火事」タグアーカイブ

建物や倉庫等での火災後の火事臭気脱臭や煤除去、ダイオキシン測定等


人気ブログランキングへ

 
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2020年10月28日
対応先
某建物
対応前の状況
  • 某建物において、不幸にも火災が発生してしまった。
  • 全焼ではなかったが、火元を中心に火事となり、延焼しなかったフロアにも煙が侵出し、粉塵等が見受けられる状態であった。
  • 常時、人がいて、また、来客や来場者もいる建物であった為、しっかりとした脱臭作業を実施する必要があることと、ダイオキシン等の有害物質の有無も確認する必要があった。
  • 複数の業者に相談や問い合わせを行ったが、単純にオゾン脱臭をやりましょう、とか、臭気の保証はできない、といった清掃やメンテ業者さんが多く、困っておられた。
  • その中で、脱臭専門業者である弊社共生エアテクノにもお声掛けいただき、脱臭方法や煤除去方法、実績や臭気保証、経験値や測定までを含めてご説明したうえで、弊社に正式にご依頼を頂戴した。
対応内容
  • まずは事前の臭気測定からスタートした。もちろん現状把握も含まれており、どこがニオイが強いのか、どこの煤除去を中心に実施するべきか、見えない箇所の臭気状況はどうか、等を臭気判定士2名を中心に、しっかりマッピングしていった。
  • 次に煤除去作業を実施した。やみくもに脱臭作業を行っても、焼き焦げ臭の発生源がある以上は、一時的に臭気がなくなったと感じて、また再発してしまうからである。
  • 大型の専用マシンを持ち込み、煤除去作業を複数の機械にて数日かけて行い、細かい部分は人の手によって、ふき取り作業等にて煤除去を実施した。
  • その後、脱臭作業を実施した。大型のオゾン発生装置を持ち込み、空間を中心に燻蒸脱臭を実施。同時に、促進剤を用いたり、消臭剤を併用する事で、脱臭効率と脱臭効果を高めた。
  • 最後に、ダイオキシンの濃度測定と、臭気判定士による臭気チェックを行い、一連の作業を終了した。
装置等の紹介
  • ダイオキシン測定
  • 臭気判定士による臭気レベル判定や臭気強度マッピング
  • 特殊な洗浄作業による臭気発生源の除去
施工後の状況
  • 脱臭作業として一連の流れとして、2週間ほどの工程をいただき、煤除去から脱臭消臭作業、そしてアフターの測定までしっかり行い、ダイオキシン及び臭気レベルともに問題なしとなり、無事、検証を頂戴した。
その他補足感想など
  • それなりの規模である建物や施設にて、火災後の焼き焦げ臭であったり、付着してしまった異臭等であったりを、脱臭や消臭していくというのは、実は簡単ではない。
  • 一般的に広く知られているオゾンガスによる脱臭作業は、多くの業者さんが提案できる方法であり、その効果ももちろんあるものだが、ケースや状況によっては満足のいくところまで脱臭しきれないとか、消臭できないケースもしばしば見聞する。
  • それは、単純にオゾン脱臭機を持ち込んで、一般的な目安のオゾンガス濃度を発生させ、同じく一般的な目安である時間を運転すれば、とりあえずニオイは低減するといったような経験値やノウハウしかもっていないためであると考えられる。
  • それでも臭気のレベルが低かったり、ある程度限られた空間であれば、何とか対応できるかもしれないが、臭気の質が特殊であったり、臭気の発生源が残存しているのに見落としたりするケースでは、なかなか簡単に脱臭作業として満足いくクオリティには至らないと思われる。
  • また、経験豊富な臭気判定士や、臭気対策コンサルタントがしっかり現地調査を実施して、きちんと臭気に対する低減確認であったり、必要によっては保証といったところを行っていかないと、のちのち、トラブルになってしまうケースも考えられる。
  • 日数的にも、現場規模によっては、数日では終わらず、1週間とか2週間の工程を組み、たくさんの人と機材を投入して脱臭作業は行われていく。最低でも、日中は原則、脱臭作業員が常駐し、脱臭作業を実施していく。
  • 建物や施設、住居や倉庫において、脱臭作業や臭気対策臭気調査をご検討でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
煤除去作業資材
煤除去作業
大型の専用マシン(煤除去)
オゾン発生装置
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


焼き焦げ臭気の脱臭工事


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2019年8月9日
施工先
某火災後の建物
施工前状況
  • 一般の戸建てやマンションの1室において、小火であったり、火災であったり、火事が発生してしまった場合、多くのケースでは内装等は全て、新調する事になる。
  • 本現場のケースでは、躯体部分以外に、柱部分等はわずかにススが付着した程度で済んだが、やはりスス臭気や焼き焦げ臭気は残ってしまっていた。
  • 施主様と施工会社さん、管理会社さん等での協議の結果、脱臭の専門会社に焼き焦げ臭の脱臭作業を依頼し、臭気の判定まで実施すれば安心という事になった。
  • デベロッパー様が過去の実績や知り合い関係から、弊社共生エアテクノをピックアップいただき、ご相談いただいた。
  • お打ち合わせ、お見積提出から、正式に脱臭作業のご発注をいただいた。
施策内容
  • まずはビフォアーとして、臭気判定士2名にて現場へ訪問し、消臭工事前の臭気測定を行った。臭気判定士の嗅覚による官能評価と、臭気測定機を利用した。
  • 次に、焼き焦げ臭を脱臭する為の脱臭装置一式を持ち込み、試運転をしたのち、連続脱臭作業のサイクルへ入っていった。
  • 途中、焼き焦げ臭が気になるところを、ピンポイントで嗅ぎ分け、必要に応じて(工程にはなかったが)煤除去作業も実施した。
  • スケジュール通りの工程を完了し、アフターの測定後、撤収した。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 施工前及び施工後の変化として、臭気判定士の嗅覚による官能評価による臭気強度及び臭気センサーの数値ともに、目標値をしっかり下回っていた。
    それらを報告書に纏めて提出し、無事、検収も頂戴した。
その他補足感想など
  • 弊社は創業以来16年目となり、消臭や脱臭のみを行ってきている専門業者ではあるが、臭気の調査や判定、測定業務、及びカビ対策をはじめとして、今回のような火事や火災後の脱臭作業というのは、必ず一定数のお問い合わせがあり、また、一定数の受注の上、脱臭工事をご依頼いただいている為、多くの実績があり、いろいろなノウハウを蓄積している。
  • 本現場では、脱臭作業のみの所掌範囲であったが、経験豊富な臭気判定士が現場に常駐し、脱臭作業を進めていくうちに、どうしても臭気の気になる部分があったため、それらをしっかりと嗅ぎ分けて、スス除去が必要な部分を作業の合間に対策していった。
  • また、ビフォアーとアフターで、熟練の臭気判定士が臭気を判定し、焼き焦げ臭や火災臭がしっかり除去出来ている事を確認し、報告書で提出する為、管理会社様やデベロッパー様は安心して、お施主様へのご説明と引き渡しを行う事が出来る。
  • お施主様からも、第三者の脱臭専門会社による脱臭作業と臭気判定が行われている為、これからまた長く住まわれているのに、不安要素がなくなったと感謝のお言葉も頂戴している。
  • 火事や火災後の脱臭対策であれば、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気センサーによる測定
脱臭用機材
脱臭用機材
オゾン脱臭機

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/