工場の排気臭対策の脱臭装置として、活性炭(デオキーパー活性炭脱臭装置)


人気ブログランキングへ

記事の種別

活性炭方式の脱臭装置

担当(著者)
臭気対策コンサルタント 吉田博満
提出日付
2020年3月26日
施工先
施工概要
工場の排気臭対策の脱臭装置として、活性炭デオキーパー活性炭脱臭装置
施工前状況
  • 工場の排気における臭気対策や脱臭対策を検討する時に、その脱臭方式として様々な脱臭方法が考えられる。
  • 効果が高いが、イニシャル及びランニングコストが高く、CO2排出等も懸念される燃焼方式
  • 水や消臭剤を使った方式では、スクラバー方式やスプレー方式があり、排水処理や薬剤のランニングコストは必須となるが、相性のよいケースでは高い脱臭効果を得られる湿式方式。
  • そのほか、いろいろある中で、古くからある吸着方式としてはやはり、活性炭を用いた脱臭方式は、特に初期性能としては確実に高い脱臭効果が期待できる。
施策等の内容
  • しかし多くのお客様では、活性炭の効果を知っていながらも、使い方がわからない状況であったり、多くの情報が氾濫している為、結局、活性炭の使用に二の足を踏んでしまうケースが多いようである。
  • そこで弊社では、活性炭フィルターや粒状活性炭の単品売りも行ってはいるものの、お客様からの多くのお声やご要望に応えて、活性炭を組み込んだ脱臭ユニットを開発し、数多くの工場へ納入させていただいている。
  • それが弊社のデオキーパー脱臭装置である。
装置等の名称/分類
装置等の紹介
  • 工場の排気臭として、活性炭を用いた脱臭方式
  • 活性炭以外にも、ゼオライト等を用いた吸着方式の脱臭装置
  • 風量が大きくても極力、省スペースで対応できる脱臭装置の設計施工
施工後状況
  • 標準仕様の脱臭装置として、デオキーパーには10CMM用、20CMM用、30CMM用という3パターンをラインナップしている。お客様から「これでいける!」といきなり商談を頂戴するケースもあり、わかりやすい活性炭脱臭装置として大変重宝いただいているケースが多い。
その他補足感想など
  • 脱臭方式の一つとして、吸着方式というのは、おそらく燃焼方式と並び、最も古くから用いられている脱臭方式であろう。
  • それゆえ、多くの情報が氾濫し、単品売りから大型の装置まで幅広くあるようで、お客様から「結局、何をどうやって選定したらいいかわからない」といったようなお声を頂戴する事も少なくなかった。
  • とはいえ、なかなか標準ラインナップと標準仕様を準備するのは、弊社としても難しく、本来であればお客様ごと、工場様ごとに、都度設計して、活性炭脱臭装置を製作していくのがベストではある。
  • しかしお客様のお声も多く、弊社営業各位からもスタンダード商品を用意して欲しい!という要望があり、デオキーパー脱臭装置として、10CMM、20CMM、30CMMという3つの標準仕様をご用意させていただいた。
  • そこからさらに、大風量用の「メガキーパー」、小風量用の「ミニキーパー」、活性炭を籠型で設置する「カゴキーパー」、といった派生商品も続々とお客様のお声によって新商品として誕生している。
  • 活性炭を用いた脱臭装置をご検討やお探しの場合、ぜひ一度、弊社のデオキーパー脱臭装置ページもご参照いただけましたら幸いですし、お気軽にお問い合わせ下さい
デオキーパー
デオキーパー
デオキーパー
デオキーパー

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/