カテゴリー別アーカイブ: 住宅系事例

マンションや戸建て住宅などの住宅系臭気対策事例。転入居に際しての管理メンテナンスやカビ対策などもお任せください。

新築工事中に発生した火災の脱臭作業


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年8月10日
施工先
新築中に火災が発生した建設物
施工概要
某ビルの新築工事中に発生した火災の脱臭作業
施策前状況
  • 某施設を新規建築中に、不幸にも火災が発生してしまった。
  • 建築業者様からは、このようなケースを含め、脱臭に関する事や、臭気調査に関する事等、過去何度も「におい110番」をご相談いただく関係でもあり、今回も弊社にお声掛けいただいた。
  • まずは臭気判定士が現場へ急行し、火事の復旧具合やススの除去状況、焼き焦げ臭の附着状況等を確認した。
  • スス除去は建築業者様手配にて対応いただけるとの事だったので、弊社はそのあとの脱臭作業をお引き受けする事となった。
施策内容
  • 脱臭作業に必要なオゾン脱臭装置をはじめ、脱臭機材一式を車に積み込み、現場へ入った。
  • スス除去等の状況をチェック後、脱臭作業のビフォアーとして、臭気判定士による官能評価と、臭気測定機による臭気強度測定を実施した。
  • 臭気測定後、脱臭作業に入るべく、脱臭機材を必要な場所へセッティングし、オゾンガス消臭剤による燻蒸脱臭作業をスタートした。
  • 脱臭作業そのものは約1週間にわたって実施計画となっており、臭気対策コンサルタントが1名、現場に常駐して、脱臭作業の常駐管理を実施した。
  • 途中、臭気の気になる場所の洗浄作業や、残存オゾン濃度のチェック等も行いながら、順調に消臭業務は進捗していった。
  • 施工計画通りに脱臭作業を終了し、脱臭作業のアフターとして、臭気判定士による官能評価と、臭気測定機による臭気強度測定を実施した。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • ビフォアーでは臭気判定士の嗅覚による官能評価及び臭気測定機による臭気強度のいずれも、高い数値であったが、アフターでは目標値を十分にクリアできる臭気強度測定結果となっており、問題なく検収となった。
その他補足感想など
  • 新築中の施設であり、工事の進行とともに、脱臭作業を実施する必要があった。
  • その為、事前調査にて、脱臭が必要な箇所と、不要な箇所等を区分けして、相番業者が作業できるところと、オゾンガスを発生させるリスクから完全立ち入り禁止エリアを慎重に打ち合わせ、施工計画を綿密にスケジューリングしていった。
  • それでも現場は生き物であり、お客様へお引渡しする工期もある為、一部、どうしても脱臭しきれない箇所も発生した。
  • その部分に関しては、後日、別作業として残し、しっかりと脱臭作業を別途、実施する事で、臭気問題が発生する事のないようにしっかりと脱臭作業を実施した。
  • 範囲が広く、脱臭エリアも区切ったエリアで複数になった為、オゾン脱臭装置だけでも複数台を必要とし、それに伴うハイブリッド脱臭工法の設備や道具も複数必要であった。
  • また、現場が東京から遠方であった為、機材が足りない等の手配ミスは許されず、脱臭道具を総動員して現場対応に当たった。
  • 何度もご依頼いただいている建築業者様であり、現場進捗に応じて臨機応変に弊社も対応した為、無事に脱臭作業も終了できて、大変感謝いただけた。
  • 脱臭専門会社がしっかり脱臭作業をして、臭気測定までした報告書を出してくれるので、施主へもしっかり脱臭できた事を言えるし、とても安心していただけるとのお言葉を頂戴できた事は、脱臭屋である弊社としても光栄な事である。
  • 建築中のビルでも、既存の建物でも、脱臭作業や異臭調査等に関する事であれば、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気判定士による臭気調査
臭気判定士による臭気調査
脱臭作業装置
脱臭作業装置
脱臭作業
脱臭作業
アクティボJによる脱臭作業
アクティボJによる脱臭作業

今回は、火事発生後の脱臭作業についてお伝えしました。
様々な「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


不定期に発生するドブ系臭気の異臭調査


人気ブログランキングへ

工事種別

原因不明のドブのような臭気

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年6月22日
施工先
建物・既設・(築年数新しい)
施工概要
某施設内において不定期に発生するドブ系臭気の異臭調査
施策前状況
  • 某施設において、あるエリアを中心に、不定期に異臭が発生して困っていた。
  • 異臭は天井付近から床面に落ちてくるような感じがするとの事であった。
  • 雨の日の翌日にその悪臭が発生しやすいが、本当に不定期であるとの事。
  • 空調機の洗浄やフィルターの交換等を実施したが改善の見込みがない。
  • テレビで弊社の臭気調査が放映されていたのを見て、「こんな会社あったんだ!」と、すぐにお問い合わせをいただいた。
施策内容
  • 異臭調査に熟練した、臭気判定士2名にて、現場へお伺いした。
  • 異臭が発生するという現場にはりこみ、悪臭の発生を待った。
  • お客様からは「ドブのようなニオイ」と聞いていたが、それを感じ取る事は出来なかった。
  • 天井付近から落ちてくる感じがするとの聞き込みを基に、図面を慎重にチェックし、現場の目視での確認と照合していった。
  • 幾つか仮説を立てていく中で、その悪臭が不定期に発生している場所とは違う場所(機械室)にて、非常に弱くではあったが、ドブ系臭気を臭気判定士が嗅ぎ取った。
  • その場所を入念に、嗅覚及びスモークテスターでチェックしていくと、あきらかにドブ系臭気が侵入してきている発生源が見つかった。
  • 違う場所に侵入したドブ系臭気が、なぜ当該箇所に入ってくるのかを、トレースガスを使って調査したところ、反応をはっきりと確認出来た。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
  • Zero Odor Serviceより「クサイに挑むプロフェッショナル」による異臭発生源調査
  • 不定期に室内にて発生する、悪臭(ドブ系臭気)の調査
  • 臭気調査
施工後状況
  • まずは、悪臭が発生している場所を仮閉塞した。
  • そのうえで様子を見ていただき、問題がなければ本閉塞作業を業者さんにお願いした。
  • 同時に、ドブ臭が侵入してくるルートを説明し、出来得る限りの対策も施した。
  • 仮閉塞の段階で、ドブ臭の侵入は完全に納まった為、本閉塞作業を実施後、ドブ臭問題は収束したと聞いている。
その他補足感想など
  • 本現場では、対象エリアでは一度も、ターゲットとしている悪臭を嗅ぐ事は出来なかった。
  • しかし、経験豊富な臭気判定士には、図面を入念にチェックし、現場を嗅ぎまわっていく事によって、明らかに発生場所は違うところだと仮説を立てた。
  • お客様からの証言「天井付近から漂ってくるような気がする」とか「雨の日の翌日が強いていえばニオイが発生しやすいような気がする」という内容も、臭気問題解決のヒントとなった。
  • そして、わずかに発生していたドブ系臭気を、しっかりと嗅ぎ逃さずキャッチできたことで、臭気調査は一気に展開していく事が出来た。
  • 本来、問題とはならない場所であり、設備構造的にも誰もが「ここは大丈夫、あり得ない」と口をそろえてスルーする部分であった。
  • しかし弊社の臭気調査では徹底的に「常識を疑え」を合言葉に、仮説を潰していく為、今回も仮説の一つしてあげていた部分で、ニオイを嗅ぎ逃さなかったのだと思う。
  • 異臭問題は、解決のパターンがあるようでない。現場の数だけ仮説があり答えがある。
  • 建物内で不定期に発生しているドブのような悪臭や、常時漂っている悪臭の、臭気発生源調査であれば、弊社まで一度、お問い合わせをいただきたい。
臭気判定士の嗅覚による臭気調査
臭気判定士の嗅覚による臭気調査
スモークテスターによる気流チェック
スモークテスターによる気流チェック
トレースガスによる悪臭侵入経路調査
トレースガスによる悪臭侵入経路調査
臭気侵入/発生源の確認
臭気侵入/発生源の確認

今回は、不定期に発生するドブ系臭気の異臭調査についてお伝えしました。
様々な「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


某マンションの火災後の臭気対策


人気ブログランキングへ

工事種別

某マンションの火災後の臭気対策

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年6月12日
施工先
マンションの各部屋及び外壁
施工概要
火災後の脱臭、臭気測定、消臭剤噴霧
施工前状況
  • 某マンションにて火災が発生した。
  • 新築のマンションの建築工事中であり、完成間近の火事であった。
  • スス除去は完全に行われたが、部屋や場所によっては、若干ニオイが気になる部分もあった。
  • また、お客様にご購入いただく際に、臭気についてご安心いただきたいという部分もあった。
  • 臭気対策専門業者による、測定脱臭等を検討されて、弊社にお問い合わせをいただいた。
施策内容
  • まずは火災後の臭気対策の経験豊富な臭気判定士が、現調と打ち合わせを行った。
  • その結果、全部屋の臭気測定を行い、NGの部分を脱臭作業していくスケジュールとなった。
  • 臭気判定士2名にて、分譲予定のマンション全戸の臭気を確認していった。
  • 測定には、臭気判定士の嗅覚による官能評価と、臭気測定機を使用した。
  • 一部、臭気が気になる部屋は、ハイブリッド脱臭工法による火災臭の脱臭作業を実施した。
  • また、外壁付近の臭気も気になった事から、消臭剤噴霧作業を実施した。
  • 一連の脱臭作業終了後、対象箇所の臭気を再度、測定を実施した。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 脱臭作業後の臭気としては、全部屋及び対象箇所全てが、問題のないレベルとなっている事を確認し、報告書に纏めてご提出した。
  • その後、マンションは無事に発売開始となり完売したが、火災臭が問題となったケースは1件も発生していない。
その他補足感想など
  • マンションやオフィスビル等、新築工事中の現場における火事や火災は、タバコの不始末等からしばしば発生してしまう。
  • 完成間近の場合は、解体する事も出来ず、時間的な制約もある為、内装等はもちろん全撤去ではあるが、躯体部分はそのまま使用しなくてはならないケースが多いと思う。
  • もちろん、躯体部分をそのまま使うといっても、附着したススや汚れは全て、除去した上で、焼き焦げ臭が附着していれば、徹底的な脱臭作業を行う。
  • 今回の現場では、火元だけではなく、全部屋と外回り等において、臭気測定を行う徹底ぶりであったが、しばしばこのようにしっかりと対応を希望されるケースもある。
  • 弊社としては、臭気対策専門業者として、臭気判定士による臭気測定を行う事で、第三者として客観的に問題ない臭気レベルである事を、ご報告書に纏めさせていただく。
  • 本現場では、脱臭作業を行った箇所もあるが、外壁についてはハイブリッド脱臭工法も使えなかったので、消臭剤を噴霧する事で火災臭の低減を行った。
  • 不幸にして、建築中に火災が発生してしまったケースでも、弊社は臭気測定や脱臭作業、ダイオキシンの測定、スス除去等、トータルでもパーツでも、お引き受けする事が出来るので、火災や火事のあとの脱臭については、弊社の「Zero Odor Service」チームまでお問い合わせいただければ幸いである。
全部屋の臭気測定を行い、NGの部分を脱臭作業
全部屋の臭気測定を行い、NGの部分を脱臭作業
本現場では<a href=消臭剤を噴霧する事で火災臭の低減を行った” width=”90%” />
本現場では消臭剤を噴霧する事で火災臭の低減を行った
ハイブリッド脱臭工法による火災臭の脱臭作業
ハイブリッド脱臭工法による火災臭の脱臭作業
臭気判定士の嗅覚による官能評価
臭気判定士の嗅覚による官能評価

今回は、某マンションの” target=”_blank”>火災後の臭気対策についてお伝えしました。
様々な「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/