住宅系事例」カテゴリーアーカイブ

マンションや戸建て住宅などの住宅系臭気対策事例。転入居に際しての管理メンテナンスやカビ対策などもお任せください。

火災後の脱臭作業と臭気アセスメント


人気ブログランキングへ

 
種別

臭気アセスメントと脱臭作業

担当(著者)
臭気判定士 第二種電気工事士 中丸晴樹
提出日付
2021年2月17日
対応先
某マンション(火災現場)
概要
臭気のマッピングからの脱臭作業>
対応前の状況
  • 某マンションにて火災が発生してしまった。
  • 火元となってしまった住戸は完全にスケルトンにして煤除去作業と焼き焦げ臭の脱臭作業を行う事となった。
  • 同時に、隣接住戸へも火災臭がまわっており、住民から管理会社等に、臭気の確認や安全面の確認、そして必要に応じての脱臭作業や改修工事の依頼があった。
  • 管理会社では、クリーニング業者等に下見を依頼し、脱臭作業の見積や提案があったようだが、住民様がその内容に納得できず、いろいろとインターネット等でも探していく中で、臭気を専門とする弊社共生エアテクノを見つけていただいた。
  • 早速、弊社臭気判定士が現地へお伺いし、火元住戸の現地調査と、隣戸についてのアセスメントからのマッピングと脱臭等についてご説明させていただいた。
対応内容
  • まずは火事後のスス臭対策に熟練した臭気判定士による、臭気アセスメントを実施。
  • それによって、各部位の臭気をマッピングする事が出来るため、それに応じたそれぞれの対策を立案。
  • 場所によってはそのままで問題ない。場所によっては脱臭作業を念のために実施する。場所によっては内装を外し、スス除去と脱臭作業をしたあとに復旧する。また気になる部分についてはダイオキシン分析を実施する、といったような臭気アセスメント結果となった。
  • 住民様からは、大変納得できる・・と信頼いただくことができ、管理会社様からも「その通りにしっかり進めて貰いたい」と、火元となった住戸のすす除去及びスス臭気の脱臭作業とともに、近隣住戸のアセスメントと対策立案を順次、実施していった。
  • 臭気アセスメントは、経験値のある臭気判定士が2名にて実施。ダイオキシン測定は弊社の委託先第三者機関に依頼。スス除去作業と脱臭作業弊社と協力会社にて実施。そして最後の臭気測定は、弊社臭気判定士とお客様にて実施した。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況
  • 各住戸のお客様、及び管理会社様等も一緒になって、一連のすべての作業が実施終了後に、弊社臭気判定士とともに臭気測定を実施した。「スス臭や焼き焦げ臭等は一切なくなっている」と全員が確認でき、納得の検収を頂戴する事ができた。
その他補足感想など
  • 今回の現場をはじめ、弊社にご相談いただく火災や火事のあとの臭気対策のご相談では、意外と事前に、他の業者様、特にクリーニング業や清掃業を専門とされている会社さんにご相談をされたあとに、弊社にご相談いただくケースもしばしばある。
  • その場合の特徴としては、弊社臭気対策を専門にしているという点に着目して、その部分にメリットというか特徴を感じていただき、お問い合わせを頂戴するケースが多い。
  • 最初、例えばざっくり概算などをお話すると、「え?そんなに高いのですか?」と驚かれるケースもある。しかし作業内容や進めていく方向性、そして内容が複雑であったり、お施主様がしっかりした内容を求めておられるケースなどでは、「なるほど」と、その内容面についてご納得いただけるケースがほとんどである。
  • それによって、弊社にご依頼いただくケースもあれば、「今回はそこまで必要ないので・・」と他にご依頼されるケースもある。これらは当然、いろいろな選択肢の中からその状況や目的にあった方法をセレクトいただく事になる。
  • 弊社としては、まずは経験値豊富な臭気判定士や、臭気対策コンサルタントによる、現地調査からのご提案、そして臭気の確認や測定、調査を含めたビフォアー、アフターの臭気チェックを実施するところから始まる。
  • そして、臭気アセスメントにより、そもそも脱臭が必要なのかどうか、から、しっかりした脱臭作業が必要なのか、まで、お客様のご要望に応じて、マッピングする事も実施している。もちろんそのような必要がなく、すぐに脱臭して欲しいというケースでも対応している。
  • 不幸に火事や火災が発生してしまい、それらの臭気対策全般や対策のご相談から、スス除去作業や脱臭作業のご相談やご依頼、焼き焦げ臭気の臭気測定やダイオキシン測定等、臭気に関するご相談でしたら、弊社共生エアテクノまでご一報下さい。
オゾン脱臭工事
オゾン脱臭工事
臭気測定
臭気測定
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


失敗しないための臭気対策設計


人気ブログランキングへ

 
種別

臭気対策設計

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2021年2月5日
対応先
マンションや商業施設のごみ置き場
概要
ゴミ置き場の脱臭装置
対応前の状況
  • 某設計会社様が、マンションや商業施設の新規設計を計画していく中で、毎度、対策に頭を悩ませる一つに、「ニオイ」問題があった。
  • 例えばマンションであっても、低層階に飲食店舗等、ニオイを発するテナントが入居する場合は、上階の部屋が売れにくい可能性があったり、あるいは商業施設では、入居するテナントの並びによっては、飲食店と服飾店、化粧品店、ネイルアートショップなどが並んでしまうと、それぞれがそれぞれのニオイで臭気苦情に発展するケースも対策していかなくてはならない。
  • そしてそれらの中でも、必ずといっていいほど設置されるニオイ問題のポイントとして、ごみ置き場が挙げられる。
  • 設計会社様でも、デベロッパー様やゼネコン様と相談し、ゴミ置き場のニオイ対策として、いろいろな方法や案をリサーチしておられた。
対応内容
  • その中で、弊社共生エアテクノにも、ごみ置き場の脱臭装置として標準的にスペックしていけるような、しっかりとした効果が発揮できて、さらに実績も豊富な脱臭装置、あるいは脱臭方法はないかとご相談をいただいた。
  • 弊社では、ゴミ置き場の脱臭装置としては、適切な換気回数をしっかり整えていただいた上で、酸素クラスター脱臭装置をご提案させていただいてきた。
  • 弊社創業以来、毎月多くのご注文をいただくゴミ庫用の脱臭装置酸素クラスター除菌脱臭装置」は、現状での最新型は、Levion(レビオン)シリーズから、「シルフィード」をご用意している。
  • 標準的に、ごみ置き場の脱臭装置としてスペックインしていただきやすいように、シルフィードシリーズは、①220m3まで対応のシルフィード2 ②110m3まで対応のシルフィード1 ③60m3まで対応のシルフィードmini ④15m3まで対応のPiccolo の4タイプをラインナップしている。
  • そして、天井面や壁面に露出型として設置できるので、実際に現場施工がはじまった場合でも、最後の最後に設置することもでき、また、既設マンションのゴミ置き場へも容易に設置していいただきやすい構造となっている。
装置等の紹介
  • マンションのごみ置き場向け脱臭装置
  • 商業施設のゴミ保管庫向け脱臭装置
  • 空間の除菌脱臭装置
対応後の状況
  • シンプルでわかりやすいとデベロッパー様からも喜んでいただき、マンションの設計時のごみ置き場の脱臭装置として標準的にスペックとして入れていただけるケースもある。タワーマンションでも各階ごみ置き場の脱臭装置としてPiccoloやminiをご採用いただいている。
その他補足感想など
  • 弊社では、弊社共生エアテクノがメーカーとして設計から製造、販売まで行っている自社製脱臭装置と、他メーカーさんの脱臭装置や消臭剤を代理店として仕入れて販売している他社製脱臭装置がある。
  • 前者としては、代表的なヒット商品として、デオキーパー脱臭装置や、工場のニオイの見える化を実現しているニオイセンサー「deomoni(デオモニ)」があり、また、大型のプラント設備に近くなってくると、インジェクションスクラバー脱臭装置や、ハイブリッドスクラバー脱臭装置がある。簡易的な消臭剤のスプレー噴霧設備ユニットとしての、デオミスト等も弊社製である。
  • そして今回、後者をご紹介したわけだが、それらの代表格は、カルモア製酸素クラスター除菌脱臭装置と、厨房排気臭の脱臭装置として実績豊富な、ゼオガイアが挙げられる。
  • その中でも、弊社が創業18年目として、今でも毎月、たくさんのお見積り依頼をはじめ、実際の実機ご発注まで頂戴している脱臭装置が、Levionの露出設置型であるシルフィードシリーズとなっている。
  • 酸素クラスターイオンを生成し、それらを放出することで、脱臭と除菌の効果を発揮してくれる。脱臭としては、対象空間の悪臭成分をイオン分解反応をすることで無臭化させていく。除菌としては、空中浮遊菌を包み込む事で栄養源である窒素の供給を遮断し窒息死させる。
  • ごみ置き場の脱臭装置としては、多くのマンションデベロッパー様や設計会社様から高い評価を得ており、標準的に設計スペックに入れていただいているようだ。それだけ実績が多く信頼を得ているのだろう。
  • そのほか、オフィスやトイレ、実験施設、排水処理施設、エレベーター、清掃事業所、商業施設などでも多く活躍しており、最近はその除菌効果から、病院などでも実績を伸ばしている。
  • イオン式の脱臭装置や除菌装置、ゴミ置き場の脱臭対策、空間の除菌や脱臭をご検討でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
酸素クラスター除菌脱臭装置
酸素クラスター除菌脱臭装置
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


嗅覚による官能評価と臭気センサー


人気ブログランキングへ

 
種別

ニオイの判定や識別

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2021年1月27日
対応先
某所建築物内
概要
建物内各所における臭気測定
対応前の状況
  • 某所建物にて、いろいろな目的にて使用される様々な区画が用意されて竣工した。
  • ある区画には、テナント様が入居し、会議室や執務スペース、役員室等が設けられた。
  • またある区画は、貸し会議室として整備され、各種イベントや会議等で利用されることとなった。
  • その他、飲食店やら服飾関係やら、多種多様な業種が入居された。
  • その後、すべてではないが、少数のテナントから、「何かしらニオイがする」とか、「不定期に異臭が感じられる」、「来場されたお客様から少しニオイが気になったというアンケートがあった」といったような、ニオイに関する意見が管理会社に寄せられるようになった。
  • 割合からすれば本当にわずかではあったが、管理会社としても気になり、臭気の専門業者に簡易的な測定をしてもらう事となった。
対応内容
  • ご依頼いただいた弊社としては、いつもこの会社様からは、「ニオイの問題があればまずは共生エアテクノに相談しよう」と信頼いただいており、今回もまた、まずはご相談をいただいた。
  • お客様のゴールとして、臭気の測定を実施する目的は何か・・を、まずは弊社臭気判定士よりヒアリングさせていただいた。
  • 例えば新築なので、シックハウスやシックビルといったような原因となるニオイ物質が気になるようであれば、VOC測定にて物質濃度を確かめる方法がある。しかし今回は、もう少し複合的にやって貰いたいとの事であった。
  • お客様とご相談の結果、以下の方法にてビル内の気になる箇所を、臭気測定することとなった。
  • メインは、臭気判定士の嗅覚による官能評価である。臭気判定士は熟練した2名を用意し、6段階臭気強度表示、9段階快・不快度、そして質を含めたコメントとした。
  • サブとして、ニオイセンサーを用いて、臭気強度のマッピングや変動を測定する事とした。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況
  • 測定箇所が多かった為、臭気判定士の嗅覚疲労も考慮し、また、テナント各位のご都合も配慮し、スケジュールを立案し、それに沿って複数回にわたり、臭気測定を実施した。大きな問題のある箇所はなく、一部は対策案もお出しし、お客様にはご安心、ご納得いただけた。
その他補足感想など
  • 弊社が実施している臭気対策業務の中でも、本件のようなビル全体とか、マンション全体とか、ホテルや旅館、飲食店、複合施設、ショッピングセンター、等々の、いわゆる、臭気アセスメント調査というのは、ご依頼として少なくない。
  • 工場の排気臭や近隣からの悪臭苦情対策としての、臭気コンサルテーションという臭気調査とは、またもう少し内容が変わっていて、臭気対策のコンサルテーション悪臭防止法という法律が軸となり、臭気拡散シミュレーション等でニオイを可視化したり、弊社臭気センサー「deomoni」を用いて、ニオイの見える化を実現させていくのだが、臭気アセスメントになってくると、悪臭防止法は適用範囲外となってくる。
  • シックハウスとか作業環境であれば、例えばホルムアルデヒドの成分濃度による規制値であったり、トルエンとかキシレン、T-VOCといった成分濃度の指針値や目安となる値もあるが、多くの場合ではそれらがお客様の目的となってくるケースは決して多くはない。
  • 結局、成分濃度が目安の濃度以下であっても、他のニオイ分子はどうなのか?という事であったり、複合臭気としてどれくらいの強さと質であるのか、あるいは臭気の変動状況はどうなのか、といった部分は、臭気調査の経験を積んだ臭気判定士や臭気対策コンサルタントでなければ、現場のニオイを嗅ぎ取れないからである。
  • よって弊社では、臭気のアセスメント現場においては、臭気判定士を2名以上にてチームとして、また、ニオイセンサーを補助的アイテムとして用いて、鼻とセンサーによる複合臭の測定を実施していくことを基本としている。
  • センサーは、質の判別ができないので、主とはならず、あくまで補助的な測定機器となる。
  • 建物の臭気アセスメントや臭気調査、異臭発生源調査等でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気判定士の嗅覚による官能評価
臭気センサーによる測定
臭気センサーによる測定
臭気判定士の嗅覚による官能評価
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/