臭気調査」カテゴリーアーカイブ

マンション・住居・商業施設・工場など、幅広い分野のニオイの調査・測定・対策を実施しています。

タイの工場の臭気に関する現状把握のための臭気測定


人気ブログランキングへ

工事種別

タイの工場における臭気コンサルテーション

担当(著者)
提出日付
2019年10月17日
施工先
タイの工場
施工概要
既設あるいは新規導入検討に関する脱臭設備や脱臭装置の脱臭効果測定
施工前状況
  • 日本では弊社創業当初から多くあったお問い合わせの一つに、「自社工場から発生している排気臭がどれくらいの強さで、どこまで飛散していて、どうすれば臭気苦情がなくなるのか?」という内容のものが多くあった。
  • また、同時に、「昔、導入してみた脱臭設備なんだけど、どれくらい脱臭効果があるのだろう?」という内容のものも多くあった。
  • それらについては、弊社では、臭気の現状把握と拡散状況を確認するべく、臭気コンサルテーションを行い、多くの部分を可視化してきた。
  • 最近ではタイの工場にて、このようなお問い合わせを多く頂戴するようになった。
施策等の内容
  • 弊社からは、日本の国家資格である臭気判定士と、脱臭装置や臭気対策システムの設計技術責任者が、毎月、タイへ出張し、タイの代理店さんとともに、タイの各工業団地にある工場の臭気対策を行っている。
  • 脱臭装置のご相談や、脱臭システムのデモテスト、大好評を頂戴している臭気監視システムdeomoniのインストールや検量線の業務も多くありますが、その中の一つに、「臭気の現状把握」のためのご依頼や実務も毎回、必ずといっていいほど対応している。
  • また最近では、いつ導入したかもわからない脱臭設備の効果検証や、これから導入を検討している脱臭装置の効果検証のための臭気測定といったご依頼も頂戴するようになった。
  • 確かに第三者としての臭気測定をTOBで実施できる測定業者は弊社のチームくらいしかいないかもしれないので、極力、対応するようにはしているが・・。
装置等の名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • 日本の臭気判定士と、最新鋭の脱臭や臭気対策の技術責任者がSVとして監修。
    タイの代理店さんでは、TOBメソッドによる臭気測定の機材一式を取りそろえ、タイの臭気判定士を数名、資格取得の上、いわゆる三点比較式臭袋法を中心とするコンサルを行っている。
その他補足感想など
  • 日本では、臭気測定を実施する測定機関というのは、第1種事業所や第2種事業所を中心に、それ以外でも臭気判定士が複数名在籍する等の条件を満たせば、弊社を含めて多くの事業所が、公定法における臭気測定を実施する事が出来る。
  • そのため、工場において、自社から排気される臭気の強度(臭気濃度あるいはそれを対数で表す臭気指数)と、それらがどこまで拡散しているのかの影響度把握等は、ある程度、どこの工場でも一度くらいはコンサルテーション、あるいは臭気測定を実施し、一通りの把握をされているケースを多く見受けられるようになった。
  • しかしタイの工場では、日本のタイ現地法人の工場であっても、臭気測定すら実施したことがなく、どれくらいの臭気が自工場から出ていて、それらがどこまで拡散し、近隣に影響を与えているのかを把握していないケースも多く見受けられる。
  • また、臭気苦情があったため、脱臭装置や脱臭設備を勘案してみたものの、本当に効果があるのか、導入したらどれくらい周囲への拡散度を減らせるのかといった臭気拡散のシミュレーション等もしていないケースすら多く見受けられる。
  • 弊社のタイ臭気対策チームにお声掛けいただくケースも増えてきたのはありがたいことだが・・。
  • とにかくタイの工場で臭気測定を実施してみたい等のご相談がありましたら、弊社共生エアテクノまでまずは一度、お問い合わせください。
問い合わせボタン
タイの工場での臭気測定
タイの工場での臭気測定

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


工場内専用臭気調査


人気ブログランキングへ

工場内専用臭気調査
ポイント
  • 臭気対策を行う場合、臭気は目に見えないほど小さな物質のため、現状把握が大変重要になります。
  • 「どこ」から発生した臭気を、「どのように」処理することが適切かを判断する必要がございます。闇雲に脱臭装置を設置するだけでは、しっかりとした臭気対策を行うことが出来ません。
  • 対策しなければならない臭気発生源を把握し、発生した臭気をどのように処理することが適切かを具体的に提案し、改善策をご提示することが可能となります。
  • 工場内専用臭気調査では、臭気を数値化することが出来、調査することによって臭気を可視化することも可能となります。そのためにも、現状の臭気発生状況を確認するため、臭気調査が必須となります。
特徴
  • 工場内専用臭気調査を実施することで、工場内に飛散している臭気の発生源を特定
  • 臭気の発生原を徹底的に調査
  • 工場内の気流を調査し、臭気発生原から工場内へ飛散する臭気の流れを可視化
  • 臭気の発生状況を可視化することで具体的な対策方法の提案が可能
  • 臭気発生箇所が複数ある場合、各所で臭気測定を行い、臭気の強さを比較
  • 臭気の質を臭気判定士の鼻の感応によって識別
  • 工場全体を歩き回り、臭気の質、強さをプロットし、臭気マッピングを作成
  • 工場内漏洩臭気を対策することで、工場内の臭気を低減し、場内環境の改善が可能
調査内容

1 )ヒアリング及び現場事前確認

工場内の作業工程、工場全体像の確認、必要な調査方法を事前準備

2 )見積作成

ヒアリングに伴い必要な調査のお見積りの作成

3 )調査実施

  • 工場全体を歩き回り、臭気の質、強さをプロット
  • 特に臭気が強い箇所の臭気測定の実施(三点比較式臭袋法臭気指数・臭気濃度算出)
  • 工場内の気流を確認し、臭気の飛散状況の確認
  • 工場全体の臭気状況をプロットし、臭気マッピングの作成
  • 報告書作成、提出(改善方法の提案含む)

4 )脱臭装置事前検証テスト(別途オプション)※調査結果より、脱臭装置が必要な場合

  • 調査結果から得られた情報をもとに脱臭装置の選定
  • 小型テスト機を用いて実際の臭気をテスト機によってどの程度脱臭性能が保持できるか事前確認
  • 様々な条件でのテストを実施
  • 実機設計、実機見積書作成、提出
問い合わせボタン

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


旅館やホテル等における臭気発生源調査


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2019年8月19日
施工概要
施工前状況
  • 某宿泊施設にて、エントランスからフロントあたりにおいて、ほんとうに時々ではあるが、「クサイ」であったり、「ちょっとニオイが気になる」というような表現にて、臭気苦情が寄せられたり、大手宿泊サイト等の口コミに書き込みのあるケースが見受けられていた。
  • ホテルの従業員さんや、建築を行った設計や施工会社の担当者たち、そしてホテルの管理会社の社員さんたちが何度もチェックを行ったが、その気になるニオイについて、何となく臭気を感じられるのは、ごく一部の方だけであり、さらにそれも、臭気の発生源までは全くわからない状態であった。
  • 臭気苦情として寄せられる頻度も大変少なく、ニオイも常時しているわけではなく、さらに場所も客室ではなくエントランスではあったが、ホテル側としては何とかニオイ問題を解決したいと考えておられた為、臭気調査の専門会社を調べて弊社共生エアテクノにお問い合わせをいただいた。
施策内容
  • 担当の臭気判定士が対応にあたり、内容の確認や臭気調査の方法の相談、費用等を打ち合わせたのち、正式にご発注いただいた為、臭気判定士2名にて現場へ訪問した。
  • 宿泊施設の為、メインでの調査はチェックアウトからチェックインの時間帯となるが、臭気の感じられる時間帯が不明な為、1泊2日の工程とし、宿泊も当該ホテルに部屋をご用意いただいた。
  • 定期的に臭気判定士2名の嗅覚を中心に、臭気を嗅いでいったところ、臭気判定士1名が対象となる臭気を感応した。もう1名の臭気判定士には、その臭気は感応できなかった。
  • その対象臭気を追い詰めていったところ、発生源が確認出来た為、対策方法をご提案し、調査を終了した。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 抜本的な対策が難しい状況であった為、応急処置的な方法や、臭気を侵入させない方法など、現場でも施工管理や管理会社側と幾つかの方法をお打ち合わせさせていただいた。その対策を実施後、サイトの口コミ等でも、本件と同じ臭気に関する苦情や書き込みはなくなったと聞いている。
その他補足感想など
  • 臭気調査の対象箇所が、宿泊施設の客室であれば、そのお部屋を貸し出し中止としていただければ、調査としては終日、しっかり行う事が可能にもなるが、エントランスやロビーだと、常にお客様や清掃スタッフ等の出入りがある為、簡単ではない。
  • かといって、臭気判定士2名が毎日、現場でチェックアウト~チェックインの時間帯に張り付いて、ニオイの出待ちをするわけにもいかない。
  • そこで、ある程度、お客様の出入りが少ない時間帯(夜間や早朝等)でも、臭気の確認作業を行っていき、当たりを付けた状態にて、メインの時間帯で一気に悪臭発生源を追い込んでいく計画にて、泊まり込みの臭気調査を行った。
  • 臭気としては、本当に薄い状態であり、多くの方は気にならない、あるいはそこまで不快に感じない質であった為、クレームとしても極少数の方のみ、お寄せになられたようだ。
  • 臭気判定士も弊社の臭気調査では2名以上を原則としており、今回はその原則が生きた。
  • 宿泊施設、ホテル、旅館に限らず、工場や家庭、マンション、病院、飲食店、オフィスビル等において、汚水や下水系臭気の発生源調査や、謎の異臭調査、原因不明の臭気発生源調査や異臭判定でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気発生源調査
臭気発生源調査
臭気発生源調査
臭気発生源調査

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/