工業系事例」カテゴリーアーカイブ

工場などの工業系臭気対策事例。様々な工場様の臭気対策を取り組みさせていただいています。

廃棄物処理工場の臭気対策


人気ブログランキングへ

記事の種別

工場の臭気対策

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2020年3月16日
施工先
某産廃処理工場
施工概要
廃棄物処理工場の臭気対策と排気臭対策
施工前状況
  • 某産廃処理工場にて、臭気問題が発生していた。
  • 排気ダクトからの排気臭に関しても問題ではあったが、どちらかというと、場内に充満している臭気について、作業員からの臭気苦情が寄せられるようになり、そちらの対策も勘案していく必要があった。
  • しかし、排気臭対策にしても、場内の臭気対策にしても、何をどうやっていいか全くわからない状態の上に、予算にも限りがあり、大規模な消臭設備の導入は難しい状況であった。
  • HPで弊社を検索いただき、まずはとりあえず、お問い合わせをいただいた。
施策等の内容
  • 工場の臭気対策に詳しい臭気判定士がまずは現地へ訪問し、お打合せを行った。
  • 臭気の強さや質、場内環境や排気含めたダクトワーク、換気量や周辺等を確認の上、予算やどこまで対策したいか等までヒアリングの上、いくつかご提案を行った。
  • ご予算と内容の関係上、ステップをふんで対策していくこととなり、まずは場内に消臭剤を空間噴霧する事で、臭気をある程度、低減する方法となった。
  • 消臭剤の合致テスト後、空間噴霧のデモ機にて効果を体感いただいた。
装置等の名称/分類
  • 作業環境の改善
  • 工場の場内への消臭剤噴霧
  • 無臭かつ安全な消臭剤による臭気対策
装置等の紹介
施工後状況
  • 作業環境空間に、ニオイがなく、人体にも無害である消臭剤を、非常に細かいミスト系でふんわりと噴霧する事で、場内臭気は軽減する事がわかった。あとは排気臭対策に関して、消臭剤噴霧方式とスクラバー方式での実機を見据えたテストという次ステップへ進めていく。
その他補足感想など
  • 場内の作業環境の改善として脱臭や消臭をご提案していく場合、湿式と乾式の2方式をご提案する事が出来る。
  • 乾式の場合は、酸素クラスター除菌脱臭装置を設置する方法であり、過去、数多くの納入実績を持つ。酸素クラスターイオンを空間へ放出する方式であり、特に硫黄化合物系臭気(硫化水素やメチルメルカプタン等)には効果を発揮する。
  • しかし費用面や運用面等で、難しい場合があったり、臭気の質や強さ、範囲、換気条件等によっては、湿式方式として、消臭剤を噴霧する方式もご提案する事がある。
  • その場合は、基本的にはニオイがない消臭剤を選定し、人体等にも安全である消臭剤を使用するようにしている。
  • 弊社としては、出来れば換気回数を増やしたり、局所排気方式等によりしっかり臭気を補足し、それらを排気するダクト内や排気する過程での脱臭方式をご提案している。
  • 工場の臭気対策では、各条件によっていろいろご要望もあるでしょうから、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
空間噴霧のデモ機
工場の臭気対策
廃棄物処理工場の臭気対策
廃棄物処理工場の臭気対策

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


工場のニオイの見える化


人気ブログランキングへ

記事の種別

工場のニオイの見える化

担当(著者)
提出日付
2020年1月29日
施工先
施工前状況
  • タイの工業団地にある、日系の製造工場にて、近隣からの臭気苦情が寄せられていた。
  • タイでは日本における悪臭防止法と類似した臭気規制が近年、整備されつつあるが、まだタイ王国の法律とまではいっていないようである。
  • 各工業団地ごとの規制があったり、製造業種ごとに臭気規制があるような状況であると聞いている。
  • 本現場では、自社工場からの排気臭が問題なのかも確認する必要があり、臭気苦情も不定期である事から、24時間365日の臭気監視システム「deomoni」をご採用いただいた。
施策等の内容
  • まずはインストール前のマスト業務として、現状の臭気の測定を行った。
  • これは、日本の臭気判定士と、タイの臭気判定士による、三点比較式臭袋法にて、臭気濃度を算出し、そこからの周辺への臭気拡散影響度を把握する為のものである。
  • 同時に、臭気の質や実際の飛散エリアを嗅いでまわるようなケースもある。
  • その後、その臭気濃度と臭気センサー「deomoni」の相関関係をとり、それを検量線として、本工場独自のニオイセンサーとして調整を行う。
  • あらかじめ、設置する場所には、臭気測定機を入れるボックスと電源を供給していただいており、そこへ敷地境界線の東西南北に4台のデオモニを設置した。
  • さらに、事前検証により、コントロールセンターまで届かない電波については、中継機を必要とする為、必要な台数の中継機も設置していった。
  • 最後に、開通の確認を行い、工場の排気臭の敷地境界線での臭気モニタリングシステムの設置作業を完了した。
装置等の紹介
  • 工場の24時間365日、排気臭のモニタリングシステム
  • 工場のニオイの見える化
  • deomoni(デオモニ)
施工後状況
  • 一定の臭気センサー値をこえたら警報音を鳴らすが、そこの数値については数回にわたり調整を行った。また、風向風速計と連動出来ていない方式であったが、データ集計が手間になる為、弊社の風向風速計とdeomoniをリンクさせるべく、追加設置工事を実施した。
その他補足感想など
  • 本現場はタイであったが、やはり日本とは違う難しさが多々ある。
  • 例えば、真冬の日本で出荷前検査を行い、deomoniのセンサー値を合わせたり調整していても、タイへ輸出し、常に暑いタイで開封すると、再度の調整は必ず必要になる。
  • さらに、日本は無臭を好む傾向があるように思うが、タイでは強い香料系臭気でニオイをごまかす傾向がまだあるように見受けられ、その為、臭気センサーの調整を行う為にご用意いただく会議室とかミーティングエリアに、既に強い香料系臭気が付着してしまっているケースも少なくない。
  • このような状況の中でニオイセンサーのセンサー値を調整していくのは決して簡単な業務ではないが、弊社及び弊社タイの代理店においては、多数のデオモニ納入実績をタイの工場に有しており、それら1件1件の全てにおいて、経験値と実績を積み上げている。
  • その為、納入させていただいたタイの工場の「ニオイの見える化」(もちろん日本国内の工場においても)は、大変感謝され、ハンディタイプのニオイセンサー(アンドロイドバージョン)や、定点臭気監視ポイントの増設、あるいは違う拠点の工場にも導入をしていただく等、本当に必要としていただけている。
  • 日本の工場及びタイの工場で、臭気のモニタリングや監視の為に、臭気センサーをご検討でしたら、ぜひ弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気監視システムイメージ図
スマートフォンによる臭気の確認
臭気監視システム機材現場搬入
臭気監視システム機材
臭気監視システム機材
臭気測定器ボックス

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


タイ ローカルの魚粉工場の臭気調査


人気ブログランキングへ

担当(著者)
提出日付
2020年1月17日
施工先
タイ ローカルの魚粉工場
施工概要
タイ ローカルの魚粉工場の臭気調査
施工前状況
  • タイの工場にて、魚粉を使った製造工場が長年、稼働している。
  • 昔は周囲に住居等がなかったが、近年は徐々に住居が出来たり、他の製造工場が出来たりしてきて、環境面での問題がクローズアップされてきた。
  • 当然、その中で、「ニオイ」という臭気問題も発生し、近隣からの臭気苦情も多く発生している状況との事であった。
  • しかし、タイの臭気に対する規制や、ニオイに対する考え方も全くわからない為、タイの工場の臭気対策の実績が多数ある弊社にご相談を頂戴した。
  • タイの代理店の臭気判定士と、弊社の臭気判定士にて現地へ伺わせていただいた。
施策等の内容
  • まずは先方の環境担当者や工場の製造スタッフさん、管理部門や上長クラスとのミーティングを行った。具体的には魚粉工場の製造工程や規模、稼働時間等の把握である。
  • 次に、弊社のタイ代理店の臭気判定士より、タイの工場の臭気規制に対する概要の説明と、弊社がタイの工場で臭気対策として実施するステップのプレゼンテーションを実施させていただいた。
  • 質疑応答ののち、実際に魚粉工場の製造現場や周辺を、実際に歩いて回らせていただき、弊社の臭気判定士臭気対策コンサルタントが、実際にニオイを嗅いで確認していった。
  • その後、まずは臭気対策のコンサルテーションを実施し、現状の臭気強度や臭気濃度を把握し、どこまで臭気が飛散しているかを確認していくことをご説明した。
装置等の名称/分類
装置等の紹介
施工後状況
  • タイの魚粉工場をはじめ、食品製造工場等では、工場がとても大きな敷地であることも多く、排気口や臭気発生源だけでもたくさんある。臭気コンサルテーションで臭気発生源それぞれの箇所の周辺影響度を把握し、そこから対策方法と順位を決めてゴールへ向かっていく。
その他補足感想など
  • タイでは現在、臭気規制については、日本の悪臭防止法をそのままもってきているような規制内容となっている。
  • しかし、厳密にいえば、日本のように「国の法律」としては定まっていないようで、各工業団地ごとの規制と、工場の製造種類別の規制といったようになっていると聞いている。
  • それでも、環境対策への意識は高まっており、特に日系企業のタイ現地法人の工場におかれては、臭気規制を自主的に実施されたり、成分濃度の排出規制を自社で定めて運営されており、日本と同様の環境対策意識にて臭気対策も実施されている。
  • それに対して、弊社がお手伝いさせていただくのも、タイにおける日本の現地法人の工場がほとんどであり、まだまだ、タイローカルの工場の排気臭対策や脱臭対策については、お役に立てるケースは多くはない。
  • もちろん、だからといって、近隣住民さんからの悪臭苦情があったりすれば、タイローカルの工場といえども、今後は規制対象になっていくであろうし、日本のタイ現地法人の工場であればなおさら、臭気対策や脱臭対策は必要不可欠となっていくだろう。
  • 弊社はここ数年、タイでの脱臭対策臭気コンサルテーションでも本当に数多くのお手伝いをさせていただいており、これからますますお役に立てるようにタイでも活動していく。
  • タイの工場の臭気対策や脱臭対策等でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
問い合わせボタン
臭気対策ミーティング
臭気対策プレゼン
臭気調査
臭気発生源調査

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/