脱臭消臭の技術開発」カテゴリーアーカイブ

簡易噴霧ユニットの技術


人気ブログランキングへ

 
種別
脱臭装置の開発
担当(著者)
臭気対策コンサルタント 開発技術担当 吉田博満
提出日付
2021年1月15日
概要
消臭剤噴霧装置のシステムについて
対応前の状況など
  • 弊社共生エアテクノでは、しっかりとした脱臭装置として、湿式にて消臭剤各種を組み合わせて利用できるタイプをご用意している。
  • 具体的には、最新機器であるインジェクションスクラバー脱臭装置があり、ハイブリッドスクラバー脱臭装置とともに、高い脱臭効率や臭気除去率を発揮する。
  • これらに加えて、デオミストというタイプの湿式消臭システムも発売しており、これらは縦型や横型等、工場の消臭装置を設置するスペースや風量、その他各種条件に応じて様々なタイプをご用意する事が可能である。
  • そしてさらには、湿式を用いた脱臭装置としては、消臭剤を噴霧するユニットもあり、今はそれらをさらに、バージョンアップさせるべく、2021年度の開発がスタートしている。
対応内容
  • まずは、消臭剤のシリーズとして、弊社のオリジナルブランド「デオドプロシリーズ」から、酸化機能水についてのバージョンアップを開発を勘案している。
  • 具体的には、酸化機能水の肝となる部分の、ミキシング技術を高めていきたいと、添加剤の部分の開発と、ミキシング部分の新部材の検討となっている。
  • 開発チームにて、大阪ラボでのテストを実施し、各種データを蓄積していく中で、トライアル&エラーを繰り返しながら、商品としての導入の可否を判断していく。
  • また、その消臭剤シリーズを、もっともっと簡易的に対象臭気にスプレーしたい!というお客様や工場様のお声を多く頂戴することから、超簡易的な噴霧ユニットの開発も、鋭意進めていくことになっている。
  • これは、今までの噴霧ユニット、デオミストのようなチャンバーボックスもなく、本当に消臭剤のスプレー噴霧ができるところまでの簡易ユニット方式となる。
  • もちろん必要に応じて、弊社でのデモテストや、消臭効果の判定テストの実施は対応可能だし、いやいや、それすら不要という場合は、噴霧ユニットのみを購入していただけるようなお手軽なセットにて販売できるように、設計や仕様を進めている。
  • その他、脱臭フィルター類の整備やら、ニオイ監視システム「deomoni」の追加オプションなど、2021年(令和3年)も、弊社技術開発チームは日々是研究と開発を実施していく。
装置などの名称/分類
  • 消臭剤の簡易噴霧システム
  • 脱臭装置の開発
  • 消臭システムの設計
装置等の紹介
対応後の状況
  • いかに素晴らしい脱臭装置や消臭システムを開発しても、お客様のニーズと合わなければ意味がない。お客様の声や要望をヒントに、いかにお客様から必要としていただける脱臭装置や消臭剤を開発していけるか、臭気対策を通じてお役にたてるものを常に開発していく。
その他補足感想など
  • 弊社では毎月、100件前後の新規お問い合わせを頂戴しており、それらは一般のご家庭の異臭調査や悪臭発生源調査といったところから、大きな工場の排気臭の対策や病院のホルムアルデヒド管理濃度対策といったところまで、幅広い。
  • いずれにせよ、弊社は2003年(平成15年)の創業以来、ニオイ・・といっても、臭気や悪臭といった方面の臭い(匂いではない)のみに特化して、臭気の専門業者としてやってきたクサイに挑むプロフェッショナル集団である。
  • そして今年、2021年(令和3年)を迎え、18年目となった弊社共生エアテクノは、「臭気対策を通じて、ニオイで困っているすべての人や工場、企業に貢献していく」という軸となるミッションを一切変える事なく、それでいてその方法やシステムはどんどん変化し、新しい商品やサービスを導入することで進化させながら、今もなお、日々是研究、日々是開発というベンチャー魂を忘れず、取り組んでいる。
  • 今回の、簡易噴霧ユニットも、開発チームとしては本音を言えば、取り組みたくはないシステムと言っても過言ではなかった。理由はいろいろあるが、弊社としては脱臭のプロとしての仕事を遂行したいというのが根底にあるからだ。
  • しかし、マーケットの声、これは日本の工場でも、また、タイの工場でもそうなのだが、「まずは簡易的に消臭剤を噴霧してみたい」といったご要望が多くあり、あるいは「ステップを踏んでやっていきたいので、最初は簡易的に排気ダクトの中でスプレー噴霧してみたい」といったリクエストが多くあった為、弊社としては日本及びタイのマーケットから必要としていただき、お役に立てるように、新規開発に着手することとなった。
  • 大掛かりなスクラバー脱臭装置から、小型や簡易的なシンプル設計のものまで、弊社では少しでもこの世の中から必要としていただけるよう、臭気対策業務に邁進しております。ニオイに関するご相談でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
消臭剤噴霧装置開発過程
消臭剤噴霧装置開発過程
消臭剤噴霧装置開発過程
消臭剤噴霧装置開発過程
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


月数回程度の製造時の排気臭対策(デオキーパー脱臭装置)


人気ブログランキングへ

 
種別

工場の排気臭対策

担当(著者)
臭気判定士 中丸晴樹
提出日付
2020年12月18日
対応先
製造工場様
概要
月数回程度の製造時の排気臭対策(デオキーパー脱臭装置
対応前の状況
  • 今まで、いろいろな工場からの臭気対策脱臭装置、臭気測定や臭気モニタリングの対応をさせていただいている。
  • その中で、脱臭装置という選定となると、大きくわけて弊社では湿式と乾式のご提案が可能である
  • 湿式ではスクラバー脱臭装置や消臭剤スプレー噴霧システム/デオミストといったご提案ができ、乾式ではデオキーパー脱臭装置がご提案の主軸となる。
  • 特に、生産設備の中でも、24時間とか365日の稼働ではなく、月に1回とか2回といったペースだけど、それを製造するときには強い臭気であったり、高い臭気濃度が発生するというケースの対策をお手伝いさせていただくケースでは、圧倒的にデオキーパー脱臭装置が向いており、現在でも複数件にて、納入決定の製作中であったり、テスト等の実施を行っている。
対応内容
  • 小風量でも大風量でも、工場での製造時のみの排気臭の脱臭装置としては、デオキーパー脱臭装置は大変使い勝手のよいものとして、お客様から喜ばれている。
  • まず、脱臭素材が「活性炭」を用いるため、しっかりと接触時間とか接触量、あるいは活性炭の種類とか積載方法、そしてファンの選定や脱臭装置を設計すれば、確実に初期性能は発揮できるものである。
  • それでも弊社では、デオキーパーに関しては、お客様から不要と言われる場合をのぞき、脱臭効果をデモテストにて検証してから、実機の脱臭装置をご提案するようにしている。
  • それから、製造が月に1回とか数回の場合は、活性炭を入れる必要がないし、小風量であればキャスターをつけておいて、脱着させる移動式としても対応する事ができる。
  • 製造する時のみ、活性炭を投入し、製造が終わればそれらを廃棄する。そして次の製造時にまた、活性炭を投入するという手間のみで済む。
  • 湿式だとどうしても排水処理が必要となり、排水処理設備をもたない工場などでは特に、活性炭やゼオライトを用いた弊社デオキーパーはご依頼いただくケースが多い。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • ある程度、稼働状況が連続するケースでは、活性炭の寿命も想定し入れ替え頻度もざっくり想定したうえで実機を進めていく。月に数回とかの場合は、都度、製造時に活性炭を詰めていただくケースが多い。実機は現場のスペースや作業性、臭気の強さ等で設計を行っている。
その他補足感想など
  • 過去のケースでは、ほぼ24時間365日の稼働をされている製造工場の製造ラインにおける排気臭対策としてのデオキーパー導入ももちろんたくさんある。
  • そしてそれと同等あるいはそれ以上の需要と納入件数を頂戴しているデオキーパー導入現場が、今回ご紹介させていただいたような、月に1回とか2回といった低頻度での、製造ラインの稼働時に、強い臭気だったり、不快度の高いニオイが発生する工場の脱臭装置対策である。
  • そのような不定期のケースでは、その時のみ、脱臭ができればよいわけで、普段は常設物としての脱臭装置は不要どころか邪魔にもなりかねない商品である。
  • 弊社では当然、湿式であるスクラバー脱臭装置もご提案可能だが、水を大量に貯水し使用するため、常時使っていて、なおかつ排水設備に余力があればよいが、そうではない場合は工場様にとって使い勝手の悪い脱臭設備になってしまう。
  • 同じく、湿式のデオミストタイプや排気ダクト内での消臭剤スプレー噴霧システムもご提案可能であり、これらは使用するときのみ、スプレーを噴霧すればよいので、月数回の製造等でも十分対応できる。しかし消臭効果には限界があり、高い臭気指数であったり、近隣からの悪臭苦情対策にその時のみ対応したいというケースでは、目的とする脱臭効率に到達できない可能性が高い。
  • そういった意味では、活性炭を脱臭素材として用いるデオキーパー脱臭装置は、テストでの確認の上で初期性能として高い脱臭効果が期待できるし、脱臭原理も吸着法という事でシンプルかつ明快であるため、お客様から「デオキーパーでお願いします」とご指定いただくことも多くなっている。
  • 今、簡易的な小型消臭剤噴霧ユニットも開発中であり、それらも完成次第、弊社HPブログ等でご紹介していくので、お客様や工場の目的にあった脱臭装置をより幅広く、ご提案できるような体制を整えていく。
  • 工場の脱臭装置臭気対策ニオイセンサーによる臭気モニタリングシステム等でしたら、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
脱臭装置の デモテスト
活性炭脱臭装置デオキーパー
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


工場の排気臭対策用脱臭装置「デオキーパー」


人気ブログランキングへ

記事の種別
担当(著者)
提出日付
2020年5月28日
施工先
某工場(出荷前検査、出荷と納品)
施工概要
工場の排気臭対策用脱臭装置「デオキーパー
施工前状況
  • 私は営業業務と同時に、技術開発担当役員とともに、設計や技術の業務も兼務で行っている。
  • COVID-19の影響にて、世の中は大変な不景気を感じさせるが、弊社では本当にありがたいことに、工場の排気臭対策としての脱臭装置と、工場の臭気監視やニオイの見える化としてのニオイセンサーが、続々とお引き合いを頂戴し、ご注文も多数、頂戴している。
  • その中でも、活性炭という脱臭素材をメインとする脱臭装置「デオキーパー」と、定点設置及びハンディタイプの両方を実現したニオイ測定器「デオモニ」は、出荷前の工場検査やら、設置用の器具やBOX等の内作も私の担当として実施するため、仕事量は多く、やることだらけである。
  • 今回は、すでに今期、10台をこえる勢いとなっているデオキーパー脱臭装置の設計及び出荷前検査、出荷と納品までをGW中に実施させていただいた。
施策等の内容
  • 基本的に、デオキーパー脱臭装置は、活性炭というシンプルな脱臭素材をメインにしているため、お客様にもわかりやすいように成形品とし、そのレパートリーとしては、10CMM、20CMM、30CMMをラインナップしている。
  • この3種類を基本仕様としているが、当然、お客様によっては、この風量では用途や目的に合わないケースも多々ある。
  • 今回の現場案件でも、そのような小さな風量(30CMMでも小さい)ではお話にならない・・ということで、工場様の用途や目的をヒアリングしながら、弊社の担当営業である臭気判定士が私にいろいろと要望やリクエストをし、それを図面起こしからスタートし、部材等のディテールを決め、製作を委託しているパートナー工場と打ち合わせつつ、完成形へ近づけていく。
  • 図面だけではなかなか伝わらない部分もあり、必要に応じて製缶工場へ行き、打ち合わせを実施したり、また営業さんからお客様のリクエスト等も対応しながら、いよいよ現物が出来上がる。
  • 丁寧に出荷前検査を行い、無事、お客様のもとへ出荷されていく。
装置等の名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • 出荷前検査は、メーカーである弊社の点検項目に従って、入念にチェックしていく。これも私の大切な業務の一つである。その後、お客様の指定される場所、ほとんどのケースは工場であるが、納品および設置の立ち合いまで弊社にて実施し、試運転や効果確認等も必要に応じて実施していく。
その他補足感想など
  • 私は海外、弊社のメインは、タイの工場の臭気対策であるが、そのタイをはじめとする海外の臭気対策も、担当させていただいている。実際に渡航するのは弊社の役員が自ら実施しているが、見積もりや受発注、数字管理は私の業務である。
  • この3月~5月は、国内外ともに、外出自粛要請であったり、緊急事態宣言が発動されたり、タイではロックダウンがあり、緊急事態宣言が延長されたりと、思うような経済活動が各社、制限されてしまい、不景気や不況という荒波を私でも感じざるを得ない。
  • それでも弊社では、本当にありがたいことに、工場の臭気対策としてのお問い合わせをはじめとして、脱臭作業のお引き合いや、臭気調査や異臭発生源調査のご相談が、通常時と変わらない件数で頂戴している。
  • もちろん、工場様では、商談や現地確認、現場調査の延期も少なくなく、世の中の流れに反して忙しかった弊社技術開発製作チームは、このままの勢いで突っ走っていくのかなと思われる。なぜなら、これから夏にかけて、コロナの反動で経済活動は忙しくなる(という希望的観測も含め)であろうし、海外案件もタイ出張が再開することで、ますます、営業各位からの持ち込み案件が多くなると予想されるからだ。
  • 弊社にとって、常々、「この世の中から必要とされる会社になること」をスローガンとして、臭気対策を通じて世の中に貢献していけるように活動しているため、景気の良し悪し等は当然、影響を受けるのであろうが、やれることを愚直にやっていくスタイルは、どのような状況であっても変わらない。
  • 工場の臭気対策でしたら、日本でもタイでも、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
問い合わせボタン
デオキーパー脱臭装置
デオキーパー脱臭装置
デオキーパー脱臭装置
デオキーパー脱臭装置

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/