カテゴリー別アーカイブ: その他の産業/野外の事例

農業・漁業など、また野外での臭気対策事例

Zero Odor Service(ゼロ・オド・サービス)より「ハイブリッド脱臭工法」


人気ブログランキングへ

工事種別

Zero Odor Service(ゼロ・オド・サービス)より「ハイブリッド脱臭工法」

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年3月23日
施工先
マンション
施工概要
某マンションの1室にて火災が発生してしまった。 火事の後の焼き焦げ臭が残る為、脱臭をする必要性があった。
施工前状況
  • 現場を臭気判定士にて確認したところ、スス除去作業は完了していた。
  • しかし、臭気判定士の嗅覚にも臭気強度4程度の焼き焦げ臭を感じられるレベルであった。
  • 室内は出来うる限りスケルトン状態であり、すぐにでも脱臭作業に取り掛かれる状況であった。
  • 会社内にて人員調整の上、「ハイブリッド脱臭工法」にて脱臭作業に取り掛かった。
施策内容
  • 脱臭作業のビフォアーとして、臭気判定士の嗅覚による官能評価と、臭気測定機による臭気強度評価の併用により、臭気測定を実施した。
  • ハイブリッド脱臭工法に必要な、高濃度オゾン発生装置(オゾンガス回収機能付)や、消臭薬剤&噴霧装置、ファン&ダクト、デッキブラシ、オゾン濃度測定機等を搬入した。
  • ハイブリッド脱臭工法による脱臭作業をスタートした。
  • 約5日間かけてしっかりと浸み込んでいる焼き焦げ臭を燻蒸脱臭し、徹底的に臭気を除去した。
  • ハイブリッド脱臭工法による脱臭作業完了後、脱臭作業のアフターとして、臭気判定士の嗅覚による官能評価と、臭気測定機による臭気強度評価の併用により、臭気測定を実施した。
  • 目標値まで脱臭できたことを確認し、機器類を搬出し、作業を完了した。
装置などの名称・分類
  • Zero Odor Service
  • ゼロオドサービス
  • ハイブリッド脱臭工法
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価にて、ビフォアーは臭気強度4程度であったものが、アフターは臭気強度1程度まで低減した。
  • 臭気測定機「KALMOR-Σ」による臭気強度評価にて、ビフォアーはΣ値が400程度であったものが、アフターはΣ値が220程度まで低減した。
  • お客様にも確認いただき、しっかり脱臭できている事をご確認いただき、無事、検収となった。
その他補足感想など
  • まだ築年数の浅い、新しいマンションであり、ファミリー世帯も多い高層タワーであった。
  • その為、住民様の出入りも多くあり、小さなお子様やお年寄りも多く、安全には万全を期した。
  • 搬入、搬出時は、毎日ご依頼主(建築業者様)に立ち会っていただき、エレベーターや廊下の養生も徹底して行った。
  • また、オゾンガスが万が一でも漏洩する事がないように、濃度管理や隙間の閉塞作業等も、万全の管理を行った。
  • 同時に、朝方や夕方の音についても、極力上下左右の住民様のお邪魔にならないように、音の出ない作業を優先させたり、場合によっては作業を控える等の配慮を行った。
  • これらの安全への配慮を行った事で、作業期間においては一切のトラブルも発生せず、作業を完遂する事が出来た。
  • ご依頼いただいた建築業者様からは過去にも何度かご依頼を受けており、今回の現場でもまた、脱臭作業についてはもちろんだが、安全面でも更なるご信頼をいただく事が出来た。
臭気測定機「KALMOR-Σ」による臭気強度評価
臭気測定機「KALMOR-Σ」による臭気強度評価
各種測定機等ハイブリッド脱臭工法に関わる機器
各種測定機等ハイブリッド脱臭工法に関わる機器
高濃度オゾンガス発生装置「アクティボJ」
高濃度オゾンガス発生装置「アクティボJ」
しっかりと浸み込んでいる焼き焦げ臭を燻蒸脱臭
しっかりと浸み込んでいる焼き焦げ臭を燻蒸脱臭

今回は、火災後の焼き焦げ臭の脱臭作業についてお伝えしました。
「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


火災後の焼き焦げ臭脱臭作業とスス除去作業


人気ブログランキングへ

工事種別

某施設の火災後の焼き焦げ臭脱臭作業とスス除去作業

担当(著者)
臭気判定士 悪臭スナイパー 中丸晴樹
提出日付
2017年2月15日
施工先
某施設の地下室
施工概要
某施設の地下室にて、電気配線の加熱からか、火災が発生した。従業員やお客様等、被害者は幸い誰もいなかったが、ススと焼き焦げ臭が残った。
施工前状況
・真っ黒のススで、壁と天井は覆われていた。
・同時に、強い焼き焦げ臭が空間一杯に満ちていた。
・従業員の通路に面している部屋であり、昼間は閉塞密閉してニオイが漏れないようにしていた。
・夜は換気ファンを動かし換気していたが、全く臭気は改善されない状況であった。
施策内容
1.臭気判定士による現状の確認(臭気・スス)を行った。
2.夜間のみの作業時間を考慮し、スス除去3日、脱臭作業3日の工程をご提案した。
3.別の臭気問題があった際には、臭気調査にて臭気問題を解決していたこともあり、弊社への信用が高く、正式にご依頼いただいた。
4.初日は養生を徹底した後、サンダーやブラシで真っ黒ススまみれになってスス除去を行った。
5.ほぼ予定通り、スス除去を完了した。
6.スス除去のあとは、オゾンガスと特殊な消臭剤を用いた弊社独自の「ハイブリッド脱臭工法」にて、3日間かけて火災臭の脱臭作業を実施した。
装置などの名称・分類
  • 臭気判定士の嗅覚によるビフォアー及びアフターの官能評価
  • 臭気測定機によるビフォアー及びアフターの臭気強度検査
  • オゾンガスと特殊消臭剤を用いたハイブリッド脱臭工法
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 臭気の発生源の一つであるススを徹底的に除去した為、臭気は低減したと同時に見た目も改善された。
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価及び臭気測定機の数値とも、脱臭後の目標値を問題なくクリアしており、従業員や管理設備者が立ち入っても、全く焼き焦げ臭を感じる事はなくなった。
  • クライアント様もご満足いただき、無事、検収となった。
その他補足感想など
  • この現場では、脱臭作業を行う部屋内で実施する事という場所の制限と、従業員の出入りが少ない夜間の時間帯で作業する事という時間の制限があった。
  • 排気する先が外部である為、無制限に削ったススを含む臭気を排気する事も出来ず、そこに対しても工夫を必要とした。
  • よって、循環式の脱臭及び集塵装置を室内に設置し、稼働させながら作業を実施した。これは脱臭専門業者である弊社ならではのアイデアの一つである。
  • ススの除去作業は、思っているよりもいろいろな装備を必要とし、肉体的にもしんどい作業である。
  • しかしそこをいい加減にしてしまうと、臭気の発生源が残存する為、いくら脱臭作業を頑張っても焼き焦げ臭を感じられてしまう。
  • 弊社では、スス除去は専門ではない為、ハイブリッド脱臭工法を駆使した脱臭作業のみをお引き受けするケースも多いが、スス除去もご依頼いただく場合には今回のように徹底して除去作業も行う。
  • 汗とススにまみれた脱臭作業となったが、お客様には大変ご満足いただけた事で、弊社のミッションである深呼吸空間の創造を無事、遂行する事が出来てほっとしている。
真っ黒のススで、壁と天井は覆われていた
真っ黒のススで、壁と天井は覆われていた
臭気測定機によるビフォアー及びアフターの臭気強度検査
臭気測定機によるビフォアー及びアフターの臭気強度検査
臭気判定士の嗅覚による官能評価
臭気判定士の嗅覚による官能評価
ススの除去作業は装備を必要とし肉体的にもしんどい
ススの除去作業は装備を必要とし肉体的にもしんどい
室内全体にわたるスス除去作業
室内全体にわたるスス除去作業
サンダーやブラシでスス除去
サンダーやブラシでスス除去

今回は、スス除去作業をともなった火事・火災後脱臭工事についてお伝えしました。

火災臭対策についての資料はこちら→火災臭対策

火災後の後処理でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


大型倉庫の脱臭作業と汚れ洗浄


人気ブログランキングへ

工事種別

大型倉庫の脱臭作業と汚れ洗浄

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年1月18日
施工先
倉庫に附着している油系臭気、溶剤系臭気
施工概要
関東某所の大型倉庫にて、倉庫内の臭気が問題となっていた。その臭気の質の確認と、臭気の対策方法を検討し、脱臭まで行う事。
施工前状況
・まずは、臭気調査の経験豊富な臭気判定士が、現場にて現状の臭気発生状況を確認した。
・その結果、発生している臭気には2種類あると判定した。
・1つは、前に倉庫を借りていた保管物から発せられた臭気の附着臭であり、油系臭気であった。
・今1つは、新たに設置したラック類から発生している臭気であり、塗装系の溶剤臭気であった。
臭気測定機でのセンサー値は330~360程度であり、脱臭作業を行う事で低減可能と判断した。
施策内容
1.附着している臭気の発生源である汚れを除去する。
2.オングストロンGという機能性特殊洗浄剤を用いて、動力噴霧器にて圧力をかけて、臭気の発生源である汚れを取り除いていった。
3.附着しているニオイ分子を除去する。
4.消臭剤(マイクロゲル)とオゾン発生装置(アクティボJ)を複数台使用し、オゾン燻蒸脱臭作業を実施していった。
5.ベークアウトを併用する。
6.業務用ヒーターを用いて温度管理を行い、業務用ファンを用いてオゾンガスの拡散や充満と、分解された副生物を排出した。
7.約10日にわたり、上記作業をサイクルにわけて実施していく事で、附着臭気と発生している臭気を低減していった。
装置などの名称・分類
  • オゾン燻蒸脱臭作業
  • 機能性特殊洗浄剤
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価と臭気調査
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価にて、臭気強度2以下であり、問題ない臭気レベルであるという判定結果となった。
  • 臭気測定器「kalmor-Σ」でも、ビフォアーで330~360のセンサー値であったものが、アフターでは260~270と低減しており、嗅覚の官能評価と合わせて問題ないレベルと判定された。
  • 実際にお客様にも確認いただき、多少、塗装系溶剤臭はあるが、油系臭気が完全になくなった為、大変満足いただき、検収となった。
その他補足感想など
  • お客様が、「何かニオイがするんだけど、よくわからない」という事からスタートした本現場。まずはお客様が気になっている臭気の質を的確に判定出来た事が信頼に繋がった。
  • そんな中、完全に臭気を除去するには1か月くらいは必要であったが、ご指摘した2つの臭気のうち、油系臭気の方が問題であり、塗装系の溶剤臭はそこまで問題とされていない事が分かった。
  • また、お客様のスケジュールの問題にて、脱臭(弊社)に与えられる時間(期間)にも限りがあった為、弊社としてはぎりぎりの10日間を頂戴し、油系臭気の脱臭を主としてスタートさせていただいた。
  • オングストロンGを使って、徹底的に洗浄を行った効果もあり、油系臭気に関しては全く気にならないレベルまで脱臭する事が出来た。
  • 塗装系の有機溶剤臭は、いわゆる「新建材臭」であり、脱臭作業後も多少残ったが、上述したようにそこまで倉庫の運営上、気になる臭気ではなかった為、想定の範囲内の仕上がりであった。
  • お客様には、「揮発しきってしまえば臭気はなくなる」ことをお伝えし、ルーフファン等を用いての出来る限りの換気をおすすめした。
  • 諸条件の制限があり、弊社としてももてる限りのオゾン発生装置をはじめ、脱臭作業に必要な装置やシステムを動員して、与えられた範囲内での最大限の作業を行った。
  • おかげで、お客様に大変ご満足&ご納得いただいてお引渡しができた。
  • 倉庫の附着臭気や、カビ臭、コンテナ、火事や火災後の焼き焦げ臭気等の脱臭作業であれば、弊社共生エアテクノにお任せ下さい。
臭気調査
臭気判定士が臭気発生状況を確認
動力噴霧器にて圧力をかけて臭気の発生源である汚れを取り除く
動力噴霧器にて臭気の発生源である汚れを除去
オングストロンG使用徹底洗浄
徹底的に洗浄
洗浄・脱臭作業
洗浄・脱臭作業
脱臭作業機材
脱臭作業機材
臭気測定(ビフォアー/アフター比較)
臭気測定(ビフォアー/アフター比較)

今回は、大型倉庫内の臭気の質の確認と、脱臭作業についてお伝えしました。
においでお困りの場合は共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/