除カビ」タグアーカイブ

エアコン稼働時の悪臭



人気ブログランキング

  
担当(著者)
臭気判定士 山田大介
提出日付
2022年8月17日
対応先等
某建物(エアコン稼働時の悪臭)
概要
空調機からの異臭(除菌・除カビ
状況等
  • 某建物において、毎年、クーラーを使用する季節になると、異臭苦情がテナントさんより寄せられておりました。
  • 管理会社さんや建築設備業者さんなどが、異臭クレームがあったときには、そのテナントさんのところへ行ってみるのですが、「もうニオイはおさまってしまった」ということが続いているとのことでした。
  • 悪臭の発生はずっとではなく、一時期的に強くなり、あとは収まっていくとのことでした。
  • 各テナントさんにアンケートをとっていったところ、
    ◇朝来てエアコンを稼働したときや、昼休み明けなどに多く発生するが、ランダムであること。
    ◇異臭は長く続かず、はやければ数分でなくなってしまうこと。
    ◇ニオイの質としては雑巾やカビ、酸っぱい系といった評価であったこと。
    が判明しました。
  • それらのにおいのアンケート結果は得たものの、原因究明と対策の方法は見当たらず、インターネットより臭気調査の専門会社である弊社お問い合わせをいただきました。
対応内容
  • 弊社では、臭気判定士(国家資格)による臭気状況の確認作業を行うべく、まずはいただいているアンケートに追加で、「臭気が気になる箇所」や「その日の天候」といった項目も付け加えさせていただきました。
  • それらのアンケートが出そろったところで、おおよその臭気の発生原因をいくつか仮説をたてました。
  • 実際に現場へお伺いして臭気アセスメントを実施させていただくときには、臭気が発生しやすいタイミングである朝イチを狙って、現地に張り込みさせていただきました。
  • そして、臭気判定士および臭気対策コンサルタント、さらにはニオイセンサーdeomoniも各所に設置しまして、嗅覚と臭気計にて臭気マッピングを行いました。
  • その結果、空調機の吹き出しから、雑巾が腐ったような異臭を確認。立ち合いのお客様に「このニオイですか?」と確認していただいたところ、「まさにこれです!」と、証言が一致しまして、異臭原因の発生源を突き止めることが出来ました。
  • 結果的に原因は、空調機の内部にある、金属フィンの部分にて繁殖してしまっている雑菌とご説明させていただき、空調機内部の清掃作業及び除菌抗菌作業をおすすめさせていただくことをレポートにまとめまして、業務を完了致しました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況等
  • その後、金属フィン(エバポレーター)を除菌抗菌する薬剤や作業方法についてご相談をいただきました。除菌はオングストロンG。抗菌はプロパストップタイプNOKIF。洗浄方法は高圧洗浄機を用いる方法をご説明し、結果的に作業請負も実施させていただきました。
その他補足感想など
  • 毎年、冷房を使用しはじめる季節になりますと、本件のようなニオイのクレーム問題が、いろいろなビルやホテル、飲食店などで発生しております。
  • 上述しましたように、異臭の原因としましては、空調機にあります。
  • 空調機といいますと、吹き出し部分のお掃除などは定期的に実施されているケースはありますが、その中の金属フィンの部分については、なかなかお掃除やメンテナンスをされていないケースを多くお見受けします。
  • しかし、冷房使用時は、そのフィンの部分にはたくさんの結露が生じます。その証拠に、夏場いのエアコン使用時には、大量のドレン水(エアコン内部の結露水を排水するための仕組み)が排水されています。
  • ご家庭であれば、ベランダ等にエアコンからホースが出ていて、そこからポタポタと水が出ていますし、オフィスビル等であれば、共有のエアコンドレン専用の配管を設けているケースなどがあります。
  • そのため、金属フィンの部分には、たくさんの水分があり、夏場のエアコン未稼働時は暑くなっており、高温多湿なところに雑菌が多く発生します。
  • その雑菌が活動するとき、つまりエアコンを停止状態から稼働状態にした瞬間が、フィン部分の結露も多くなり、それに伴い雑菌も活動が活発化することで、雑巾が腐ったようなニオイや、カビのような不快臭を発生させてしまうのです。
  • そして加湿状態が落ち着いたり、冷えて温度が一定になったりすると、雑菌の活動も落ち着くため、異臭も収まっていくのです。
  • 薬剤を用いた洗浄が対策としてベストですが、すぐにまた菌が発生してしまうので、根気よく除菌抗菌等を行っていく必要があるでしょう。
  • 臭気のことでしたら、工場や病院から一般のご家庭まで、共生エアテクノにご相談下さい。
 
エアコン金属フィン(エバポレーター)
エアコン金属フィンの清掃
エアコン金属フィンの清掃
エアコン金属フィンの清掃
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


建物内で発生したカビ



人気ブログランキング

  
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2022年7月27日
対応先等
某建物
概要
状況等
  • 某所建物において、カビの発生が確認されました。
  • 半地下になっているエリアが最もひどく、目視でも真っ黒、カビの臭気も不快度が高いとの事でした。
  • 今年は6月下旬からの猛暑に加えて、7月の台風もあり、多少の漏水のような現象もあったかもしれないとのことで、半地下のエリアは高温多湿な状態でした。
  • 地下からGLフロアへの風の流れが、全体換気として設計されておられたので、カビ菌が繁殖することによって、建物全体へ胞子が付着して、カビが蔓延してしまう恐れもありました。
  • 当然、どこのフロアも人の出入りがあり、特にカビについてはご老人やお子様への悪影響が懸念されることもあり、まずはカビ菌の除去や再発防止、そしてカビの色素が目に見えないエリアでも、念のため、カビ菌の菌数測定を実施しておきたいというご要望がありました。
  • インターネットで、カビ対策(カビ臭含む)を実施している業者を検索の上、弊社共生エアテクノにもお問い合わせいただきました。
対応内容
  • 弊社では、臭気判定士および作業環境測定士として、カビ対策の業務に経験の深い担当者が、早速、対応に当たりました。
  • カビ対策の場合、現調をさせていただくケースと、ある程度のやりとりで概算お見積りを提出させていただくケースがあります。本件では、まずはお写真などをご提供いただいた為、現調よりも先に概算の御見積書と、カビ対策の内容の要領書をご提出させていただきました。
  • その後、弊社にご依頼したいというご要望を頂戴したため、担当者が現地に訪問。カビの状況や除カビ・防カビ作業の作業効率、さらにはカビの菌数測定をするべき箇所の選定や、カビ臭の状況などを確認しました。
  • 正式にお見積書をご提出しまして、ご発注となりました。
  • 作業日をお打ち合わせし、作業当日には、臭気判定士2名による除カビ、防カビ作業。作業後には、各必要箇所のカビ菌の菌数測定。を実施致しました。
  • カビ菌の菌数測定は、弊社では提携している分析機関に依頼し、弊社の管轄のもと、菌数測定や菌種同定の試験を実施してもらっています。
  • また、除カビと防カビの薬剤につきましては、弊社にて選定した薬剤を使用し、作業に関しては弊社メンバーと、施工協力業者さん(規模等による)にて実施しております。
装置等の紹介
  • カビ菌の菌種同定試験
  • カビ菌の菌数測定試験
  • カビ臭の臭気調査や環境アセスメント
対応後の状況等
その他補足感想など
  • 昨今、一般住宅をはじめ、建物においてのカビの発生が、特に都心部で増えているように思います。
  • それは、1つには、高気密・高断熱住宅となり、高い省エネや冷暖房の効率を重視することの引き換えに、換気という部分が弱まってしまったことが挙げられるのかなと考えております。
  • 対策としては、24時間換気の適切な使用をするとともに、意識的に換気であったり、除湿器を活用するなどが必要なのかと思います。
  • さらに1つには、都心部の狭小地住宅の活用事例として、地下室や半地下を設けるケースの増加も要因かと思われます。
  • 半地下や地下室の場合、条件的には、カビの発生条件がバッチリ整ってしまいがちです。そのため、除カビや防カビを行っても、再発する可能性はどうしても否定できません。
  • 弊社では、多くの現場でカビ対策を行ってまいりましたが、例えば除湿器を複数台、設置して、換気もしっかりとっていても、それでもカビが定期的に発生してしまうような案件も見受けられました。これらは、温度、湿度、栄養源というカビの3大繁殖条件がどうしても揃ってしまいがちという部分で致し方ないところは否めないです。
  • そこから、他のエリアにカビの胞子が飛んでいき、カビ菌が一般的な量よりも多くなり、場合によっては健康への悪影響を与える可能性なども懸念されるため、心配な場合は、カビ菌の菌数測定を実施されることや、臭気判定士によるカビ臭の臭気調査や環境アセスメントなども行っていくことをご提案しております。
  • また、弊社の除カビ剤は、色素を落とす効果はありません。そのため、ある程度の拭き取りは行いますが、色素の除去については所掌範囲外とさせていただいておりますこと、ご了承下さい。
  • カビ対策でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
 
プロパストップtypeE プロパストップtypeNOKIF(ノキフ)
防カビ剤/除カビ剤噴霧 防カビ剤/除カビ剤噴霧
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ
  

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


漏水からの除カビ・防カビ・臭気対策


人気ブログランキングへ

記事の種別

カビ対策と脱臭作業

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2020年2月17日
施工先
某所 建築中のマンション
施工概要
漏水からの除カビ・防カビ・臭気対策
施工前状況
  • 某所にて建築中のマンションにて、竣工間近の段階となってから、漏水が発生してしまった。
  • 販売予定の住戸に漏水がまわってしまった為、急ぎ内装材を極力はがし、躯体部分等へのチェックと対策を行っていた。
  • そんな中で、施主様やデベロッパー様からは、「漏水なのでカビの発生が懸念されることと、変なニオイが残る事が懸念される」と申し出があり、除カビ・防カビ作業と、脱臭作業の実施を弊社にご相談いただいた。
施策等の内容
  • 弊社の臭気判定士兼作業測定士が現場に訪問。カビの発生状況の確認や、臭気の確認を行った。
  • その時点では、目視できるカビや確認できるカビ臭等は特になかったが、お客様からのご要望でもあり、除カビ作業と防カビ作業、そしてそれらを実施した後に、仕上げとしての脱臭作業をご提案させていただき、すぐにご発注をいただいた。
  • 除カビ作業と防カビ作業を1日で実施し、そのままその日の夜から脱臭作業も継続して実施し、最短スケジュールでの一連の作業を終了、無事、お引渡しさせていただけた。
装置等の名称/分類
装置等の紹介
施工後状況
※引き渡し後、カビ関連や臭気関連のクレームなし。
その他補足感想など
  • 新築マンション等での建設中の小火とか漏水といった場合は、既に施主様が決まっている場合でも、もちろんそうではないが販売している場合でも、新築に相応しい環境にてご提供できるよう、売り主サイドでは最大限にその対策をされている。
  • それでももちろん、買い主サイドにとっては、一生で一番高い買い物といっても過言ではないコストを支払う為、ニオイやカビをはじめ、住環境に対する意識が高く、繊細になるのは当然であろう。
  • 本ケースでも、カビの発生やカビ臭、あるいは異臭や悪臭については、現地確認段階では、経験豊富な臭気判定士でも感じられない状況ではあった。
  • しかし少しでもそれが原因によるカビの発生やカビ臭や悪臭の発生が考えられるのであれば、しっかりとした対策を施しておく事で、結果的に諸々のトラブルを避ける事が出来ると思われる。
  • 本件でも、お施主様や建築関係者に対策方法をご提案させていただき、ご納得いただいた内容にて、除カビや防カビ、脱臭といった作業を行わせていただいた。
  • それらの内容はご報告書に纏めてご提出させていただくので、専門業者によるしっかりとした対策という点だけでも、お施主様は心身ともにご安心いただけるようだ。
  • 住宅の臭気トラブルやマンションの臭気対策臭気調査カビ対策であれば、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ、あるいはご相談下さい。
防カビ作業
防カビ作業

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/