作業や点検チェック、臭気測定を実施させていただいております。消臭剤噴霧システムが止まると臭気苦情が来てしまうというお声も頂戴しており、メンテナンスも疎かには出来ません。
その他補足感想など
  • 多くの工場様では、脱臭や消臭というものは、目に見えないニオイが相手となりますので、決してその対策は簡単ではなく、一筋縄ではいかないようです。
  • 近隣住民さんから悪臭苦情が寄せられてしまうと、なおさら難しい状況となるようでして、そういうケースでは自工場のみで対策をやってみても、なかなか信頼して貰えない、というお声もしばしばお聞きします。
  • その場合は、弊社のような第三者であり、なおかつ脱臭・消臭の専門会社というスペシャリストにまずは臭気の測定だけでも委ねてみるのが良い方法の一つかと考えております。
  • ただし、臭気測定を行って、排気口からの臭気濃度(臭気指数)がいくつですよ、と分かったところで、それだけは何も解決はしないのも現状です。
  • よって弊社では、測定だけではなく、そこからいろいろなシミュレーションを実施させていただき、工場様それぞれに合致する脱臭対策のご提案を勘案するようにしております。
  • そして、どのような脱臭装置を導入いただいたとしても、全くノーメンテでOKという事はなかなか難しく、定期的な清掃やメンテナンスをしていただく方が、より長く、脱臭効果を維持しながらご使用いただけます。
  • 弊社では必要に応じて、脱臭装置の納入だけではなく、アフターメンテナンスについても行っておりますし、既設の脱臭装置のリニューアル等のご相談にも応じております。
  • 工場の脱臭や臭気対策に関する事でしたら、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。日本の工場はもちろん、タイの工場でも対応しております。
消臭剤噴霧システム
消臭剤噴霧システム
工場の臭気調査
工場の臭気調査
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/