住宅系事例」カテゴリーアーカイブ

マンションや戸建て住宅などの住宅系臭気対策事例。転入居に際しての管理メンテナンスやカビ対策などもお任せください。

焼き焦げ臭の臭気判定(火事後の臭気除去と残存臭気確認)


人気ブログランキングへ

 
種別

火災後の臭気測定

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2021年1月6日
概要
建物内の火事後の残存臭気確認
対応前の状況など
  • 冬になると大変乾燥するようになり、建物では火事や火災といった災害も発生しやすくなる。
  • 弊社では火事や火災が発生してしまった建物、新築でも既設でももちろん、戸建て住宅やマンション、オフィスビルから倉庫や宿泊施設等々、毎年多くの火事のあとの消臭対策や火災後の脱臭工事を対策させていただいている。
  • また、不幸にも火災が発生してしまうと、焼き焦げ臭の発生源となるススも大きな問題となり、当然、煤除去の作業請負も弊社が対応するケースもある。
  • さらには、火事のあとの問題点の一つとしては、ダイオキシンの残存もあるので、ダイオキシンの測定もご依頼があれば第三者機関にて測定している。
  • もちろん、臭気の測定や判定といった業務も実施させていただいている。
対応内容
  • 火災が発生してしまった現場の対応としては、まずはお問い合わせを頂戴して、簡単にお電話等でヒアリングをさせていただいた後、大枠の条件が合うようであれば、一度は現地調査にお伺いさせていただく。
  • そして実際に現場を確認し、ススの状況や焼き焦げ臭の状況、そして消臭工事の範囲や施工の際の注意点等をお打合せの上、正式なお見積書を提出させていただく。
  • 正式にご依頼を頂戴できたら、まず煤除去工事からスタート。(工程に入らない場合は弊社の請負範囲外となるがそのケースでも問題なく脱臭工事はお引き受け可能である)
  • しっかりとこびりついたススを削っていくことで、粉塵まみれになりながらも、確実に焼き焦げ臭の臭気発生源を取り除いていく。
  • その後、躯体等に付着してしみ込んでいる焦げ臭を脱臭していく。これはオゾン脱臭装置と特殊な消臭剤、そして添加剤を用いて、数日~数週間かけて脱臭作業を行っていく。
  • ご依頼内容によっては、ビフォアーアフター、あるいはアフターのみ、ダイオキシンの濃度測定を実施するが、弊社の実績としてはあまりご依頼されるケースは多くない印象である。
  • もちろん弊社の熟練した臭気判定士の嗅覚による官能評価と、ニオイセンサーを用いたビフォアー、アフターの臭気強度測定はほぼ必ず、実施させていただく。
  • ケースによっては臭気強度測定のみで済んでしまう現場もごくまれではあるが存在する。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • 火事のあとの焼き焦げ臭気というのは、意外とのちのち、そのニオイが再発してくるケースも可能性としてはあるため、表面上の簡単な清掃と換気にて一旦、ニオイがなくなったように思えても、しっかりとして脱臭工事や消臭対策を行っておくことをおすすめする。
その他補足感想など
  • 弊社では、毎年複数件の、火災発生後の脱臭作業をお引き受けしている。
  • 現場によっては、火のまわりが広範囲にわたるため、どこまで脱臭作業をするべきか、その為の臭気判定から実施していくケースもある。
  • また、戸建て住宅やマンション等では、近隣住戸の火事による焼き焦げ臭が自宅にも侵入することで、それらが臭気として強く脱臭する必要があるのか、あるいは気にならないレベルなのか等を、臭気判定の専門家に依頼するケースもあり、弊社ではそのような臭気の判定業務も対応している。
  • いざ、脱臭作業となれば、臭気判定士あるいはニオイセンサーによる、ビフォアー&アフターの測定を実施し、脱臭作業の効果をしっかり確認してからお引渡しするようにしている。
  • 臭気対策の専門業者による脱臭作業を実施し、臭気確認までとれているという報告書を作業終了後にご提出することで、建築側も、施主側も、安心していただけるようで、御礼のお言葉をたくさん頂戴できるのは何よりの喜びだ。
  • 煤除去作業などは、サンダーを用いたり、超高圧洗浄を用いたり、あるいは手動にてケレンを行ったりと、ノウハウも実績も経験も必要な作業ではあるが、何よりも粉塵まみれになりながら実施する過酷な作業でもある。
  • 脱臭作業は、一度、脱臭機器類を設置してしまえば、そこまで大変ではないが、オゾンガスの発生量や発生のさせ方、消臭剤の選定や用い方、そしてそれらの効果を高めたり早めたりする促進剤の使い方等、簡単そうで見えにくいオリジナルな脱臭方法が数多くある。
  • そして現場経験豊富な臭気判定士による、臭気の判定や脱臭作業の現場管理、現場対応はお客様に安心していただける最大の材料の一つである。
  • 火事のあとの焼き焦げ臭や火災後の脱臭対策等であれば、弊社共生エアテクノまでご相談下さい。
オゾン脱臭機
消臭剤
消臭剤噴霧
臭気判定士による判定
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


漏水によるカビの対策


人気ブログランキングへ

 
種別
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2020年12月9日
対応先
某飲食店
対応前の状況
  • 某飲食店において、上階からの漏水が発生してしまった。
  • 当該店舗の責任ではなかったが、漏水の影響により、カビが発生してしまった。
  • 店舗内では、カビが目視でもわかるくらい繁殖しており、カビ臭も室内環境や外部環境の影響等によっては感じられるケースがあった。
  • 管理会社様や建築設備会社様にて、漏水についての問題はしっかり解決されたが、カビについては専門業者に依頼ししっかりカビを取り除いておこうという事になった。店舗は飲食店であり、カビ臭は当然、飲食にご来店されるお客様にとって悪い印象を与える可能性が高く、カビ菌が舞う状況では、衛生環境にも当然、悪影響が予想されるためであった。
  • 平素より建築設備にて脱臭装置や脱臭作業でもお付き合いのある弊社共生エアテクノにお問い合わせをいただいた。
対応内容
  • 早速、弊社臭気判定士が本件の対応にあたった。
  • カビに関しては、弊社では、カビ菌の菌数測定や、カビ菌の菌種同定といった分析試験もお引き受けしているが、今回の件ではお客様のご要望により、まずはしっかりとしたカビ菌の退治を優先されるとの事であった。
  • その為、弊社では、除カビ作業を目的としたお見積書をご提出し、それにて正式にご依頼を頂戴した。
  • 日程を調整し、弊社からは臭気判定士2名にて、除カビ専用の薬剤や、それらを噴霧する道具等一式を整えて、現場へ伺った。
  • 店舗内のカビ菌の繁殖部分のチェックと、カビ臭のチェック等を行ったのち、カビ除去作業の段取りを行い、一気に作業を進めていった。
  • 薬剤が届きにくい部分もあったため、それらにもしっかり除カビ剤を当てながら作業は無事、終了した。
装置などの名称/分類
施工後の状況
  • 飲食店舗であり、照明や内装等を傷つけないようにしっかり養生して、カビ対策の工事を行った。カビを除去する薬剤がしっかりとカビ菌と接触するように、薬剤噴霧作業も一度だけではなく、二度行い、さらに薬剤が届きにくい部分は徹底して除カビ剤を噴霧した。
その他補足感想など
  • 弊社は2003年の創業以来、消臭や脱臭といった、臭気に関するのみを業務として行って18年目の臭気対策専門会社である。
  • そういった空気環境という意味では、菌というのも当然、ニオイの発生源となるわけで、その中でもカビというのは、一般のご家庭でも当たり前のように存在しており、飲食店や宿泊施設といった有人空間にも、何もしなくてはカビが発生したり、カビが目視できなくてもカビ臭が気になったりというケースは発生している。
  • 臭気というのは、よほど高い濃度になるとか、一部のホルムアルデヒド等の有害物質を除けば、我々が日常生活において、そこまで生活に支障をきたすことはない。もちろんシックハウス等での化学物質であったり、悪臭防止法の規制値をこえるような臭気、あるいは住民同士のトラブルになるようなニオイ(タバコとか調理臭、強すぎる香料臭等)の場合は別であるが、やはりそれらにしても、どちらかといえば通常ではないケースが多い。
  • その一方で、カビというのは、人体に有害になるケースもあり、特に小さなお子様やご高齢の方にはダメージをより多く与える可能性もある。
  • その為弊社では、カビ対策業務の一つとして、カビ菌の菌数測定を行い、その環境でのカビ菌の量が人体に有害なのかどうか等の分析も、専門の第三者機関と提携して実施している。
  • また、カビの菌種を同定する試験も実施しているが、こちらはあまりご依頼としては多くはない。確かに菌種がわかっても、弊社のお客様にはあまり意味がないからである。
  • 最も多いご依頼は、しっかりと除カビと防カビの工事を実施していただければそれで充分、という内容であり、弊社ではオールシーズン、カビ対策業務は主要業務の一つとなっている。
  • これからまた空気が乾燥し、加湿器と暖房にて結露からのカビ発生も多くなる季節である。カビに関するお問い合わせでしたら、弊社共生エアテクノまでどうぞ。
除カビ剤/防カビ剤噴霧
除カビ剤/防カビ剤噴霧
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


臭気モニタリングシステムのレベルアップ


人気ブログランキングへ

 
担当(著者)
臭気判定士 中丸晴樹
提出日付
2020年11月6日
対応先
某製造工場様
概要
デオモニの臭気データー反映
対応前の状況
  • 某製造工場様にて、弊社の臭気センサー「deomoni」を導入いただいた。
  • 工場の敷地境界線や、工場の排気付近にて、複数台のニオイセンサーデオモニをインストールいただき、自社工場の排気臭の24時間モニタリングを行うようになった。
  • さらに、風向風速計も同時に設置いただき、風向きや風速と、どの方角のニオイセンサーが反応したか、等によって、製造ラインや生産工程と、近隣へ及ぼす臭気の拡散状況や臭気の強度を、ある程度、把握していけるようになった。
  • そのうえ、いろいろなオプションも考案いただき、「こんなことできますか?」と複数ご相談いただき、都度、弊社としては対応に当たっていた。
対応内容
  • その中では、例えば、ニオイ測定器でのお客様向けデータのご依頼もあった。
  • そのため弊社では、今までもっていた臭気変動データに加えて、新たに単一成分や複合臭気を作成し、あくまでラボ内でのデータではあるが、それらをデータ作成していくことをお引き受けした。
  • いろいろな臭気成分を準備し、弊社臭気判定士が複数名、スケジュールを合わせて大阪のニオイラボに集合、複数日にわたるデータとりを行った。
  • ニオイの強さ、組み合わせ、臭気センサーの種類、など、多くの実験を必要としたが、お客様のご依頼にお応えするためでもあり、弊社としても新たなるデータを蓄積することもできるので、慎重に多くのデータを順次、測定していった。
  • たくさんの臭気袋や、濃度測定用の検知管、そして臭気判定士の嗅覚による官能評価。多くの手間と時間をかけて実施したが、これらの新たなる膨大なデータは、工場の臭気モニタリングシステムとして、さらにレベルアップできるものと確信している。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • いつもいつも、臭気監視システム「deomoni」は、お客様の声やご要望とともにある。 日本およびタイの工場にて、たくさん導入いただいており、その実績は信頼の証ではあるが、なによりもそこから頂戴するお声が新たなる成長のヒントとなっている。
その他補足感想など
  • 発売以来、数年で弊社を代表する大ヒット商品となったdeomoniというニオイ測定器は、日本の工場及びタイの工場にて、数多くの導入実績を誇る。
  • 弊社としては、シンプルでベーシックな機能を優先し、複雑な機能は省き、その分、お客様が大切とする費用を抑えるべく、発売をスタートさせた。
  • 予想以上にお客様、工場から高評価を頂戴することができて、敷地境界の東西南北へ設置していただけたり、隣接する工場と自社工場の臭気モニタリングに設置していただりと、多くの用途にてご活用いただいている。
  • さらに、弊社があえた省いたようなシステム、例えば警報を表示するシステムであったり、ハンディタイプで使用できるようなシステムであったり、という部分も、導入が進んでいく上で、お客様から多くのご要望が各種、頂戴するようになっていった。
  • そして弊社の開発チームではその都度、それらを新たなるオプションとして製品化していく動きをとっており、今回の専用のニオイとニオイセンサーとの相関図作成も、その必要性の一つとして実施されたものだった。
  • 電光掲示板への掲載や、パトランプとの連動等、工場様によっては全体的な環境対策の一分野として、臭気モニタリングを実施されている工場様も少なくない。
  • 工場のニオイの見える化や、臭気モニタリングでしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
deomoniデータインプット
デオモニ用臭気データサンプル
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/