ペット臭の脱臭作業


人気ブログランキングへ

工事種別
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2019年2月22日
施工先
某マンション
施工概要
某マンションのペット臭の脱臭作業
施工前状況
  • 某マンションにて、住民さんがペットを多頭飼育されていた。
  • 多頭飼育されていたペットの種類は猫であり、飼育というよりは放置されているような状態だった。
  • そのため、猫の糞尿の処理等もほぼなされておらず、部屋の中が猫の糞尿臭を中心に、猫由来の臭気が充満してしまっていた。
  • アパート内の共用部や隣接住戸にもいよいよペット臭気が漏洩しはじめ、臭気苦情が管理会社に寄せられるようになってしまった。
  • 管理会社は結果として、住民さんには退居して貰ったのだが、困ったのは残された猫臭であった。
  • 換気しても全くとれず、ニオイがなかなか低減していかず、その部屋をいつまでもクローズしておくわけにもいかず、脱臭専門会社を検索し、弊社にお問い合わせいただいた。
施策内容
  • 猫臭の脱臭やペット臭の脱臭をはじめ、火災後の脱臭倉庫の脱臭等、脱臭作業に詳しい臭気判定士がまずは現場を確認させていただいた。
  • 内装を全部スケルトンにして、躯体部分をむき出しにした状態にて、脱臭作業を1週間ほど実施させていただくご提案書を提出し、正式にご依頼いただいた。
  • スケルトン作業や復旧作業は弊社では実施できない為、建築業者様にてスケルトンにしたいただいた後、弊社が脱臭作業に乗り込んだ。
  • オゾン発生装置やオゾンガス促進剤、猫臭脱臭用消臭剤を数種類とそれらを噴霧する機材、換気用ファン等を持ち込み、1週間の期間をかけて、しっかり脱臭作業を実施させていただいた。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • ビフォアー&アフターは、弊社の経験豊富な臭気判定士2名による嗅覚による官能評価(6段階臭気強度表示法中心とする)と、臭気測定器のセンサー値による臭気強度にて実施し、センサー値で400オーバー→250以下、官能評価でも2.5以下までとなり、無事、検収となった。
その他補足感想など
  • 1LDKくらいの大きさのアパートに、何十頭という猫が放置されているような状態で飼われていたという現場だったが、最初に現地確認にお伺いした時、階段を上がっていく段階から、いわゆる猫臭というのを感じられるほど、臭気が厳しい状況だった。
  • 本脱臭作業とは別に、近隣住戸の臭気確認作業もご依頼いただいたのだが、一部の住戸では、天井裏や壁裏等で、対象臭気を感じられる状態であった。
  • 管理会社様は住民さんが退居されたあと、必死で換気を行ったとの事だった。しかしほぼ臭気低減の効果を体感できず、大変まずい状況であると認識して、脱臭業者を検索したとの事だった。
  • 弊社としても、例えば火事のあとの焼き焦げ臭の脱臭作業であったり、倉庫の脱臭作業等は実績も多いが、ペット臭や猫臭の脱臭作業は、それらに比べれば実績は多くないのが実情だ。
  • しかしご依頼いただいた以上、過去の経験と、新たに導入した新技術や新サービスも駆使して、次にお貸し出しできるレベルまで、脱臭する事が出来た。
  • アパートやマンション、住戸の脱臭作業、火災後の焦げ臭の脱臭作業倉庫等にしみこんでしまった臭気の脱臭工事、そのほか、消臭や脱臭に関する事でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
脱臭作業機材
臭気判定士による臭気測定
脱臭作業機材
消臭剤噴霧作業

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/