におい監視システム」カテゴリーアーカイブ

歯科医院などの待合室や診察室の空気環境対策



人気ブログランキング

  
種別

除菌脱臭

担当(著者)
臭気判定士 第二種電気工事士 中丸晴樹
提出日付
2022年10月29日
対応先等
歯科医院などの待合室や診察室
概要
室内空間の除菌脱臭(酸素クラスター除菌脱臭装置
状況等
  • 昨今のコロナウィルスによるパンデミックであったり、これから乾燥する季節になりインフルエンザが流行することなどへの予防から、クライアント様より、室内空間の空気環境についての対応をご相談いただきました。
  • 特に、クライアント様のお客様では、歯科医院や歯科クリニックが多いとのことで、いろいろな商品を比較検討しながら、おススメできる商品を探しているとのことでした。
  • 真っ先にオゾンガスを用いた方式が挙げられますが、有人空間での許容濃度である0.1ppmを勘案したり、オゾンガスのニオイ、腐食性などを考えますと、ご提案は限定的となります。
  • また、市販の空気清浄機なども多く用いられておりますが、UV-C方式では照射部のみの効果であったり、空間全体の除菌という点では難しい部分があったり、また、肝心の脱臭、消臭という能力では、パワーに劣る点も懸念されました。
  • そこで弊社では、安全性が高く、メンテナンス性にも優れており、空間全体の除菌や脱臭も可能である商品をご提案させていただきました。
対応内容
  • そのご提案させていただく商品は「酸素クラスターイオン除菌脱臭機」となりまして、さらに抗菌強化型タイプをメインとさせていただきました。
  • 本商品は、東京都先進的防災技術実用化支援事業採択製品となっておりまして、感染症対策分野で大きな役割を果たす能力を有しておると考えております。
  • 室内空間のあらゆる場所に付着したウィルスや菌を、酸素クラスターイオンが包み込むことで、空間全体の表面除菌を可能にしております。フィルターに付着させる方式ではないので、機器から離れた場所までも、しっかりと除菌していきます。
  • 酸素クラスターイオンの除菌効果につきましては、もちろん第三者機関での実証済。しかも極小チャンバーでの計測データではなく、25m3チャンバーを用いたテストデータとなっております。付着菌はもちろん、浮遊菌、さらにはカビ菌にまで効果を発揮します。
  • そして有人空間ですので、安全性というのは大切な要素となりますが、本製品ではオゾンレス設計等による高い安全性を有しております。
  • メンテナンスはプレフィルターの清掃とブレードの交換のみ。半年~1年に1回程度で十分、対応できるものと考えております。(現場環境によって異なります)
  • 必要に応じて、従来型ではありますが、デモテスト機も常備しつつ対応して参ります。
装置等の紹介
  • 室内空間における除菌脱臭
  • 室内空間全体の表面除菌
  • 感染症対策
対応後の状況等
  • 酸素クラスター除菌脱臭装置は、発売以来約25年間にわたり、官公庁や工場、病院、マンションなどで、延べ16,000台の納入実績を達成しています。これから歯科医院やクリニックでの除菌・脱臭装置として、ご提案をさせていただきますのでよろしくお願いします。
その他補足感想など
  • 弊社は2022年10月より、第20期をスタートしておりますが、創業期以来、ずっと安定してお客様からお買い求めいただいている脱臭装置の1つに「酸素クラスターイオン除菌脱臭機」がございます。
  • 最も多く納品させていただいている目的は、マンションのゴミ置き場のゴミ臭対策です。今は、酸素クラスター除菌脱臭装置の中でも、LEVIONシリーズをメインとして、引き続き、毎月の営業対応を継続しております。
  • また、病院でも数多くの納入実績がございまして、さらに病院の中でも、ホルムアルデヒドが発生する現場と、キシレンが発生する現場にて、多数納入させていただいております。具体的には、病理検査室が最も多く、次に解剖室や剖検室となっております。
  • さらには、工場の室内臭気対策としても用いられておりまして、有機溶剤を使用する現場の塗装臭を緩和したり、排水処理臭気の脱臭であったり、食品加工時の刺激臭を消臭したり、ごみ処理工場の室内作業環境対策で用いられていたりします。
  • 実は酸素クラスターイオン除菌脱臭機は、脱臭や消臭だけではなく、もう1つの大きな機能としては、除菌という効果があります。正イオンと負イオン。これらを同時に発生させれば、イオン同士が相殺してしまい、イオンが減少してしまうということが懸念されます。本製品では、イオンバランスコントロール技術を確立し採用しているため、正負のイオンを交互放出することで、遠方まで酸素クラスターイオンを届けることを可能としました。
  • このため、従来モデルよりも、ウイルス不活性化性能が約2.57倍も向上し、室内空間の全体を幅広く、表面除菌することができるようになりました。
  • 他にも、従来の無機質だった業務用脱臭機ではなく、デザインとパフォーマンスにもこだわっております。
  • 酸素クラスターイオン除菌脱臭機でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
イオン発生イメージ
イオンの除菌効果
他社製品との違い
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


日本の工場、タイの工場、ベトナムの工場における「臭気の見える化」からやりませんか?



人気ブログランキング

  
担当(著者)
臭気対策コンサルタント 平山レオ
提出日付
2022年10月19日
対応先等
日本の工場、タイの工場、ベトナムの工場
概要
臭気アセスメント:日本の工場、タイの工場、ベトナムの工場における「臭気の見える化」からやりませんか?
状況等
  • 弊社には、毎日、臭気対策のご相談やお問い合わせを頂戴します。
  • 工場の排気臭対策などは、最も多く頂戴する分野の1つであり、弊社では、工場の排気臭対策であれば、日本の工場は全国各地もちろんのこと、タイの工場でも各地の工業団地、そしてベトナムの工場でも、臭気対策のお手伝いをさせていただいております。
  • また、中国や韓国といった東アジアでも、工場の脱臭対策については実績がございまして、東南アジアはタイを中心にベトナム。東アジアでは中国と韓国といったところまで、お役に立てるように弊社の臭気対策の経験とノウハウを日々、スキルアップしていっております。
  • その中で、これは日本もそうですが、東アジアや東南アジアではなおさらのこと、「とりあえず脱臭装置を設置してみたけど、あまり効いてない気がする」といったご相談やお悩みも寄せられます。
  • 弊社が工場の臭気対策を実施するときには、まずは「現状把握」をすることで、臭気を可視化するとことからスタートしております。
対応内容
  • まずは工場へ現地訪問させていただきます。そのうえで、事前にヒアリングしていた内容の確認であったり、実際の現場での臭気発生源を見せていただいたり、製造状況や頻度、スケジュール、近隣住民さんとの位置関係など、臭気アセスメントの実施に必要な条件を整えて参ります。
  • 実際に実施させていただく場合、簡易的な臭気コンサルテーションと、詳細に実施していく臭気コンサルテーションがございます。簡易的なところとの違いは、具体的な1つとしては「周辺調査」を実施するか否かがあります。周辺調査とは、臭気判定士たちが実際に、現場の周辺、敷地境界、住民様の住宅地域などへ行き、嗅覚による官能評価や、ニオイセンサーdeomoniによる臭気強度のチェックなどを行うというものです。これは臭気拡散シミュレーションの整合性を高めるために実施しますので、簡易バージョンと詳細バージョンは、お客様とのお打ち合わせで決定して参ります。
  • その他、共通して実施する事項としては、排気口や敷地境界における臭気採取と臭気測定がメインとなります。これらは、日本の悪臭防止法条例にある、三点比較式臭袋法あるいはそれの簡易法を用います。タイの条例でも同じ測定方法ですので、日本とタイの臭気判定士にてそれらを実施して参ります。
  • それらの結果をもとに、臭気拡散シミュレーションを実施し、どの排気口の臭気がどこまで飛散しているのか、どこまで低減すれば目的を達成できるのか、などを報告書に纏めます。
装置等の紹介
対応後の状況等
  • オプションとしては、例えば臭気コンサルテーションと同時に、脱臭のデモテストも実施することも可能です。悪臭防止法条例のクリアなのか、あるいは臭気苦情の解決なのか、はたまた工場独自の基準なのか、お客様のゴールによって、次のステップをご提案させていただきます。
その他補足感想など
  • 今まで、弊社では約20年間の臭気対策業務の中で、数多くの「脱臭装置の残骸」を目の当たりにしてきました。
  • その多くは、「とりあえず脱臭装置を導入してみたけど、あまり期待した効果が出てない」という理由により放置されていたり、「当時、導入してくれた脱臭装置の業者さんがいなくなっちゃって」という理由であったりをお聞きします。
  • そういうケースでは、弊社臭気判定士たちは、「臭気濃度臭気指数)の測定は実施されたことありますか?」といったような最低限のことをご質問致しますが、やはり「いや、したことない」とか「わからないなぁ」というお答えが圧倒的に多くございます。
  • 弊社としては、まずは貴工場の臭気についての現状把握をしないと、何をどうやって対策していけばいいのか、適切なプロセスをふくことはできないと考えます。
  • どの排気口が一番問題となっているのか。その臭気が近隣のどこまで飛散して、それがどのくらいの臭気の強さで着地しているのか。そしてそれは悪臭防止法の基準値以下なのか、オーバーしているのか。その臭気の質は、何が一番、悪臭支配率で高いのか。などなど、しっかりと臭気対策のためのコンサルテーションで、ニオイを見える化して、丸裸にしていかなくてはならないのです。
  • それらが可視化できたらようやく、次のステップを勘案することができるということになります。脱臭装置を導入するなら、湿式なのか、乾式なのか。どこまでの脱臭効率の脱臭装置を選定すればよいのか。それがはたして本当に効果を出せるのか。あるいは、実際に幾つもあった実例としては、例えば排気口の場所を変えるだけで悪臭苦情が解決したとか、弊社の24時間365日の臭気監視システムdeomoniを常設したら、臭気の発生源が意外なところにあったことがわかったなど、原因がわかればいろいろと打つ対策を効果的に講じることができるのです。
  • 日本の工場、タイの工場、ベトナムの工場、中国の工場、など、工場の臭気対策のことでしたら、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
脱臭前拡散シュミレーション
タイでの臭気調査
工場の臭気調査
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


工場の臭気モニタリング



人気ブログランキング

  
担当(著者)
臭気判定士 中丸晴樹
提出日付
2022年7月16日
対応先等
日本国内およびタイの工場
概要
工場の臭気モニタリング
状況等
  • 日本およびタイの工場では、日本においては悪臭防止法という法律があり、タイにおいてもそれに似たような条例が定められつつあります。
  • そしてそれらは、工場での生産時等に発生する臭気が、自工場の敷地境界線をこえて、近隣住民の土地や家屋などに飛散してしまうことで、臭気苦情が発生するケースなどを防止するためにあるといっても過言ではありません。
  • さらに、工場では当然、何かしらの製造活動をしたり、それに伴って発生する排水や廃棄物など、自工場内でもいろいろな臭気や悪臭が発生するため、工場内の労働環境の改善のためにも、悪臭防止法が適用外だとしても臭気対策などを実施されているケースも多くあります。
  • また、何かしらの品質を求めていく必要のある製造ラインや、あるいは火災などの災害へ備えるために、温度や匂いなどでまずはその前兆をとらえてみたい、というようなご要望も一定数、頂戴するようになっております。
  • 臭気に関しては、ハンディタイプでも可能ですし、定点設置でも可能です。そこから、騒音などのオプションも可能となりつつあるのが、弊社deomoniの特徴です。
対応内容
  • とある工場様では、環境対策プロジェクトが社内で立ち上がりました。環境問題の1つに当然、「臭気」というのが掲げられたため、弊社にご相談いただきました。
  • 日本で数工場、タイでも複数の工場を稼働されており、それらの工場での「ニオイの見える化」に取り組みたいとの事でした。
  • 弊社では、定点設置タイプで、24時間365日、臭気を可視化できるニオイセンサー「デオモニ」をご提案させていただき、ご採用いただきました。
  • 環境プロジェクトの1つとして、正式に組み入れていただき、日本とタイの全工場において、臭気のモニタリングを実施しております。
  • また、とある工場様では、特に近隣住民様からの臭気苦情はないのですが、今のうちから臭気をしっかり評価しておきたいというご要望があり、敷地境界の4方向および排気口付近の2箇所に、臭気センサーdeomoniを定点設置。何かしら臭気問題が発生した場合でも、すぐに対応できる備えを万全に整えておられます。
  • 他にも、せっかく定点設置したので、そのネットワーク(無線でデータを飛ばせる)を活用し、騒音の見える化もやろうということで、振動や騒音などのセンサーを組み込むオプションについてのご要望も新たに頂戴しており、対応中でございます。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • deomoniは発売以来、ニオイセンサー本体や中継機等を合わせ、300以上の納入実績を、日本およびタイの多くの工場様の臭気監視でお役に立てております。次は品質管理のところでどこまでお役に立てるか、新たなるセンサーオプションを鋭意、開発中ですので楽しみにしていて下さい。
その他補足感想など
  • 多くの工場様に納入させていただいております、ニオイセンサー「deomoni」につきましては、その実績数の多さや、反応のよさ、回復の速さや持久力、無線方式の利便さ等により、引き続き、たくさんのご相談やお問い合わせを頂戴しております。
  • 弊社では、創業以来19年間、一貫して臭気対策に関する業務のみを行ってまいりましたが、その中でも臭気センサーという部分で、これほどまでにお手伝いさせていただけることになるとは、正直申し上げて、想定の範囲を大きく上回っております。
  • さらに、そのネットワークシステムや、臭気の測定値を無線で飛ばせる方法などを活用して、もっといろいろなオプションやサービスができないのか?ということを、常にお客様のお声や現場での多くの経験から学び、生かし、考え、開発を常に進めておる次第です。
  • 特に、これからは「品質管理」および「何かしらの異常察知」そして「簡易臭気成分濃度測定器」というあたりに、お客様の御相談が多いことから、これらを実現するべく開発技術が進められております。
  • 例えば成分濃度では、ガスクロをかけるまでもなく、ある程度の分類と濃度がわかればいい、というケースも少なくないので、そういう場合での、簡易型の臭気濃度の成分分類ができるセンサーをオプションで設けていければ、より多くのお客様のお役に立てるのではないかなと考えておる次第です。
  • それに加えて、上述したような、臭気以外のセンサー「騒音や振動など」も同時に設置、あるいは他の場所に設置して、同じく無線で飛ばせるような応用方法も実現可能ですので、正式にオプションとして加えるべく、開発が進められております。
  • もちろん他にも、いろいろな展開を勘案しておりますので、臭気センサーのことでしたら、弊社共生エアテクノまでまずはお問い合わせやご相談下さい。
 
においセンサーデオモニ
 
においセンサーデオモニ
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/