カテゴリー別アーカイブ: 住宅系事例

マンションや戸建て住宅などの住宅系臭気対策事例。転入居に際しての管理メンテナンスやカビ対策などもお任せください。

自然還元型の生ごみ処理装置「トラッシュ」について


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 中丸晴樹
提出日付
2017年10月13日
施工前状況
  • 離島にて、生ごみを処理する際、焼却炉にて処分していた。
  • しかし焼却炉の定期修繕や更新工事の費用がかかり、生ごみを収集する手間や時間もあり、出来るだけそれらを少なくできるような対策を検討されていた。
  • すべての生ごみを処理出来る装置は少なく、電気代等のランニングコストも考慮しつつ、いろいろな業務用の生ごみ処理機を比較検討されていた。
  • そんな中で、自然還元型であり、脱臭専門会社である弊社が販売している生ごみ処理機「トラッシュ」を選択いただいた。
施策内容
  • 既存の焼却炉付近と、テストケースとして住民様の住居エリアに、生ゴミ処理装置「トラッシュ」の設置を決定いただいた。
  • ご発注いただいてから、製作期間を経て、トラッシュ本体が納品された。
  • 技術指導はメーカーの技術担当者にて行い、施工は地場の業者様にて行われた。
  • 設置完了後、住民様への取扱説明会も実施させていただいた。
  • 運用の中で、1日の最大処理量50kgまでの投入や、生ごみ臭の漏洩を防止する開閉部分の確実なる開け閉め等、より利便性の高い方向へのご要望や、強度や運営のご質問を数多く頂戴しつつ、仕様書通りとなっている事を確認し、検収となった。
装置の紹介(概要)
  • 生ゴミを自然還元方式による処理方法
  • 株式会社ヨロズヤ製「トラッシュ
  • バイオの力で消化・発酵を促進させる専用分解促進剤「オールOK
施工後の状況
  • 基本的には、投入するゴミの種類や量をきっちり遵守いただければ、ほぼノーメンテでご使用いただける。ランニングコストもオールOKというバイオ系促進剤が少々必要となるだけである。水道代やガス代、電気代等は一切必要ない為、最低限の運用をしていただけば幸いである。
その他補足感想など
  • 生ゴミは実に70~90%が水分と言われている。その為、焼却時の諸弊害は問題となるケースも少なくない。
  • 離島では、ゴミ焼却や収集にもいろいろと負担が大きく、出来るだけ島内で費用や手間を少なく、自然への負担も少ない状態で、生ごみを処理出来るのが理想でありベストと思われる。
  • その点、㈱ヨロズヤのトラッシュという自然還元型生ごみ処理機は、生ゴミをそのままトラッシュに投入するだけである。あとはトラッシュ内部で分解され、自然に還元されていく。
  • 1日に50kgまでの投入量があり、客先によっては同時に2台を設置いただき、まず1台にゴミを投入。そちらが満杯になったら、もう1台に投入。そのうちに、最初の1台がまた使えるようになる・・というサイクルで有効活用いただくケースもあると聞いている。
  • 今回、納入させていただいた現場でも、出来るだけ焼却炉を利用しないようにすることと、島民の高齢化もあり、将来的にはトラッシュをゴミ集積場に必要台数設置し、自然還元型のごみ処理を推進していきたいとの事であった。
  • また、弊社が消臭・脱臭の専門会社である事から、ニオイ監視装置についてや、臭気測定についてもお問い合わせをいただき、生ごみ処理装置だけではなく、臭気全般からのお手伝いも可能である。
  • もし、自然還元型の業務用生ゴミ処理装置「トラッシュ」にご興味がありましたら、弊社までお問い合わせ下さい。また、ゴミ処理臭気の対策や測定等でも、弊社までお気軽にご相談下さい。
生ごみ処理装置「トラッシュ」設置風景
生ごみ処理装置「トラッシュ」投入口(安全パイプ)

今回は、自然還元型の生ごみ処理装置「トラッシュ」についてお伝えしました。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


旅館の客室内の異臭対策


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士 松林宏治
提出日付
2017年9月14日
施工先
客室にて発生している臭気の発生源調査
施工概要
下水系臭気の臭気調査
施工前状況
  • 旅館にて、なぜか特定の部屋のみ、下水のような悪臭が漂う現象があったという。
  • 常時、汚水のような異臭が漂っているが、時間帯や曜日によっては、突如として強くなったり、弱くなったりする状況であった。
  • お抱えの設備業者等にもいろいろ調査をして貰ったが、皆目見当がつかず、困り果てていた。
  • お客様から悪臭苦情があって以来、該当の部屋を貸し出しする事をストップしたため、機会損失も大きく、一刻も早く、臭気問題を解決したいとインターネットで弊社を検索いただいた。
施策内容
  • 硫黄化合物系臭気が不定期に建物内に充満する事例に詳しい、臭気判定士4名にて、現場へ乗り込んでいった。
  • 臭気調査当日も、薄くではあるが、下水系臭気を感じられた。
  • 臭気判定士の嗅覚にて、漂っている下水臭を注意深く嗅ぎながら追い込んでいった。
  • どうやら天井裏にて最も臭気を強く感じられたため、お部屋を含めた旅館全体の給排気や衛生配管等の設備状況を確認していった。
  • スモークテスターや臭気センサーも併用していった結果、天井裏の通気弁が臭気の漏洩箇所と断定された。
  • トレースガスにて仮説を証明すべく、大元からガスを流したところ、天井裏にて確認出来た為、見事に実証する事が出来た。
装置などの名称
  • 分類
  • 装置の紹介(概要)
    施工後状況
    • 多くの部屋の天井裏に、同じ通気弁が設置されていたのだが、なぜかこの部屋の通気弁のみ、悪臭が漏洩している事が確認された。通気弁を交換しても同じ現象が発生するという不可思議な状況であった為、最終的にはトイレの排気ラインに通気を接続する事で、悪臭問題は無事、解決した。
    その他補足感想など
    • 実は本現場は、国営放送にて20分間にわたる特集番組の実録現場の舞台となった。
    • ドキュメント20min「密着!におい刑事~クサイに挑むプロフェッショナル」がそのタイトルである。
    • 通常よりも多くの臭気調査道具を念には念を入れて持参し、テレビのスタッフさんたちのカメラとともに臭気調査を行うという、弊社では初の実際の現場でリアルの臭気調査withテレビロケとなった。(その後、バンキシャ!やスーパーJチャンネル等、数多くの現場で採用される事になる方法の元祖である)
    • お客様からは、「臭気調査の実録がテレビでオンエアーされる事で、同じような悪臭問題を抱えている同業者等に、このような方法がある事をお知らせ出来ればと思い、お引き受けしました」とおっしゃっていただいた。
    • 接客業という中で、ニオイ問題というのはネガティブなもの。そんな中でもこのような思いで弊社に臭気調査をご依頼いただいた以上、必ず原因を突き止め、一刻も早くお部屋の貸し出しを再開できるように、万全の体制で臭気調査に赴いた。
    • 結果として、原因を突き止め解決する事できただけではなく、「テレビをみた」という事で驚くほど多くのお問い合わせを頂戴した。
    • そのほとんどが、「こんな会社あったんだ!」とか「ここに頼めばよかったんだ!」というお声を頂戴した為、決して簡単ではなかったが、テレビロケを敢行したおかげで、弊社のミッション遂行に繋がる機会を多く頂戴出来た事は、結果としては良かったと感じている。
    • 異臭発生や悪臭問題でお困りの工場様やホテル旅館様オフィスビルはもちろん個人様でも、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
    テレビ特集番組
    臭気調査委機材
    臭気測定器等
    番組撮影風景

    今回は、旅館の客室内の異臭対策についてお伝えしました。

    脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

    下記のバナーをクリックお願いいたします!
    人気ブログランキングへ

    会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

    消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

    ㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

     


    ホテルの浄化槽室内の臭気対策


    人気ブログランキングへ

    工事種別

    ホテルの浄化槽室内の臭気対策

    担当(著者)
    臭気判定士 シックハウス診断士 松林宏治
    提出日付
    2017年9月4日
    施工先
    某ホテル様の排水処理室内(浄化槽室内)
    施工概要
    硫化水素アンモニア臭気の漏洩対策
    施工前状況
    • 某ホテル様の排水処理室にて、排水臭気が強く充満していた。
    • S系臭気(硫化水素やメチルメルカプタン等)と、N系臭気(アンモニア等)を中心に、浄化槽室内にとどまらず、同ホテルの別エリアにも、その臭気が漏洩してしまっていた。
    • 大幅なリニューアルによる給排気設備の改善や、大掛かりな脱臭装置を設置するコスト的余裕はなかった。
    • 現状の設備を極力有効活用しつつ、第一優先としては漏洩臭気の対策を、第二として排水処理室内の臭気低減が出来れば・・と、いろいろと検索いただき、弊社にお問い合わせいただいた。
    施策内容
    • ホテルの浄化槽や排水処理室の臭気対策に経験豊富な臭気判定士が、早速、現場を確認させていただいた。
    • 現調の結果、幾つかの脱臭対策をご提案させていただく事となった。
    • しっかり脱臭はできるもののイニシャルコストやランニングコストが高いものから、ある程度、ゴールに近づける可能性が高くて、イニシャルコストもランニングコストも安いものの中から、綿密にお打ち合わせを重ねた結果、酸素クラスター除菌脱臭装置方式をご採用いただく事となった。
    • 既存の給気ラインに、酸素クラスター除菌脱臭装置のダクトインタイプを設置した。
    • 設置工事完了後、風量測定&風量調整を実施した。その後、イオン数測定を実施し、仕様書に記載されている規定値以上のイオン数が出ている事を確認した。
    • 数週間の脱臭装置稼働ののち、脱臭効果の測定を実施し、ご報告を提出し検収となった。
    装置などの名称・分類
    装置の紹介(概要)
    施工後状況
    • 臭気測定機:脱臭装置導入前 約700 → 脱臭装置導入後 約250
    • 臭気判定士の嗅覚による官能評価:排気口ではわずかに臭気を感じるものの、周辺では臭気をほぼ感じられず、周辺からの臭気苦情はないレベルと判断。
    その他補足感想など
    • もともと、しっかりとした給排気設備はあったが、エアーバランスが悪い部分も否めなかった。
    • 既存の給気ダクトを加工する事で、酸素クラスター除菌脱臭装置のダクトインタイプを、ケーシングなしで直付け出来る為、ケーシング費用も不要であり、設置工事費用も自社施工で済んだ。
    • 付帯工事としては、100V電源の延長だけであり、省電力でもある酸素クラスター除菌脱臭装置は低イニシャルコストの実現も可能とした。
    • 設置工事のタイミングで、臭気判定士数名にて、排水処理室内の臭気強度マッピングを実施して、臭気発生箇所等を絞り込み、酸素クラスターイオンを重点的にぶつけるポイントを絞り込んだのも、臭気低減に大きく寄与しているだろう。
    • それまでは、排水処理室からの漏洩臭気や排気臭気が、施設内にて漂い、お客様や従業員から臭気苦情を言われていた。
    • しかし、ある程度、排水処理室内の臭気を低減した事で、室内の作業環境も少し楽になり、周辺への臭気漏洩もほぼ気にならないレベルまでになった。
    • お金を掛けられないケースでも、弊社はいろいろなご提案方法を持ち合わせており、可能な限り、臭気対策のお手伝いをしていければと思っている。
    • 排水処理室内の臭気対策や、工場の排気臭対策、その他、臭気対策に関する事であれば、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
    脱臭装置設置
    臭気判定士による測定
    酸素クラスター除菌脱臭装置ダクトインタイプ
    酸素クラスター除菌脱臭装置

    今回は、排水処理室内(浄化槽室内)の臭気対策についてお伝えしました。

    脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

    下記のバナーをクリックお願いいたします!
    人気ブログランキングへ

    会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

    消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

    ㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/