住宅系事例」カテゴリーアーカイブ

マンションや戸建て住宅などの住宅系臭気対策事例。転入居に際しての管理メンテナンスやカビ対策などもお任せください。

換気扇をまわせばまわすほど、悪臭がしてくる家庭の悪臭調査



人気ブログランキング

  
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2022年9月28日
対応先等
某マンションの住戸
概要
換気扇をまわせばまわすほど、悪臭がしてくる家庭の悪臭調査
状況等
  • 某マンションにお住まいの、とある住戸にて、原因不明の異臭がときおり発生し、住民さんが困惑しておられました。
  • 異臭の質としては、下水や排水のような悪臭だということですが、強かったり、弱かったりして、はっきりとわからないようでした。
  • ニオイが発生したときや、あるいは発生しやすいタイミング(朝や夜)などでは、部屋内の汚水臭をはやくなくしたいために、常時、あらゆる換気扇を、出来る限りオンにしているとのことでした。
  • それでも、下水や雑排水、水カビのような悪臭の発生はおさまる気配はなく、比較的新しいマンションであったためにその対応に苦慮なさっておられました。
  • マンションの管理会社さんや、設計されたデザイナー会社さん、施工を担当された工務店さんや、その下で衛生関係を担当された設備業者さんや水道工事業者さんなども、原因解明に務めておられましたが、わからないままでした。
  • 臭気調査をWEB検索し、弊社共生エアテクノにお問い合わせを頂戴しました。
対応内容
  • 弊社では、お問い合わせを受けた臭気判定士が、早速、ヒアリングに入りました。
  • メールとお電話にてやりとりをさせていただき、異臭調査の概要説明と、臭気調査の方法、異臭発生源調査のお見積り等をご提出し、すぐに最短で臭気アセスメントを行ってほしいというご要望を頂戴しました。
  • 社内にて日程を調整し、最短日にて、臭気判定士2名による臭気調査を実施致しました。
  • 当日は、現状のままの状態にしておいて欲しいと依頼しました通り、換気扇が稼働しておりました。住民様からは「今は異臭がない」というお言葉を頂戴しましたが、臭気判定士の嗅覚には、わずかに汚水系の臭気がキャッチされました。
  • その臭気を鼻でおいかけつつ、スモークテスターで気流を確認し、衛生配管図をもとに現場の目視との比較確認もあわせて実施しました。
  • 一部、気になる箇所があったほか、いくつかの仮説を2名が立てて、それらをすり合わせの上、仮説を実証すべく、トレースガスを用いた臭気漏洩源調査を実施しました。
  • すると、仮説のうち有力とした付近から、大きなセンサー反応をキャッチしました。
  • まずはそれらを報告書にまとめ、対策方法もご提案させていただきました。
装置などの名称/分類
  • マンション内で発生する悪臭調査
  • ご家庭における臭気アセスメント
  • 建物内にある汚水や下水のような悪臭の発生源調査
装置等の紹介
対応後の状況等
  • 後日、そこの付近に点検口をあけていただいたところ、配管関係の一部に不備があったとのことでした。設備業者さんにて、そこを補修したところ、硫黄化合物系の悪臭の発生はほぼ納まったとのことでした。あと少し、アドバイスをさせていただいたことについては、その他に後述します。
その他補足感想など
  • ほぼ、異臭の発生はおさまったとのことですが、実はまだたまに、下水臭が少しですが発生するとのことでした。
  • 弊社では再度、現場を確認させていただきまして、すぐに原因がわかりました。
  • そのポイントは「換気扇」にありました。
  • 最近の住宅では、冷暖房効率をアップさせるべく、「高気密・高断熱」を目標とした、気密性の高い住宅造りが進んでおります。
  • そのため、隙間風などが入りにくくなり、その分、建物の中の空気が、外部と入れ替わりにくくなってしまいました。
  • それの対策として、「24時間換気システム」の設置が義務化されました。これは、1時間に0.5回、その空間の空気がごっそり入れ替わる・・というような内容の換気システムなのです。
  • そして、多くの24時間換気システムでは、「第3種換気」といって、給気は自動的に、排気は機械にて行うというものになっております。
  • 家の中ではほかに、レンジフードの換気扇、トイレの換気扇、お風呂の換気扇などがありますが、それらは全て、機械(ファン)を用いて、家の中の空気を外へ強制的に排出するためのものです。
  • そして、それら出ていく分の空気は、第三種換気方式の場合、自然に空気を取り入れるための給気口が設けられているのです。
  • ところが、その給気口からは、当然、夏は暑い空気、冬は寒い空気が入ってきます。住民様によっては虫が入ってくる可能性を懸念されたりして、給気口を閉じてしまったり、あるいは掃除不足でフィルターが目詰まりしたりもあり、給気が十分ではないケースもしばしば見受けられるのです。
  • そうなると、お風呂場や洗濯機の排水口から、空気を取り入れようとしたり、エアコンホースから空気が逆流したりしてしまうのです。
  • 臭気調査、異臭調査、臭気判定など、ニオイのことでしたら弊社までご相談下さい。
 
トレースガスを用いた臭気漏洩源調査
においセンサーを用いた臭気漏洩源調査
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


建物の臭気アセスメント(オフィスビルにおける汚水・下水臭)



人気ブログランキング

  
種別

建物の臭気アセスメント

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2022年9月7日
対応先等
某オフィスビル
概要
異臭の発生源調査(オフィスビルにおける汚水・下水臭)
状況等
  • 某オフィスビルにて、入居しているテナント様より、異臭についての問題がオーナー様に指摘されておりました。
  • オーナー様として確認したところによると、ニオイの質としては汚水や下水、雑排水のような悪臭であり、強さとしては、max時には不快感がかなり高いとのことでした。
  • 問題は、異臭の発生頻度です。常時、臭気が発生しているわけではなく、不定期に1日数回、突発的に強く発生したり、あるいは1日中、なかったりするとのことでした。
  • 「今、ニオイが発生しているからきて下さい」という一報をテナント様から受けて、オーナー様や建築業者さん、設備業者さんが駆けつけても、そのタイムラグから臭気は薄まってしまったり、弱まってしまったりで、肝心の異臭が確認できないままでした。
  • テナント様としては、来店されるお客様の接客に影響が出るのも困るし、従業員様の作業環境としてはよろしくないということで、この異臭問題の早期解決を望んでおられました。
  • そこでオーナー様が弊社をネット検索でみつけて、お問い合わせいただきました。
対応内容
  • まずは弊社の中でも、建物の臭気調査異臭発生源調査に詳しい臭気判定士が、お電話とメールベースでやりとりさせていただきました。
  • おおよその内容を把握し、作業にかかるお見積書をご提出すると「明日にでも調査に入って欲しい」とのことで、最短日程にて、臭気判定士2名を確保して、臭気アセスメントを実施しました。
  • 本来、このような臭気調査の場合は、テナント様がお休みの日を選ぶのですが、超急ぎということで、テナント様の全面協力のもと、平日の実施となりました。
  • ニオイの質はわかっているので、まずは嗅覚でニオイを追いかけます。今はニオイがなくとも、残存している臭気や、わずかに発生している箇所があるはずだからです。
  • その後、設備衛生配管図をもとに、視覚で確認できるすべての床下や壁裏、天井裏の配管を追っていきます。おかしなところがあれば都度、チェックしていきます。
  • スモークテスターを用いた気流確認と、ニオイセンサーによる臭気強度マッピング。このあたりでほぼ、異臭発生源の仮説は出そろいました。
  • トレースガスを流し込み、漏洩調査を実施。そこからセンサーやファイバースコープなども用いてできるだけ、追い込んでいきました。
  • そして追い詰めた先に、謎の配管に繋がる口があることが判明しました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • その場では対応ができない構造だったため、報告書に本件をまとめて、そこの閉塞処理対応は建築業者さんと設備業者さんにお任せしました。オーナー様からは「確かに穴があって、そこを埋めたら臭気苦情もおさまったよ」と嬉しいご報告を頂戴し、臭気調査は完了しました。
その他補足感想など
  • オフィスビルや宿泊施設、飲食店など、多数の人が来店したり、働いたり、宿泊したり、飲食したりする空間においては、やはり快適な空気環境でありたいものです。
  • そこでもし、何かしらの異臭であったり、明らかに不快感の高い悪臭であったりと、そこには必要のない臭気が存在している場合は、マイナス面が大きくなるケースがあります。
  • 飲食店では、「こんな下水道みたいなクサイ中で、ご飯を食べられない」とお客様が怒ってお帰りになってしまうケースもしばしばお聞きします。
  • 宿泊施設では、「この部屋で原因不明の悪臭がしばしば発生して、お客様からニオイの苦情となり、口コミサイトや評判などでも悪く書かれてしまうので、部屋の貸出しを止めています。お休みの日や、連休などでは、1泊あたりのコスト分が機会ロスとなってしまうので早急に改善したいです」という悲痛の思いで、臭気環境改善に頑張っておられます。
  • そのような中でも、特に多い臭気のお問い合わせが、「汚水や下水、雑排水といった、硫黄化合物系臭気」の発生による臭気調査のご相談やご依頼です。
  • 一般のご家庭における、排水口のクサい悪臭をイメージしていただき、あれをせき込むくらい強くしたものが、商業施設やビルなどでは発生します。
  • そしてそれが、何かしらの原因によって、フロア内や建物内に侵入してしまうと、臭気苦情に繋がる可能性が高くなってしまうのです。
  • 悪臭発生の原因は本当にさまざまですが、多くのケースでは、不定期に発生しており、そして発生すると強いニオイであり、それがある程度でなくなってしまう・・というポルターガイスト現象のような特徴をもっております。
  • しかし、悪臭には必ず発生源があります。弊社では約20年にわたる臭気調査の経験値とノウハウから、臭気調査を実施し、悪臭発生源を突き止めて参りました。
  • 原因不明の悪臭調査や、臭気調査等でしたら、弊社共生エアテクノまでどうぞ。
 
ニオイセンサーによる臭気調査
ニオイセンサーによる臭気調査
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


エアコン稼働時の悪臭



人気ブログランキング

  
担当(著者)
臭気判定士 山田大介
提出日付
2022年8月17日
対応先等
某建物(エアコン稼働時の悪臭)
概要
空調機からの異臭(除菌・除カビ
状況等
  • 某建物において、毎年、クーラーを使用する季節になると、異臭苦情がテナントさんより寄せられておりました。
  • 管理会社さんや建築設備業者さんなどが、異臭クレームがあったときには、そのテナントさんのところへ行ってみるのですが、「もうニオイはおさまってしまった」ということが続いているとのことでした。
  • 悪臭の発生はずっとではなく、一時期的に強くなり、あとは収まっていくとのことでした。
  • 各テナントさんにアンケートをとっていったところ、
    ◇朝来てエアコンを稼働したときや、昼休み明けなどに多く発生するが、ランダムであること。
    ◇異臭は長く続かず、はやければ数分でなくなってしまうこと。
    ◇ニオイの質としては雑巾やカビ、酸っぱい系といった評価であったこと。
    が判明しました。
  • それらのにおいのアンケート結果は得たものの、原因究明と対策の方法は見当たらず、インターネットより臭気調査の専門会社である弊社お問い合わせをいただきました。
対応内容
  • 弊社では、臭気判定士(国家資格)による臭気状況の確認作業を行うべく、まずはいただいているアンケートに追加で、「臭気が気になる箇所」や「その日の天候」といった項目も付け加えさせていただきました。
  • それらのアンケートが出そろったところで、おおよその臭気の発生原因をいくつか仮説をたてました。
  • 実際に現場へお伺いして臭気アセスメントを実施させていただくときには、臭気が発生しやすいタイミングである朝イチを狙って、現地に張り込みさせていただきました。
  • そして、臭気判定士および臭気対策コンサルタント、さらにはニオイセンサーdeomoniも各所に設置しまして、嗅覚と臭気計にて臭気マッピングを行いました。
  • その結果、空調機の吹き出しから、雑巾が腐ったような異臭を確認。立ち合いのお客様に「このニオイですか?」と確認していただいたところ、「まさにこれです!」と、証言が一致しまして、異臭原因の発生源を突き止めることが出来ました。
  • 結果的に原因は、空調機の内部にある、金属フィンの部分にて繁殖してしまっている雑菌とご説明させていただき、空調機内部の清掃作業及び除菌抗菌作業をおすすめさせていただくことをレポートにまとめまして、業務を完了致しました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • その後、金属フィン(エバポレーター)を除菌抗菌する薬剤や作業方法についてご相談をいただきました。除菌はオングストロンG。抗菌はプロパストップタイプNOKIF。洗浄方法は高圧洗浄機を用いる方法をご説明し、結果的に作業請負も実施させていただきました。
その他補足感想など
  • 毎年、冷房を使用しはじめる季節になりますと、本件のようなニオイのクレーム問題が、いろいろなビルやホテル、飲食店などで発生しております。
  • 上述しましたように、異臭の原因としましては、空調機にあります。
  • 空調機といいますと、吹き出し部分のお掃除などは定期的に実施されているケースはありますが、その中の金属フィンの部分については、なかなかお掃除やメンテナンスをされていないケースを多くお見受けします。
  • しかし、冷房使用時は、そのフィンの部分にはたくさんの結露が生じます。その証拠に、夏場いのエアコン使用時には、大量のドレン水(エアコン内部の結露水を排水するための仕組み)が排水されています。
  • ご家庭であれば、ベランダ等にエアコンからホースが出ていて、そこからポタポタと水が出ていますし、オフィスビル等であれば、共有のエアコンドレン専用の配管を設けているケースなどがあります。
  • そのため、金属フィンの部分には、たくさんの水分があり、夏場のエアコン未稼働時は暑くなっており、高温多湿なところに雑菌が多く発生します。
  • その雑菌が活動するとき、つまりエアコンを停止状態から稼働状態にした瞬間が、フィン部分の結露も多くなり、それに伴い雑菌も活動が活発化することで、雑巾が腐ったようなニオイや、カビのような不快臭を発生させてしまうのです。
  • そして加湿状態が落ち着いたり、冷えて温度が一定になったりすると、雑菌の活動も落ち着くため、異臭も収まっていくのです。
  • 薬剤を用いた洗浄が対策としてベストですが、すぐにまた菌が発生してしまうので、根気よく除菌抗菌等を行っていく必要があるでしょう。
  • 臭気のことでしたら、工場や病院から一般のご家庭まで、共生エアテクノにご相談下さい。
 
エアコン金属フィン(エバポレーター)
エアコン金属フィンの清掃
エアコン金属フィンの清掃
エアコン金属フィンの清掃
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/