カテゴリー別アーカイブ: 臭気調査

マンション・住居・商業施設・工場など、幅広い分野のニオイの調査・測定・対策を実施しています。

排気臭を24時間、常時監視する臭気測定システム


人気ブログランキングへ

工事種別
担当(著者)
臭気対策コンサルタント 平山レオ
提出日付
2017年9月21日
施工概要
排気臭を24時間、常時監視する臭気測定システム
施工前状況
  • タイの某工場にて、近隣様から臭気苦情が発生している。
  • しかし複数の工場が隣接しており、自社工場のどのタイミングが、臭気苦情とリンクするのかがよくわからない状況であった。
  • 同時に、隣接している他工場の排気臭が臭気苦情の原因ではないかという事についても、把握できていない状況であった。
  • それらを把握する為に、まずは現状把握の出来るシステムを探していた。
施策内容
  • お客様と、弊社タイの代理店にて、弊社の「デオモニ」について協議いただいた。
  • 弊社もタイにてお打ち合わせに加わり、設置場所や内容のご説明を実施した。
  • その結果、東西南北の4方向と、隣接部分の合計5箇所に、デオモニを設置する事となった。
  • 臭気モニタリングシステムを設置する指令本部から、各デオモニ設置箇所までの電波状況と、必要となる中継機及び設置方法や電源供給方法等を現場にて確認を行った。
  • デオモニ本体、中継器、設置BOX等を輸出・納品し、電気工事や取付工事が行われた。
  • デオモニのセンサー値の調整や検量線の為の臭気測定等を行い、最終調整と試運転、取扱説明を実施した。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
  • 風向風速計と臭気測定機の連動システム
  • 定点設置・敷地境界設置による、臭気監視
  • 基準値オーバー時のアラーム機能
施工後の状況
  • 既に5台のデオモニが、24時間体制で臭気の監視体制に入っており、臭気が飛散すればセンサー値も高くなり、一定数値をこえたら警報が出るようになっている。また、風向風速計もセットとしてシステムに組み込まれているので、苦情時の臭気や風向風速からも現状把握がよりやりやすくなっている。
その他補足感想など
  • 日本では多くの実績を有するデオモニによるニオイ監視システムだが、海外での販売及び納品~実働の現場は初めてとなった。
  • 現場が、タイの工業団地にある工場であり、四季のある日本とは違い、常に暑く、雨も多いという条件を考慮する必要があった。そういった意味では、タイの工場に、スクラバースプレーシステムを複数導入させていただいており、操作盤や電気盤の経験も実績としてあるため、暑さ対策は問題なく設計する事が出来た。
  • 当初、試運転を行ったところ、電圧の違いなのか、初期値が高めに表示されたり、風向風速計の風速が速すぎたりと、幾つかの現象が発生した。しかし実際に弊社メンバーが現場にて確認を実施し、問題なく稼働させる事が出来た。頻繁にタイにいっている強みがここで生かされたといえる。
  • また、日本とタイの臭気判定士にて、嗅覚測定法を実施する事で、デオモニの検量線もより正確なものを実現出来たと感じている。
  • このデオモニ設置により、臭気の現状把握が見えてきており、問題点を絞り込んだうえで、排気臭対策(インジェクションスクラバーの設置)を次のステップとして進めているところである。
  • まずは、工場の臭気の拡散状況を把握しておきたい場合でも、風向風速計とセットにしたデオモニによるモニタリングシステムがお役に立てると思いますので、ぜひ一度、お問い合わせ下さい。
風向風速計連動(臭気測定)
デオモニシステム
デオモニ(5台稼働)
作業風景(高所臭気調査)
臭気測定データ
耐候設置BOX(デオモニ)

今回は、排気臭を24時間、常時監視する臭気測定システムについてお伝えしました。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


旅館の客室内の異臭対策


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士 松林宏治
提出日付
2017年9月14日
施工先
客室にて発生している臭気の発生源調査
施工概要
下水系臭気の臭気調査
施工前状況
  • 旅館にて、なぜか特定の部屋のみ、下水のような悪臭が漂う現象があったという。
  • 常時、汚水のような異臭が漂っているが、時間帯や曜日によっては、突如として強くなったり、弱くなったりする状況であった。
  • お抱えの設備業者等にもいろいろ調査をして貰ったが、皆目見当がつかず、困り果てていた。
  • お客様から悪臭苦情があって以来、該当の部屋を貸し出しする事をストップしたため、機会損失も大きく、一刻も早く、臭気問題を解決したいとインターネットで弊社を検索いただいた。
施策内容
  • 硫黄化合物系臭気が不定期に建物内に充満する事例に詳しい、臭気判定士4名にて、現場へ乗り込んでいった。
  • 臭気調査当日も、薄くではあるが、下水系臭気を感じられた。
  • 臭気判定士の嗅覚にて、漂っている下水臭を注意深く嗅ぎながら追い込んでいった。
  • どうやら天井裏にて最も臭気を強く感じられたため、お部屋を含めた旅館全体の給排気や衛生配管等の設備状況を確認していった。
  • スモークテスターや臭気センサーも併用していった結果、天井裏の通気弁が臭気の漏洩箇所と断定された。
  • トレースガスにて仮説を証明すべく、大元からガスを流したところ、天井裏にて確認出来た為、見事に実証する事が出来た。
装置などの名称
  • 分類
  • 装置の紹介(概要)
    施工後状況
    • 多くの部屋の天井裏に、同じ通気弁が設置されていたのだが、なぜかこの部屋の通気弁のみ、悪臭が漏洩している事が確認された。通気弁を交換しても同じ現象が発生するという不可思議な状況であった為、最終的にはトイレの排気ラインに通気を接続する事で、悪臭問題は無事、解決した。
    その他補足感想など
    • 実は本現場は、国営放送にて20分間にわたる特集番組の実録現場の舞台となった。
    • ドキュメント20min「密着!におい刑事~クサイに挑むプロフェッショナル」がそのタイトルである。
    • 通常よりも多くの臭気調査道具を念には念を入れて持参し、テレビのスタッフさんたちのカメラとともに臭気調査を行うという、弊社では初の実際の現場でリアルの臭気調査withテレビロケとなった。(その後、バンキシャ!やスーパーJチャンネル等、数多くの現場で採用される事になる方法の元祖である)
    • お客様からは、「臭気調査の実録がテレビでオンエアーされる事で、同じような悪臭問題を抱えている同業者等に、このような方法がある事をお知らせ出来ればと思い、お引き受けしました」とおっしゃっていただいた。
    • 接客業という中で、ニオイ問題というのはネガティブなもの。そんな中でもこのような思いで弊社に臭気調査をご依頼いただいた以上、必ず原因を突き止め、一刻も早くお部屋の貸し出しを再開できるように、万全の体制で臭気調査に赴いた。
    • 結果として、原因を突き止め解決する事できただけではなく、「テレビをみた」という事で驚くほど多くのお問い合わせを頂戴した。
    • そのほとんどが、「こんな会社あったんだ!」とか「ここに頼めばよかったんだ!」というお声を頂戴した為、決して簡単ではなかったが、テレビロケを敢行したおかげで、弊社のミッション遂行に繋がる機会を多く頂戴出来た事は、結果としては良かったと感じている。
    • 異臭発生や悪臭問題でお困りの工場様やホテル旅館様オフィスビルはもちろん個人様でも、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
    テレビ特集番組
    臭気調査委機材
    臭気測定器等
    番組撮影風景

    今回は、旅館の客室内の異臭対策についてお伝えしました。

    脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

    下記のバナーをクリックお願いいたします!
    人気ブログランキングへ

    会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

    消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

    ㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

     


    脱臭装置を見据えた現場でのフィールド脱臭テスト


    人気ブログランキングへ

    工事種別

    脱臭装置を見据えた現場でのフィールド脱臭テスト

    担当(著者)
    臭気判定士 シックハウス診断士 山田大介
    提出日付
    2017年8月2日
    施工先
    タイの某工場
    施工概要
    バンコクから遠方にある工場の近隣住民への臭気対策
    施工前状況
    • タイの某製造工場様にて、いろいろな脱臭対策を講じてきたが、思うように結果が出ていない。
    • この工場様が属されている業界全体に、タイ工業省が臭気規制を設ける可能性も出てきた。
    • 同時にこの工場様は日本の工場のタイ現地法人でもあり、日本本社の指導により、臭気対策を独自で行ってきていて、特に近隣住民様への配慮を最優先されている。
    • しっかりした脱臭技術をもち、タイでの対応もすぐに可能であり、日本やタイでの脱臭実績のある企業を探しておられる中で、弊社のタイ代理店にお問い合わせいただいたようである。
    • すぐに脱臭テストを実施していただきたいとの要請を受け、実施となった。
    施策内容
    • バンコクから車で行ける距離ではない為、事前に脱臭デモテスト道具を確認し、輸送トラックにて機材一式は陸送する方法とした。
    • メンバーは、日本から弊社の臭気判定士2名、技術責任者1名、タイの臭気判定士(タイ人スタッフ)2名とゼネラルマネジャー1名の合計6名体制で現場へ乗り込んだ。
    • 炎天下の中、打ち合わせから現場確認を経て、脱臭デモテスト装置を設置した。今回は消臭剤噴霧システムにてデモテストを実施した。
    • 消臭剤としては、弊社の取扱いがいろいろある中で、この工場の臭気に最も合致している、酸化機能水(共生エアテクノ製)を用いた。
    • 複数パターンで実機を見据えながら酸化機能水消臭剤によるダクトスプレーシステムテストを実施した。
    • 臭気採取後、いったんお昼休みとシャワータイムを経て、嗅覚と心身をリフレッシュしたのち、三点比較式臭袋法による臭気測定を実施した。
    • 臭気測定は、タイ人臭気判定士がオペレーターをつとめ、日本の臭気判定士と、現地工場のタイ人従業員女性スタッフを混在させた6名パネルにて実施した。
    装置などの名称・分類
    装置の紹介(概要)
    施工後状況
    • 臭気濃度40,000(臭気指数46)→脱臭後→臭気濃度5,000(臭気指数37) 脱臭効率87.5%
    • 他、何パターンかについても、同等レベルの脱臭効率を発揮する事が出来た。
    • 本データをもって、実機のご提案の検討に移っていく。
    その他補足感想など
    • タイの比較的遠方での脱臭デモテストであったが、弊社タイ代理店さんの段取りがよく、また、お客様が大変しっかりとした協力体制を敷いていただいたため、順調に予定通り、一連の脱臭デモテストを実施する事が出来た。
    • 臭気の変動が大きく、またどのような規制が敷かれていくのか不明ではあるが、近隣住民様への配慮を最優先に取り組まれておられる姿勢には、弊社としても大変共感できるし、何としてでもその真摯な姿勢に微力でも全力を尽くして、脱臭専門会社としてお手伝いしたいと、参加したメンバー全員で強く認識した。
    • 結果として、脱臭効率が90%近く算出され、嗅覚による官能評価でも誰が嗅いでもはっきりとわかる脱臭効果を叩き出す事が出来た。
    • この結果を基に、弊社の技術責任者が、脱臭装置の実機提案をさせていただくべく、設計勘案に入っていく。諸条件があり、簡単ではないが、少しでもお客様のゴールに近づけるようなご提案をしていく所存である。
    • タイの工場様では、臭気に対する規制は厳しくなったり新たに設けられる事も増えてくるようであり、続々と臭気対策についてのお問い合わせを頂戴している。
    • また、臭気監視装置「deomoni」に対するお問い合わせも数多く頂戴しており、まずは臭気を監視したり、可視化するという取り組みにも多くの興味を持っていただいているようである。
    • 弊社では、タイの代理店さんとともに、タイの工場の臭気対策にも取り組んでおります。タイの工場の臭気対策のご相談でも、まずは弊社までお問い合わせ下さい。
    脱臭デモテスト装置設置
    脱臭デモテスト装置設置
    脱臭デモテスト装置
    脱臭デモテスト装置
    臭気測定作業
    臭気測定作業
    臭気測定作業
    臭気測定作業

    今回は、脱臭装置を見据えた現場でのフィールド脱臭テストについてお伝えしました。

    脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

    下記のバナーをクリックお願いいたします!
    人気ブログランキングへ

    会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

    消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

    ㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/