海外の工業系事例」カテゴリーアーカイブ

東南アジアでは、新しく工場が出来て、新しく働く場が出来て、マーケットは大変活性化していると思いますが、それに伴う環境問題というのは、必ず同時に必要となるものだと弊社は考えております。

タイにおける工場のルーフ排気からの臭気対策


人気ブログランキングへ

工事種別

工場の排気臭対策(実施の為の脱臭デモテスト)

担当(著者)
提出日付
2018年11月23日
施工先
タイ王国の工場
施工概要
工場のルーフ排気からの臭気対策
施工前状況
  • タイの某工場団地にあるゴム製造工場にて、製造過程より排気臭が発生していた。
  • 工場の規模が大きく、また、ルーフファンを数多く設置されていた。
  • 局所排気を集合させた直接排気は、燃焼脱臭方法にて対処されていて問題がない状態だった。
  • しかし、臭気苦情がおさまらない為、弊社にて臭気コンサルテーションを実施し、臭気苦情がなぜ、発生しているのかを把握した。
  • 結果として、ルーフファンからの排気に問題があることがわかった為、そこを脱臭するべく、脱臭装置の実機を見据えた脱臭デモテストを実施した。
施策内容
  • 本来であれば、弊社インジェクションスクラバー脱臭装置にて対策を行いたいとご提案をさせていただいた。
  • しかし、工場の臭気対策における予算申請がすでに終了していた為、現状のやれる範囲での実機設計をリクエストいただいた。
  • そうなると、現状の排気ラインもある程度いかしつつ、消臭の程度もそれなりに出せるであろう、ダクト内スプレー噴霧システムを実機に見据える事となった。
  • タイ現地に実際にスプレーシステムの消臭テストシステム一式を持ち込み、実際の排気から臭気を引き込み、脱臭テストを実施した。
  • 目標数値まで脱臭できる事がわかった為、実機の提案をするべく、詳細設計へうつっていく。
装置などの名称/分類
  • タイにおけるゴム関係の工場の排気臭対策
  • タイの工業団地にある工場における消臭剤スプレー噴霧システム装置のデモテスト
  • タイの工場における近隣住民さんからの臭気苦情対策
装置の紹介(概要)
施工後の状況
その他補足感想など
  • もともと、ルーフファンからの排気なので、工場内の臭気や空気で希釈されたものが排気されていく。
  • よって、上述の通り、原臭臭気濃度(臭気指数)としては、低い数値であった。
  • しかし、ルーフファンの数が多い事と、そこからの排気風量が大きい為、臭気の総排出強度が高くなり、周辺への影響度も高く、遠い距離まで臭気が飛散してしまっていた。
  • さらに、近隣へもどんどん新しい住宅が新築されている状況であった。
  • また、弊社のような脱臭専門業者からの想像レベルであるが、今後、タイの工場の臭気規制はますます厳しくなっていくだろうと予想されるし、業界ごとに臭気規制が講じられていく可能性もあると思っている。
  • そんな中、タイのゴム業界における臭気規制も今後、順次整備されていく可能性はあるし、そうでなくても、やはり、ゴム臭というのは低濃度でも不快感があり、積極的に臭気対策を行いたい工場様には、日本でもタイでも、弊社はしっかり臭気対策をお手伝いしていきたいと思っている。
  • そのために、タイでも臭気対策のお手伝いが出来るような体制を整えている。
  • 日本でもタイでも、ゴム関係の工場はもちろん、工場の排気臭対策や工場の臭気対策でしたら、どうぞ弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
デモテスト装置/酸化機能水
デモテスト装置 機材
ダクトスプレーシステム デモ機
ダクトスプレーシステム デモテスト

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


タイにおける工場の臭気対策


人気ブログランキングへ

工事種別

工場の排気臭対策

担当(著者)
提出日付
2018年11月13日
施工先
タイ王国の工場
施工概要
排気臭対策実施の為の脱臭デモテスト
施工前状況
  • タイの某工場団地にある製造工場にて、製造過程より排気臭が発生していた。
  • その排気臭が排気口から拡散されるにあたって、広範囲に向かって臭気を感じさせていた。
  • 何年も、いろいろな対策を施してきたが、中途半端な為か、解決へは至らなかった。
  • タイ王国でも、日本の悪臭防止法のような規制が検討され、規制値への考え方も出来てきた為、工場側としてしっかりと脱臭対策を施したいと考えておられた。
  • 日本における脱臭技術をもち、タイでも展開している企業として弊社を発見いただき、お問い合わせを頂戴した。
施策内容
  • 既に少し前に、この工場にて、臭気対策コンサルテーションを実施済であり、どこの排気臭気を、どこまで脱臭して低減してあげればよいかはわかっていた。
  • 工場の予算の関係もあり、違う脱臭方法をテストされたりしていたが、なかなか効果が思うようにいっていなかった。
  • ある程度、実機へ進んだ際への予算も相談しながら、その中でベストな提案をさせていただき、それの効果検証を行うための、脱臭デモテストをご発注いただけた。
  • 弊社のタイの代理店さんと、ビジネスパートナー会社さんたち、さらには外注業者さんともアライアンスして、消臭剤のスプレー噴霧装置の実機を見据えた脱臭デモテストを現地にて実施させていただいた。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
その他補足感想など
  • 臭気対策のコンサルテーションから脱臭装置の実機を見据えた現地フィールドテスト。そしてその結果をうけての、脱臭対策としての消臭剤スプレー噴霧システムの実機のご提案から、実機を導入いただくまで、相当な時間を有する事となった。
  • 弊社の臭気判定士や、技術責任者、担当者は、ほぼ毎月、10日間ほどのタイ出張を行っているので、タイでの工場の臭気対策には、そこまでタイムロスはない。
  • さらにはタイに、弊社共生エアテクノの代理店企業がおり、大変フットワークも軽い為、最初のお問い合わせに対してのお打ち合わせ等は、極力迅速に対応させていただいている。
  • この工場の場合は、他のシステムを検討されたり導入してみたりされていた為に、本腰を入れて対策するまでに時間がかってしまったようだ。
  • 日本でもタイでも、脱臭対策を実施するにあたって、比較検討するというのは当然、やっていくべき重要事項である。しかし、臭気苦情というのは、放置すれば放置するほど、遅くなれば遅くなるほど、事態が悪化していくケースが多い。
  • せめて、臭気対策のスケジュールだけでも工程を組んで近隣さんへ提出するようにしていけば、臭気苦情に対して少しでも、センシティブな部分をケア出来るケースもある。
  • そう、いつまでに何をしてくれるのか等がわからない状況では、いつ解決するのかわからない悪臭に、いつまでも苛まれる事になってしまうからだ。
  • そういうときこそ、餅は餅屋。日本でもタイでの、臭気対策の事でしたら、消臭・脱臭専門会社である、弊社共生エアテクノのお問い合わせ下さい。
タイ工場の臭気調査
消臭剤のスプレー噴霧装置のデモ機
ダクトスプレーシステムデモ機
消臭剤のスプレー噴霧装置のデモ機
ダクトスプレーシステムのデモテスト
タイ工場での臭気測定

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


タイの工場における異臭漏洩調査


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気対策コンサルタント タイ及び西日本担当 平山レオ
提出日付
2018年9月14日
施工先
タイの工業団地にある工場
施工概要
タイの工業団地にある工場にて発生している臭気の測定
施工前状況
  • タイの工業団地にある某製造工場にて、周辺から臭気苦情が発生していた。
  • 機材メーカーさんから弊社を紹介いただき、すぐに弊社のタイ代理店とともに工場へ赴いた。
  • 臭気のコンサルテーションを実施させていただき、まずは現状の把握を実施した。
  • ターゲットを決めたのち、脱臭を実施する為の、脱臭デモテストをタイの現地工場にて実際にフィールドテストとして実施した。
  • その後、何度もお打ち合わせののち、酸化機能水消臭剤スプレー噴霧ユニットを導入させていただいた。
  • その工場にて、異臭が不定期に漂うとの事で、臭気調査の実施も行った。
施策内容
  • 日本からは、臭気調査の経験豊富な臭気判定士1名と、工場の臭気対策に経験豊富な臭気対策コンサルタントの2名にて、タイ現地へ赴いた。
  • また、弊社のタイにおける代理店からは、タイ国の制定するタイの臭気判定士も同行していただき、4名にて工場の問題箇所周辺の臭気調査にあたった。
  • 当日は、対象臭気を測定できる臭気測定器も持参していた為、臭気測定器による臭気強度マッピングも実施する事が出来た。
  • 調査中、対象臭気が突然強くなったり、全く感じなかったりと、全くの不定期な臭気発生状況であった。
  • 1つの仮説は、風向きによるEAからのまわりこみと想定した。しかし仮説を潰していく過程で、臭気判定士の中ではその説は仮説の域を出ないままであった。
  • すべての仮説が却下となったので、あとは己の嗅覚のみを頼りに、そのまま現場及び周辺を嗅ぎまわり、臭気が発生した時にその臭気を追い詰めていく作業をひたすら実施した。
  • その結果、思わぬところに発生源がある事を突き止めた。
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 全く想定されていなかった発生源が発覚したので、その経緯とルートを臭気測定メンバー全員で確認の上、その発生源をクローズしてしまう事にした。
    それにより臭気発生はゼロになった。
その他補足感想など
  • 日本の国家資格である臭気判定士を英語表記すると、「Olfactory Measurement Operator」となる。
  • 悪臭防止法という法律もあり、これらをもとに、タイでも工業団地や工場別に、タイ国における臭気測定方法を順次、法令化していると聞いている。
  • その証拠に、すでにタイ国でも、Odor Practice Certificationという事で臭気測定の為の資格(日本の臭気判定士と類似)があり、弊社のタイ代理店のタイ人スタッフは、その資格を有している数少ないタイの臭気判定士である。
  • 同時に、Equipment for odor investigation(臭気測定用冶具)も、日本における臭気測定道具一式が推奨されており、弊社はタイ国の工場における臭気調査や臭気測定、臭気のコンサルテーションも滞りなくお引き受けする事が出来る体制を整えている。
  • もちろん、臭気の測定だけではなく、実際の対策を見据えた脱臭デモテストや、デモテストから立案していく脱臭装置の設計や輸出、施工や設置後の臭気測定まで、さらにはアフターフォローを含めた一貫での臭気対策も、日本及びタイで対応できる体制を整えている。
  • タイの工場では、周辺住民との臭気苦情問題も多く、タイ人臭気判定士をその話し合いに立ち会わせ、専門家として第三者の立場における見解等でご協力する事も可能である。
  • 日本及びタイの工場における臭気対策であれば、トータルでも一部分でも、ご協力可能ですので、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/