工場内専用臭気調査


人気ブログランキングへ

工場内専用臭気調査
ポイント
  • 臭気対策を行う場合、臭気は目に見えないほど小さな物質のため、現状把握が大変重要になります。
  • 「どこ」から発生した臭気を、「どのように」処理することが適切かを判断する必要がございます。闇雲に脱臭装置を設置するだけでは、しっかりとした臭気対策を行うことが出来ません。
  • 対策しなければならない臭気発生源を把握し、発生した臭気をどのように処理することが適切かを具体的に提案し、改善策をご提示することが可能となります。
  • 工場内専用臭気調査では、臭気を数値化することが出来、調査することによって臭気を可視化することも可能となります。そのためにも、現状の臭気発生状況を確認するため、臭気調査が必須となります。
特徴
  • 工場内専用臭気調査を実施することで、工場内に飛散している臭気の発生源を特定
  • 臭気の発生原を徹底的に調査
  • 工場内の気流を調査し、臭気発生原から工場内へ飛散する臭気の流れを可視化
  • 臭気の発生状況を可視化することで具体的な対策方法の提案が可能
  • 臭気発生箇所が複数ある場合、各所で臭気測定を行い、臭気の強さを比較
  • 臭気の質を臭気判定士の鼻の感応によって識別
  • 工場全体を歩き回り、臭気の質、強さをプロットし、臭気マッピングを作成
  • 工場内漏洩臭気を対策することで、工場内の臭気を低減し、場内環境の改善が可能
調査内容

1 )ヒアリング及び現場事前確認

工場内の作業工程、工場全体像の確認、必要な調査方法を事前準備

2 )見積作成

ヒアリングに伴い必要な調査のお見積りの作成

3 )調査実施

  • 工場全体を歩き回り、臭気の質、強さをプロット
  • 特に臭気が強い箇所の臭気測定の実施(三点比較式臭袋法臭気指数・臭気濃度算出)
  • 工場内の気流を確認し、臭気の飛散状況の確認
  • 工場全体の臭気状況をプロットし、臭気マッピングの作成
  • 報告書作成、提出(改善方法の提案含む)

4 )脱臭装置事前検証テスト(別途オプション)※調査結果より、脱臭装置が必要な場合

  • 調査結果から得られた情報をもとに脱臭装置の選定
  • 小型テスト機を用いて実際の臭気をテスト機によってどの程度脱臭性能が保持できるか事前確認
  • 様々な条件でのテストを実施
  • 実機設計、実機見積書作成、提出
問い合わせボタン

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/