脱臭装置」タグアーカイブ

湿式方式による脱臭システム(インジェクションスクラバー)


人気ブログランキングへ

 
種別

工場の脱臭装置

担当(著者)
臭気判定士 山田大介
提出日付
2021年5月28日
対応先
某工場様
状況等
  • 某工場様において、排気臭の臭気対策を検討しておられました。
  • 工場の規模が大変大きいため、まずはどこの排気のニオイが、問題となっているのか、原因の絞り込みや、周辺への悪臭臭気の拡散状況の把握等を行われました。
  • その臭気のコンサルテーションや臭気のアセスメントは、弊社臭気判定士たちが中心となって対応させていただきました。同時に、数社、外部の環境測定業者さんや、拡散シミュレーション業者さんにもご協力いただき、しっかりとした絞り込みを実施する事が出来ました。
  • 絞り込んだ排気ラインも、トータルではかなり大きなボリュームとなり、それらについての脱臭対策についても、引き続き、弊社にご相談を頂戴する事が出来ました。
  • 工場様と弊社にて、何度も何度もたくさんのディスカッションを重ねさせていただき、脱臭については期を分けて、順番に実施していく事にて大枠の方向性が決定しました。
  • 上述させていただきました、臭気対策コンサルテーションと同時に、脱臭のデモテストも実施させていただいておりまして、その脱臭方法を「インジェクションスクラバー」を用いたスクラバー方式の脱臭装置とする事も、合わせてご提案の上、ディテールプランの検討に入りました。
対応内容
  • 脱臭装置の設置スペースや、トータルのボリューム、そして狙っていく脱臭効率等を勘案し、既存のインジェクションスクラバー脱臭装置では、なかなかベストマッチする内容で納まっていかないと、弊社の技術担当チームが判断しました。
  • そのため、脱臭方式の基礎的な部分はそのまま、効果が認められているので継続としまして、さらにこの工場様の脱臭目的に合致したシステムとするべく、技術開発チームにてインジェクションスクラバーの改良を進めていきました。
  • 結果として、インジェクションスクラバーのキモとなる、気液接触部分に改良を加え、新しい設計仕様が完成しました。これにより、スクラバー方式よりもコンパクトで、水(消臭剤)の総使用量、必要量も少なくする事ができるようになりました。
  • 新仕様での最終テストと本設計という最終段階を進んでおります。
装置等の紹介
対応後の状況
その他補足感想など
  • 工場の臭気対策として、脱臭装置を選定させていただくときには、多くのケースでは標準仕様通りには進んでいきません。
  • 一部、弊社製ですとデオキーパー脱臭装置、他社製の脱臭装置弊社が仕入れて販売させていただいている商品ですと、酸素クラスター除菌脱臭装置、などは、そのままの型式や型番で、納品させていただくケースもあります。
  • しかし、規模的に大きなシステムになってきますと、デオキーパー脱臭装置はもちろん、インジェクションスクラバーハイブリッドスクラバーの場合は、100%近くが、現場現場に合わせた設計を必要とします。
  • そして例えば、そこに利用する消臭剤一つとっても、弊社では消臭剤として「デオドプロ」シリーズをラインナップしており、その中のどのタイプを使用するかは、テーブルテストや実機を見据えた現地でのデモテストによって決めていきます。
  • 付属するシステムも、ファンの容量の選定からはじまり、接触boxの大きさ、噴霧するノズルの選定、水量や風量、戻してくる排水の再利用方法や添加方法等々、多くの設計仕様を決めていく必要があり、大きなプロジェクトとして、対応していくケースがほとんどです。
  • 今回の工場様では、そこからさらに一工夫も二工夫も加える事により、スクラバーシステムよりは簡易化できた上に、消臭剤噴霧システムやデオミスト型よりも高効率の消臭効果を発揮できる、全く新しい脱臭システムが完成しました。
  • 工場の脱臭装置臭気対策でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
インジェクションスクラバー(改良&仕様変更)
インジェクションスクラバー(改良&仕様変更)
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


脱臭装置を導入していただくために(脱臭装置デモテスト)


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2020年6月22日
施工先
某生産工場
施工概要
生産工場の排気臭対策としての脱臭装置
施工前状況
  • 弊社では、自社がメーカーとして開発から設計まで行っている脱臭装置としては、インジェクションスクラバー脱臭装置や、デオキーパー脱臭装置等を有している。
  • この度、某生産工場にて、悪臭防止法の臭気指数(臭気濃度)を遵守すること等を目的として、弊社の脱臭装置を導入していただくべく、段階をおって進めていくことになった。
  • 実際に稼働している工場であり、対象の排気ラインも常時、運転されていることから、工場様よりそれを脱臭できるかどうかの、デモテストからスタートして貰いたいと要請を頂戴した。
  • 弊社としては、脱臭の成功ステップとして、臭気のコンサルテーションと脱臭のデモテストは避けて通れないとご説明するケースが多く、本件ももちろん、実排気臭にての脱臭デモテストの実施を快諾、実機を見据えてデモテストを実施させていただいた。
施策等の内容
装置等の名称/分類
装置等の紹介
施工後状況
  • 複数日にわたってしっかりとテストを実施させていただき、報告書に纏めて報告会を実施。
    工場の脱臭目的やご予算、希望納期、等々を詰めさせていただき、インジェクションスクラバー脱臭装置をメインとした実機選定という次のステップへ進んでいくこととなった。
その他補足感想など
  • 脱臭装置導入のための、脱臭装置の実機を見据えたデモテストだけでも、今回の現場のように、たくさんの脱臭方式をトライしてみたいというケースがあり、弊社では工場様のご要望やご意見をすり合わせて、可能な限りのお手伝いをさせていただいている。
  • このような脱臭デモテストは数多く行っているため、東日本チーム(東京拠点)及び西日本チーム(大阪拠点)の東西2拠点にて、脱臭デモテストや臭気対策コンサルテーションが実施できるに足る機材や道具類をそれぞれ準備している。
  • ここから脱臭装置の実機を設計していく段階では、細かい部品や部材一式まで、当然のごとく弊社の営業担当者と設計責任者、現場担当者が何度も社内側(製作協力工場含めて)での打ち合わせや協議も何度も行いながら、少しずつ形になっていく。
  • また、弊社では、工事業の許可として、機械器具設置工事業と、管工事業を取得しているが、本格的な配管工事等は、餅は餅屋という通り、専門業者様や客先指定業者様等に依頼するケースが多い。(もちろん弊社でも実施できる体制は協力業者様とともに整えてある)。
  • デオキーパーにしても、インジェクションスクラバーにしても、あるいはハイブリッドスクラバーにしても、弊社のHPやカタログをご覧いただければ、基本的なスペックを記載した標準ラインナップは揃えてある。
  • しかしなかなかスタンダードで収まるケースも多くないため、都度、お客様と弊社弊社内部、そして製作協力工場様を含めての大枠打ち合わせやディテール打ち合わせ等を繰り返してやっていくことになる。
  • 工場の排気臭対策としての臭気測定やデモテスト、脱臭装置でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
脱臭装置
脱臭装置のデモテスト

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


弊社脱臭ビジネスの説明


人気ブログランキングへ

記事の種別
担当(著者)
提出日付
2020年6月5日
記事のテーマ
ビジネスパートナー様向け勉強会
記事の概要
記事の目的等
  • 弊社のビジネスパートナー様において、主にタイの工場の臭気対策を一緒に推進している代理店様にて、一部、担当者の変更等が内示された。
  • しかし、COVID-19の影響にて、思うように帰任と新任が出来ないまま、新年度を過ぎても動くに動けない状況であった。
  • そこで、日本にいるうちから、少しでも脱臭や消臭の知識と、弊社脱臭装置臭気対策のアイテム等の中身を習得していきたいという事で、勉強会の開催のご依頼を頂戴した。
  • 弊社としてももちろん快諾させていただき、弊社の大阪オフィス兼ラボにて、1日かけての説明会を開催させていただいた。
記事の内容
  • まず最初に、日本とタイの臭気対策のビジネスについて、マーケット感や推進方法、現状についてのご説明等をフリーディスカッション形式でアイスブレイクもかねてお話した。
  • 次に、タイの工場のニオイの見える化でも大変多くの実績があり、今もなお、日本の工場とタイの工場にてニオイの監視を行っているdeomoniを題材とし、実際の商品も見て触っていただきながら、勉強していただいた。
  • さらに、インジェクションスクラバーのデモテスト機を実際に稼働させ、弊社オリジナルの脱臭ノウハウをご確認いただいた。
  • 最後に、嗅覚測定法である三点比較式臭袋法を行い、一緒にパネルテストにも加わっていただき、勉強会を終了した。
装置等の名称/分類
装置等の紹介
目標など
  • カタログやHPだけで勉強していても、なかなか身につかないし、覚えられないと思うので、実際の商品を手に取っていただき、弊社の担当者とお話していただく事で、多くの収穫を得たいただけたかと思う。今後は現場でのOJTも積極的に行っていきたい。
その他補足感想など
  • COVID-19の影響にて、実際の工場の臭気対策について、現場への同行等はもちろん、新任や帰任といった部分ですら思うように動くことが出来ない。
  • そんな中でも、アフターコロナを見据えて、緊急事態宣言下で、やれるだけのことをやっていこうと、今回はビジネスパートナー様から積極的なご提案を頂戴した。
  • 弊社でも当然、在宅ワークやオンラインミーティング等をやれる範囲で取り入れているが、臭気苦情等は緊急性も高く、悪臭苦情の解決のための脱臭装置であったり、臭気測定や臭気調査というのは、コロナ関係なく、お問い合わせやご相談が日々、弊社のHPや既存のお客様、あるいは水平展開されることによって頂戴している。
  • そして弊社としても、このようなお問い合わせについては、弊社を必要としていただけるというありがたい事であり、出来うる限り、お力になれるよう、現場対応も営業対応も行っている。
  • さらに、ビジネスパートナー様からの現場同行依頼や、今回のような臭気対策の勉強会のご依頼についても、積極的に対応させていただいている。
  • まだまだコロナの混乱が続く世界的に油断が出来ないところではありますが、工場のニオイ対策や、臭気対策、消臭や脱臭カビ対策等のご相談でしたら、弊社共生エアテクノまでまずはお問い合わせ下さい。
問い合わせボタン
ビジネスパートナー様向け勉強会
ビジネスパートナー様向け勉強会
ビジネスパートナー様向け勉強会
ビジネスパートナー様向け勉強会

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/