海外の工業系事例」カテゴリーアーカイブ

東南アジアでは、新しく工場が出来て、新しく働く場が出来て、マーケットは大変活性化していると思いますが、それに伴う環境問題というのは、必ず同時に必要となるものだと弊社は考えております。

臭気センサーDeomoniを用いた工場の臭気監視システム


人気ブログランキングへ

工事種別

工場のニオイ見える化

担当(著者)
臭気対策コンサルタント タイ担当 平山レオ
提出日付
2019年7月29日
施工概要
臭気センサーDeomoniを用いた工場の臭気監視システム
施工前状況
  • タイの某工場において、時々、周辺からの臭気苦情があり、臭気対策を施すかどうか、勘案しておられた。
  • 簡易的な消臭対策を実施する事で、苦情件数は減ったが、まだはっきりとなくなったわけではなく、どのタイミングでどのようなときに臭気苦情が発生するのか、把握しきれない状況でもあった。
  • また、臭気苦情が皆無であっても、工場としては環境対策のプロジェクトの一つとして、臭気の見える化を推進していきたい考え方もあった。
  • 定点設置型で、なるべく付帯工事費用を抑えられて、臭気の飛散状況や変動状況を確認できるシステムを検討しておられた。
  • 結果、弊社のDeomoniを導入いただく事になった。
施策内容
  • 事前に電波確認の為、タイの工場にて実際に電波の届く状態を確認した。
  • また、臭気の飛散状況を勘案し、Deomoni本体の設置場所と、中央制御するメインコントローラーのPCへ繋ぐ中継機の台数を決めた。
  • そして、ニオイ測定機であるDeomoniと、中継機の定点設置工事を行い、試運転を行った。
  • 同時に、飛散してくる臭気や排気口の臭気を採取し、三点比較式臭袋法を用いた臭気濃度を算出。それらをDeomoniの数値とリンクさせる事で、検量線も完成させていった。
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 電波の飛び状況や、Deomoniのセンサー数値の挙動等、特に問題なく稼働出来たため、無事に検収となった。
    その他の地域にある工場でも、Deomoniのインストールが進んでいる。
その他補足感想など
  • 中継機の台数は、現場状況によって大きく変わってくる。
  • 電波の飛び状況が悪い場合などは、想定以上にリレーを設けなければならないケースもある。
  • また、工場にて生産している物や保管している物によって、電波が急に飛びにくくなったりもする。
  • 弊社では、必ずと言っていいほど、事前に現場で中継機の電波の飛びを確認後、それに基いた提案をさせていただくようにしている。
  • さらには、Deomoniも中継機も、納期が数か月かかってしまう為、お客様をなるべくお待たせしないような製造・販売・技術が一体となった納期短縮も企業努力としていろいろ行っている。
  • 日本の工場でも、タイの工場でも、環境問題の大きなテーマの1つとして、「臭気」や「ニオイ」はターゲットとなりやすい。
  • その中で、臭気苦情がなくても、事前の臭気把握や臭気対策として、臭気監視システムdeomoniを定点設置したり、ハンディで使ったりというケースは増えてきていると思う。
  • もし、臭気の把握や、ニオイの見える化、臭気センサーの導入をご検討されている工場様がいらっしゃいましたら、日本でもタイでも、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


インストール前のデオモニ電波確認


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気対策コンサルタント タイ担当 平山レオ
提出日付
2019年4月12日
施工先
日本及びタイの製造工場
施工概要
インストール前のデオモニ電波確認
施工前状況
  • 日本及びタイ、その他、世界規模にて世界各地に製造工場を持っておられる日本の製造工場はたくさんある。
  • その中の一つの工場様にて、環境問題の一つに「臭気」という分野も盛り込まれていた。
  • 臭気対策を実施していく中で、例えば臭気苦情が発生していても、臭気苦情が発生していなくても、常に、臭気レベルを把握していく事は、環境対策の一つとして必要であると判断された。
  • そこで早速、日本の各地の工場にて、臭気対策の一環として、弊社の24時間臭気モニタニングシステムDeomoniを導入していく事を決定していただいた。
  • 続いて、タイの各地の工場でも同様に、デオモニを設置していく方向性にてお話を頂戴した。
施策内容
  • タイの各工業団地にある工場様にも、弊社の臭気判定士と技術担当役員、そして担当の臭気対策コンサルタントや、タイ現地代理店のマネージャー、タイの臭気判定士や現場担当者らのうちから、スケジュールを調整して、それぞれの工場へ順次お伺いしていった。
  • 例えば工場の見取り図をご用意いただき、まずはどこの場所にデオモニを設置するのがベターかを検討した上で、実際に現地や現場を視認していく作業が必ず必要となる。
  • さらに、コントロールする中央制御場所と、デオモニ設置場所をつなぐ電波の中継機の設置位置も必要となる為、実際にデモ機を持参し、人海戦術で電波状況も確認する作業が必要となる。
  • そして設置できそうな場所や高さ、状況をプロットした上で、最終お見積書提出となる。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 本現場では、当初の想定からの現場での動きで、中継機の台数の算出や、臭気センサーDeomoniの設置位置の把握、風向風速計の必要性等、いろいろより良いご提案をする事が可能となった。 ほかのタイの工場でも、お打ち合わせや現場での電波確認等はほぼ必ず実施させていただく。
その他補足感想など
  • 何もない状況であれば、想定している範囲まで電波が届くのだが、やはり工場では、遮蔽物や障害物も少なくない為、想定している距離ほど電波が届かないケースも多くある。
  • そのため、まずはざっくり概算でのお見積りを出させていただき、ある程度、ご予算と合致する場合は、必ずといっていいほど、電波確認も含めて再度、現場にお伺いさせていただいている。
  • そして、コントロール室として使用する場所から、Deomoniを設置する場所を実際に歩いて、ニオイセンサーの設置する位置の選定提案からはじまり、中継機の設置場所も確認しながら対応している。
  • そして、実際に現場の臭気にて臭気判定士による臭気測定を実施し、臭気濃度(臭気指数)を算出。それと臭気測定器Deomoniとをリンクさせる事で、はじめて、ニオイのモニタリングに意味が出てくるという事になる。
  • 最近では、Deomoniを1台、手持ちで持っておいて、定点観測以外の気になるポイントや、製造物の臭気値による管理もみてみたいというご要望も多く、新たなるバージョン開発も鋭意進めている。
  • 工場の臭気に関する事でしたら、日本でもタイでも、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
デオモニ電波確認
デオモニ電波確認

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


タイにおける工場の臭気コンサルテーション


人気ブログランキングへ

種別
担当(著者)
提出日付
2019年1月4日
施工先
タイの工業団地
施工概要
タイの工場での排気臭と臭気規制との確認他(タイの工業団地の臭気規制)
施工前状況
  • タイの某工業団地にある日系の工場にて、製造過程から排気される排気臭が、近隣住民さんから臭気苦情となってしまっていた。
  • 工場側としては、真摯に対応をしていくスタンスであり、いろいろ導入してみたりトライされていたようだが、なかなか臭気苦情の解決には至っていない。
  • よって、まずはしっかりとした現状把握をした上で、臭気問題の解決をやっていかなくてはならないと判断され、以前もお問い合わせをいただいた弊社に、また、お声掛けを頂戴した。
  • 臭気コンサルテーションのお見積書をタイの代理店さん経由で提出させていただいたところ、無事、ご発注いただいた。
施策内容
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 臭気拡散シミュレーションにより、ターゲットとする排気ラインや製造過程を絞り込み、それらをどこまで脱臭すればよいか等、そして臭気監視システムDeomoniを設置していく事で、臭気をリアルタイムでさらに確認していく等の提案をご報告書に纏め、本件は終了となり、次のステップへ続く。
その他補足感想など
  • 日本でもタイでも、本当によく見かける光景ではあるが、工場の臭気対策を勘案していく上で、現状の把握が出来ていないまま、脱臭装置を導入しておられるケースがある。
  • 特にタイでは、まだまだ、「臭気を測定する」という部分については普及していないように感じていて、あっても成分濃度測定結果である・・というケースも少なくない。
  • なので、「臭気測定」を実施するという事に、それなりの費用を支払うというのも、最初は多少、ハードルが高いと感じられるケースもあるようだ。
  • しかし実際には、現状把握をまず、実施する事が、いかにその後の展開をスムーズに成功へ導けるかの大切なスタート地点となる。
  • 実際に臭気コンサルテーションを行う事で、脱臭装置が必ずしも必要ではないケースもあるし、臭気監視システムに検量線を引いて、24時間365日の臭気変動や臭気把握をDeomoniで実施するというセカンドステップへ繋がっていくケースもある。
  • 日本では、日本の国家資格である臭気判定士。タイでは、タイの資格である臭気判定士が、それぞれ臭気測定を実施する資格となるが、臭気測定の方法は同じなので、弊社では経験豊富な臭気判定士臭気対策コンサルタントが、タイの代理店さんと一緒になって、タイの工場の臭気対策に当たっている。
  • 日本及びタイの工場にて、臭気対策をご検討の場合は、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
タイの工場の臭気コンサルテーション
タイの工場の臭気コンサルテーション

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/