タイにおける工場の臭気コンサルテーション


人気ブログランキングへ

種別
担当(著者)
提出日付
2019年1月4日
施工先
タイの工業団地
施工概要
タイの工場での排気臭と臭気規制との確認他(タイの工業団地の臭気規制)
施工前状況
  • タイの某工業団地にある日系の工場にて、製造過程から排気される排気臭が、近隣住民さんから臭気苦情となってしまっていた。
  • 工場側としては、真摯に対応をしていくスタンスであり、いろいろ導入してみたりトライされていたようだが、なかなか臭気苦情の解決には至っていない。
  • よって、まずはしっかりとした現状把握をした上で、臭気問題の解決をやっていかなくてはならないと判断され、以前もお問い合わせをいただいた弊社に、また、お声掛けを頂戴した。
  • 臭気コンサルテーションのお見積書をタイの代理店さん経由で提出させていただいたところ、無事、ご発注いただいた。
施策内容
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 臭気拡散シミュレーションにより、ターゲットとする排気ラインや製造過程を絞り込み、それらをどこまで脱臭すればよいか等、そして臭気監視システムDeomoniを設置していく事で、臭気をリアルタイムでさらに確認していく等の提案をご報告書に纏め、本件は終了となり、次のステップへ続く。
その他補足感想など
  • 日本でもタイでも、本当によく見かける光景ではあるが、工場の臭気対策を勘案していく上で、現状の把握が出来ていないまま、脱臭装置を導入しておられるケースがある。
  • 特にタイでは、まだまだ、「臭気を測定する」という部分については普及していないように感じていて、あっても成分濃度測定結果である・・というケースも少なくない。
  • なので、「臭気測定」を実施するという事に、それなりの費用を支払うというのも、最初は多少、ハードルが高いと感じられるケースもあるようだ。
  • しかし実際には、現状把握をまず、実施する事が、いかにその後の展開をスムーズに成功へ導けるかの大切なスタート地点となる。
  • 実際に臭気コンサルテーションを行う事で、脱臭装置が必ずしも必要ではないケースもあるし、臭気監視システムに検量線を引いて、24時間365日の臭気変動や臭気把握をDeomoniで実施するというセカンドステップへ繋がっていくケースもある。
  • 日本では、日本の国家資格である臭気判定士。タイでは、タイの資格である臭気判定士が、それぞれ臭気測定を実施する資格となるが、臭気測定の方法は同じなので、弊社では経験豊富な臭気判定士臭気対策コンサルタントが、タイの代理店さんと一緒になって、タイの工場の臭気対策に当たっている。
  • 日本及びタイの工場にて、臭気対策をご検討の場合は、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
タイの工場の臭気コンサルテーション
タイの工場の臭気コンサルテーション

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/