カテゴリー別アーカイブ: 臭気調査

マンション・住居・商業施設・工場など、幅広い分野のニオイの調査・測定・対策を実施しています。

オフィスビルの特定箇所のみのタバコ臭発生源調査


人気ブログランキングへ

工事種別

高層タワーの特定フロアの特定エリア

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年3月5日
施工先
オフィスビルの特定箇所のみのタバコ臭
施工概要
某オフィスビルの特定フロアの特定エリアにて、不定期にタバコ臭が発生している。
そのタバコ臭の発生源を特定したい。
施工前状況
  • オフィスビルの特定フロアの特定エリアにて、悪臭が不定期に発生している。
  • 悪臭を感じる人と気にならない人がいて、感じる人も常時ではなく不定期である。
  • 悪臭を感じている人によれば、その臭気の質はタバコ臭との事。
  • しかし全く発生源がわからず、そもそも臭気があるのかどうかと、侵入ルートを特定したい。
施策内容
  • 臭気判定士3名にて現場へ。タバコ臭がターゲットなので2名は非喫煙者。1名は喫煙者とした。
  • タバコ臭の有無を確認したところ、非喫煙者の臭気判定士2名が、タバコ臭を感じた。
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価と臭気測定機で、臭気マッピングを行っていった。
  • すると空間や壁裏、アネモ、天井裏等で、臭気の強弱がある事が判明した。
  • 最も強い箇所から図面と現認で追跡していくと、真下に喫煙ブースがある事が分かった。
  • 喫煙ブースからトレースガスを用いた臭気調査を実施した。
  • 当該エリアでトレースガスの反応を検知し、無事にタバコ臭の侵入ルートを特定できた。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
  • タバコ臭対策用脱臭フィルター
  • トレースガス調査による臭気発生源の特定
  • オフィスビルにて不定期に発生している異臭調査
施工後状況
  • 第一案として、脱臭フィルター等によるタバコ臭の脱臭対策をご提案したが、予算や施工スペース、工事期間や方法等で難しく、NGとなった。
  • その為、侵入ルートを閉塞する事による対応策を第二案として実施した。
  • それにより、タバコ臭が不定期に発生する問題は解決した。
  • 但し、閉塞した事による、エアーバランスの調整等、しっかりとした後処理が必要であることを依頼主に説明し、弊社のタスクは完了した。
その他補足感想など
  • 高層タワーに入居しているオフィスフロアのテナント様という事もあり、調査に入れる時間帯や曜日が限られており、いろいろな制約がある中での臭気調査であった。
  • 全く臭気(タバコ臭)が気にならない方も半数ほどいらっしゃって、当初は「臭気の気にし過ぎ」という点も含めて、臭気調査のご依頼を頂戴した。
  • 臭気を感じる・感じない・不快・気にならない、がこれほど分かれる現場も珍しかった。これはおそらく、喫煙者と非喫煙者、あるいは老若男女、あるいは個人差によるものであり、嗅覚とニオイという難しさを改めて痛感させられた現場でもある。
  • 同時に、「タバコ臭」というのが、微量に漂っているだけでも、大きな臭気苦情になってしまう現場を真の当たりにした。
  • 立ち入り許可や作業への制限がなければ、もう少し早く、発生源ルートを特定出来たと思う。お客様には解決までお時間を頂戴してしまったが、最終的には特定出来て良かった。
  • この現場のようなタバコ臭はもちろん、オフィスビルでは汚水臭、下水臭に加えて、新建材臭やカビ臭なども、テナントさんからクレームとなる原因である。
  • 異臭問題については、放置するとどんどん問題が大きくなっていってしまうので、もし臭気問題が発生しましたら、速めに弊社のような臭気調査を実施する専門企業へご相談されることをおすすめします。
トレースガスを用いた臭気調査を実施
トレースガスを用いた臭気調査を実施
官能評価と臭気測定機で臭気マッピング
官能評価と臭気測定機で臭気マッピング
空間や壁裏、アネモ、天井裏等で臭気の強弱がある事が判明
空間や壁裏、アネモ、天井裏等で臭気の強弱がある事が判明
侵入ルートを閉塞する事による問題は解決
侵入ルートを閉塞する事による問題は解決

今回は、オフィスビルの特定箇所のみのタバコ臭発生源調査についてお伝えしました。
異臭の発生原因がわからない等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


飲食店の異臭発生源調査


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年2月6日
施工先
東京都内の雑居ビルに入居している居酒屋
施工概要
都内某ビルの地下にテナントとして入店している居酒屋さんにて、常時、異臭が発生しており、臭気の強さも変動していた。
施工前状況
・異臭の質は、どうやら、下水のような臭気や、ドブのようなニオイとの事。
・常時、汚水臭は感じられるが、強さの変動があり、強い時はお客様が帰ってしまうほどとの事。
・いろいろ調べてみたが、発生原因がわからない為、臭気調査の専門会社を検索した。
・とにかく、発生源を特定し、対策をしたい。
施策内容
1.臭気調査に熟練した臭気判定士2名と、臭気対策コンサルタント1名の合計3名で現場へ伺った。
2.現場は地下店舗だったが、上階(1階)店舗への立ち入りや、屋上でも調査を実施した。
3.リニューアルを重ねている雑居ビルであり、図面と現認の整合性がとりにくく、衛生配管を確認していくだけでも時間を費やさざるを得なかった。
4.汚水槽と雑排水槽、厨房のグリストラップ、そこからの配管系統を徹底的に追いかけた。
5.すると、その系統がポンプアップしていく系統が完全にわかれている事が分かった。
6.多くの仮説を立てた中で、トレースガスを使って絞り込み検証し、また仮説を立て、それを実証していく作業を繰り返し、天井裏の配管系統に不備がある事を発見できた。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
  • 飲食店の下水系臭気の発生源調査
  • ビルテナント内で発生している異臭調査
  • 汚水系臭気の調査
施工後状況
  • 天井裏で見つかった、配管の不備を応急処置したところ、常時漂っていた雑排水系臭気はおさまった。
  • その後、まだ少しニオイを感じるとの事だったので、再度臭気の確認に伺ったが、附着して残存している臭気であると判断し、時間経過とともに徐々に低減していくと予想された為、調査レポートに纏めてご報告した。
  • その後、ほぼ臭気は気にならないレベルまで低減したとお聞きしている。
その他補足感想など
  • 臭気調査の現場では、臭気の発生が不定期であるケースも多く、今回のようにとりあえず常時、悪臭が発生しているケースでは、臭気の質の判定や追跡がやりやすくなる。
  • 築年数の古い雑居ビルでは、テナントが何度も入れ替わっており、その都度、設備のリニューアル工事を行っている可能性も高い。
  • 図面の設備配管を信用して、臭気調査を進めていくと、全く見当違いの事になりかねないので、「常識を疑え」は弊社の臭気調査における合言葉である。
  • 今回の現場でも、なぜだか系統が2カ所にわけられており、当初の設備図面とは全く異なるものとなっていた。
  • 天井裏の確認作業も目視でできる限界もあり、かといって点検口を無限に設置できるわけでもなく、経験と勘から核心に迫る仮説をたくさんたてていく。
  • そしてトレースガスや臭気センサーを併用し、嗅覚と結果から実証していく。
  • 今回も現実と嘘のはざまでの戦いであったが、「クサイに挑むプロフェッショナル」として、無事に臭気問題を解決出来た事を誇りに思う。
系統が2カ所に 当初の設備図面とは全く異なる
系統が2カ所に 当初の設備図面とは全く異なる
配管系統を徹底的に追いかけた
配管系統を徹底的に追いかけた
トレースガスによる仮説の検証と立証
トレースガスによる仮説の検証と立証
トレースガスを使って絞り込み検証
トレースガスを使って絞り込み検証
臭気センサーによる調査
臭気センサーによる調査
天井裏の配管系統に不備がある事を発見
天井裏の配管系統に不備がある事を発見

今回は、飲食店の異臭発生源調査についてお伝えしました。
異臭の発生原因がわからない等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


某所ペットショップの汚水臭の発生源調査


人気ブログランキングへ

工事種別

臭気調査

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2016年12月26日
施工先
某所ペットショップの汚水臭の発生源調査
施工概要
都内某所のマンションの低層階テナントスペースの1室に、ペットショップが入居していた。不定期に下水のような悪臭が突如として漂っては消える為、原因がわからず弊社にご依頼いただいた。
施工前状況
・入居してからずっと、不定期に突如として、卵の腐ったような悪臭が漂ってくる。
・本当に不定期であり、漂う場所もバックヤード付近。何も発生するような原因が見当たらない。
・突如発生するその下水のようなにおいは強烈であり、不快感を催す。
・しかししばらくするとニオイはなくなる為、管理会社や設備屋に相談しても、臭気の発生状況の確認をして貰う事すら困難であり、困り果てていた。
施策内容
1.異臭発生源調査に熟練したベテランの臭気判定士2名がペットショップの悪臭発生源を特定すべく、現場へ赴いた。
2.現場へ到着した時、やはりその悪臭は発生していなかった。
3.お客様への聞き込みから、「卵の腐ったようなニオイ」という表現を複数のスタッフさんから確認できた。
4.慎重に、臭気判定士の嗅覚による官能評価を実施し、臭気の質や違和感をマッピングした。
5.スモークテスターで気流の動きや変化をチェックした。
6.図面を確認したが、気になる箇所との整合性がとれない為、天井裏にも潜入し、目視及び嗅覚にて気になる箇所を追い込んでいった。
7.いくつか仮説がたてられ、それらを実証する為に「トレースガス」でのテストを実施し、仮説を実証した事で真実を得た。
装置などの名称・分類
  • ペットショップの不定期に発生する下水臭の発生源調査
  • ビルテナントの汚水臭気の発生源調査
  • 臭気判定士による臭気強度マッピングと臭気の質の官能評価
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 設備図面とは違う衛生配管を発見し、その汚水配管からの臭気漏洩が特定出来た。
  • しかし設備がリニューアルにつぐリニューアルであったことから、完全なる設備配管修繕工事は不可能と判断された。
  • その為、次善の策として、エアーバランスの調整を行った。具体的には、問題となっている悪臭発生源付近の空気をファンで引っ張り、そのまま外で排気する方法である。
  • その結果、悪臭が突如発生しても、室内に漏洩する前に外部へ排気されるようになり、室内での汚水臭発生状況は改善された。
その他補足感想など
  • 現場そのものは、狭い範囲での異臭調査対象エリアであった。
  • しかし実際には、その場所だけでは調査は出来ない。そのビルの屋上の確認や、(地下があれば)汚水槽や雑排水槽のポンプアップ、左右上下のテナントや住戸等、影響を与えるあらゆる箇所のチェックが必要となるケースも多い。
  • また、図面があれば必ずご用意いただいているが、本現場のように、図面に書かれている設備配置と、目視にて確認した実際の配置が違うというケースも往々にしてある。
  • お客様やスタッフさんは、「ここには何もないけどな~」等、「火のない所に煙は立たぬ」と思われており、それが当然の常識である。しかし弊社の臭気調査では「常識を疑え」が調査方針の一つであり、何もないところでも、徹底して嗅いだり、目視したりしていく。
  • 本現場でも、困難と思われた天井裏へ潜入して、実際に見て、嗅いで、を怠らなかった為、悪臭の侵入箇所を突き止める事が出来た。
  • 臭気調査は、いかに多くの仮説を立てて、それらを一つずつ潰していけるかであり、最後は目に見えない発生源をいかに実証できるかにかかっている。
スモークテスターで気流の動きや変化をチェック
スモークテスターで気流の動きや変化をチェック
「トレースガス」でのテストを実施し、仮説を実証
「トレースガス」でのテストを実施し、仮説を実証
慎重に、臭気判定士の嗅覚による官能評価を実施
慎重に、臭気判定士の嗅覚による官能評価を実施
天井裏にも潜入し、目視及び嗅覚にて気になる箇所を追い込んでいく
天井裏にも潜入し、目視及び嗅覚にて気になる箇所を追い込んでいく
リニューアルにつぐリニューアルであったことから、完全なる設備配管修繕工事は不可能と判断
リニューアルにつぐリニューアルであったことから、完全なる設備配管修繕工事は不可能と判断
悪臭発生源付近の空気をファンで引っ張り、そのまま外で排気
悪臭発生源付近の空気をファンで引っ張り、そのまま外で排気

今回は、ペットショップの汚水臭の発生源調査についてお伝えしました。
においでお困りの場合は共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/