ホテルの客室の異臭調査


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2016年5月13日
施工先
ホテルの客室にて不定期に汚水臭・下水臭が発生する、臭気発生源調査
施工概要
静岡県の某所、有名なホテルの1室にて、不定期に下水のような悪臭が発生してお困りであった。
いろいろ調査をされたが原因が特定できず、脱臭専門である弊社にお問い合わせを頂戴した。
施工前状況
悪臭の感じ方は、下水のような汚水臭との事。何度か設備のリニューアルをしていて、配管等の衛生設備図面も確実ではないようだ。お客様にお部屋を貸し出しするのをためらわなくてはならない為、早急に原因解決を必要としていた。
施策内容
1.下水臭の臭気調査に熟練した2名の臭気判定士にて現場に入り、異臭調査を開始した。
2.臭気判定士の嗅覚による官能評価を行ったが、気になる異臭は感じられなかった。
3.スモークテスターにて気流を確認した。
4.臭気センサーと嗅覚による臭気強度マッピングを行った。
5.図面と実際の設備を天井裏に入り込んだりして、目で追えるだけ追っていった。
6.上記をトータルし、怪しい箇所を何カ所か、仮説を立てた。
7.トレースガスにより、仮説を順次検証していき、その中の1箇所を異臭発生源と立証した。
装置などの名称・分類
  • 下水臭の臭気発生源調査
  • ホテルの客室にて下水臭の発生
  • 建物内の汚水臭対策
  • 異臭調査、異臭発生源調査
装置の紹介(概要)
  • スモークテスター・・・スモークで気流を視覚化するための装置。通称:ケムカン
  • 臭気センサー・・・トレースガスをキャッチする高濃度センサー
  • トレースガスセット・・・独自に開発したトレースガスと高感度センサー
施工後状況
弊社より臭気調査の報告書をご提出し、立証箇所の修繕をお願いした。
設備業者さんによりその箇所を修繕したところ、異臭の発生は完全におさまったという。
その他補足感想など
  • ホテルの場所が東京からは離れていた事と、お客様が早期解決をご希望されていた為、1回の臭気調査でなるべく発生源を特定させられるよう、熟練の臭気判定士2名にて対応した。
  • 建築当初の設備図面から、いろいろなリニューアルがされており、現認と図面のチェックだけでも相当な時間と手間を要したが、ここを怠ると仮説を十分に立てられない。
  • たくさんの仮説を立て、一つずつ可能性を潰していくのが、弊社の臭気調査である。
  • 調査中は下水臭が一度も発生せず、発生源特定は難航したが、弊社では実際の悪臭が発生していなくても、今回のように発生源を特定できるノウハウを有している。(もちろん実際の悪臭を嗅げればベストではあるが・・)。
  • 弊社の立証箇所を修繕し、見事に異臭発生が皆無となった為、ホテルからは大変感謝をいただいた。決して楽な調査ではなく、天井裏への潜伏等、難易度の高い臭気調査ではあったが、お客様からの「ありがとう」が何よりのやりがいである。
臭気センサーと嗅覚による臭気強度マッピングを行った
臭気センサーと嗅覚による臭気強度マッピングを行った
図面と実際の設備を天井裏に入り込んだりして、目で追えるだけ追っていった。
図面と実際の設備を天井裏に入り込んだりして、目で追えるだけ追っていった。
仮説を立て、一つずつ可能性を潰していくのが、弊社の臭気調査
仮説を立て、一つずつ可能性を潰していくのが、弊社の臭気調査
スモークテスターにて気流を確認
スモークテスターにて気流を確認
臭気判定士の嗅覚による官能評価を行った
臭気判定士の嗅覚による官能評価を行った
建築当初の設備図面から、いろいろなリニューアルがされており、現認と図面のチェックだけでも相当な時間と手間を要した
建築当初の設備図面から、いろいろなリニューアルがされており、現認と図面のチェックだけでも相当な時間と手間を要した

今回は、ホテルの客室の異臭調査についてお伝えしました。
においでお困りの場合は共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/