住宅系事例」カテゴリーアーカイブ

マンションや戸建て住宅などの住宅系臭気対策事例。転入居に際しての管理メンテナンスやカビ対策などもお任せください。

建物に付着・残存した臭気の脱臭(オゾン燻蒸脱臭サービス)



人気ブログランキング

    
種別

脱臭作業

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2022年4月15日
対応先等
某施設(会議室)
状況等
  • 某所にて、会議室内のニオイが問題となっていました。
  • ニオイの質としてはよくわからないレベルではあったようですが、多少、気になるというお声がちらほらあり、来客者が不快感を感じるケースも懸念されていました。
  • どうやら、何かしらのニオイが発生し、その発生源は現状、なくなっているものの、その臭気が付着してしまい、それが徐々に揮発することによって、若干の異臭として感じられる可能性があるようでした。
  • 放っておいてもいずれ消えていくだろうとお考えになられる一方で、少しでもやれることがあるならば、やっておきたいと、弊社臭気判定士にご相談を頂戴しました。
  • 弊社臭気判定士が現地を確認させていただいた上で、脱臭作業についてのご説明とスケジュール、お見積りなどをご提案させていただきました。
  • 基本的には無人空間での作業となること、そして音の問題や作業場の換気の問題などがあるためです。
  • 時間帯や日にちを詰めて、脱臭作業のスケジュールが決まりました。
対応内容
  • 建物内を念のため、臭気判定士が嗅覚にて臭気チェックを行いました。
  • 臭気として感じられるのは、会議室の1室のみでしたので、脱臭のターゲットをそこに絞りました。
  • オゾン脱臭装置としては今回はゲルリッツをセレクト。対象容積等から選定しました。
  • 消臭剤としては2種類。異臭の中で悪臭支配率の高い臭気の質をターゲットとした消臭剤と、オゾンガスの酸化力を促進させる薬剤を選定しました。
  • 換気のための窓はあるものの、外気の新鮮な空気が入りにくい為、ファンとダクト、延長コードを用意して、うまく換気の能力をアップさせられる準備を整えました。
  • また、養生テープやマスカなどを準備して、オゾンガスが漏れそうな箇所の閉塞や、移動できない備品でオゾンガスがダメージを与えそうなものの養生などを行いました。
  • その他、噴霧器や専用のマスク、工具類の準備をして、現場にて脱臭作業を実施しました。
  • 基本的に、オゾンガスを燻蒸させて、付着臭気と反応させていくことになります。
  • 時折、残存臭気を臭気判定士の嗅覚でチェックし、臭気のマッピングを行い、強い個所の対策をしっかりと行っていきました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
  • 臭気判定士による脱臭
  • 臭気対策コンサルタントによる付着臭気の脱臭作業
  • オゾンガスと専用薬剤を用いた特殊脱臭工法
対応後の状況等
  • オゾン燻蒸脱臭作業から換気、そして臭気チェック。このサイクルを繰り返していくというオーソドックスな脱臭現場でしたが、1サイクル目からしっかり臭気低減が確認されまして、予定のスケジュールを実施したあとには、しっかりと異臭がなくなったことを確認し、無事作業は終了しました。
その他補足感想など
  • 施設や建物、住居などの中で、脱臭作業のご依頼をいただくケースは多いです。
  • その多くは、火災後の焼き焦げ臭の脱臭であったり、ススの除去作業であったりとなっておりますが、カビ臭であったり、原因不明の異臭、タバコ臭、ペット臭なども少なくありません。
  • また、近年では、倉庫における脱臭作業、あるいは脱臭が必要かどうかの臭気調査、臭気アセスメントなども増加しております。
  • 特に引っ越しや倉庫の荷主さんの退去後などでは、前オーナーさんの生活スタイルや保管物によって、強い臭気が付着してしまっているケースも少なくありません。
  • そういうケースでは、ニオイがなくなるまでお貸出できなかったりするわけで、そのための脱臭作業が必要となって参ります。
  • 弊社では、大型倉庫から小さな会議室等まで、脱臭作業の基本としては、オゾンガスを用いるようにしております。
  • 大きなオゾン脱臭装置から、小型のオゾンガス発生装置まで、用途に応じて様々な機種をご用意しております。
  • そして、ニオイの質や強さによっては、当然、オゾンだけでは除去しきれなかったり、除去に時間がかかってしまいますので、ほとんどの現場では、オゾンガスにプラスして、消臭剤等を用いるようにしております。
  • その消臭剤ももちろん1種類ではなく、臭気判定士が臭気の質を判別して、最も支配率の高い臭質に合わせて、弊社のたくさんある消臭剤の中からベストセレクトになるものを選定しております。
  • 加えて、脱臭作業の合間には、残存臭気の確認や、臭気のマッピングを行い、どこのニオイがまだ強いのか、あるいは臭気強度ではどうか、など、細かく脱臭作業の内容を変化させながら、現場の状況に臨機応変に対応していっております。
  • もし、付着臭や異臭などが消えないようなケースがございましたら、弊社共生エアテクノまでご相談下さい。脱臭作業のご相談を承りますので、宜しくお願い致します。
 
オゾン脱臭装置 ゲルリッツ
換気ファン
脱臭剤噴霧
臭気判定士による残存臭気チェック
     

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


戸建て住宅における臭気アセスメント



人気ブログランキング

    
種別

一般家庭での異臭調査

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2022年2月25日
対応先等
一般家庭/戸建て住宅
状況等
  • 某ご家庭にて、不定期に原因不明の異臭が発生し、住民様が困っておられました。
  • 集合住宅ではなく、近隣住戸とは距離がそれなりに離れており、他の近隣住民さんに聴いても、特にそのような異臭問題は発生していないとの事でした。
  • 念のため、家を建築してくれた工務店さんなどにも確認をしたようですが、築年数もそれなりに経過しており、結局はよくわからないままとなってしまったようです。
  • さらに、住居に住まわれてる中でも、全員がニオイを感じるわけではなく、特に異臭や悪臭を感じないご家族もいらっしゃるとの事で、全く原因がわからない状態でした。
  • 常時、異臭が発生しているわけではなく、ときどきであるため、当初は我慢して過ごしておられました。
  • それでも健康被害等の可能性も懸念され、臭気調査について検索されたとの事でした。
対応内容
  • お問い合わせをいただき、弊社臭気調査異臭発生源調査に詳しい臭気判定士が応答。ヒアリングを電話にて実施致しました。
  • 内容を確認させていただき、臭気調査の内容や方法のご説明、それにかかる費用、お見積書をご提出の上、正式にご依頼をいただき、異臭調査の日取りを決定しました。
  • 当日は、臭気判定士2名にて現場へ訪問。おおよその内容は聞いておりましたが、あえて先入観のない状態で、ご家庭の中でニオイが発生しているというエリアを慎重に嗅いていきました。
  • 特に気になる異臭はなかったものの、いくつかのニオイで質が気になる部分があった為、一つずつ、一緒にニオイを嗅いでいただき、可能性を潰していく作業を行いました。
  • 経年劣化による配管の漏れ等も懸念されたので、念のため、トレースガスによる汚水臭の漏洩チェックを実施しましたが、問題ありませんでした。
  • 唯一、外部(庭)で、畜産系の悪臭を感じられまして、住民様もその臭気が気になっているニオイに近いということがわかった為、報告書に対応策を纏めさせていただきました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • 不定期に近隣の畜産施設から飛散する悪臭が、家に空気を導入する給気口から侵入していたので、その給気口を閉塞し、違う方角から給気を導入する方法をご提案しました。いったん、閉塞して様子を見ていただくこととなりました。
その他補足感想など
  • 今回の現場では、お客様の中でもニオイが気になっておられる方と、全く気にならない方がいらっしゃって、どちらかというと気にならない方が多数でした。
  • そのため、ニオイが気になる方は「気のせいかな」といったような気持ちにもなりつつ、それでもやはり、変な臭気がどうしても気になってしまい、かなり悩んでおられたようです。
  • 相談する相手となるご家族が「気のせいじゃない?」ということで、家を建ててくれた建築業者さんなどにも相談したようですが、やはり「特に変なニオイは感じられないし、住宅の構造に特段、問題はありません」と安心せざるを得ない感覚になっていったそうです。
  • しかし、そのようなマインドにもっていっても、どうしても不定期に異臭が気になり、インターネットで検索したところ、臭気調査を専門で行っている業務のある、弊社を見つけていただき、お問い合わせをしてみたとの事でした。
  • これで弊社からも「問題なし」と言われれば、諦めるしかない、と思っておられたようですが、弊社臭気判定士は、外部から侵入してくる わずかな畜産系臭気を嗅ぎ取ることができましたし、それがお客様の感じておられる臭気の質と合致しました。
  • 築年数が経過した住居でしたので、他にもいろいろと気になるニオイはありましたが、弊社臭気判定士2名は、気になる臭気の質を全てマッピングしまして、お客様の鼻の官能と照合していく作業を行い、一つずつ、可能性を消していきました。
  • その後、臭気の侵入してくる口を閉塞したため、ニオイは気にならなくなったと聞いております。
  • 臭気調査異臭発生源調査、匂いアセスメントでしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
臭気判定士による臭気調査
トレースガス
ニオイセンサーPOLFA
     

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


臭気アセスメント(住宅における下水臭の臭気調査)



人気ブログランキング

    
種別

臭気調査(住宅における下水臭の臭気調査

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2022年1月26日
対応先等
住宅(マンションや戸建ての汚水や下水の異臭発生源)
概要
臭気アセスメント
状況等
  • 某住宅において、ときどき、下水みたいな悪臭が強く発生するとのことでした。
  • タマゴが腐ったような異臭であり、通常の居住には耐えがたいレベルのようでした。
  • 比較的、新しい住居ではありましたが、新築当初はあまり汚水系臭気は感じられず、どちらかというと生活していく中で、徐々に臭いが気になっていったようでした。
  • 建築を担当した工務店さんや、販売した住宅メーカーさん、水回りの設備業者さんなどが原因究明に当たりましたが、よくわからないまま、解決には至りませんでした。
  • 住民さんも当然、困り果てて、一刻もはやくこの不快な悪臭環境を解決したいと、インターネットで臭気調査を実施している会社を検索されまして、弊社共生エアテクノにもお問い合わせを頂戴しました。
  • お電話で臭気発生源調査のご説明をさせていただき、住宅メーカーさんからも同様にお問い合わせを頂戴しまして、お電話とメールにて、詳細の内容すり合わせや、お見積書のご提出、スケジュールの調整などを行っていきました。
  • 正式にご依頼を頂戴したため、異臭調査を行いました。
対応内容
  • 弊社からは、住宅やマンションの異臭発生源調査に熟練した臭気判定士が2名、臭気調査を担当しまして、各種道具類などを携えて、現場へお伺いしました。
  • 当日、その臭気の発生はありませんでした。しかし薄く、同様の下水臭のような質の匂いは、臭気判定士が2名とも嗅ぎ取ることができたため、その臭いを探すような臭気アセスメントを行っていきました。
  • すると、1か所。明らかに異臭侵入の経路となる問題個所が確認されました。念のために、スモークテスターやニオイセンサーでも確認しましたが、嗅覚による評価と、経験値からの原因という仮説の域を出ませんでした。
  • そこで、トレースガスを用いた臭気の侵入経路調査を行ったところ、そこから反応が強く出ましたので、異臭発生源は特定できました。
  • しかしなぜ、そこから下水や汚水のような悪臭があがってくるのか、という点では、一つの原因が排水の流れの悪さにあることも確認できたのです。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • 排水の配管内が、何かしらの原因で流れが悪くなり、汚物等が滞留してしまうケース。そこで悪臭が発生し、配管内を通じて臭いが拡散。住居内の少しの隙間等から侵入してしまいます。普段は問題ないのですが、住宅内が負圧になるときに、異臭を引き込んでしまうというケースでした。
その他補足感想など
  • 排水を流す排水管は、当然、家のトイレから流すと、その勢いで流れていきます。
  • そして下水本管や、浄化槽など、指定の場所までは勾配を下っていくことになるのです。
  • ポンプ等で強制的に流すのは、地下にあるトイレや雑排水の槽から揚げるときであり、通常、地上より上にある汚水と雑排水は、都度、流しされていきます。
  • そんな中で、いろいろな理由によって、排水がうまく流れずに、配管の中に滞留してしまうケースもしばしば、臭気調査をしている中で見かけます。
  • そのようなケースでは、その滞留してしまっている配管の中で、いわゆる下水や汚水のような悪臭が発生してしまうのです。
  • 一つの対策方法としては、配管の上に設置する点検口に、圧力(空気)を逃がしたり入れたりする、通気口を設ける手段があり、多くのケースではそれが設置されています。
  • しかし、これまた、いろいろな諸条件により、その通気の出入口が閉塞してしまったり、機能しなくなってしまうケースもしばしば、異臭調査を実施していく中で見かけます。
  • すると、臭いの逃げ場所がなくなってしまい、少しの不備があった箇所から侵入してしまったりすることもあります。
  • もちろん、そもそも住宅設備で、配管内を通ってきた悪臭が、接合部等から入ってくるのは改善しなくてはなりません。
  • そのためには、弊社もトレースガスを含め、様々なノウハウで臭気調査を実施しております。
  • 原因不明の異臭でお悩みでしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
トレースガスを用いた臭気の侵入経路調査
配管の上の点検口
点検口の通気の閉塞
     

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/