カテゴリー別アーカイブ: 海外の工業系事例

東南アジアでは、新しく工場が出来て、新しく働く場が出来て、マーケットは大変活性化していると思いますが、それに伴う環境問題というのは、必ず同時に必要となるものだと弊社は考えております。

脱臭装置を見据えた現場でのフィールド脱臭テスト


人気ブログランキングへ

工事種別

脱臭装置を見据えた現場でのフィールド脱臭テスト

担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士 山田大介
提出日付
2017年8月2日
施工先
タイの某工場
施工概要
バンコクから遠方にある工場の近隣住民への臭気対策
施工前状況
  • タイの某製造工場様にて、いろいろな脱臭対策を講じてきたが、思うように結果が出ていない。
  • この工場様が属されている業界全体に、タイ工業省が臭気規制を設ける可能性も出てきた。
  • 同時にこの工場様は日本の工場のタイ現地法人でもあり、日本本社の指導により、臭気対策を独自で行ってきていて、特に近隣住民様への配慮を最優先されている。
  • しっかりした脱臭技術をもち、タイでの対応もすぐに可能であり、日本やタイでの脱臭実績のある企業を探しておられる中で、弊社のタイ代理店にお問い合わせいただいたようである。
  • すぐに脱臭テストを実施していただきたいとの要請を受け、実施となった。
施策内容
  • バンコクから車で行ける距離ではない為、事前に脱臭デモテスト道具を確認し、輸送トラックにて機材一式は陸送する方法とした。
  • メンバーは、日本から弊社の臭気判定士2名、技術責任者1名、タイの臭気判定士(タイ人スタッフ)2名とゼネラルマネジャー1名の合計6名体制で現場へ乗り込んだ。
  • 炎天下の中、打ち合わせから現場確認を経て、脱臭デモテスト装置を設置した。今回は消臭剤噴霧システムにてデモテストを実施した。
  • 消臭剤としては、弊社の取扱いがいろいろある中で、この工場の臭気に最も合致している、酸化機能水(共生エアテクノ製)を用いた。
  • 複数パターンで実機を見据えながら酸化機能水消臭剤によるダクトスプレーシステムテストを実施した。
  • 臭気採取後、いったんお昼休みとシャワータイムを経て、嗅覚と心身をリフレッシュしたのち、三点比較式臭袋法による臭気測定を実施した。
  • 臭気測定は、タイ人臭気判定士がオペレーターをつとめ、日本の臭気判定士と、現地工場のタイ人従業員女性スタッフを混在させた6名パネルにて実施した。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 臭気濃度40,000(臭気指数46)→脱臭後→臭気濃度5,000(臭気指数37) 脱臭効率87.5%
  • 他、何パターンかについても、同等レベルの脱臭効率を発揮する事が出来た。
  • 本データをもって、実機のご提案の検討に移っていく。
その他補足感想など
  • タイの比較的遠方での脱臭デモテストであったが、弊社タイ代理店さんの段取りがよく、また、お客様が大変しっかりとした協力体制を敷いていただいたため、順調に予定通り、一連の脱臭デモテストを実施する事が出来た。
  • 臭気の変動が大きく、またどのような規制が敷かれていくのか不明ではあるが、近隣住民様への配慮を最優先に取り組まれておられる姿勢には、弊社としても大変共感できるし、何としてでもその真摯な姿勢に微力でも全力を尽くして、脱臭専門会社としてお手伝いしたいと、参加したメンバー全員で強く認識した。
  • 結果として、脱臭効率が90%近く算出され、嗅覚による官能評価でも誰が嗅いでもはっきりとわかる脱臭効果を叩き出す事が出来た。
  • この結果を基に、弊社の技術責任者が、脱臭装置の実機提案をさせていただくべく、設計勘案に入っていく。諸条件があり、簡単ではないが、少しでもお客様のゴールに近づけるようなご提案をしていく所存である。
  • タイの工場様では、臭気に対する規制は厳しくなったり新たに設けられる事も増えてくるようであり、続々と臭気対策についてのお問い合わせを頂戴している。
  • また、臭気監視装置「deomoni」に対するお問い合わせも数多く頂戴しており、まずは臭気を監視したり、可視化するという取り組みにも多くの興味を持っていただいているようである。
  • 弊社では、タイの代理店さんとともに、タイの工場の臭気対策にも取り組んでおります。タイの工場の臭気対策のご相談でも、まずは弊社までお問い合わせ下さい。
脱臭デモテスト装置設置
脱臭デモテスト装置設置
脱臭デモテスト装置
脱臭デモテスト装置
臭気測定作業
臭気測定作業
臭気測定作業
臭気測定作業

今回は、脱臭装置を見据えた現場でのフィールド脱臭テストについてお伝えしました。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


自動車内装部品製造工場の排気臭対策


人気ブログランキングへ

工事種別

自動車内装部品製造工場の排気臭対策

担当(著者)
臭気対策コンサルタント タイ担当 平山レオ
提出日付
2017年7月3日
施工先
自動車内装部品製造工場
施工概要
タイの工業団地にある日系の工場にて、近隣住民から臭気苦情あり。
施策前状況
  • 自動車の内装部品の製造工場にて、製造過程からの排気臭対策が問題となっていた。
  • 近隣住民からの臭気苦情があり、タイの臭気規制も2016年から本格化している。
  • 既に臭気対策は講じられていて、臭気の希釈と、排気口の立上げは実施されていた。
  • それでも臭気苦情はおさまらない為、臭気の現状把握から対策までを検討されていた。
  • タイでの臭気対策コンサルテーションや脱臭システムの納入経験もあり、タイ現地に代理店も有する弊社をインターネットで探していただき、ご依頼を頂戴した。
施策内容
  • 日本の臭気判定士と、タイ担当者、技術担当にて現場へお伺いし、お話させていただいた。
  • 全く臭気の状況がわからない為、簡易的な臭気測定を実施させていただいた。(有償)
  • その結果、排気されている臭気の強さと、近隣への臭気の拡散状況がわかった。
  • どこまで臭気を脱臭してあげればよいかをシミュレーションした上で、脱臭装置を提案した。
  • 選定させていただいたハイブリッドスクラバー脱臭装置をもとに、設置スペースや仕様等を綿密にお打ち合わせさせていただき、実機のご発注をいただいた上で製作にかかった。
  • 日本国内で設計・製造し、出荷前検査を経て輸出。無事にタイの現場にて納品された。
  • 設置立ち合い及び設置後の試運転、脱臭効果の検証を実施した。
  • 脱臭効果も想定通りとなっており、無事、検収となった。
装置などの名称・分類
施工後状況
その他補足感想など
  • 工場から排気される臭気の質としては、焼き焦げ臭VOC臭、フェノール臭であった。
  • 工程が加熱加工であり、排気温度もそれなりに高い為、既存の希釈ラインもそのまま活用し、設置スペースと排気ラインを極力、活用できるようにハイブリッドスクラバー脱臭装置の設計を行った。
  • 住民説明会も開催されたが、日本人スタッフでは言葉や慣習の違いもある為、弊社代理店のタイ人臭気判定士に同席して貰い、脱臭装置の説明を実施する事が出来た。
  • 無臭レベルにする必要はなかった為、必要最小限の脱臭効率を、与えられたご予算の中で勘案し、臭気拡散シミュレーションによる必要脱臭効果をクリアできる脱臭装置を選定した。
  • 納期的にも急がれており、また脱臭効果も確実に見込める内容であった為、納入前の脱臭効果の検証テストを実施せずに実機導入となった。
  • 脱臭効果はしっかりと発揮され、近隣住民様への飛散臭気の到達はなくなっている。
  • 臭気以外でも、いろいろな問題があり、一筋縄では円満解決には至っていないと聞いているが、引き続き、臭気に関する事であれば、タイでもどんどん、測定や調査、設計や納入を対応していく所存である。
  • タイ王国における工場の排気臭対策や、作業環境改善対策であれば、弊社までまずはご相談いただければ幸いである。

 

日本とタイの臭気判定士による臭気測定
臭気測定を実施
日本とタイの臭気判定士による臭気測定
臭気測定を実施
ハイブリッドスクラバー脱臭装置通過後の臭気濃度測定
ハイブリッドスクラバー脱臭装置通過後の臭気濃度測定
ハイブリッドスクラバー
ハイブリッドスクラバーTypeD型

今回は、タイの自動車内装部品製造工場の排気臭対策についてお伝えしました。
様々な「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/


中国における、ゴミ集積場の臭気対策


人気ブログランキングへ

工事種別

ゴミ処理場の排気臭対策

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2016年10月5日
施工先
アジア:中国における、ゴミ集積場臭気対策
施工概要
東アジアの成長を担う中国における臭気対策の依頼を頂戴した。
中国国内のゴミを集積する際に、液だれが発生する。その液体を集めて排水処理を行っている設備の臭気対策であった。
施工前状況
・現地の臭気状況を臭気判定士が確認すると、排水処理設備に設置されていた通気管からの排気臭が最も強く、影響度が大きいと判断された。
硫化水素を主体とする、腐敗発酵系臭気が強烈であり、周辺にも臭気が漂っていた。
・現状、近隣からの臭気苦情はないが、臭気が強い為、今のうちに対策したいとのご要望であった。
施策内容
1.通気管といっても排気量は大きい為、諸々打ち合わせの上、ハイブリッドスクラバー脱臭装置typeDの簡易版を推奨させていただいた。
2.原臭臭気濃度の測定は行わなかったものの、非常に高い臭気濃度(臭気指数)が臭気判定士2名による官能評価で判定された事と、S系臭気(硫化水素等の硫黄化合物)のほかに、N系臭気(アンモニア等の窒素酸化物)も官能評価で感じられたため、2塔式スクラバーをご提案し、採用いただいた。
3.1塔目のスクラバーは、水のみを使用し、主にN系臭気の除去と合わせて、除塵等の前処理の目的も担わせた。
4.2塔目のスクラバーは、S系臭気の脱臭を得意とする消臭剤を使用し、1塔目で除去できなかった臭気を除去する方式とした。
5.このような、2基のスクラバー脱臭装置を直列にする事で、高い脱臭効果を発揮させる事が出来る。
6.中国内の排気規制(物質濃度規制)にて測定を実施した。
装置などの名称・分類
  • 日本の国家資格である臭気判定士による官能評価
  • スクラバー
  • 消臭剤
装置の紹介(概要)
施工後状況
・日本であれば、三点比較式臭袋法による効果検証を実施し、臭気濃度あるいは臭気指数を目安とするが、中国の当工場では排気規制は物質濃度規制であった。
・アンモニア濃度、硫化水素濃度、メチルメルカプタン濃度を測定したが、いずれも規制値以下となり、臭気も臭気判定士の官能評価にて、しっかりと低減出来たことを確認した。
その他補足感想など
  • 嗅覚測定法は実施しなかったが、弊社の現場経験豊富な臭気判定士の嗅覚による官能評価と現地確認にて、最適な脱臭方法をご提案出来た。
  • スクラバーは中国で製作したために、日本で製作するよりも安価になったと聞いている。
    ※弊社では日本国内の場合は、設計から製作、設置まで弊社にて実施するが、当案件の場合はお客様や協力業者(中国)と協議し、弊社はSV(スーパーバイザー)としてのアドバイスのみとした。
  • 硫化水素等の濃度が高く、循環水のpHが酸性側に傾く事等、SVとして製作だけではなく、測定や使用方法、アフターフォローや対応策までアドバイスさせていただいた。
  • 弊社のアドバイスをもとに、いろいろ最適な利用方法をお客様サイドでトライいただき、今は1日に2回の水の入れ替えを実施して、維持管理されていると聞いている。
  • 当初は、消臭剤の選定のみで効果を発揮出来ると思われていた。しかし弊社としては、消臭剤の能力がいくら高くても、その他の条件が悪ければ、期待される脱臭効果を発揮する事は出来ないと、はっきりご説明させていただいた。
  • なかなか理解いただくのには時間もかかったが、結果的には弊社の脱臭技術とノウハウを信頼いただき、アドバイスに近い形での脱臭装置(スクラバー)を設置いただいたため、しっかりと脱臭効果を出す事が出来てホッとしている。
  • タイや中国といったアジアでの臭気対策は、これからも多くなっていくと思うので、弊社としてもアジアでの臭気対策を実施できる体制を着々と整えている。
大容量霧化消臭剤噴霧ノズル
大容量霧化消臭剤噴霧ノズル
スクラバーは中国で製作したために、日本で製作するよりも安価に
スクラバーは中国で製作
通気管といっても排気量は大きい
通気管といっても排気量は大きい
ハイブリッドスクラバー脱臭装置typeDの簡易版
ハイブリッドスクラバー脱臭装置typeDの簡易版

今回は、中国における、ゴミ集積場の臭気対策についてお伝えしました。
海外(アジア)における臭気対策について、こちらも是非ごらんください。
排気臭気の管理につきましては、 共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/