活性炭」タグアーカイブ

脱臭装置設置のための、工場における現地フィールドテスト


人気ブログランキングへ

 
担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2020年10月17日
対応先
某工場
対応前の状況
  • 工場においては、生産や製造、稼働や運営に関する過程等から、当然のごとく、臭気が発生する。
  • その臭気は、香料工場飲食工場のような、よい匂いであっても、近隣住民様等からは悪臭と苦情が寄せられるケースもありますし、塗装鋳造といったような異臭ととられるケース、さらには畜産堆肥といったように、悪臭と呼ばれるケースもあるが、いずれの臭気も、臭気苦情が寄せられれば、悪臭防止法にも抵触するし、工場としてのコンプライアンス対策も問われることになる。
  • 弊社では、臭気のコンサルテーションによって臭気苦情や臭気問題の解決を探り、その中の一つの脱臭装置として、デオキーパーは数多くの工場様に導入いただいている。
  • そして多くのケースではデモテストを実施させていただき、効果検証を実施している。
対応内容
  • 今回のケースでは、工場様の製造ラインから漏洩する臭気が、工場全体に広まり、ルーフファンや窓等から漏洩し、近隣住民様や周辺環境を留意される方から、臭気苦情が寄せられるケースがしばしばあった。
  • 弊社としては、局所吸引方式を行い、その臭気を脱臭して問題のない臭気レベルにしてから排気する方法を勘案したが、お客様ではその臭気を排気するよりも、工場内に戻して利用したいとのことであった。
  • また、排水設備がないこともあり、お客様と協議を重ね、活性炭を用いた脱臭装置弊社デオキーパーでの脱臭対策を実施していくこととなった。
  • まずはどれくらい、脱臭効果があるのか、そしてある程度の試験による活性炭の寿命予測と交換頻度の算出、また、吸引するための適切な風量等を確認すべく、デオキーパーのデモテスト機による、現地フィールドテストを実施させていただいた。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • デオキーパーのデモテスト機は、現地で実際の排気や漏洩臭気から、実機を見据えてスケールダウンしたサイズでのテストを実施となる。本現場でも、初期性能は高く、臭気濃度10(臭気指数10)以下であった。これから実機設計を行っていく作業となる。
その他補足感想など
  • 弊社では、最も需要の高いデオキーパーの風量を、大きく区分けし、3つのスタンダード商品を風量別(10CMM用、20CMM用、30CMM用)にてご用意、お客様にもわかりやすいように、図面等もあわせて、弊社のホームページにも掲載している。
  • これにより、工場様からは、「うちの脱臭装置で、デオキーパーの20CMMが欲しいんだけど」と、あらかじめ風量や設置スペース等もご確認いただいたうえでのご依頼等も多く頂戴するようになり、詳細打ち合わせから導入までがスピーディになってきている。
  • その一方で、当然、工場様によっては、極小風量もあれば、大きな風量もあるため、弊社ではそこから、工場様の需要に見合ったデオキーパーを都度、設計させていただいている。
  • また、活性炭についても、入れ替え方法や形状等、お客様の現場状況や臭気変動、作業性を考慮し、様々な活性炭方式を取り入れている。
  • その結果、大風量向けのメガキーパーや、小風量向けのミニキーパー、活性炭の設置方法に工夫をこらしたカゴキーパー、といったような派生商品が続々と創造されている。
  • 最近では、本当に排気という排気量でもないところでの使用も検討されていて、「マイクロキーパー」という新しい型の設計にも取り組んでいる。実用化されたらまた、本ブログでもご紹介していく。
  • 活性炭はもちろん、スクラバーや消臭剤スプレー噴霧システム等、工場の脱臭装置や、工場の排気臭対策をご検討の場合は、事前の臭気測定から実施致しますので、ぜひ弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。日本の工場だけではなく、タイの工場も対応致します。
デオキーパー
デオキーパー
デオキーパーのデモテスト機
デオキーパーのデモテスト機
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/