臭気」タグアーカイブ

三点比較式臭袋法をタイの工場でも実施



人気ブログランキング

 
担当(著者)
臭気対策コンサルタント 技術開発責任者 吉田博満
提出日付
2021年11月26日
対応先等
タイの工場
概要
三点比較式臭袋法をタイの工場でも実施
状況等
  • 新型コロナウィルスの感染者が減少傾向となってきまして、日本では留学生等の一部の受け入れにおいて、待機期間を短縮するなどの措置が講じられはじめています。
  • 弊社共生エアテクノでは、従来よりタイの工場の臭気対策にて、毎月のようにタイ出張を行いながら、タイの代理店さんと力を合わせてタイの工場における臭気の測定やニオイセンサーの設置、そしてスクラバー等の脱臭装置の導入まで対応させていただいております。
  • なぜならば、タイにおける環境対策の一つとして、臭気に関する規制を取り入れていく動きがあるからです。
  • その方法としては、日本でいう悪臭防止法という法律を元にしているようですので、弊社臭気対策に熟練している臭気判定士を中心に、いろいろとタイの悪臭対策のお手伝いをさせていただいておる次第です。
対応内容
  • いよいよタイも、ワクチンパスポートを有していることで、隔離期間なしでの入国が可能となりました。
  • とはいえ、日本帰国時がまだ、自主隔離期間を設けているので、簡単にタイへ渡航は出来ません。
  • しかし、タイの工場からは、臭気対策のご依頼をいただくケースもあり、現状では弊社のタイ代理店さんが、日本人マネージャーさんとタイ人の臭気判定士が動いております。
  • そして弊社もアドバイスさせていただきながら、まずは臭気の現状把握を行いましょうということで、嗅覚を用いたニオイの測定を実施させていただいております。
  • 具体的には、三点比較式臭袋法と申しまして、工場の排気臭を複合臭として測定していく方法です。そのための道具一式は、日本から輸入させていただき、日本品質のものを使用することで、日本と同じ精度を保てるようにしております。
  • そうして得られた、臭気指数臭気濃度)を中心に、臭気の拡散状況などもシミュレーションしながら、次の対策を講じていっております。
装置などの名称/分類
  • タイの悪臭防止規制
  • タイの工場の臭気規制
  • タイの各工業団地ごとの臭気に関する法規制
対応後の状況等
その他補足感想など
  • ニオイというのは、とにかく嗅がなくてはわかりません。なので、コロナ禍でリモートやオンラインが続々と導入されましたが、そのよいところは弊社としても活用しつつ、実際の臭気対策業務という点では、やはり現場へ行って、そのニオイを嗅いで、そして状況も確認しつつ、臭気対策を進めていく必要があります。
  • 日本各地の工場で対策を実施する場合は、弊社メンバーの誰かが対応しますので、特に問題はないのですが、難しいのは海外での臭気対策を実施するときです。出張ベースでタイなりベトナムなり中国なりへ行くのはもちろん当たり前なのですが、問題は臭気測定等をしていく道具類の確保となります。
  • 弊社の経験の中で、中国や韓国、ベトナムといった国の工場の臭気測定時は、全て日本から道具類をもっていきました。大きなスーツケースに道具を詰め込み、破損や臭気の付着も気を付けながら、それでもそれをすることで、しっかりした臭気の現状把握ができます。
  • タイにおいても、以前は全て、道具類を持参し、現場での測定が終われば持ち帰っていたのですが、現在では、信頼できる代理店さんに全ての道具を取りそろえていただき、いつでも臭気測定なり、脱臭テストなりを、日本と同じレベル、精度で実施できる体制を整えております。
  • 特に脱臭テストなどは、それなりの道具類が必要となりますので、タイの代理店さんは専用の倉庫を借りていただき、臭気測定道具などはしっかりとした管理も行ってもらっております。
  • 年明けからは、弊社もタイはじめ、開国したところへは出張ベースを再開していく予定ですので、タイの工場の臭気対策でしたら、いつでも対応可能です。弊社共生エアテクノまでまずはお問い合わせ下さい。
     
タイでの臭気調査
           

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


建物内で発生する下水臭気の侵入経路調査



人気ブログランキング

 
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2021年11月17日
対応先等
集合住宅
概要
建物内で発生する下水臭気の侵入経路調査
状況等
  • ある集合住宅にて、不定期に異臭が発生して、困っておられました。
  • リノベーション住宅であり、設備や外装、内装などを新しくリニューアルしたあとから、謎の異臭が発生しはじめたとのことです。
  • 集合住宅とはいえ、いくつかの居住ROOMと一部、テナントも入っているタイプであり、悪臭が発生する箇所はある程度、決まっているとのことでしたが、範囲が絞り切れず、悪臭の発生原因などがわからないままでした。
  • 当然、リニューアル工事を担当した工務店や設備業者、水道や衛生などの業者も調査されたようですが、そもそも、そのニオイがあったりなかったりで、なかなか調査も難航してしまいました。
  • そこで、HPから弊社共生エアテクノを検索いただき、お問い合わせを頂戴したのです。
対応内容
  • 弊社の、臭気調査に熟練している臭気判定士が対応に入りました。
  • お電話やメールでのやりとりをさせていただく中で、悪臭や異臭の種類が、どうやら下水のような硫黄化合物系臭気と判明しました。
  • それから、臭気調査や異臭発生源調査、汚水系臭気の侵入経路調査のご説明をさせていただき、正式にご依頼を頂戴しました。
  • 当日は、経験豊富な臭気判定士2名にて、臭気アセスメント道具類を積みこみ、現地に入りました。
  • まずは目視と嗅覚、そして図面をもとに現地を入念にチェックしていきます。
  • 一部、ニオイとして気になる箇所はあったので、そこからニオイセンサーも併用して臭気をマッピング。
  • 気流をスモークテスターでチェックしていき、あやしげなポイントを幾つか絞り込みました。
  • それ以上は壁等で近づけない為、トレースガスを用いた漏洩箇所の調査を行ったところ、倉庫の裏にある排水配管付近から、臭気の漏洩を確認できました。
装置などの名称/分類
  • 下水のような臭気の発生源調査
  • 汚水系臭気の漏洩箇所の特定。
  • 硫黄化合物系臭気の判定
装置等の紹介
対応後の状況等
  • リニューアル工事に伴い、旧配管があったのですが、そこの閉塞がうまくいっておらず、そこからポンプアップ等のタイミング、あるいは雨の日などで下水本流の圧力が高くなるときに、下水臭や汚水臭がおされて、出てきていることが判明しました。閉塞後は収まりました。
その他補足感想など
  • 設備関係、特に排水経路の変更ですとか、ダクト関係をリニューアルしたときなどは、昔つかっていた配管を、リニューアル後は使わなくなるケースもあり、当然、旧配管は全部撤去できませんので、蓋をしたりして閉塞することになります。
  • 閉塞作業がうまくいっていない場合や、経年劣化等で閉塞部分が一部、不良となってきますと、そこは配管から下水本流や汚水槽などへつながっていますので、その臭気がモロにあがってきてしまいます。
  • 「いや、もうこれは使ってない配管だから・・」というようなお声も、設備業者様からしばしば聞くのですが、もともとは下水管や浄化槽などに繋がっていたものですので、根本から切断してない限りは、その配管の中には当然、下水臭が蔓延しているわけです。
  • 旧配管がある程度、長かったり、細かったり、あるいは屈折が多い等、もしくは閉塞部分やダクトの接合部等に大きな問題がない場合などは、普通に生活している分には、そこから大きな悪臭は漏れてきません。
  • ところが、例えば地下に汚水槽や雑排水槽があり、それらが一定量たまったときに下水本管へ放流されるポンプアップがされるタイミングであったり、近隣で大きな商業施設等があり、そこからの下水放流のタイミング、あるいは雨などで下水本管に大きな圧力がかかるときは、グンと空気がおされていき、末端の弱いところ(トラップが切れていたり、アナが開いているところ)から出てきてしまうのです。
  • 原因不明の悪臭や、異臭の発生源調査、下水臭や汚水臭の漏洩箇所の調査等でしたら、日本全国お伺いします。弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
     
トレースガスによる臭気調査
トレースガスによる臭気調査
臭気判定士による臭気調査
トレースガス
           

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


ニオイの判定について



人気ブログランキング

 
種別

臭気の判定や監修等

担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士1級 松林宏治
提出日付
2021年7月17日
対応先等
第三者としての臭気の評価
概要
ニオイの判定について
状況等
  • 弊社共生エアテクノには、たくさんの「ニオイの判定」のご依頼であったり、「ニオイ対策グッズやアイテムの監修」のご依頼を頂戴します。
  • 例えば、口臭関連については、大変多くのいろいろなご依頼を頂戴しておりまして、その大きな一つとしては、「口臭のセカンドオピニオン」をお引き受けしております。これは、口臭外来専門の歯科医院とCO-WORKにて、第三者機関としての臭気測定を実施しております。
  • また他には、消臭グッズアイテムの監修ですとか、防臭グッズアイテムを実際に消臭テストを行った上での監修をさせていただいております。
  • これらはあくまで、テストや監修という部分については、弊社が行った範囲の結果ですので、実際のご使用による効果の体感や、違うシチュエーションでの消臭等の程度における感覚の差異につきましては、各メーカー様のご判断に委ねられ、弊社ではその責を負いかねます。
対応内容
  • その中で、今回は、そういったセカンドオピニオンや、商品のテストを実施する際の基本的な臭気の評価方法について、その内容を記載させていただきます。
  • まずはテストするサンプルをどうするかです。原則として、弊社は第三者機関としての臭気評価をさせていただきますので、ニオイのサンプルはご依頼主側にてご用意いただきます。ニオイの有無や消臭の程度は、ビフォアー、アフターとか、防臭グッズの使用の有無等にて、サンプルをご準備いただきます。
  • 次にどこで臭気テストをするかです。弊社に送っていただける場合は、弊社のオフィスやラボにて測定を実施します。時間的な余裕(原則24時間以内)があったり、逆に遠方で往来が難しい場合等はこのような方法となります。一方で、対面の方が望ましい場合や、サンプル数が多くて送付が難しい場合は、弊社から指定場所へ赴きまして、臭気判定を実施致します。
  • 臭気判定の方法としては、臭気判定士による嗅覚による官能評価。6段階臭気強度表示法と質をメインに行います。必要に応じて、臭気指数の判定を実施することもありますが、経験則としてはレアケースです。
  • あとはニオイセンサーによる臭気強度評価。これもセンサー値がいろいろな条件やニオイで左右される為、簡単ではありませんが、多くのケースではとりあえず利用しております。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
  • ニオイセンサーによる臭気強度評価
  • 消臭グッズや防臭アイテムの、比較サンプルの臭気判定
  • 臭気のサンプルの監修
対応後の状況
その他補足感想など
  • もともと弊社では、テレビのお仕事も数多くご依頼やお問い合わせを頂戴し、ニオイ刑事を中心に、各テレビ局やラジオ局、雑誌やwebメディア等のニオイ関連の企画にご協力させていただいております。
  • テレビは相変わらず、ニオイの比較や判定、臭気判定士という国家資格のあれこれ、消臭方法のご紹介などで番組制作のお手伝いをさせていただいておりますが、最近ではwebメディアや雑誌記事の監修、さらには特定の消臭グッズや防臭アイテム等のニオイ判定や監修といったご依頼も本当に多く頂戴しております。
  • 弊社は本来、分析機関ではありませんので、例えば徹底的な比較を、ガスクロ等の分析まで含めて実施していきたいとなりますと、やはり大学等の研究機関や分析専門の企業さんの所掌範囲となって参ります。
  • そこまでの内容は必要ではなく、どちらかというと、監修をメインとした簡易なテストであったり、ニオイ刑事による監修をお願いしたい・・というケースでは、弊社による臭気判定にて十分、対応させていただけるかなと思います。
  • サンプルをお送りいただければ、臭気判定士複数名による臭気判定結果と、ご希望に応じて測定風景の写真撮影(素人撮影ですのでしっかりしたものが必要であればご依頼主側にて撮影等の実施をお願いしております)を行った写真データを報告書に纏めてご提出します。
  • あるいはご依頼主側にて会場をご用意いただければ、そこに出向きまして、監修記事用の撮影を実施いただいたり、アイテムをご用意いただければ、実際にそこでニオイを嗅いだり、ニオイ測定器を使用して、臭気判定をその場で実施して参ります。
  • テレビでの、生活情報番組であれば、特定のアイテムに頼らないような消臭方法を伝授させていただいたり、視聴者の皆様でもご家庭で簡単に実施できる方法をご紹介しております。
  • テレビ、ラジオ、雑誌、webメディア等、各メディアやメーカー様で、このようなニーズがございましたら、弊社共生エアテクノまでまずはご相談下さい。
におい刑事の臭気判定
におい刑事の臭気判定
におい刑事に依頼
におい刑事監修
  

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/