臭気判定士」タグアーカイブ

建物内で発生する悪臭の発生源調査


人気ブログランキングへ

工事種別

一般家庭やマンションの異臭調査

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2019年12月27日
施工先
某建物(住居)
施工概要
施策前状況
  • 某住居にて、経年劣化等による対策の為、大幅なリニューアル工事が行われた。
  • 内装や外装、衛生配管や水回り等も刷新した。
  • しかし、リニューアル工事が完了した直後から、住民さんが異臭の発生に気づき始めた。
  • リニューアル前にはなかった異臭が、不定期に、そこまで強くではないが、家庭内で感じられるとの事であった。
  • リニューアルをした建築業者さんや、衛生配管等を担当した設備業者さんも、いろいろチェックをしたが、全くわからないどころか、臭気すら感じられない状況だった。
  • そこで、臭気対策の専門会社を探してみたところ、弊社共生エアテクノをHPにて発見し、早速お問い合わせを頂戴した。
施策内容
  • 事前のヒアリング及び御見積書から、すぐに臭気調査業務のご発注を頂戴した。
  • 最短日程にて、臭気調査の経験豊富な臭気判定士2名が、専用の道具類を持ち込んで、現場に訪問させていただいた。
  • 実際の現場確認からスタートした。特にリニューアル前とリニューアル後の設備関係を中心とした衛生配管関係は、目視にて出来る限りチェックしていった。
  • 当初から、本当に弱い臭気の質を感じていたが、確かに強弱は不定期に変化する事もあり、住民さんに「このニオイですか?」と確認したところ、「そうです!さすがです!」と一発回答を頂戴したその臭気は、下水・汚水及び雑排水系の臭気であった。
  • そこから臭気マッピングをしながら絞り込んでいくと、キッチン周辺が発生源とたどり着いた。さらいくつかの仮説を立てたうえで、配管部分へトレースガスを流し、反応から発生源を特定する事が出来た。
装置などの名称/分類
  • 臭気判定士による、住居内の異臭発生源調査
  • スモークテスターによる、建物内の気流チェック
  • トレースガスによる臭気の漏洩や侵入ルート確定
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 今回は、衛生配管関係に全く問題はなかった。ただし、外側に汚水配管及び雑排水配管の通気口があり、そこから漏れ出る汚水臭や雑排水臭が、風向きや都内密集地ゆえの逃げ場がなく、キッチンの換気扇を回すことで負圧となり、キッチンの窓から引き込んでしまっていた。
その他補足感想など
  • 今回のケースでは、リニューアル工事が適正に行われていて、問題はなかった。
  • 汚水配管や、雑排水配管に、通気口を設ける措置も、ニオイという観点からみても適切な方法であると思う。
  • 以前には、通気口がなかった為、室内のわずかなつなぎ目から汚水臭が漏れ出てしまう現場もあり、その現場では通気口を設置してもらう事で解決した事例もある。
  • 本件では、たまたま密集住宅地域であり、通気から出た下水臭がうまく拡散されず、すぐ近くにある自分の家の窓から自宅内に入り込んでしまうという、ショートパス現象が原因であった。
  • 配管の中の圧力調整や、空気の逃げ道となる通気口の位置を、もっと高い位置にするというのがベストな選択肢であると思われたが、諸条件にて難しいという事であった。
  • よって、配管の下側や問題とならない部分にて、空気の出し入れ口を多めに設けてあげる方法を第一案として実施されたようだった。
  • また、自宅内のキッチンの換気扇、ふろ場やトイレの換気扇はすべて、第三種換気方式(機械ファンによって強制的に室内の空気を外へ出す方式=その分の空気を窓等から自然給気する)である為、空気の取り入れ口を違う場所からとするような対策も試していただいた。
  • その後、気になる下水臭の発生は感じられないという事で、一連の臭気調査は終了した。
  • 住居やマンション、オフィスビルや建物等の、異臭の調査や悪臭の発生源調査でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気発生源調査
臭気発生源調査
臭気発生源調査
臭気発生源調査

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


タイの工場の臭気に関する現状把握のための臭気測定


人気ブログランキングへ

工事種別

タイの工場における臭気コンサルテーション

担当(著者)
提出日付
2019年10月17日
施工先
タイの工場
施工概要
既設あるいは新規導入検討に関する脱臭設備や脱臭装置の脱臭効果測定
施工前状況
  • 日本では弊社創業当初から多くあったお問い合わせの一つに、「自社工場から発生している排気臭がどれくらいの強さで、どこまで飛散していて、どうすれば臭気苦情がなくなるのか?」という内容のものが多くあった。
  • また、同時に、「昔、導入してみた脱臭設備なんだけど、どれくらい脱臭効果があるのだろう?」という内容のものも多くあった。
  • それらについては、弊社では、臭気の現状把握と拡散状況を確認するべく、臭気コンサルテーションを行い、多くの部分を可視化してきた。
  • 最近ではタイの工場にて、このようなお問い合わせを多く頂戴するようになった。
施策等の内容
  • 弊社からは、日本の国家資格である臭気判定士と、脱臭装置や臭気対策システムの設計技術責任者が、毎月、タイへ出張し、タイの代理店さんとともに、タイの各工業団地にある工場の臭気対策を行っている。
  • 脱臭装置のご相談や、脱臭システムのデモテスト、大好評を頂戴している臭気監視システムdeomoniのインストールや検量線の業務も多くありますが、その中の一つに、「臭気の現状把握」のためのご依頼や実務も毎回、必ずといっていいほど対応している。
  • また最近では、いつ導入したかもわからない脱臭設備の効果検証や、これから導入を検討している脱臭装置の効果検証のための臭気測定といったご依頼も頂戴するようになった。
  • 確かに第三者としての臭気測定をTOBで実施できる測定業者は弊社のチームくらいしかいないかもしれないので、極力、対応するようにはしているが・・。
装置等の名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
  • 日本の臭気判定士と、最新鋭の脱臭や臭気対策の技術責任者がSVとして監修。
    タイの代理店さんでは、TOBメソッドによる臭気測定の機材一式を取りそろえ、タイの臭気判定士を数名、資格取得の上、いわゆる三点比較式臭袋法を中心とするコンサルを行っている。
その他補足感想など
  • 日本では、臭気測定を実施する測定機関というのは、第1種事業所や第2種事業所を中心に、それ以外でも臭気判定士が複数名在籍する等の条件を満たせば、弊社を含めて多くの事業所が、公定法における臭気測定を実施する事が出来る。
  • そのため、工場において、自社から排気される臭気の強度(臭気濃度あるいはそれを対数で表す臭気指数)と、それらがどこまで拡散しているのかの影響度把握等は、ある程度、どこの工場でも一度くらいはコンサルテーション、あるいは臭気測定を実施し、一通りの把握をされているケースを多く見受けられるようになった。
  • しかしタイの工場では、日本のタイ現地法人の工場であっても、臭気測定すら実施したことがなく、どれくらいの臭気が自工場から出ていて、それらがどこまで拡散し、近隣に影響を与えているのかを把握していないケースも多く見受けられる。
  • また、臭気苦情があったため、脱臭装置や脱臭設備を勘案してみたものの、本当に効果があるのか、導入したらどれくらい周囲への拡散度を減らせるのかといった臭気拡散のシミュレーション等もしていないケースすら多く見受けられる。
  • 弊社のタイ臭気対策チームにお声掛けいただくケースも増えてきたのはありがたいことだが・・。
  • とにかくタイの工場で臭気測定を実施してみたい等のご相談がありましたら、弊社共生エアテクノまでまずは一度、お問い合わせください。
問い合わせボタン
タイの工場での臭気測定
タイの工場での臭気測定

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


タイの某工場の排気ダクト内に消臭剤スプレーシステムを導入


人気ブログランキングへ

担当(著者)
提出日付
2019年10月7日
施工先
タイの工場
施工概要
施工前状況
施策等の内容
  • 基本的に、最初に導入させていただいた工場のスプレーシステムによる消臭ユニットと、スペックはほぼ同じ仕様とさせていただいた。
  • 消臭剤については、この2号機では、幾つかのタイプを選定できるようにしたため、それらをフレキシブルに使用できるように、ファンやブロアの設計を変更した。
  • すでにある排気ダクトと、製造ラインからの排気臭がある状態の中で、ダクトへの加工による消臭剤スプレーノズルの設置や、日本から輸出したスプレー噴霧ユニットの据え付け工事を行う必要があったため、製造工程との兼ね合いを慎重に協議し、安全第一で作業させていただいた。
  • 試運転及び臭気測定を弊社の臭気判定士及び技術責任者立ち合いにて実施し、タイの代理店とともに問題ないことを確認、無事、検収を頂戴した。
装置等の名称/分類
装置等の紹介
施工後の状況
    消臭剤をダクト内で噴霧するときの、周囲への拡散度を考慮し、脱臭効率を勘案した。 原臭の臭気濃度(臭気指数)から、想定通りの約60~70%の脱臭効率が確認できた。 他のラインでも高い臭気が排出されているため、引き続き対策の検討を行っていく。
その他補足感想など
  • タイでは、日本でいう悪臭防止法のような法律が施行されたような、されていないような、法律というほどではないかもしれないが、確実に各工場の臭気規制は厳しくなっているようだ。
  • 日本では地方自治体ごとの臭気規制が主になっているが、タイではどうやら、製造の業種ごとに臭気の規制値を定めていく傾向も見受けられる。また、同時に、地域の工業団地ごとでも臭気規制が行われるケースもあるようで、なかなかはっきり弊社では把握しきれない部分もある。
  • とはいえ、臭気の発生している現状の強さや、その排気臭がどこまで飛散しているのか、そして現状で脱臭装置を設置されている場合は、まずそもそもそれがどこまで脱臭効果を発揮しているのか、といった現状把握を、臭気コンサルテーションという形でご依頼いただくケースも数多くあり、弊社ではタイの代理店とともに、臭気判定士や技術責任者が対応に当たっている。
  • そのうえで、排気臭をどこまで脱臭してあげればよいのか、あるいは排気口の位置や風速等を変更すれば、悪臭苦情を減らせる可能性があるのか、といった部分をご相談の上、本現場のように消臭剤スプレー噴霧システムを導入させていただき様子を見てみたり、本格的な脱臭対策としてインジェクションスクラバー等を導入させていただくケースもある。
  • いずれにせよ、タイの工場における臭気測定や臭気対策、脱臭に関する事でしたら、弊社共生エアテクノまでまずはお問い合わせください。
問い合わせボタン
ダクトへの加工による消臭剤スプレーノズルの設置
消臭剤スプレー噴霧システム

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/