肥料製造工場排気臭対策


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 山田大介
提出日付
2016年2月1日
施工先
肥料製造工場の過燐酸臭気脱臭対策
施工概要
某所にある肥料製造工場から発生している、燐酸臭気の脱臭対策。
近隣周辺に悪臭苦情を発生させないように、排気臭対策を実施。
施工前状況
既設の肥料製造工場にて、既に近隣からの臭気苦情が発生していた。
臭気コンサルテーションを実施し、現状の臭気の強さや排出強度から、臭気の拡散シミュレーション等でニオイを可視化した。
そこから、何をどこまで脱臭すればよいかというゴールを定め、そのゴールに向かってデモテストも実施。確実に悪臭苦情を抑えられるように、臭気対策を実施した。
施策内容
風量が240m3/minであったにも関わらず、工場には限られたスペースしかなかった。
しかし高さ方向は自由が利いた為、ハイブリッドスクラバーのデオミストTypeDをベースに設計した。
ハイブリッドスクラバーの内部を分割し、消臭剤のスプレーも多段式とした。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
いわゆる「消臭剤噴霧方式」ではあるが、燐酸臭気と相性の良い消臭剤を、高い気液接触効率にて脱臭できるハイブリッドタイプ。
施工後状況
原臭:臭気濃度13,000(臭気指数41) → 脱臭後:臭気濃度500(臭気指数27)
脱臭効率約96%  臭気苦情問題=解決。
その他補足感想など
  • 従来からある、上部散水方式では、本現場の臭気対策には十分な脱臭効果を発揮できる可能性は低い事が、臭気コンサルテーションから判明していた。
  • その為、大容量霧化消臭剤噴霧ノズルを特殊設計し、さらに、ハイブリッドスクラバー内部でも弊社のノウハウによって気液接触率をアップさせた。
  • それでいて、従来型のスクラバー同等程度の除塵能力を発揮できる仕様とした。
  • 設置スペースが限られている中で、悪臭苦情をストップさせる脱臭効果を発揮する必要があった為、入念な事前準備(臭気コンサルテーション)とデモテストを実施し、実機を導入させていただいた。

 

特殊設計 大容量霧化消臭剤噴霧ノズル
特殊設計 大容量霧化消臭剤噴霧ノズル
ハイブリッドスクラバー消臭剤 スプレー
ハイブリッドスクラバー消臭剤 スプレー
デオミストTypeD
ハイブリッドスクラバーデオミストTypeD
デオミストTypeD
ハイブリッドスクラバーデオミストTypeD
臭気測定
臭気測定
消臭剤噴霧ユニット
消臭剤噴霧ユニット

排気臭などの産業臭気にかぎらず、ニオイでお困りの場合は共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/