換気扇をまわせばまわすほど、悪臭がしてくる家庭の悪臭調査



人気ブログランキング

  
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2022年9月28日
対応先等
某マンションの住戸
概要
換気扇をまわせばまわすほど、悪臭がしてくる家庭の悪臭調査
状況等
  • 某マンションにお住まいの、とある住戸にて、原因不明の異臭がときおり発生し、住民さんが困惑しておられました。
  • 異臭の質としては、下水や排水のような悪臭だということですが、強かったり、弱かったりして、はっきりとわからないようでした。
  • ニオイが発生したときや、あるいは発生しやすいタイミング(朝や夜)などでは、部屋内の汚水臭をはやくなくしたいために、常時、あらゆる換気扇を、出来る限りオンにしているとのことでした。
  • それでも、下水や雑排水、水カビのような悪臭の発生はおさまる気配はなく、比較的新しいマンションであったためにその対応に苦慮なさっておられました。
  • マンションの管理会社さんや、設計されたデザイナー会社さん、施工を担当された工務店さんや、その下で衛生関係を担当された設備業者さんや水道工事業者さんなども、原因解明に務めておられましたが、わからないままでした。
  • 臭気調査をWEB検索し、弊社共生エアテクノにお問い合わせを頂戴しました。
対応内容
  • 弊社では、お問い合わせを受けた臭気判定士が、早速、ヒアリングに入りました。
  • メールとお電話にてやりとりをさせていただき、異臭調査の概要説明と、臭気調査の方法、異臭発生源調査のお見積り等をご提出し、すぐに最短で臭気アセスメントを行ってほしいというご要望を頂戴しました。
  • 社内にて日程を調整し、最短日にて、臭気判定士2名による臭気調査を実施致しました。
  • 当日は、現状のままの状態にしておいて欲しいと依頼しました通り、換気扇が稼働しておりました。住民様からは「今は異臭がない」というお言葉を頂戴しましたが、臭気判定士の嗅覚には、わずかに汚水系の臭気がキャッチされました。
  • その臭気を鼻でおいかけつつ、スモークテスターで気流を確認し、衛生配管図をもとに現場の目視との比較確認もあわせて実施しました。
  • 一部、気になる箇所があったほか、いくつかの仮説を2名が立てて、それらをすり合わせの上、仮説を実証すべく、トレースガスを用いた臭気漏洩源調査を実施しました。
  • すると、仮説のうち有力とした付近から、大きなセンサー反応をキャッチしました。
  • まずはそれらを報告書にまとめ、対策方法もご提案させていただきました。
装置などの名称/分類
  • マンション内で発生する悪臭調査
  • ご家庭における臭気アセスメント
  • 建物内にある汚水や下水のような悪臭の発生源調査
装置等の紹介
対応後の状況等
  • 後日、そこの付近に点検口をあけていただいたところ、配管関係の一部に不備があったとのことでした。設備業者さんにて、そこを補修したところ、硫黄化合物系の悪臭の発生はほぼ納まったとのことでした。あと少し、アドバイスをさせていただいたことについては、その他に後述します。
その他補足感想など
  • ほぼ、異臭の発生はおさまったとのことですが、実はまだたまに、下水臭が少しですが発生するとのことでした。
  • 弊社では再度、現場を確認させていただきまして、すぐに原因がわかりました。
  • そのポイントは「換気扇」にありました。
  • 最近の住宅では、冷暖房効率をアップさせるべく、「高気密・高断熱」を目標とした、気密性の高い住宅造りが進んでおります。
  • そのため、隙間風などが入りにくくなり、その分、建物の中の空気が、外部と入れ替わりにくくなってしまいました。
  • それの対策として、「24時間換気システム」の設置が義務化されました。これは、1時間に0.5回、その空間の空気がごっそり入れ替わる・・というような内容の換気システムなのです。
  • そして、多くの24時間換気システムでは、「第3種換気」といって、給気は自動的に、排気は機械にて行うというものになっております。
  • 家の中ではほかに、レンジフードの換気扇、トイレの換気扇、お風呂の換気扇などがありますが、それらは全て、機械(ファン)を用いて、家の中の空気を外へ強制的に排出するためのものです。
  • そして、それら出ていく分の空気は、第三種換気方式の場合、自然に空気を取り入れるための給気口が設けられているのです。
  • ところが、その給気口からは、当然、夏は暑い空気、冬は寒い空気が入ってきます。住民様によっては虫が入ってくる可能性を懸念されたりして、給気口を閉じてしまったり、あるいは掃除不足でフィルターが目詰まりしたりもあり、給気が十分ではないケースもしばしば見受けられるのです。
  • そうなると、お風呂場や洗濯機の排水口から、空気を取り入れようとしたり、エアコンホースから空気が逆流したりしてしまうのです。
  • 臭気調査、異臭調査、臭気判定など、ニオイのことでしたら弊社までご相談下さい。
 
トレースガスを用いた臭気漏洩源調査
においセンサーを用いた臭気漏洩源調査
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/