火災(火事後の焼け焦げ臭)」カテゴリーアーカイブ

気になる焦げ臭の脱臭作業(集合住宅での火事)



人気ブログランキング

  
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2022年12月27日
対応先等
集合住宅(マンションでの小火)
概要
状況等
  • 某所にてマンションの新築工事が進んでおりました。
  • 冬で空気が乾燥する季節となり、完成間近となっていた建築現場にて、不幸にも小規模な火災(小火程度)が発生してしまいました。
  • 幸い、近隣住戸への延焼等はもちろん、建設中のマンション各住戸への延焼もなく、火元以外はほぼ、大きな火災による被害はない状況でした。
  • しかし、各住戸にはすでに、お施主様がマンションを購入していっている状況であり、新築でマンションを購入するのに、火災による影響などはないのか、というお問い合わせがデベロッパー様に多く寄せられたとのことでした。
  • デベロッパー様では、マンションの設計会社様や、建築業者様、設備業者様などと相談されまして、念のため、全住戸の脱臭作業と、臭気確認を実施しようということになりました。
  • 従来より、脱臭や臭気調査等でお付き合いのある、弊社共生エアテクノにご相談をいただきまして、弊社が対応に当たることになりました。
対応内容
  • ざっくりとお電話とメールにて、現場の状況などを把握させていただきました。
  • その後、弊社臭気判定士が現地を訪問しまして、実際の状況を確認しつつ、どのような脱臭方法が可能かを先方のご担当者様と、現場をまわりながら打ち合わせさせていただきました。
  • 現場はすでに、完成間近という段階であり、スケジュールや工期、作業性といった部分でかなりの制約もある中で、脱臭作業を組み入れていくということになりました。
  • 各住戸をエリアごとに脱臭期間を設けていただき、その間は職人さん等の立入や出入りは原則禁止として、脱臭スケジュールを立案していきました。
  • また、臭気アセスメントのときには、臭気判定士の嗅覚による官能評価と、ニオイセンサーによる臭気強度マッピングを実施するため、直前の建築材料の使用等は控えていただくなど、細かいところまで工程調整を実施しつつ、脱臭作業をスタートさせました。
  • すでに内装も仕上がっているような状況の中で、小型のオゾンガス発生装置を複数台、準備しつつ、しっかりとオゾンガスを行き渡らせて、差し支えない範囲に専用の消臭剤を併用して、限られた時間内でのオゾン燻蒸脱臭作業をしっかりと進めていきました。
  • 最終的には、すべての脱臭作業を工程内にて実施し、仕上げとして臭気の測定を実施の上、報告書にて臭気の問題がないことなどを記載してご提出させていただきました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • やはり新築の住戸やマンション、あるいは大幅リフォームでの火災や火事などがありますと、わずかでも焦げ臭などがないか、気になるものかと思われます。弊社では脱臭作業と臭気測定をセット、あるいはどちらかのみでも、多くの現場にて対応してきております。
その他補足感想など
  • 建築現場においては、どれだけ気を付けていても、火災の発生というリスクはゼロになることはありません。
  • 弊社では、創業以来20年にわたって、消臭や脱臭、臭気対策のみを生業としてお仕事をさせていただいておりますが、毎年、建築中のマンションであったり、新築間近の建物などにおける、火災や火事のあとの脱臭作業を、数件はご相談いただいております。
  • このようなケースでは、例えば適当にオゾン脱臭装置をもってきて、少しオゾンガスを発生させておけばOK、ということはもちろん認められないケースが多くございます。なぜならば、お施主様がそれでは不安なままとなってしまうからです。
  • あるいは、その場では特に気になる臭気を感じられなくても、例えば少し時間が経ってから、焼き焦げ臭であったり、スス臭のような異臭が、室内に漂ってくる可能性も当然、ニオイ分子の特性上、あり得るものと思われます。
  • よって、脱臭作業としては、そのような火事や火災後の脱臭作業の経験豊富な専門業者による脱臭を実施していくことで、のちのちのトラブルを防止しやすくなると考えております。
  • 当然、弊社も含めたそのような専門業者は、脱臭のスケジュールなども少し期間を頂戴しますし、お引き受けするからにはしっかりとした脱臭工程を頂戴して、対応していきたいので、綿密なスケジュール調整等を要します。
  • また、そのような脱臭作業のビフォアー・アフターにおける臭気測定にも熟練している臭気判定士が臭気判定にあたります。それらをご報告書にまとめてご提出しますので、お施主様にもご安心いただけるケースが多くございます。
  • 脱臭作業や臭気測定等に関するご相談でしたら、弊社共生エアテクノまでどうぞ。
 
オゾン脱臭装置
オゾン脱臭装置
臭気センサーによる臭気測定
火事後の脱臭作業
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


火事のあとの脱臭作業



人気ブログランキング

  
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2022年12月17日
対応先等
店舗での火災(3階建ての店舗)
状況等
  • 某店舗にて、不幸にも火災が発生してしまいました。
  • 火元から3階建ての店舗内全体に延焼してしまった状態とのことでした。
  • 幸いにも死傷者等はおらず、近隣住居への延焼等もなかったことから、本店舗の改修作業が行われていきました。
  • 店舗なので、改修後、来客はあるし、従業員さんが常にいて働く空間なので、火事のあとのニオイであったり、空気環境的な部分での懸念は当然、出てきておりました。
  • 請負業者様や設備業者様にて、まずは解体できる部分を解体していったところ、やはりススのまわりがひどく、躯体(コンクリートや真柱など)を残して、内装材やらフロア、装飾品などはほぼ撤去となりました。
  • それでもまだ、火災臭がしっかり残っていることから、火事の後の消臭対策をしっかりやろうということで、インターネットにて検索いただき、弊社にお問い合わせを頂戴しました。
  • さっそく、臭気判定士が本件の対応に当たりました。
対応内容
  • まずはお電話にて内容のヒアリングから、ざっくりとした作業内容や工程、費用などをお話させていただきました。
  • 予算やスケジュール等がOKとなりましたので、現調を実施させていただき、本見積のご提出からすぐ承認を頂戴したため、火災後の焼き焦げ臭対策を実施することとなりました。
  • すでにススなどがまわっていた部分の多くは撤去していただいておりましたので、脱臭作業としては、スタートしやすい状態ではありました。
  • ビフォアーとして臭気判定士ニオイセンサーによる臭気強度測定を実施しました。
  • その後、脱臭機材を持ち込みまして、本格的な脱臭作業を実施させていただきました。
  • 具体的には、メインに大型の業務用オゾン脱臭装置を据え付けまして、それが行き渡りにくい個所に個別で小型のオゾン脱臭装置を設置しました。
  • さらに、火災臭やスス臭の消臭剤を噴霧しつつ、オゾンガスの脱臭効果を高める促進剤も併用して用いました。
  • その他、臭気判定士の嗅覚で常にニオイをチェックし、気になる箇所の清掃やふき取り等も実施していきました。
  • 最後に臭気測定ダイオキシン測定を実施して、脱臭作業は無事、完了しました。
装置等の紹介
対応後の状況等
その他補足感想など
  • これから冬になり、乾燥する季節になりますと、火災の発生が増えてしまいます。
  • 火事になった建物内では、焼き焦げ臭やスス臭が躯体に付着してしまうことから、脱臭作業をすることなく、内装材をリニューアルする等だけでは、臭気という点では不完全なケースもしばしば聞いております。
  • また、いろいろなものが燃えてしまったことから、ダイオキシンの発生も懸念されることから、ダイオキシンの濃度を測定したいといったご要望もしばしば頂戴します。
  • 弊社では、付着しているススの除去作業から、付着してしまった焼き焦げ臭の脱臭作業、スス臭の臭気判定士による官能評価による測定や、ニオイセンサーを用いた臭気強度測定等、多くの作業を一貫して請負することも可能です。
  • また、弊社では、火災後の脱臭作業に熟練している臭気判定士や、臭気対策コンサルタント、あるいは作業環境測定士といったメンバーが、ポイントポイントで、嗅覚や機械を用いての臭気確認を実施していきます。
  • 本現場でも、スス臭が強いというポイントを嗅ぎだしては、そこに残っていたススのふき取りであったり、重点的に脱臭を行っていく、といったような作業を常に実施しておりました。
  • 当たり前ですが、発生源が残ってしまっていれば、なかなか脱臭作業を行ってもニオイが消えないのです。発生元(スス)を除去したうえで、脱臭作業を実施していかなくてはなりません。
  • ただ単に、オゾンガスを発生させて、脱臭作業完了・・というのでは、弊社としては本当に脱臭作業を実施したとは考えておりません。
  • 火事や火災になってしまった場合の、焼き焦げ臭やスス臭対策でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
オゾン脱臭機
消臭剤
消臭剤噴霧作業
オゾン脱臭作業(換気)
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


火災後の建物内の脱臭



人気ブログランキング

 
種別

火事の後の焼き焦げ臭対策

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2021年6月26日
対応先
火事の後の建築物
状況等
  • 弊社消臭や脱臭、臭気対策、脱臭作業等々、ニオイに関する事のみを業務として2003年からスタートし、今は第18期を迎えています。
  • 変わっていく脱臭装置や消臭サービスがあれば、その内容を日々、研究したり経験する事で進化させていっているものもあります。
  • そういった、進化していっているサービスの一つに、「火事のあとの焼き焦げ臭の脱臭作業や臭気対策」も挙げられると思います。
  • ここ数か月でまた、10件近くのお問い合わせやご相談を頂戴し、それらがほぼ、受注という事で弊社に脱臭作業のご依頼を頂戴しております。
  • なぜ弊社の脱臭作業をお客様から選択いただけるのか、お客様から頂戴するお声や実際の対応内容でのご感想などから、以下、書かせていただきます。
対応内容
  • まずは多くのケースでは、弊社のホームページブログから、火災後の臭気対策や脱臭について検索され、ヒットした事からお問い合わせを頂戴します。
  • もちろん、2回目以降の場合は直接、ご相談を弊社の担当させていただいた臭気判定士に頂戴しますが、担当者様からのご紹介で、違うエリアの方や、違う会社様からもお問い合わせを頂戴する事があります。そういったご紹介は大変嬉しい事です。
  • 次に、そのエリアによって弊社臭気判定士や臭気対策コンサルタントが対応させていただくのですが、内容をお電話やメールにてやりとりさせていただき、概算や作業内容、スケジュール等が合致しましたら、ほぼ100%近く、現地確認をさせていただいております。
  • その後、最終的な金額や日程、そして作業についての詳細な部分をすり合わせさせていただき、実際に脱臭作業がスタート致します。
  • 具体的には、火事のあとの場合は、
    1. スス除去作業を実施済か、あるいは弊社にて実施するか
    2. 火災によって懸念されるダイオキシンの濃度測定を実施するか否か
    3. 脱臭作業に関する電気や水道の提供等は可能か
    4. 音の問題や作業に関する留意事項等
    などが挙げられます。
  • そして脱臭作業を行い、途中途中、臭気判定士が臭気をチェックしながらしっかり作業を完了させます。
装置等の紹介
対応後の状況
  • 作業中でも、臭気の発生や強弱が変動しますので、それらを臭気判定士や技術員の嗅覚にてチェックしつつ、脱臭作業の内容を細かくニオイに合わせて変えていきます。最後はしっかりセンサー値と臭気判定士の官能評価にてチェック(※契約内容による)し検収となります。
その他補足感想など
  • 今まで、お客様から多くおっしゃっていただいたお言葉として、「脱臭業者は複数、問い合わせしてみたけど、御社が一番しっかりしていたからお願いした」というものがあります。
  • このようにおっしゃっていただいたケースでは、例えば受注させていただくお値段は、決して弊社が安いわけはなく、他業者さんの方が安かったというケースがほとんどのようです。
  • さらに、弊社の場合は、必ずと言っていいほど、即対応が不可能でして、スケジュール面では本件に限らず、お待たせしてしまう可能性が高くあります。なぜなら弊社メンバーは常に複数の案件を抱え、超多忙状態でニオイと戦っているからです。
  • そのような状態にも関わらず、弊社にお願いしたい・・と脱臭作業に限らず、脱臭装置の対応でも、臭気調査でも、ご依頼いただける事は、本当にありがたい事です。
  • ではなぜ、弊社にお声掛けいただけるのか、ご指名いただけるのか、につきましては、いろいろなケースがあるので答えはケースバイケースだと思っております。
  • 例えば、経験豊富である事などは、お客様からも信頼の証だとおっしゃっていただきます。毎年、15件~20件の脱臭作業を実施していけば、18年ですから約300件以上の現場経験があります。これらは常に生きた現場。すべての現場で経験値が蓄積され、より良い脱臭方法を常に模索し、積み上げているというのは、弊社としても自負しております。
  • また他には、お客様から「いろいろな引き出しがあるので安心して任せられる」とも評価いただきました。つまり、決められたやり方のみしかない脱臭方法ではなく、常に現場でニオイを確認しつつ、生きた現場に応じた様々な脱臭ノウハウを駆使して脱臭していくのです。そういった部分を評価していただけるのも、弊社としては大変光栄であり、やりがいに繋がっております。
  • これからも弊社はこの実績に甘んじることなく、もっともっと、臭気対策や脱臭作業、脱臭装置ニオイセンサーで皆様に必要としていただけるよう、日々成長して参ります。
  • 臭気対策に関する事でしたら、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
オゾン脱臭機
火災後の脱臭作業
  

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/