臭気調査」タグアーカイブ

三点比較式臭袋法について


人気ブログランキングへ

 
種別

工場の排気臭対策における臭気測定

担当(著者)
臭気判定士 松林宏治
提出日付
2021年3月18日
対応先
概要
嗅覚測定法
状況等
  • 弊社では、悪臭防止法に定められている臭気判定士が6名在籍し、日々、悪臭対策や臭気対策業務にあたっている。
  • 特に、工場の排気臭の臭気対策についてと、建物の臭気調査カビ、脱臭作業といった業務が多くあるが、悪臭防止法に則った業務となると、工場や飲食店といった、臭気を外部へ排出する営利を目的とした施設が対象となってくる。
  • 日々多くのお問い合わせを頂戴する中で、多くのケースでは、どれくらいの臭気を出していて、それがどれくらい飛散していて、現状のままでも良いのか、はたまたどれくらい臭気を低減してあげれば良いのか等、まずは臭気の現状把握の為の、臭気対策のコンサルテーションや臭気アセスメントを実施させていただく。
  • そして脱臭のデモテストや脱臭装置のご提案を必要に応じて行っていく。
対応内容
  • 基本的に、弊社が実施する臭気対策コンサルテーションでは、「現地での臭気測定」を実施するケースが多い。
  • なぜなら、なるべくはやく、臭気採取した検体を、嗅覚測定法によって臭気濃度(臭気指数)を算出しておきたいからである。(確か24時間以内の嗅覚測定が推奨されていたと思う)
  • しかし、三点比較式臭袋法を実施するとなると、6名以上のパネルと呼ばれる嗅覚検査に合格しているパネラーに協力して貰わなければならない。現場において、このパネラーの確保というのは、大変困難である。
  • その為、(かどうかは定かではないが)、この三点比較式臭袋法の代替案として、簡易法というものがある。
  • 通常、弊社臭気コンサルテーションを実施する場合は、最低でも2名以上にて作業を行う。しかもそのうちの1名以上は必ず臭気判定士であり、多くのケースでは2名以上の臭気判定士が現場にて実施する。
  • よって弊社では、コンサルテーションやデモテスト時の現地パネルは、弊社臭気判定士及び嗅覚検査に合格している臭気対策コンサルタントにて、実施している。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況
    簡易法としては、
  • 二点比較にて実施していく。
  • 2名が2回ずつパネルとして嗅いで判定していく。
  • オペレーターはパネルを兼務する事ができる。
  • はっきりわかる場合は1回で省略可
  • 等、かなりフレキシブルで現場経験豊富な臭気判定士にとって、より精度が高くなるだろう。
その他補足感想など
  • 現地パネルを実施するためには、多くのハードルを抱えていたが、この、嗅覚測定法の簡易法が公益社団法人におい
  • かおり環境協会から発表されて以来、最も大きなハードル=6名のパネルを集めること・・がクリアされたため、現在、弊社の現地での臭気測定は全て、簡易法にて実施している。
  • 同時に、社内に持ち帰って実施するケースや、検体をお送りいただくケースでも、多くのケースでは簡易法を用いている。
  • 弊社では、臭気判定士及び臭気対策コンサルタントが、日々現場でニオイを嗅ぎ、臭気調査や異臭調査、脱臭作業や臭気測定といった、ニオイに関する業務を実施しているため、現場経験が豊富であり、ニオイに対するインプットも現場経験の数だけ蓄積されている。
  • その為、臭気測定業務を、例えば弊社の熟練した臭気判定士が2名で実施すると、簡易法といってもその精度が非常に高くなり、さらに時間的なスピードも格段にはやくなる。毎年何百検体をオペレーターやパネラーとしてこなしている為、ヘルプに入る1名の作業も段取り良く効率よく、こなしていける。
  • もし、現地での臭気測定にて、現場の臭気が大変強い場合は、弊社の方法としては、現場での作業組と、嗅覚測定組を分ける方法も取り入れている。どうしても現場で強い臭気を嗅いで、持続的にあびると、一時的な嗅覚疲労や嗅覚減衰も懸念されるからである。
  • そういったケースでは、4名とか5名といった人数で現場へ入らせていただき、作業班と測定班という2チーム制にてそれぞれが業務を行う。
  • また、その場でとりあえずの測定結果、速報値のみではあるが、お客様へご報告できるというメリットもある。脱臭装置のデモテストであれば、とりあえず効果があるのかどうかだけでもジャッジしていただけるし、悪臭防止法の規制値云々の話であれば、大きくNGなのか、全然セーフなのか等の大枠の部分も把握いただける。
  • もちろん、臭気拡散のシミュレーションや脱臭対策のご提案には2週間等のお時間を頂戴し、報告書に纏めさせていただいた上で報告会を実施させていただく。
  • 工場の臭気についてのご相談でしたら、日本でもタイでも、まずは弊社共生エアテクノご相談下さい。
臭気測定業務
臭気測定業務
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


トイレの臭気調査


人気ブログランキングへ

 
種別

汚水や雑排水のニオイの発生源調査

担当(著者)
臭気判定士 悪臭スナイパー 中丸晴樹
提出日付
2020年9月16日
対応先
某コンドミニアム
概要
不定期に発生するトイレ内の臭気発生原因の調査
対応前の状況
  • 某コンドミニアムにて、そこを利用される宿泊客や利用客から、宿泊後や利用後の感想コメントにて、「清潔だった」「綺麗だった」といったようなポジティブなおほめコメントが多く寄せられていた。
  • しかし一部、「ちょっとトイレのニオイが気になる時があった」とか、「たまにトイレ内で卵が腐ったようなニオイがあって気になった」といったような、トイレ内のニオイに対するコメントがあったようで、オーナー管理会社側では気になっておられた。
  • 常時、ニオっているわけはなく、ルームクリーニングやチェックアウト時の清掃時では、スタッフさんたちで一度もそのようなニオイが気になることはないとのことであった。
  • そのため、まったく悪臭苦情の発生源がわからず、かといって少数意見だから無視するわけにもいかず、いろいろ解決を勘案しておられる中で、弊社共生エアテクノをインターネットにて見つけていただき、お問い合わせいただいた。
対応内容
  • 弊社では、臭気調査悪臭発生源調査に詳しい専門チームに所属する臭気判定士が対応に当たり、ヒアリング等ののち、正式に臭気調査のご依頼を頂戴した。
  • 異臭調査の当日は、ターゲットとなるニオイの質が、卵の腐ったようなニオイとか下水のようなニオイということと、ニオイの場所がトイレ内ということで、いつもの臭気調査の七つ道具に加えて、トレースガスセットも準備し、万全を期して臭気調査に乗り込んだ。
  • 確かに当初は、ニオイは感じられなかった。弊社臭気調査では、臭気の判定を一人では原則行わない。嗅覚の感じ方は人それぞれ十人十色なので、弊社では原則、臭気判定士および臭気対策コンサルタントらが2名以上にて調査に当たるケースが多い。
  • 今回のケースでは、いろいろ確認したのち、エアーバランスが原因の可能性があると判断し、あえてニオイが出やすい状況を家の中で作ってみて、その仮説を検証してみた。
  • その結果、トイレ内にあった小さなお手洗いの封水が強い負圧状態に負けて、そこから空気が逆流していることが判明した。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • トイレにアンダーカットやガラリがなく、外部に面していないため、窓もないことが原因だった。
    エアーバランスを整えてあげる(今回のケースではアンダーカットかガラリを設置する)ことと、念のため、配管接合部やトイレと床面をシールすることで、問題は解決となった。
その他補足感想など
  • ニオイ問題を取り扱うケースでは、「不定期にニオイが発生する」という現場が少なくない。
  • このようなケースでは、悪臭苦情を申し立てたり、コメントしたりする側と、それらの対策や対応をする側にて、ニオイを感じた、感じられない、ニオイがある、ニオイはない・・というすれ違いが、大変大きなストレスに繋がる可能性もあり、ひいてはそれが両社(両者)の不信感へと発展してしまいかねない。
  • 今回の現場では、少数の臭気に関するご意見をスルーせず、しっかりと受け止めて、改善したいと臭気発生源をしっかり探っておられ、弊社としてはこのような素晴らしい対応のお手伝い、問題解決を実施することができて、大変光栄に思う。
  • しかし、ニオイ問題を申し立てている側と、管理会社やオーナーさんらが、「今、ニオイがしている!」と言われて、急いで現場へ駆けつけると、「もうニオイはなくなっている」「一瞬だけで、ニオイは収まった」といったようなやりとりが何度も繰り返されるのが多くのケースである。
  • そのような場合、おそらくはずっとそのようなやりとりが続き、長くなればなるほど、どんどん信頼関係が損なわれてしまう可能性が高い。「ほんとにニオイ問題を解決してくれる気があるのかな?」という思いに対して、「ほんとにニオイなんてあるのかな?」「クレーマーではないのかな?」といったようにである。
  • ニオイ問題が発生してしまったら、はやめに、弊社のような臭気対策の専門業者に相談してみるのも良いと思います。工場でも病院でもマンションでも戸建てでもホテルでもオフィスビルでも、ニオイに関するご相談でしたら、弊社共生エアテクノまでどうぞ。
アンダーカット
臭気調査
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


某ホテルにおける異臭問題


人気ブログランキングへ

 
種別
担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2020年9月4日
対応先
某ホテル(ホテルの客室にて不定期に発生する汚水臭気)
概要
下水のようなニオイが室内で発生する臭気苦情の調査
対応前の状況
  • 某ホテルにおいて、特定の客室に宿泊されるお客様から、不定期に「下水のようなニオイがクサイ」とか、「ドブのような悪臭で部屋にいられない」といったような悪臭クレームが寄せられていた。
  • スタッフや設備担当者らが、都度、確認を行っていたが、はっきりとしたニオイがわからないままであり、その時その時に、消臭剤を散布したり、脱臭機による消臭作業をすることで対策としていた。
  • しかしそれでその場は収まっても、また同様の臭気苦情が発生してしまう状況が続いてしまい、いよいよホテル側としても本格的な臭気の発生源を調査するべく、当該部屋をクローズし、調査に入った。
  • しかしなかなか、なにが原因なのかわからないまま、部屋が貸し出せない状態が続いていた。
対応内容
  • 設備や衛生を担当する業者さんが、「以前、ニオイの調査をやってもらった珍しい専門の調査会社があるので、頼んでみましょう」と、ご紹介によって弊社臭気調査の依頼が入った。
  • すでに何度も、「におい110番」的に、ニオイ問題があったら共生エアテクノへ・・という関係が構築されており、内容や金額等もお分かりいただいているため、すぐに日程調整から異臭発生源調査へと進んだ。
  • 弊社からは、臭気判定士2名と、臭気対策コンサルタント1名にて現場へ伺い、臭気調査を終日かけて実施させていただいた。
  • 確かに、ニオイの質は硫黄化合物系臭気であり、設備配管図面や現地でのニオイマッピング等から、異臭の侵入ルートが当該部屋ではなく、その下にある厨房からであると仮説が有力となった。
  • トレースガスによる仮説を実証する調査にて、それが明らかとなり、侵入箇所も確認できたため、そこを閉塞することをご提案し、異臭調査を終了した。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • 汚水系臭気の侵入ルートが、厨房にあるグリストラップや排水配管からであり、漏洩していた箇所を閉塞するという処置にて、まずは臭気苦情をシャットダウンすることに成功した。 あとは本格的な衛生配管のリニューアル工事等を実施されていくことだろう。
その他補足感想など
  • 本件のような、臭気の調査や異臭の侵入ルート調査、悪臭の発生源調査を専門として実施している、臭気対策のプロフェッショナルは、とてもニッチな仕事であり、なかなかいるものではないと思われる。
  • 弊社は2020年10月で創業以来18年、クサイに挑むプロフェッショナル集団として、ニオイに関することのみを生業としている、ニオイの専門会社である。
  • 今回のような、ホテルにおける異臭問題の対策はもちろん、一般のご家庭やマンションといった住宅でのニオイ対策カビ対策も実施しているし、飲食店や商業施設からの臭気対策のご相談やご依頼も多い。
  • ホテルの場合は、部屋での異臭となると、その部屋を貸し出せないケースもあり、また最悪のケースでは、ネットの口コミ等で「臭かった」といったようなコメントが残ってしまうため、悪臭が悪評に繋がることは、大きなマイナスポイントになりかねない。
  • そのため、ご依頼を頂戴すると、一日でも早く臭気調査に入って貰い、臭気問題を解決して欲しいというご要望を切実に頂戴する。
  • 臭気調査は、弊社の業務の中でも、大変多くなっており、お待たせしてしまうケースも少なくない。
  • よって、悪臭の発生源調査や汚水系臭気の臭気調査、下水臭の発生源調査等は、なるべく早めにご依頼をいただけるとそれだけ早く、対応できる。
  • 工場でも病院でも老健でもホテルでもご家庭でも、臭気の問題でしたらまずは弊社共生エアテクノまでご相談下さい。
においセンサーによる測定
においセンサーによる測定
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/