住宅系事例」カテゴリーアーカイブ

マンションや戸建て住宅などの住宅系臭気対策事例。転入居に際しての管理メンテナンスやカビ対策などもお任せください。

住宅におけるシックハウスの濃度測定(原因不明の異臭調査)



人気ブログランキング

    
種別
担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士 松林宏治
提出日付
2022年1月15日
対応先等
一般住宅(住宅におけるシックハウスの濃度測定)
概要
原因不明の異臭調査
状況等
  • 某住宅にて、住民さんが原因不明の異臭で困っておられました。
  • マンションでしたが、ほかの住戸にお住まいの住民さんは、一切、その異臭を感じておられず、管理会社さんや施工したデベロッパーさんも、全く原因がわからずお手上げ状態でした。
  • その住民さんのご夫婦でも、旦那様はそのニオイはわからず、奥様のみが感じておられるということでした。
  • 気のせいかな、と思ってみたりもしたようですが、全く良くなる気配はなく、むしろ、日を追うごとにニオイが気になり、体調不良も生じるようになってしまったとの事です。
  • いよいよ切羽詰まってしまったのですが、周囲に一人も問題が発生していないため、なかなか関係各社も手が付けられず、困り果てておられました。
  • 住民さんでもインターネット等でいろいろと調べておられて、そんな中で、臭気調査や異臭発生源調査の業務を行っている弊社共生エアテクノを見つけていただきました。
  • 関係各社に責任がなさそうということで、住民さんが直接、弊社にお問い合わせをいただき、臭気調査の実施を直接、ご発注いただきました。
対応内容
  • 弊社からは、異臭調査に熟練した臭気判定士と、同じく臭気判定士の資格をもつベテランでありながら、シックハウス診断士を有する資格者の2名にて現地へ訪問しました。
  • 先入観のない状態にて、まずは臭気判定士2名が自分たちの嗅覚にて、官能評価を実施していきました。
  • さらに、ヒアリングを行ったうえで、嗅覚のマッピングと照らし合わせながら、ニオイセンサーでも臭気強度をチェックしていきました。
  • 調査をしていく中で、住民さんからは「そこがクサイ気がする」といったような追加情報も寄せられましたが、大きく気になるニオイは感じられませんでした。
  • 汚水や下水、カビ、といったような臭気はどれだけ嗅いでも感じ取れなかったのですが、有機溶剤系の臭気は感じられたため、依頼主に確認してみると、どうやらそれに近いニオイの質とわかりました。
  • そこで、弊社としては2つの提案を行いました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • 1つの提案としてはシックハウス原因物質の濃度測定でした。結果は検出限界未満であり問題のない数値でした。2つ目の提案としては、脱臭装置(空気清浄機)の設置をするとともに、ベイクアウト法でした。人体に無害な低濃度のオゾンガスを発生させているとラクになるとの事でした。
その他補足感想など
  • このように、多くの方はニオイとして感じられないにもかかわらず、その空間で異臭や悪臭として、臭気を感じられる人がいらっしゃいます。
  • ほとんどのケースでは、弊社の経験からしますと、いわゆる化学物質過敏症を発症されている現場がほとんどであり、その証左としては、シックハウス原因物質の濃度測定を行っても、検知限界以下であったり、基準値を大幅に下回っているのです。
  • しかし、それはあくまで基準値未満ということだけであり、その空間のニオイや化学物質がゼロということではありません。
  • 例えば悪臭防止法では、ニオイが問題ないレベルを、臭気濃度10未満(臭気指数10未満)という一つの基準を示してはおりますが、もちろん無臭ではありません。
  • さらに、ニオイの感じ方は千差万別、十人十色ですので、ある人には悪臭として感じられても、他のある人には問題ない匂いであったり、はたまた、ある人には不快で体調を崩すような匂いであっても、他の人には感じられない臭気であったりするのです。
  • 弊社では、創業18年間、毎日のようにいろいろな現場でニオイを嗅ぎ、たくさんの臭気をインプットしてきました。
  • さらには臭気判定士の嗅覚による官能評価だけではなく、ニオイの成分の濃度や質を機械分析で検出する測定も併用し、臭気強度や成分濃度などをトータルでアセスメントしております。
  • 臭気調査や異臭発生源調査、臭気の成分分析や臭気強度など、臭いに関することでしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
シックハウス診断士 資格者証
     

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


建物内で発生する下水臭気の侵入経路調査



人気ブログランキング

 
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2021年11月17日
対応先等
集合住宅
概要
建物内で発生する下水臭気の侵入経路調査
状況等
  • ある集合住宅にて、不定期に異臭が発生して、困っておられました。
  • リノベーション住宅であり、設備や外装、内装などを新しくリニューアルしたあとから、謎の異臭が発生しはじめたとのことです。
  • 集合住宅とはいえ、いくつかの居住ROOMと一部、テナントも入っているタイプであり、悪臭が発生する箇所はある程度、決まっているとのことでしたが、範囲が絞り切れず、悪臭の発生原因などがわからないままでした。
  • 当然、リニューアル工事を担当した工務店や設備業者、水道や衛生などの業者も調査されたようですが、そもそも、そのニオイがあったりなかったりで、なかなか調査も難航してしまいました。
  • そこで、HPから弊社共生エアテクノを検索いただき、お問い合わせを頂戴したのです。
対応内容
  • 弊社の、臭気調査に熟練している臭気判定士が対応に入りました。
  • お電話やメールでのやりとりをさせていただく中で、悪臭や異臭の種類が、どうやら下水のような硫黄化合物系臭気と判明しました。
  • それから、臭気調査や異臭発生源調査、汚水系臭気の侵入経路調査のご説明をさせていただき、正式にご依頼を頂戴しました。
  • 当日は、経験豊富な臭気判定士2名にて、臭気アセスメント道具類を積みこみ、現地に入りました。
  • まずは目視と嗅覚、そして図面をもとに現地を入念にチェックしていきます。
  • 一部、ニオイとして気になる箇所はあったので、そこからニオイセンサーも併用して臭気をマッピング。
  • 気流をスモークテスターでチェックしていき、あやしげなポイントを幾つか絞り込みました。
  • それ以上は壁等で近づけない為、トレースガスを用いた漏洩箇所の調査を行ったところ、倉庫の裏にある排水配管付近から、臭気の漏洩を確認できました。
装置などの名称/分類
  • 下水のような臭気の発生源調査
  • 汚水系臭気の漏洩箇所の特定。
  • 硫黄化合物系臭気の判定
装置等の紹介
対応後の状況等
  • リニューアル工事に伴い、旧配管があったのですが、そこの閉塞がうまくいっておらず、そこからポンプアップ等のタイミング、あるいは雨の日などで下水本流の圧力が高くなるときに、下水臭や汚水臭がおされて、出てきていることが判明しました。閉塞後は収まりました。
その他補足感想など
  • 設備関係、特に排水経路の変更ですとか、ダクト関係をリニューアルしたときなどは、昔つかっていた配管を、リニューアル後は使わなくなるケースもあり、当然、旧配管は全部撤去できませんので、蓋をしたりして閉塞することになります。
  • 閉塞作業がうまくいっていない場合や、経年劣化等で閉塞部分が一部、不良となってきますと、そこは配管から下水本流や汚水槽などへつながっていますので、その臭気がモロにあがってきてしまいます。
  • 「いや、もうこれは使ってない配管だから・・」というようなお声も、設備業者様からしばしば聞くのですが、もともとは下水管や浄化槽などに繋がっていたものですので、根本から切断してない限りは、その配管の中には当然、下水臭が蔓延しているわけです。
  • 旧配管がある程度、長かったり、細かったり、あるいは屈折が多い等、もしくは閉塞部分やダクトの接合部等に大きな問題がない場合などは、普通に生活している分には、そこから大きな悪臭は漏れてきません。
  • ところが、例えば地下に汚水槽や雑排水槽があり、それらが一定量たまったときに下水本管へ放流されるポンプアップがされるタイミングであったり、近隣で大きな商業施設等があり、そこからの下水放流のタイミング、あるいは雨などで下水本管に大きな圧力がかかるときは、グンと空気がおされていき、末端の弱いところ(トラップが切れていたり、アナが開いているところ)から出てきてしまうのです。
  • 原因不明の悪臭や、異臭の発生源調査、下水臭や汚水臭の漏洩箇所の調査等でしたら、日本全国お伺いします。弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
     
トレースガスによる臭気調査
トレースガスによる臭気調査
臭気判定士による臭気調査
トレースガス
           

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


オフィスビルで発生している原因不明の異臭の発生源調査



人気ブログランキング

 
種別
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2021年9月8日
対応先等
某オフィスビル
状況等
  • 某ビルにて、全く原因不明の悪臭発生が続いていました。
  • 原因不明のニオイではありますが、悪臭の種類としては下水や汚水のようなニオイとの事でした。また、そのニオイが発生してくるタイミングは不定期でしたが、発生する場所はある程度、決まったところということでした。
  • 当初、下水のような異臭だったので、水道工事業者さんや、衛生設備業者さんにチェックして貰ったとの事でしたが、全く原因がわからないまま、諦めモードとなっておられました。
  • しかし、執務フロアであり、そのエリア周辺のデスクをもつ職員さんは、いつその悪臭が発生してくるか不安で、仕事にも集中できないような状況でした。
  • そこで、いよいよインターネットで検索されたところ、弊社共生エアテクノを見つけていただき、幾度かのお電話でのお打合せにて、正式に臭気発生源調査をご依頼いただきました。
対応内容
  • まずは、弊社から、異臭調査の経験豊富な臭気判定士が2名、臭気対策コンサルタントが1名、臭気調査道具を携えて、現場へお伺いしました。
  • 現場では、細かく臭気発生状況をご説明いただいたのち、早速、現場調査に入りました。
  • 業務時間中での悪臭調査となった為、多少、いろいろな制限があり、初日はある程度、あたりをつけて、次回以降へ持越しとなりました。
  • 次のご訪問時には、いくつも立てた仮説の中から、建築設備図面と現場での目視による実際の状況、そして嗅覚によるニオイチェックをしつつ、発生源を追い込んでいきました。
  • 当初、壁面設置のエアコンからの異臭発生を最も疑っていたのですが、その仮説をトレースガスによって検証したところ、シロだと判明しました。
  • その為、次の仮説である、空調機関係を当たりましたが、そちらも問題なしと判明。これでだいぶ、仮説を潰していく事ができました。
  • さらにまた次の調査時には、仮説を検証。するといよいよ、トレースガスの反応も確認できました。最後は、上階の床面をはいつくばって全部チェックしていったところ、謎の未使用の配管が切りっぱなしのまま残されておりまして、そこから臭気が漏洩していると断定できました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後状況
  • かなり苦戦しましたが、焦らずじっくりと、経験値の中からたくさんの仮説を立てて、それらをトレースガスやニオイセンサー、図面と現場の相違、嗅覚の感覚から潰していくことで、真実にたどり着くことが出来ました。改善後、悪臭発生はおさまったと聞いております。
その他補足感想など
  • オフィスビルでの悪臭発生や、不定期な異臭侵入などでは、臭気調査を実施させていただくことが簡単ではないケースも多々あります。
  • 本来であれば、その対象のテナント様がお休みのタイミングで異臭調査を実施させていただければいいのですが、意外とそのフロアとかその場所だけで、臭気発生源調査の場合は完結しないケースが圧倒的に多くあります。また、夜間などでは安全面の問題等もあり、土日祝や夜間のニオイアセスメントはお客様のご判断にて実施しております。
  • もちろん、執務中や稼働時間内に、極力、お客様の業務を妨げないように配慮しつつ、臭気調査に入らせていただくこともあります。その場合は、あらかじめニオイ調査の専門家が入るので、いろいろと作業があることを必ずお伝えいただいております。
  • さらに本件もそうですが、異臭の質が、汚水とか下水、雑排水のような、いわゆる硫黄化合物系臭気の場合は、水回りから配管関係を必ず調査しますので、トイレや空調機械室、屋上や地下、さらには汚水槽や雑排水槽まで、全くニオイの発生個所ではないのに、入らせていただく可能性が高くございます。
  • 本件でも、天井裏の確認時は、脚立をたてさせていただき、天井の点検口をあけての作業となりましたし、床下を確認する際には、タイルカーペットを一つずつはがしていき、さらにはOAフロアも一部、外させていただきました。
  • トレースガスという、疑似臭気を発生させてニオイの漏洩箇所を追跡する作業では、トイレやキッチンといった水回りを使わせていただくことになりますので、時間帯などもお客様との調整が必要となります。
  • それでも、悪臭が漂うオフィスビルを少しでもはやく改善したいという思いは、お客様も弊社も同じですから、弊社では極力、日程を調整して臭気調査を実施させていただいております。
  • オフィスビルや建物、マンションや家庭、飲食店やホテル等、臭気対策に関することでしたら、弊社共生エアテクノまでご相談下さい。
臭気の漏洩元
トレースガスによる臭気調査
  

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/