海外の工業系事例」カテゴリーアーカイブ

東南アジアでは、新しく工場が出来て、新しく働く場が出来て、マーケットは大変活性化していると思いますが、それに伴う環境問題というのは、必ず同時に必要となるものだと弊社は考えております。

排気臭対策 日本の工場のタイ現地法人



人気ブログランキング

  
担当(著者)
臭気対策コンサルタント 平山レオ
提出日付
2022年6月15日
概要
日本の工場のタイ現地法人の製造からの排気臭対策
状況等
  • タイの工場では、その工場が所属する工業団地であったり、あるいはその所属する業種ごとに、臭気に対する規制が定められつつあります。
  • その臭気規制方法は、日本の悪臭防止法を参考にしていると言われており、臭気測定に必要な道具なども、日本の品質にて実施するのが、弊社のタイにおける臭気測定方法となります。
  • 資格者としても当然、日本の臭気判定士が出張ベースでタイの代理店さんとCO-WORKして、タイの臭気判定士さんとともに、タイの工場の臭気測定脱臭装置の効果確認等、もろもろの臭気対策業務に携わっております。
  • そんな中で、現時点での問題事項としては、臭気測定を実施できる専門家および企業が少ないということが挙げられます。
  • また、日本企業のタイ現地法人の工場以外では、なかなか臭気対策全般について、その費用を必要経費としてやっていくのは意識としても難しいという状況もあるようです。
  • その一方で、日本のタイ現地企業として存在する工場様では、定期的な臭気測定、そしてそれに伴い、そのコストを削減するためのセンサー設置を行っていただいております。
対応内容
  • 今までは、ポータブル型のハンディタイプのニオイセンサーを持ち歩きまして、1日1回、あるいは1日2回、工場の排気口周辺や、工場の敷地境界線を、ひたすら歩いて、ニオイセンサーの値を手書きのメモに設置していく作業を行っておりました。
  • 日本人のタイ駐在のご担当者様が実施されていたり、タイ人のスタッフさんが実施されていたり、あるいは日によって担当者さんが変わったりしていて、センサーの数値記録そのものに、意味がなさなくなっておりました。
  • しかし、それらの手間を省きたいのと、臭気苦情が発生したタイミングとの相関などをとりたいので、いよいよ定点に設置して、24時間365日、ニオイをモニタリングできる「ニオイセンサー」の導入を検討。工場の排気臭との相性や、無線の距離確認、臭気濃度との相関などを確認していきました。
  • また、風向風速計も設置。屋上の排気口周辺に数台。敷地境界線の東西南北に数台。そしてホストコンピューターへの無線をつなぐ中継機を数台と、詳細を決定していきました。
  • 実際に設置後、臭気との相関関係を作る検量線の設定、および受信確認を行い、無事にタイの工場でも「ニオイの見える化」が完成しました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
その他補足感想など
  • 日本の工場では、本当に数多くの工場様にて、臭気対策を含めて環境問題への取り組みの意識は日々、高まっております。
  • そのため、臭気苦情等がない状況であっても、ニオイセンサーによる臭気のチェックを実施していたり、あるいは臭気苦情があった場合では、その苦情主様への対応のためにも、ニオイセンサーによる定点設置を行っておられたりします。
  • そして弊社としては、意外だったことの1つに、タイの工場でも、多くのケースで弊社ニオイセンサー「deomoni」を必要としていただけたことです。
  • なぜなら、ニオイセンサーを定点設置しただけでは、当たり前ですが脱臭をすることはできず、あくまで臭気の変動状況や臭気の拡散、飛散の把握をできるにすぎないからです。
  • ところが、上述したように、毎日人間がハンディ型センサーを持ち歩いて、数値を記録していても、何も意味をなさないことがわかっておられてきた工場様が多いようです。
  • 臭気苦情が寄せられた時間、そのときに、臭気センサーのセンサー値がどうだったのか。そして風向きや強さがどうだったのか。それらが24時間365日、データ収集されていれば、工場の製造ラインの稼働状況や、何の製造時の排気臭だったのか、あるいはたくさんある排気口のどこからの可能性が高いのか、など、臭気問題の発生源を突き詰めていくことが可能となるのです。
  • タイでは、工業団地ごとの規制や、業種ごとの規制が定められつつあるのですが、それが全くない工場様でも、「これを設置しておくことで抑止力になるね」と導入していただいた工場様も少なくありません。
  • タイの工場の臭気対策でしたら、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


タイの工場の排気臭対策 [ インジェクションスクラバー ]



人気ブログランキング

    
担当(著者)
臭気判定士 松林宏治
提出日付
2022年3月25日
対応先等
タイの工場(工場の脱臭装置
状況等
  • コロナ禍前では、毎月、タイに出張しまして、タイの工場の臭気対策を行っておりました。
  • コロナ禍になり、さすがにタイ出張も行けなくなってしまい、まる2年、タイに渡航できないままでした。
  • それでも弊社のタイ代理店さんが頑張って活動してくれましたので、タイの工場の排気臭対策脱臭対策、消臭剤やニオイセンサーなど、滞りなく対策することが出来ておりました。
  • しかし、臭気は嗅がなければわかりません。臭いをオンラインで伝える方法はないのです。
  • そんな中で、いよいよタイの工場でも、既存の脱臭装置の交換の本格検討であったり、工場の排気臭の測定、臭気対策のコンサルテーションなどのご依頼が待ったなしとなってきました。
  • そして、コロナの規制も徐々に緩和され、隔離期間の縮小やらワクチンパスポートやらで渡航できるタイミングとなって参りましたので、この度、2年ぶりにタイへ出張して参りました。
  • そして、いくつかのタイの工場にて、脱臭や臭気センサー臭気測定などを実施し、臭気コンサルテーションを含めた脱臭装置のデモテストも実施して参りました。
対応内容
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
その他補足感想など
  • タイでは、日本の悪臭防止法と同じような内容で、臭気規制の導入を進めていると聞いております。
  • 実際に、弊社でも臭気判定士および臭気対策専門会社として、タイの工業省やタイの環境省のイベントなどに参加要請をいただき、弊社のタイ代理店のタイ人臭気判定士とともに、プレゼンテーションなどを行ったケースもあります。
  • しかしまだ、しっかりした法律にはなっていないようで、現状では各工業団地ごとに、規制が設けられているようです。とはいえ、一律としての目安が、排気口と敷地境界線では、臭気指数として設けられているとも聞いております。
  • そんな中で、やはりASEANの中でも工業立国の中心であるタイは、環境問題にもこれからさらに、力を入れていくことになると思います。
  • 燃焼脱臭装置よりは、もっとエネルギーコストをおさえるために、脱臭装置としてのスクラバーシステム。(除塵用ではない)。
  • そして、法規制を遵守するための、しっかりとした脱臭装置の選定なども、今後はより必要とされていくものと思われます。
  • そこで弊社では、日本国内の工場の脱臭装置として、たくさんの実績をもつ、デオキーパー脱臭装置も、いよいよタイでも展開することとなりました。
  • 実際に、今回のタイ出張でも、デオキーパー脱臭装置の導入をご検討いただいているタイの工場様にて、デモテストを実施して、高い脱臭効果を得られました。
  • さらに、敷地境界線の臭気を管理するために、タイ国内でも数多くの納入実績を誇る、deomoni(デオモニ)お問い合わせも数件、いただいておりますので、そちらの対応もさせていただいております。
  • 相変わらず、タイの工場の臭気対策でも、弊社の技術や装置を必要としていただけることに感謝しつつ、日本およびタイの臭気対策でしたら、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
タイの工場の排気臭対策
タイの工場の排気臭対策(臭気測定)
タイの工場の排気臭対策(嗅覚測定)
     

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


タイの工場の臭気対策(タイでのデオキーパー脱臭装置のデモテスト)


人気ブログランキングへ

 
担当(著者)
臭気対策コンサルタント 平山レオ
提出日付
2021年4月16日
対応先
状況等
  • 弊社共生エアテクノでは、日本におけるあらゆるニオイ対策や臭気問題、脱臭装置や臭気測定、カビ対策等を行っていますが、主力業務である工場の臭気対策においては、長年、タイ王国を中心とした東南アジアや、中国を中心とした東アジアでも、その業務を展開しています。
  • 特にタイでは、日本における悪臭防止法という法律に近い内容の規制が取り入れられる動きがあり、日本のような臭気判定士という国家資格についても、それに近い資格制度が導入されてきています。
  • 日本と違って、タイの悪臭防止法は、まだ法律というわけではないようであり、また、一部業種とかエリアとか、部分的な導入からスタートしているようでありますが、間違いなく、その条例は浸透していくと思われます。
  • 弊社もコロナ前までは、毎月、タイ出張を行っていました。
対応内容
  • コロナ禍となってしまい、タイへの出張は停止せざるを得ない状況ではありますが、弊社にはタイに代理店さんがいるため、そのビジネスパートナーの協力のもと、コロナ禍であっても、タイの工場の臭気対策のお手伝いを、ストップする事なく継続させていただいています。
  • 弊社の消臭ノウハウや脱臭装置の技術、臭気測定や臭気センサーといった部分は、タイの臭気対策のマーケットにおいても大変重宝していただけるようで、コロナ禍とはいえ、先日も弊社のビジネスパートナー経由、タイの工場の「ニオイの見える化」プロジェクトとして、弊社ニオイセンサー「deomoni」をインストールさせていただきました。
  • 他にも、日本の工場で臭気対策をお手伝いさせていただいた工場様から、「うちのタイの工場も面倒みて欲しいんだけど・・」とありがたいお言葉も頂戴するケースも増えてきました。先日はそんなお問い合わせから、臭気対策を闇雲にする前に、まずは現状把握をしましょう・・とご提案させていただき、臭気測定から実施させていただく事となりました。
  • その場合でも、原則、弊社が出張できる環境であれば、その日程に合わせて実施するようにしていますが、現状ではそれが難しい為、タイの代理店にて、臭気測定を実施させていただきます。
  • タイの代理店には、タイ人スタッフの臭気判定士が複数名常駐しており、タイの会社としては数少ない、臭気測定の実施可能会社です。
  • そしてこの度、さらにデモ機として、デオキーパー脱臭装置も常備いただく事となりました。
装置等の紹介
対応後の状況
  • 弊社が日本において、大変多くの納入実績を頂戴しているデオキーパー脱臭装置のデモテスト機が、いよいよタイでも用意できる運びとなりました。これにより、今まであった湿式脱臭装置のデモテストに加えて、活性炭等を用いる乾式脱臭装置のデモテストもタイにて可能となりました。
その他補足感想など
  • 今まで、タイにおいては、弊社とタイの代理店さんにて、インジェクションスクラバー及びハイブリッドスクラバー、そしてデオミストタイプ、いわゆる湿式脱臭装置としての小型デモテスト機を準備させていただいてきました。
  • それにより、簡易的な消臭剤のスプレー噴霧の効果確認から、しっかりとした規模の脱臭テストまで、幅広く、タイ現地の工場にて、脱臭テストを実施させていただく事が可能でした。
  • そして、タイでも臭気に関する条例が徐々に整ってきている中で、臭気の測定方法が日本と同じ方向で制定されている為、弊社からは日本の臭気判定士がタイへ出張し、タイにおけるタイ人の臭気判定士とともに、工場の臭気コンサルテーションを実施していく中で、臭気測定(三点比較式臭袋法)を一緒に実施し、臭気指数(臭気濃度)の算出方法はもちろん、それらを算出したことでどうやって実際の対策まで想定していくのか等まで、実施させていただいてきました。
  • さらには、臭気測定が実施できるようになった為、タイの工場臭気モニタリングシステムも爆発的にインストールをさせていただく件数を多く頂戴しました。弊社としても、タイでここまでニオイセンサーによるニオイの見える化「デオモニ」の需要があるとは正直、思っていなかった為、驚きとともに、タイのそのような環境や臭気に関する取り組みに対して、弊社及び弊社のタイ代理店ともに、積極的に対策のお手伝いをさせていただいています。
  • そんな中で、日本においては大変多くの納入実績があり、脱臭装置としてもシンプルな脱臭方法でわかりやすいと好評の「デオキーパー脱臭装置」については、ここ1年ほど、やはりタイにおいても必要ではないか?お客様のニーズにお答えする為には、脱臭アイテムのレパートリーとして揃えておかなくてはならないのでは?という協議を、ビジネスパートナーと弊社にて重ね続けてきました。いかにお客様に必要としていただける存在となれるか、が最重要であるからです。
  • その結果、弊社の技術開発の創意工夫と、ビジネスパートナーの英断により、いよいよ、デオキーパー脱臭装置のデモテスト機が海をわたることとなりました。これにより、デオキーパー脱臭装置のデモテストが、タイの工場でも実施可能となりました。
  • タイの工場の脱臭対策脱臭装置臭気対策や臭気測定、ニオイセンサーやデモテスト等でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。コロナ禍でも対応可能です。
デオキーパー脱臭装置のデモテスト機
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/