カテゴリー別アーカイブ: 海外の工業系事例

東南アジアでは、新しく工場が出来て、新しく働く場が出来て、マーケットは大変活性化していると思いますが、それに伴う環境問題というのは、必ず同時に必要となるものだと弊社は考えております。

タイの工場における異臭漏洩調査


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気対策コンサルタント タイ及び西日本担当 平山レオ
提出日付
2018年9月14日
施工先
タイの工業団地にある工場
施工概要
タイの工業団地にある工場にて発生している臭気の測定
施工前状況
  • タイの工業団地にある某製造工場にて、周辺から臭気苦情が発生していた。
  • 機材メーカーさんから弊社を紹介いただき、すぐに弊社のタイ代理店とともに工場へ赴いた。
  • 臭気のコンサルテーションを実施させていただき、まずは現状の把握を実施した。
  • ターゲットを決めたのち、脱臭を実施する為の、脱臭デモテストをタイの現地工場にて実際にフィールドテストとして実施した。
  • その後、何度もお打ち合わせののち、酸化機能水消臭剤スプレー噴霧ユニットを導入させていただいた。
  • その工場にて、異臭が不定期に漂うとの事で、臭気調査の実施も行った。
施策内容
  • 日本からは、臭気調査の経験豊富な臭気判定士1名と、工場の臭気対策に経験豊富な臭気対策コンサルタントの2名にて、タイ現地へ赴いた。
  • また、弊社のタイにおける代理店からは、タイ国の制定するタイの臭気判定士も同行していただき、4名にて工場の問題箇所周辺の臭気調査にあたった。
  • 当日は、対象臭気を測定できる臭気測定器も持参していた為、臭気測定器による臭気強度マッピングも実施する事が出来た。
  • 調査中、対象臭気が突然強くなったり、全く感じなかったりと、全くの不定期な臭気発生状況であった。
  • 1つの仮説は、風向きによるEAからのまわりこみと想定した。しかし仮説を潰していく過程で、臭気判定士の中ではその説は仮説の域を出ないままであった。
  • すべての仮説が却下となったので、あとは己の嗅覚のみを頼りに、そのまま現場及び周辺を嗅ぎまわり、臭気が発生した時にその臭気を追い詰めていく作業をひたすら実施した。
  • その結果、思わぬところに発生源がある事を突き止めた。
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 全く想定されていなかった発生源が発覚したので、その経緯とルートを臭気測定メンバー全員で確認の上、その発生源をクローズしてしまう事にした。
    それにより臭気発生はゼロになった。
その他補足感想など
  • 日本の国家資格である臭気判定士を英語表記すると、「Olfactory Measurement Operator」となる。
  • 悪臭防止法という法律もあり、これらをもとに、タイでも工業団地や工場別に、タイ国における臭気測定方法を順次、法令化していると聞いている。
  • その証拠に、すでにタイ国でも、Odor Practice Certificationという事で臭気測定の為の資格(日本の臭気判定士と類似)があり、弊社のタイ代理店のタイ人スタッフは、その資格を有している数少ないタイの臭気判定士である。
  • 同時に、Equipment for odor investigation(臭気測定用冶具)も、日本における臭気測定道具一式が推奨されており、弊社はタイ国の工場における臭気調査や臭気測定、臭気のコンサルテーションも滞りなくお引き受けする事が出来る体制を整えている。
  • もちろん、臭気の測定だけではなく、実際の対策を見据えた脱臭デモテストや、デモテストから立案していく脱臭装置の設計や輸出、施工や設置後の臭気測定まで、さらにはアフターフォローを含めた一貫での臭気対策も、日本及びタイで対応できる体制を整えている。
  • タイの工場では、周辺住民との臭気苦情問題も多く、タイ人臭気判定士をその話し合いに立ち会わせ、専門家として第三者の立場における見解等でご協力する事も可能である。
  • 日本及びタイの工場における臭気対策であれば、トータルでも一部分でも、ご協力可能ですので、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


タイにおける工場の排気臭対策


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気対策コンサルタント タイ及び西日本担当 平山レオ
提出日付
2018年8月17日
施工先
タイの工場
施工概要
タイの日本現地法人として設立されている工場の臭気対策
施工前状況
  • 日本のタイ現地法人として設立されているタイにある工場。
  • いろいろな製造ラインを有しておられて、稼働率も高く、その分、排気臭や排気量も多い。
  • 風向きや生産状況によって、近隣から臭気苦情が寄せられるようになってきた。
  • もともと周囲には何もない状況だったが、今は住居や施設が立ち並び、臭気対策はタイといえども必須となってきている。
  • 弊社のタイ代理店にご相談いただき、まずは臭気監視装置「Deomoni」を、工場の敷地境界や排気口近くに設置する事で、臭気の変動をモニタリングしていくことが決定した。
  • また、最も臭気が強いレベルで排気される製造ラインの排気口には、消臭剤のスプレー噴霧ユニットも設置して、脱臭対策を実施する事も決定された。
施策内容
  • 24時間ニオイ監視システム「デオモニ」は、無線にて電波を飛ばして、中央監視室にあるパソコン等の画面にて、臭気変動状況等をリアルタイムでチェックできる。
  • 同時に、そのデータは保存され、のちほど、時系列や場所別等でのチェックをする事が可能である。
  • 日本の悪臭防止法が、タイでも悪臭防止条例というような形で徐々に制定されつつあり、臭気指数(臭気濃度)の算出も必要となっている。
  • 弊社では、日本の臭気判定士と、代理店さんに常駐しているタイの臭気判定士によるコラボにて、臭気対策コンサルテーションや臭気濃度の測定等を実施する事で、デオモニの数値に検量線を覚えさせ、測定回数や手間を少なくする事も可能である。
  • また、風向風速計を設置し、臭気センサー「Deomoni」と関連づけることによって、どの風向きの時にどこのニオイセンサーが反応しているか、等の詳細なデータ確認も可能となっている。
  • 電波状況の確認をタイ現地にて実施し、中継器の台数も決定した。
  • 出荷前検査を弊社大阪ラボにて実施した。
装置の紹介(概要)
  • 日本やタイの工場にて、排気される臭気や場内臭気を、無線にてモニタリングできるシステム。
  • 風向風速計との連動により、どの風向きの時にどのセンサーが反応するかを確認する。
  • 人による臭気マッピングや臭気測定の手間や時間を軽減できるシステム。
施工後の状況
  • 臭気監視システムDeomoniの出荷前検査として、結果としては問題なく施主検査に合格した。
  • 具体的には、Deomoni複数台の反応や挙動のチェックがメイン。その他、弊社自主基準に合わせて、各項目をくまなく検査している。
  • その後、タイへ輸出され、タイ現地にて設置工事や試運転確認後、検量線を作成していく。
その他補足感想など
  • 今までは、工場の担当者が、ハンディタイプのセンサーを手にもって、毎日決まった時間に敷地境界を歩いて、臭気レベルをメモする必要があった工場様。
  • 近隣から「今、臭気が来ている!」と臭気苦情があってから、センサーを用意しアイドリングして、駆け付けた時には「もうないよ」と言われて手間ばかりの割には確認ができない工場様。
  • 近隣から臭気苦情が寄せられているが、どう考えても自工場の排気臭ではなく、近隣の違う工場からの排気臭ではないかと思っておられる工場様。
  • 今は臭気苦情等はないが、今後の為にも、あるいは自社基準やコンプライアンス、臭気苦情を発生させない予防を考えていきたい工場様。
  • 悪臭防止法条例にのっとり、臭気指数測定を毎度やっているが、そこまで厳密なデータを毎回必要とはしておらず、参考程度でよく、測定回数を減らしたいと考えておられる工場様。
  • その他、様々なケースで、工場の臭気を常時監視、24時間モニタリングできるシステムが、Deomoni(デオモニ)の最大の特徴である。
  • 日本及びタイの工場にて、そのような需要やニーズ、試みを考えておられましたら、弊社の臭気監視システム「Deomoni」はベストマッチですので、ぜひ弊社までまずはお気軽にお問い合わせ下さい。
臭い監視システム ユニット
臭い監視システム ユニット
臭い監視システム 表示
臭い監視システム デオモニ

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


工場の製造ラインから発生している臭気の脱臭対策(タイの工業団地)


人気ブログランキングへ

工事種別

タイの工場における脱臭対策

担当(著者)
臭気コンサルタント 平山レオ
提出日付
2018年5月10日
施工先
タイの工業団地における産業工場
施工概要
工場の製造ラインから発生している臭気の脱臭対策
施工前状況
  • タイの某所工業団地にある工場にて、近隣住民さんから臭気苦情が発生していた。
  • その対策として、東アジアにある某国製のスクラバー脱臭装置を導入された。
  • しかしほとんど脱臭効果が感じられず、もちろん臭気苦情もおさまらず、いよいよ工業団地のガバメントから操業停止の可能性もあると指導されてしまった。
  • 日本にある工場のタイ現地法人であったため、しっかりとした日本の脱臭技術にて対応したいと、他の業者さん経由で弊社を紹介いただいた。
  • お打ち合わせ実施、臭気のコンサルテーションによる現状把握、脱臭テストを経て実機を選定し、POを頂戴できたため、このほど、スプレーシステムを納品させていただいた。
施策内容
  • コンサルテーションにより、スクラバーほどの脱臭装置は不要と判断し、消臭剤のダクト内スプレー噴霧システムを設計させていただいた。
  • 排気ダクトも立ち上げていただき、消臭剤も本臭気と最も相性がよく、ランニングコストも大幅に低コストで済む、酸化機能水をセレクトし、テスト時でもしっかり除去出来ていた。
  • タイでちょうど、数件の現場が重なったため、数チームに分かれて現場対応を行った。
  • 日本クオリティにて、日本国内にてほぼすべての装置設計を行い、スプレーシステムを一式として製造。完成検査も国内で行ったのち、国内港渡しで出荷となった。
  • タイで弊社と代理店にて荷受けから納品、設置や据付まで立ち合いを行い、弊社側のチェックもしっかり行った上、試運転及び臭気測定にて効果検証を行った。
  • 最後に先方のタイ人スタッフさん各位に取り扱い説明会を実施し、測定結果報告書も提出したうえで、一連のプロジェクトは無事、終了となった。
装置などの名称/分類
施工後の状況
  • ①原臭臭気濃度5,000(臭気指数37) → 脱臭後臭気濃度1,300(臭気指数31)
    ②原臭臭気濃度5,000(臭気指数37) → 脱臭後臭気濃度790(臭気指数29)
    脱臭効率 ①74% ②84.2%
その他補足感想など
  • 一度、脱臭装置の選定で失敗されていることもあり、今回は導入前から全面的に臭気対策プロジェクトをお任せいただけた。
  • 弊社としても、臭気の現状把握、状況判断を実施する臭気対策コンサルテーションからしっかりと対応させていただけた。
  • かなり時間的に急がれていたが、より良い条件面を模索する意味も含めて、実機を見据えた脱臭デモテストも実施し、実機の装置やシステム、消臭剤等の条件面を探っていった。
  • コンサルとテストの結果をもとに装置設計を実施し、お見積り等も含めてお客様といろいろとお打ち合わせを重ねた結果、ダクトスプレーシステムにて決定した。
  • 実機の設計と製造は、弊社の協力工場にて日本国内で実施できたため、大きな問題はなく、納期を極力頑張って、国内での出荷検査まで迅速に実施した。
  • タイでは代理店さんが輸出入をやっていただき、そこでの大きなトラブルもなかった。
  • 今回は工事が別途であったため、所掌範囲等での部分問題はあったものの、おおむね、工程通り進捗させることが出来た。
  • お客様側でも、いろいろな臭気苦情解決への努力を実践されており、その一環として弊社もお手伝いさせていただけたことを光栄に思う。
  • 日本の工場、タイの工場ともに、臭気対策であれば弊社にまずはお問い合わせ下さい。
脱臭装置輸送
タイ工場施設
脱臭装置
脱臭装置

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/