住宅系事例」カテゴリーアーカイブ

マンションや戸建て住宅などの住宅系臭気対策事例。転入居に際しての管理メンテナンスやカビ対策などもお任せください。

オフィスビルで発生している原因不明の異臭の発生源調査



人気ブログランキング

 
種別
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2021年9月8日
対応先等
某オフィスビル
状況等
  • 某ビルにて、全く原因不明の悪臭発生が続いていました。
  • 原因不明のニオイではありますが、悪臭の種類としては下水や汚水のようなニオイとの事でした。また、そのニオイが発生してくるタイミングは不定期でしたが、発生する場所はある程度、決まったところということでした。
  • 当初、下水のような異臭だったので、水道工事業者さんや、衛生設備業者さんにチェックして貰ったとの事でしたが、全く原因がわからないまま、諦めモードとなっておられました。
  • しかし、執務フロアであり、そのエリア周辺のデスクをもつ職員さんは、いつその悪臭が発生してくるか不安で、仕事にも集中できないような状況でした。
  • そこで、いよいよインターネットで検索されたところ、弊社共生エアテクノを見つけていただき、幾度かのお電話でのお打合せにて、正式に臭気発生源調査をご依頼いただきました。
対応内容
  • まずは、弊社から、異臭調査の経験豊富な臭気判定士が2名、臭気対策コンサルタントが1名、臭気調査道具を携えて、現場へお伺いしました。
  • 現場では、細かく臭気発生状況をご説明いただいたのち、早速、現場調査に入りました。
  • 業務時間中での悪臭調査となった為、多少、いろいろな制限があり、初日はある程度、あたりをつけて、次回以降へ持越しとなりました。
  • 次のご訪問時には、いくつも立てた仮説の中から、建築設備図面と現場での目視による実際の状況、そして嗅覚によるニオイチェックをしつつ、発生源を追い込んでいきました。
  • 当初、壁面設置のエアコンからの異臭発生を最も疑っていたのですが、その仮説をトレースガスによって検証したところ、シロだと判明しました。
  • その為、次の仮説である、空調機関係を当たりましたが、そちらも問題なしと判明。これでだいぶ、仮説を潰していく事ができました。
  • さらにまた次の調査時には、仮説を検証。するといよいよ、トレースガスの反応も確認できました。最後は、上階の床面をはいつくばって全部チェックしていったところ、謎の未使用の配管が切りっぱなしのまま残されておりまして、そこから臭気が漏洩していると断定できました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後状況
  • かなり苦戦しましたが、焦らずじっくりと、経験値の中からたくさんの仮説を立てて、それらをトレースガスやニオイセンサー、図面と現場の相違、嗅覚の感覚から潰していくことで、真実にたどり着くことが出来ました。改善後、悪臭発生はおさまったと聞いております。
その他補足感想など
  • オフィスビルでの悪臭発生や、不定期な異臭侵入などでは、臭気調査を実施させていただくことが簡単ではないケースも多々あります。
  • 本来であれば、その対象のテナント様がお休みのタイミングで異臭調査を実施させていただければいいのですが、意外とそのフロアとかその場所だけで、臭気発生源調査の場合は完結しないケースが圧倒的に多くあります。また、夜間などでは安全面の問題等もあり、土日祝や夜間のニオイアセスメントはお客様のご判断にて実施しております。
  • もちろん、執務中や稼働時間内に、極力、お客様の業務を妨げないように配慮しつつ、臭気調査に入らせていただくこともあります。その場合は、あらかじめニオイ調査の専門家が入るので、いろいろと作業があることを必ずお伝えいただいております。
  • さらに本件もそうですが、異臭の質が、汚水とか下水、雑排水のような、いわゆる硫黄化合物系臭気の場合は、水回りから配管関係を必ず調査しますので、トイレや空調機械室、屋上や地下、さらには汚水槽や雑排水槽まで、全くニオイの発生個所ではないのに、入らせていただく可能性が高くございます。
  • 本件でも、天井裏の確認時は、脚立をたてさせていただき、天井の点検口をあけての作業となりましたし、床下を確認する際には、タイルカーペットを一つずつはがしていき、さらにはOAフロアも一部、外させていただきました。
  • トレースガスという、疑似臭気を発生させてニオイの漏洩箇所を追跡する作業では、トイレやキッチンといった水回りを使わせていただくことになりますので、時間帯などもお客様との調整が必要となります。
  • それでも、悪臭が漂うオフィスビルを少しでもはやく改善したいという思いは、お客様も弊社も同じですから、弊社では極力、日程を調整して臭気調査を実施させていただいております。
  • オフィスビルや建物、マンションや家庭、飲食店やホテル等、臭気対策に関することでしたら、弊社共生エアテクノまでご相談下さい。
臭気の漏洩元
トレースガスによる臭気調査
  

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


オフィスビルの異臭調査(デオモニを用いた臭気調査)



人気ブログランキング

 
種別

オフィスビルの異臭調査(デオモニを用いた臭気調査

担当(著者)
臭気判定士 電気工事士 中丸晴樹
提出日付
2021年8月7日
対応先等
あるオフィスビル
概要
デオモニを用いた臭気調査
状況等
  • あるオフィスビルにて、不定期にそこまで強くない臭気が発生していました。
  • ニオイの質は下水のような悪臭との事で、日中の人がいる時間帯に発生すると、それなりに不快感を催されたり、苦情になったりしているようでした。
  • また、夜間に発生しているケースもあるようで、朝いちばんの空間が下水臭というケースもあったようです。
  • その臭気発生個所周辺には、一切の水回り等がなく、下水とか汚水のような悪臭や異臭が発生する可能性となっている箇所は、ちょっと考えられないとの事でした。
  • テナントさんとオフィスビルの管理会社様は困り果てて、インターネットにて臭気発生源調査の専門会社を検索し、弊社共生エアテクノにご相談いただきました。
  • 弊社としては、臭気調査の方法を立案しまして、正式にご発注をいただきました。
対応内容
  • まず、全く不定期に発生するという事と、確かに現地を確認したり、建築設備図面を拝見しても、ニオイの発生源となりそうな箇所がないことを確認しました。
  • その為、弊社臭気判定士臭気の調査を行っている間に対象臭気が発生しない可能性が高い為、1週間ほどの連続モニタリング臭気測定を実施しました。
  • 具体的には、もっとも臭気が強いとおっしゃられている空間に1点、そしてそこから、四方に各1点、弊社ニオイセンサー「deomoni」を設置しまして、24時間365日の5台同時の連続臭気モニタリング調査を実施しました。
  • 1週間後、蓄積されたデータを確認すると、確かに不定期に、ニオイが強いと言われている箇所に設置したdeomoniのセンサー値が上昇している時間帯があり、同時にある特定の方向のみのデオモニのセンサー値も連動して上昇していることがわかりました。
  • その方向を重点的に調査していくと、なんとその壁の裏側に、旧物置のような使っていない部屋があることが判明。その物置をさらに入念に調べていくと、使っていないシンクがあり、その排水管のトラップが蒸発しなくなっており、そこから下水臭が発生していると判明しました。
  • 念のため、トレースガスにて侵入経路調査も実施しましたが、壁裏を通じてテナント側に臭気が侵入していることを確認できました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況
  • 物置にあるシンクの排水管を閉塞していただき、しばらく臭気の発生を見ていただきましたが、その後、全く下水臭が漂ってくることはなくなりました。お客様から「思わぬところに臭気発生源があったのに見つけて下さって本当にありがとうございます」とお言葉を頂戴できました。
その他補足感想など
  • 本現場では、最初、いわゆる「ニオイ待ち」状態でした。建築設備図面を確認し、現地を実際に目で見て確認した上で、臭気の発生源として怪しい個所が見当たらなかったからです。
  • しかも、オフィスビルなので、各テナント様の区分があり、簡単に他テナントさんのエリアへは立入もできず、まずは実際の臭気を嗅げれば、ある程度は追いかけることができると考えていたのです。
  • しかし待てど暮らせど臭気は出てこず、弊社臭気判定士たちで確認できる部分も全てし尽くした為、次の段階として、24時間連続臭気モニタリング調査に入りました。
  • テナント様の邪魔にならないように、天井部分であったり、天井裏であったりと、弊社ニオイ測定器であるデオモニの設置個所をご相談させていただきながら、複数台の設置を行いました。
  • 風向風速計も設置できるとより、わかりやすいかと思ったのですが、さすがにオフィスビルのテナント様エリアなので目立ちすぎるため、デオモニの複数台設置による臭気変動を確認する方法を選択しました。
  • 期間をまずは1週間としてトライしましたところ、見事に1週間でしっかり臭気の変動をとらえ、しかもそれが、特定の方向からのみ、臭気が侵入してきていると判明しました。これにより、一気に臭気調査の方法や次の展開が見えてきたのです。
  • ちなみに、デオモニについては、100V電源の供給を基本としますので、本現場ではそれぞれ近い100Vコンセントから、延長コードにて電源を供給しました。しかし場合によっては、大容量モバイルバッテリーにて動かすことも可能かと思いますので、電源供給が難しい場合でも対応策は勘案致します。
  • 不定期な異臭発生で、かつ、どこの方面からその異臭が来ているのかも見当がつかないようなケースでも、弊社ではこのような対応方法にて異臭問題を解決して参ります。どうぞ臭気問題でお困りでしたら、弊社共生エアテクノまでまずはお問い合わせ下さい。
デオモニによる24時間連続臭気モニタリング調査
臭気判定士による臭気調査
壁の裏の異臭発生源
異臭発生源
  

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


火災後の建物内の脱臭



人気ブログランキング

 
種別

火事の後の焼き焦げ臭対策

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2021年6月26日
対応先
火事の後の建築物
状況等
  • 弊社消臭や脱臭、臭気対策、脱臭作業等々、ニオイに関する事のみを業務として2003年からスタートし、今は第18期を迎えています。
  • 変わっていく脱臭装置や消臭サービスがあれば、その内容を日々、研究したり経験する事で進化させていっているものもあります。
  • そういった、進化していっているサービスの一つに、「火事のあとの焼き焦げ臭の脱臭作業や臭気対策」も挙げられると思います。
  • ここ数か月でまた、10件近くのお問い合わせやご相談を頂戴し、それらがほぼ、受注という事で弊社に脱臭作業のご依頼を頂戴しております。
  • なぜ弊社の脱臭作業をお客様から選択いただけるのか、お客様から頂戴するお声や実際の対応内容でのご感想などから、以下、書かせていただきます。
対応内容
  • まずは多くのケースでは、弊社のホームページブログから、火災後の臭気対策や脱臭について検索され、ヒットした事からお問い合わせを頂戴します。
  • もちろん、2回目以降の場合は直接、ご相談を弊社の担当させていただいた臭気判定士に頂戴しますが、担当者様からのご紹介で、違うエリアの方や、違う会社様からもお問い合わせを頂戴する事があります。そういったご紹介は大変嬉しい事です。
  • 次に、そのエリアによって弊社臭気判定士や臭気対策コンサルタントが対応させていただくのですが、内容をお電話やメールにてやりとりさせていただき、概算や作業内容、スケジュール等が合致しましたら、ほぼ100%近く、現地確認をさせていただいております。
  • その後、最終的な金額や日程、そして作業についての詳細な部分をすり合わせさせていただき、実際に脱臭作業がスタート致します。
  • 具体的には、火事のあとの場合は、
    1. スス除去作業を実施済か、あるいは弊社にて実施するか
    2. 火災によって懸念されるダイオキシンの濃度測定を実施するか否か
    3. 脱臭作業に関する電気や水道の提供等は可能か
    4. 音の問題や作業に関する留意事項等
    などが挙げられます。
  • そして脱臭作業を行い、途中途中、臭気判定士が臭気をチェックしながらしっかり作業を完了させます。
装置等の紹介
対応後の状況
  • 作業中でも、臭気の発生や強弱が変動しますので、それらを臭気判定士や技術員の嗅覚にてチェックしつつ、脱臭作業の内容を細かくニオイに合わせて変えていきます。最後はしっかりセンサー値と臭気判定士の官能評価にてチェック(※契約内容による)し検収となります。
その他補足感想など
  • 今まで、お客様から多くおっしゃっていただいたお言葉として、「脱臭業者は複数、問い合わせしてみたけど、御社が一番しっかりしていたからお願いした」というものがあります。
  • このようにおっしゃっていただいたケースでは、例えば受注させていただくお値段は、決して弊社が安いわけはなく、他業者さんの方が安かったというケースがほとんどのようです。
  • さらに、弊社の場合は、必ずと言っていいほど、即対応が不可能でして、スケジュール面では本件に限らず、お待たせしてしまう可能性が高くあります。なぜなら弊社メンバーは常に複数の案件を抱え、超多忙状態でニオイと戦っているからです。
  • そのような状態にも関わらず、弊社にお願いしたい・・と脱臭作業に限らず、脱臭装置の対応でも、臭気調査でも、ご依頼いただける事は、本当にありがたい事です。
  • ではなぜ、弊社にお声掛けいただけるのか、ご指名いただけるのか、につきましては、いろいろなケースがあるので答えはケースバイケースだと思っております。
  • 例えば、経験豊富である事などは、お客様からも信頼の証だとおっしゃっていただきます。毎年、15件~20件の脱臭作業を実施していけば、18年ですから約300件以上の現場経験があります。これらは常に生きた現場。すべての現場で経験値が蓄積され、より良い脱臭方法を常に模索し、積み上げているというのは、弊社としても自負しております。
  • また他には、お客様から「いろいろな引き出しがあるので安心して任せられる」とも評価いただきました。つまり、決められたやり方のみしかない脱臭方法ではなく、常に現場でニオイを確認しつつ、生きた現場に応じた様々な脱臭ノウハウを駆使して脱臭していくのです。そういった部分を評価していただけるのも、弊社としては大変光栄であり、やりがいに繋がっております。
  • これからも弊社はこの実績に甘んじることなく、もっともっと、臭気対策や脱臭作業、脱臭装置ニオイセンサーで皆様に必要としていただけるよう、日々成長して参ります。
  • 臭気対策に関する事でしたら、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
オゾン脱臭機
火災後の脱臭作業
  

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/