カテゴリー別アーカイブ: その他の産業/野外の事例

農業・漁業など、また野外での臭気対策事例

病理検査室の作業環境改善対策


人気ブログランキングへ

工事種別

病理検査室の作業環境改善対策

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年6月1日
施工先
ホルムアルデヒドの対策と同時に、キシレン臭の対策も実施
施工概要
病院の病理検査室におけるキシレン対策
施工前状況
  • ホルムアルデヒドについては、プッシュプル装置等で対策は施していた。
  • しかし、法律や規制、目標値があったわけではなく、とりあえずの簡易対策装置であった。
  • ホルムアルデヒド濃度は、規制値の0.1ppmをオーバーしており、キシレン臭も強かった。
  • もちろん、規制前の装置である為、脱臭装置を新設し、FA濃度をクリアできるように設計した。
  • ホルムアルデヒド対策をやるので、どうせならキシレン臭対策も実施したいという事で、そちらも対策した。
施策内容
  • 医療現場対策チームのリーダーが何度も現場へ行き、採寸や打ち合わせを繰り返した。
  • キシレン臭気対策ももちろん実施可能なので、技術陣との詳細な打ち合わせも徹底した。
  • 病理検査室内には制限が多く、FA対策機器もキシレン対策機器も、既存ものから本現場専用に多くの改良を加え、オーダーメイドにて製作対応する事となった。
  • FA対策機器としては、λ型プッシュプルを搭載した特製シンクと、卓上型吸引テーブルを基本として、テーブル内にスライド式廃液タンクを収納した。
  • キシレン対策機器としては、卓上型吸引テーブルを基本として、エアーバランスを現場にて調整する事で、大幅に吸引能力を向上させた。
  • さらに、病理検査室全体の空気環境改善も含めて、酸素クラスター除菌脱臭装置を導入し、ホルムアルデヒド臭気と濃度、キシレン臭気と濃度の低減に寄与させた。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 意外と大がかりな設計と施工になったが、経験豊富なFA対策チームにて対応した為、大きなトラブルもなく予定通りに設置完了となった。
  • ホルムアルデヒドの濃度測定は、全てのA点及びB点で0.1ppm未満となり、規制値をクリアした。
  • キシレン濃度の測定では、痕跡あり程度の濃度(キシレン2ppm以下)であったが、先生や技師さんからは「大幅にキシレン臭が低減したね」と合格点を頂戴出来た。
その他補足感想など
  • ホルムアルデヒドを使用する病院様の部署としては、病理検査室及び解剖室、解剖実習室などがあり、弊社では専用の対策チームにて、数多くのFA濃度対策を実施してきた。
  • 弊社としては、病院様のご要望や作業性を優先するべく、既存の装置を型式におしはめて販売する事はなく、1病院様、1病理検査室様ごとに、極力、ご要望にお応えできるように、時には現場合わせのカスタムメイドにて、対応してきている。この姿勢はこれからも変わらない。
  • おかげさまで、FA濃度0.1ppm以下の対策は、多くの病院病理検査室様で完了あるいは意識として高くなっており、もしまだ、規制値をクリアできていない・・ですとか、対策を検討したい・・という病理検査室様や解剖実習室様があれば、弊社が必ずやお役に立てると考えている。
  • そして同時に、作業環境の改善対策として、「キシレン臭」の低減対策もご相談いただくケースが多くなってきた。
  • この現場のように、FA対策と同時にキシレン対策もやってしまえれば、より対応しやすくはなるが、レアケースかもしれない。
  • よって弊社では、キシレン臭対策のみのご相談や対応ももちろん実施しており、キシレン臭対策専用の脱臭装置(吸引装置)も開発が完了し、新商品のラインナップとなっている。
  • 酸素クラスター除菌脱臭装置だけでも、作業環境改善対策としては有効な方法であり、弊社ではデモ機も有している。
  • ホルムアルデヒド対策はもちろん、キシレン臭対策でも、作業環境改善対策も、弊社のFAチームまでお問い合わせいただければ幸いである。
オーダーメイドにて製作対応
オーダーメイドにて製作対応
何度も現場へ行き、採寸や打ち合わせを繰り返した
何度も現場へ行き、採寸や打ち合わせを繰り返した
病理検査室全体の空気環境改善
病理検査室全体の空気環境改善
λ型プッシュプルユニット付流し台
λ型プッシュプルユニット付流し台
病理検査室の作業環境
病理検査室の作業環境
酸素クラスター除菌脱臭装置を導入
酸素クラスター除菌脱臭装置を導入

今回は、病院の病理検査室におけるキシレン対策についてお伝えしました。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


養豚場の臭気対策 (消臭剤スプレー噴霧システム)


人気ブログランキングへ

工事種別

消臭剤スプレー噴霧システム

担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士 山田大介
提出日付
2017年5月12日
施工先
養豚場
施工概要
某養豚場から発生している排気臭気と、コンポスト施設からの排気臭気対策
施工前状況
  • 養豚場から排出される臭気が近隣住民様から悪臭苦情となっていた。
  • 同時に、併設されているコンポストから発生している臭気も問題となっていた。
  • 豚舎とコンポストからの臭気対策を実施して悪臭苦情をなくす事が目的であった。
施策内容
  • まずは、現状の臭気状況を把握する為に、臭気対策コンサルテーションを実施した。
  • 周辺も丁寧に嗅ぎまわり、飛散してきて問題となっている臭気の質も入念に確認した。
  • 臭気拡散シミュレーションによって、脱臭目標値と脱臭場所を絞り込んだ。
  • それらの結果をもとに、幾つかの脱臭方法を立案した。
  • 立案させていただいたいくつかの脱臭方法にてデモテストを実施し効果を検証した。
  • お客様の費用や目的等も含めて協議させていただき、最終的な脱臭システムを設計した。
  • ご提案させていただいた脱臭システムにてご発注いただき、製造から納品を行った。
  • 設置後、試運転にて噴霧システムを最適な状況にて稼働させた。
  • 実際の臭気にて脱臭効果検証を行い、結果報告ののち、検収となった。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
  • 養豚場の臭気対策
  • 豚舎からの排気臭対策
  • コンポストの臭気対策
施工後状況
  • 原臭臭気濃度4,000(臭気指数36)であったものが、消臭剤噴霧システム稼働後は、臭気濃度500(臭気指数27) 脱臭効率も87.5%であった。
  • その後、臭気苦情も収まったと聞いている。
その他補足感想など
  • 養豚場では、豚舎というものが必ず存在し、豚の糞尿を処理するコンポストも必要となる。
  • 比較的、大きな敷地をお持ちの養豚場が多いにも関わらず、臭気レベルも臭気濃度で数千~数万となるケースも少なくない為、敷地境界をこえて臭気が近隣へ飛散してしまう。
  • 臭気の強さが高いだけではなく、臭気の質もアンモニアや硫化水素、メチルメルカプタンから低級脂肪酸、アルデヒド類まで、様々な臭気分子が複合状態で存在し、臭気の不快感を増している。
  • しかしながら、非生産設備である脱臭装置には、なかなか本腰を入れて対策するというのは費用面等でも難しいケースがあるのもしばしば見受けられる。
  • やみくもに効果も何も考えずに脱臭装置を導入してしまい、脱臭効果が思ったより出ていないとか、ランニングコストがかかりすぎて維持できなくなったとか、全く悪臭苦情がなくならない・・という場合もお聞きしている。
  • そういうケースでこそ、一見遠回りのように思えても、しっかりとした臭気対策コンサルテーションを実施して、何をどこまでどうやって脱臭すればゴールに辿り着けるのかに時間と費用をかけてやっていく事が、臭気対策の成功への最短ルートであると弊社は考えている。
  • 養豚場や養鶏場、その他各種生産工場や設備工場等、悪臭苦情を抱えてお悩みの場合は、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
ノズル設置前穴あけ作業
ノズル設置前穴あけ作業
噴霧ノズル設置近影
噴霧ノズル設置近影
配管材等
配管材等
配管部品
配管部品
噴霧システム制御盤
噴霧システム制御盤
原液ドラム缶
原液ドラム缶

今回は、養豚場から排出される臭気対策についてお伝えしました。
「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


Zero Odor Service(ゼロ・オド・サービス)より「ハイブリッド脱臭工法」


人気ブログランキングへ

工事種別

Zero Odor Service(ゼロ・オド・サービス)より「ハイブリッド脱臭工法」

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年3月23日
施工先
マンション
施工概要
某マンションの1室にて火災が発生してしまった。 火事の後の焼き焦げ臭が残る為、脱臭をする必要性があった。
施工前状況
  • 現場を臭気判定士にて確認したところ、スス除去作業は完了していた。
  • しかし、臭気判定士の嗅覚にも臭気強度4程度の焼き焦げ臭を感じられるレベルであった。
  • 室内は出来うる限りスケルトン状態であり、すぐにでも脱臭作業に取り掛かれる状況であった。
  • 会社内にて人員調整の上、「ハイブリッド脱臭工法」にて脱臭作業に取り掛かった。
施策内容
  • 脱臭作業のビフォアーとして、臭気判定士の嗅覚による官能評価と、臭気測定機による臭気強度評価の併用により、臭気測定を実施した。
  • ハイブリッド脱臭工法に必要な、高濃度オゾン発生装置(オゾンガス回収機能付)や、消臭薬剤&噴霧装置、ファン&ダクト、デッキブラシ、オゾン濃度測定機等を搬入した。
  • ハイブリッド脱臭工法による脱臭作業をスタートした。
  • 約5日間かけてしっかりと浸み込んでいる焼き焦げ臭を燻蒸脱臭し、徹底的に臭気を除去した。
  • ハイブリッド脱臭工法による脱臭作業完了後、脱臭作業のアフターとして、臭気判定士の嗅覚による官能評価と、臭気測定機による臭気強度評価の併用により、臭気測定を実施した。
  • 目標値まで脱臭できたことを確認し、機器類を搬出し、作業を完了した。
装置などの名称・分類
  • Zero Odor Service
  • ゼロオドサービス
  • ハイブリッド脱臭工法
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価にて、ビフォアーは臭気強度4程度であったものが、アフターは臭気強度1程度まで低減した。
  • 臭気測定機「KALMOR-Σ」による臭気強度評価にて、ビフォアーはΣ値が400程度であったものが、アフターはΣ値が220程度まで低減した。
  • お客様にも確認いただき、しっかり脱臭できている事をご確認いただき、無事、検収となった。
その他補足感想など
  • まだ築年数の浅い、新しいマンションであり、ファミリー世帯も多い高層タワーであった。
  • その為、住民様の出入りも多くあり、小さなお子様やお年寄りも多く、安全には万全を期した。
  • 搬入、搬出時は、毎日ご依頼主(建築業者様)に立ち会っていただき、エレベーターや廊下の養生も徹底して行った。
  • また、オゾンガスが万が一でも漏洩する事がないように、濃度管理や隙間の閉塞作業等も、万全の管理を行った。
  • 同時に、朝方や夕方の音についても、極力上下左右の住民様のお邪魔にならないように、音の出ない作業を優先させたり、場合によっては作業を控える等の配慮を行った。
  • これらの安全への配慮を行った事で、作業期間においては一切のトラブルも発生せず、作業を完遂する事が出来た。
  • ご依頼いただいた建築業者様からは過去にも何度かご依頼を受けており、今回の現場でもまた、脱臭作業についてはもちろんだが、安全面でも更なるご信頼をいただく事が出来た。
臭気測定機「KALMOR-Σ」による臭気強度評価
臭気測定機「KALMOR-Σ」による臭気強度評価
各種測定機等ハイブリッド脱臭工法に関わる機器
各種測定機等ハイブリッド脱臭工法に関わる機器
高濃度オゾンガス発生装置「アクティボJ」
高濃度オゾンガス発生装置「アクティボJ」
しっかりと浸み込んでいる焼き焦げ臭を燻蒸脱臭
しっかりと浸み込んでいる焼き焦げ臭を燻蒸脱臭

今回は、火災後の焼き焦げ臭の脱臭作業についてお伝えしました。
「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/