脱臭消臭の技術開発」カテゴリーアーカイブ

工場の排気臭対策(新型デオキーパー脱臭装置/活性炭を用いた脱臭装置)



人気ブログランキング

    
種別

工場の排気臭対策

担当(著者)
技術開発チーム 平山レオ
提出日付
2022年4月25日
対応先等
産業工場
概要
工場の排気臭対策(新型デオキーパー脱臭装置/活性炭を用いた脱臭装置
状況等
  • 弊社共生エアテクノでは、産業工場様が製造時に排出される排気臭の脱臭装置として、乾式および湿式の脱臭方式をはじめ、いろいろなご提案ができる体制を整えております。
  • 大型の脱臭装置になりますと、プラント設備に近くなって参ります。大きな排気風量にたいして、臭気と脱臭素材(活性炭であったり、消臭剤であったり)をしっかりと接触させられるように、さまざまな創意工夫を経験値と研究から選定していきます。
  • それらのケースでは、常設となります。つまり、脱臭装置を設置してしまえば、動かすことはないので、長くそこの場所でご使用いただけるように、脱臭システムの設計を進めさせております。
  • また、多くの場合では、脱臭装置を設置するだけでは充分ではないため、圧力損失がかかる分の新たなファンを一緒に設置させていただいたり、排気ダクトの延伸や追加、さらには水道や電気といった部分まで、工場様と一緒になって、対応を進めさせていただいております。
  • どのような脱臭装置であっても、ランニングコストは1つのネックとなって参りますので、弊社では例えば消臭剤などは、酸化機能水をはじめ、なるべくランニングコストをおさえられるように開発努力をして、常に新たなる開発を日々、取り組んでいっております。
対応内容
  • 大風量で臭気が弱いときなどは、酸化機能水を用いた消臭剤スプレー噴霧システムがベストマッチですし、臭気が強いときなどは、インジェクションスクラバーをご提案となります。
  • ところが、排気の場所が変動するケースなどでは、まず、湿式の脱臭装置は難しくなります。なぜなら、給水と排水という問題が出てくるからです。
  • 工場様で、排気する場所やターゲットをしばしば変更しながら脱臭装置を使いたい・・というご要望があることも多くございますので、弊社ではこのたび、可動式の脱臭装置を発売させていただくことなりました。
  • これまでも実は商品としては有しておりました。その基本形は、大変多くの納入実績でおなじみの、デオキーパー脱臭装置です。
  • 脱臭素材は基本、活性炭であり、そこにファンを内臓することで、「これ1台あれば排気の出る製造場所」にもっていき、ダクトを繋いで脱臭することが可能でした。
  • 今回、新たに脱臭装置としては、新型デオキーパーとしてキャスター付きです。ゴロゴロ転がしてもっていくことが可能となりました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • さらに、大きな特徴としては、「工場内に排気することが可能」という設計仕様も設けたところにあります。SDGsでは当然、省エネも入ってくるので、大量の排気は工場内の空調不可を増やします。それを場内に排気することで、少しでもエネルギー負荷を低減できるように配慮した結果です。
その他補足感想など
  • 例えば、月に1回とか2回程度だけ、強い臭気が発生する工程があり、それが数ラインあるような場合では、それぞれの製造ラインごとに、局所排気装置を設けて、排気ダクトを設置していくと、その全てに脱臭装置が必要となってしまうようなケースがございます。
  • 脱臭屋である弊社が申し上げるのも気が引けますが、決して脱臭装置は安いものではないのに、生産性のない設備であり、利益を出してはくれません。それなのに、毎日稼働するわけではなく、常時臭気が発生するわけでもない排気ラインに、全て脱臭装置を設置しておくのは、正直もったいないケースとなる可能性も否定できません。
  • 今日はここの製造ライン。2週間後はそこの製造ライン。1か月後はあそこの製造ライン。そんな感じで、製造工程が時々である上に、場所も変わるようなケースは多くあると思います。実験設備などではまさに、そういう事例も弊社では多く対応して参りました。
  • また、局所排気や、全体排気としても、当然ですがリターンエアーとしては使えないですから、すべての場内空気は排気されれば外部放出となります。排気した分は、OA(外気)から給気しなくてはなりませんので、夏場の冷房と冬場の暖房については、エネルギーコストも負担となりますし、SDGsの観点からもできることなら避けたいところかと推察します。
  • かといって、排気臭をRAとして戻して、OA(外気)とミックスしてSA(サプライエアー)として場内に入れると、今度はどんどん場内の空気環境が悪化していってしまいます・・。
  • そこで弊社では、従来より大変多くのお引き合いと納入実績のある、活性炭を脱臭素材として内臓しているデオキーパー脱臭装置を、可動式かつ場内排気の対応も可とした、新しい活性炭脱臭装置の開発に成功致しました。
  • 工場の排気臭対策や、場内の空気環境改善でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
可動式の脱臭装置
可動式の脱臭装置
可動式の脱臭装置
可動式の脱臭装置
     

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


臭気測定システムdeomoni(デオモニ)について



人気ブログランキング

    
種別

工場の臭気アセスメントや環境管理(工場の臭気センサー

担当(著者)
臭気判定士 第2種電気工事士 中丸晴樹
提出日付
2022年3月17日
対応先等
産業工場
状況等
現在、弊社ではたくさんの工場様から、24時間365日、工場の臭気をモニタリングできるシステムである、定点設置型のニオイセンサー「deomoni」について、ご発注いただいております。
  • 活性汚泥の工場様からの排気臭
  • 工場の排水処理システムからの腐敗臭
  • 製造過程から発生するVOC(揮発性有機化合物)臭
  • ゴミ処理工場の排気臭
  • 化学パルプや製紙工場からの排気臭
  • 養鶏場などからのアンモニア臭
  • タイにある日系工場の排気臭
など、ニオイセンサーdeomoniや中継機、風向風速計などのオプションなども含めて、deomoniの本体納入用のBOX製作や、出荷するdeomoniのセンサー調整などで、弊社の大阪ラボの一部は、ニオイ測定器に埋め尽くされております。
すでに一部は出荷がはじまりました。
対応内容
  • ほとんどの工場様では、自工場の排気臭の連続臭気モニタリングのために、敷地境界線の四方向を中心に、複数台のdeomoniを定点設置されます。
  • そして、工場の中央コントロール室や、制御室、あるいは事務室などに、deomoniの各データを無線方式で飛ばしてデータを集積するモニタリングパソコンを設置いただきます。
  • さらには、そのコントロールPCと、各デオモニを繋ぐために、無線の電波チェックも行ってまいります。
  • もちろん、そのまま無線がすべて飛ぶわけではないので、電波が届かなくなる場所や、少し弱くなる場所を中継ポイントとして電波の中継機を設置していく必要があるのです。
  • そして、臭気監視計の設置場所、中継機の設置場所、台数を決めて、そこからオプションの設置方法や場所、例えば風向風速計でしたらどこに設置するのか、などもお打ち合わせと現地確認で決めて参ります。
  • それらが整いましたら、弊社では出荷準備のために、大阪ラボにて収納BOXなどの製作、ニオイセンサーの調整などが実施されたうえ、出荷されていくのです。
装置などの名称/分類
対応後の状況等
その他補足感想など
  • ニオイセンサー「deomoni」を発売させていただいた当初は、弊社としては、弊社脱臭装置についてのオプションシステムとして考えておりました。
  • つまり、脱臭装置の効果検証のための臭気測定であったり、あるいは、消臭剤を噴霧するシステムについて、消臭剤のランニングコスト削減のための臭気監視と連動させたりという方法でのご提案でした。
  • もちろん、それらは十分、お客様のニーズに合致し、多くの工場の臭気チェックに寄与することができましたので、一つの目標は達成しました。
  • ところがありがたいことに、弊社が想定していなかった、「ニオイセンサー」として需要を大変多く頂戴することができたのです。
  • 本来、ニオイが問題であれば、その臭気を脱臭したり消臭したり、あるいは排気口を立ち上げたり位置を変更することで、臭気の拡散度合いを変えてあげなくてはなりません。
  • つまり、ニオイをいくらセンサーで測定をしても、当たり前ですが、そのニオイは変わることはなく、臭気センサーだけでは意味をなさないものなのです。
  • それでも、例えば工場の担当者様が、膨大な時間と手間をかけて、臭気測定を人力で実施されていたような場合、このdeomoniがあれば、無人のままで、オートマチックに、24時間365日、その場所のニオイをモニタリングし、データもエクセルデータにアウトプットすることもPC上ですべて対応できるのです。
  • 人間の嗅覚は、疲労していきます。当然、ニオイセンサーも経年劣化はしますが、弊社デオモニは空気の通し方や量に、脱臭屋ならではの工夫や仕掛けがあるので、かなりの高いレベルで、再現性も実現しております。(1年に1回の定期メンテナンスやセンサー素子の交換、消耗品の定期的交換をおすすめしております。)
  • もし、工場の排気臭に対する臭気センサーをご検討でしたら、日本の工場およびタイの工場でしたら、弊社共生エアテクノまでまずはお問い合わせ下さい。現在、半導体等の納期の影響で、deomoniの納品までの日数もお時間が要しておりますので予めご了承下さい。
 
deomoniのBOX
臭気センサー部
     

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


工場の排気臭の臭気監視システム



人気ブログランキング

    
担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2022年3月7日
対応先等
某工場様(排気臭の臭気監視システム)
状況等
  • 某工場様において、生産工程から発生する臭気について、その臭気を排気されておりましたが、その臭気がどれくらいの強さであったり、変動があったりするのかが気になっておられました。
  • その工場様には、近隣に住民様の住宅やマンションもあり、悪臭苦情への発生ももちろん懸念されておりました。
  • そのため、環境対策への意識を高くもっておられる素晴らしい工場様であり、臭気対策についても悪臭防止法の遵守を中心として、しっかりと対策を講じておられました。
  • しかし、製造工程がいろいろとあり、それによって発生する臭気も変動することもあるようで、しっかりとした臭気の変動や臭気の強度の把握をしていく必要性を感じておられたようです。
  • 従来からある、ハンディタイプでのニオイ測定器では、1日に何度も、環境対策のご担当者様が、そのニオイセンサーをもって、排気口周辺でセンサー値を記録しなくてはならず、また、排気口で強い排気臭を測定しなくてはならないため、センサー素子の劣化なども課題となっているとの事でした。
  • そこで、臭い監視システムを有する弊社のdeomoniに興味をもったとのことでした。
対応内容
  • すでに、排気臭の対策として、脱臭装置を複数台、設置させていただいており、弊社としてもある程度、工場様の現状把握をできている状況でしたので、早速、弊社の担当させていただいている臭気判定士が対応に入らせていただきました。
  • 弊社ニオイセンサーdeomoniは、24時間365日、工場の排気臭をモニタリングすることができる臭気測定器となっており、日本の工場およびタイの工場にて、数多くの納入実績を有しております。
  • その多くは、敷地境界線でのニオイ監視を行っております。そして一部、ハンディタイプとしてご使用いただいておりますが、排気口でのニオイ連続測定では、今まで納入実績としてはありませんでした。
  • そこで、弊社としては、新しいオプションとして「排気口での臭気監視」を可能とするべく、開発チームが新たなるデオモニオプションを確立。工場での実際の排気臭を用いて、デモテストやトライアルも実施を繰り返しました。
  • その結果、臭気との反応もよく、持続性も確認できたので、ご発注をいただきました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • 屋外用ケース。風向風速計。パトランプ連動。電光掲示板での表示。太陽光システムを用いたソーラーバッテリーシステム。モバイルバッテリー複数台を用いたシステム。ハンディタイプ。と続々とオプションが開発される中で、ついに排気口における排気監視ユニットも完成されました。
その他補足感想など
  • 弊社がメーカーとして開発した、臭いセンサー「deomoni」は、発売以来、日本の工場およびタイの工場にて、あっという間に100件をこえる納入実績をいただくことができました。
  • ニオイセンサーやハンディタイプの臭気測定器は従来より、たくさんあったのですが、敷地境界線に常設して、定点観測できるニオイセンサーはあまりありませんでした。
  • 弊社デオモニは、無線方式を採用したために、広大な工場の敷地境界線の東西南北といった箇所へ、配線工事の必要がなく(有線ではないので)、工場の排気口から拡散する臭気の24時間365日の連続臭気モニタリングを実現することができました。
  • このデオモニは、多くの工場様でご愛用いただくと同時に、工場の環境管理のご担当者様や、工場の臭気対策のご担当者様、そして工場関係者の皆様から、「こういうシステムを組めないかな?」とか、「こんなオプションがあったら即導入しますよ」とか、「電源の供給が難しいけど何か考えてくれないかな」といったご要望を日々、頂戴しまして、お客様のリクエストやご質問、ご要望やご希望とともに、どんどん進化しているのが特徴です。
  • いわば、少年漫画にあるような、ドラゴンボールであったり、ワンピースのような、成長の軌道を描いているのが、最大のスゴさであると、お客様に感謝しておる次第です。
  • しかも、多くのお客様は、上場企業であったり、誰もが名前を聞いたことのある大企業様。1つの工場に導入いただくと、「それいいね」と社内の勉強会やネットワークで広まりまして、他のグループの工場や、別拠点の工場でも導入をしていただいたり、日本とタイの全工場で臭気監視システムを導入いただいたりと、お役に立てるシーンが増えていっております。
  • そして今回の、「排気口での常時ニオイ監視」についても、やはりお客様からのお問い合わせがきっかけとなり、弊社と工場様と二人三脚にて、オプションの開発が進められて行きました。
  • 弊社の技術開発チームも、ラボで何度もテストを重ねまして、強い臭気を捕集する排気口における臭気センサーという難題をクリアしていきました。
  • 工場の排気臭や、排気口での臭気モニタリングや、24時間365日の臭気監視ニオイセンサーに関することでしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
デオモニイメージフロー デオモニ排気監視ユニット
     

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/