オフィスビルの異臭発生源調査


人気ブログランキングへ

工事種別
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年5月2日
施工先
某オフィスビル
施工概要
住居とテナントを兼ねている複合ビルの特定フロアにて、下水のような悪臭が漂っている。常時ニオイがするが、強くなったり弱くなったりする。
施工前状況
  • ビルオーナー様にていろいろやれるだけの改善策を講じてみたが、解決には至らなかった。
  • ビルに出入りしているお抱えの設備業者様にも見てもらったが、解決には至らなかった。
  • テナント様は接客スペースや会議室としても使用している部分であり、大変臭気で困っておられた。
施策内容
  • クサイに挑むプロフェッショナルでおなじみ、臭気調査の超プロ2名にて、現場に訪問した。
  • まずはビルオーナー様と綿密に現状をお伺いし、現状把握に努めた。
  • その後、実際の現場へお伺いし、同じようにテナント様からも現状をお伺いした。
  • そうしている間にも、臭気判定士2名の嗅覚には、問題となっている下水臭が感じられていた。
  • 悪臭がそこにある以上、必ず発生源がある。嗅覚を中心に、七つ道具を駆使して調査を開始。
  • 天井裏や壁裏、床下等、どんどん悪臭を追い込んでいくと、2人の調査が特定の1か所にぴったりと辿り着いた。
  • そこは簡単には開口させられない場所であったため、一旦、図面を確認した。
  • すると、図面上でも謎の配管の接続口があるような記載となっていた。
  • トレースガスで仮説を実証すると、ばっちり反応が出た為、対策方法を話して終了した。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 先方にて(工事区分がビル側かテナント側か弊社では不明)問題部分を開口してチェックしたところ、旧配管の接続口がぱっくりと空いていたという。
  • その部分を完全に閉塞いただいたところ、汚水臭は完全に納まったと聞いている
その他補足感想など
  • 弊社が呼ばれるまで、何度も改善や改修を行ってきたのに、なかなか悪臭問題が解決せず、感情的にもこじれつつある状況であった。
  • しかし「臭気調査の専門会社」という事で弊社が呼ばれ、ビルオーナー様も全面的に協力してくれたため、じっくりと現場での臭気調査を行う事が出来た。
  • また、既に(弱い臭気ではあったが)雑排水配管から出ている雑排水臭のような悪臭を感じられたため、それを追いつめていくという事が出来た。
  • ビルオーナー様がある程度、改修工事等での配管経路も把握しておられたが、まさかこの部分にこんな接続部分が・・という結果ではあったが、「常識を疑え」は弊社の異臭調査の原理原則である。
  • それでも核心部分は、目で見る事は出来なかった為、自信をもって「ここです!」といえたのは、トレースガスによる実証調査あってこそである。
  • また、図面もきちんと保管されていたので、嗅覚と図面が一致して、トレースガスで実証できれば、目に見えない場所でもほぼ100%近い確率で、臭気発生源を特定する事が出来た。
  • やはり接客スペースや会議エリアでの汚水・下水臭は、商談やミーティングに良い影響があるわけもなく、お客様もテナント様も早期解決を切望されておられた。
  • そういった意味では、半日ほどの調査でしっかりと発生源を特定できて、一安心できた。
臭気調査七つ道具を駆使した臭気調査
臭気調査七つ道具を駆使した臭気調査
臭気調査七つ道具を駆使した臭気調査
臭気調査七つ道具を駆使した臭気調査
臭気測定機による臭気調査
臭気測定機による臭気調査
臭気測定機による臭気調査
臭気測定機による臭気調査
異臭侵入経路調査
異臭侵入経路調査
臭気判定士の嗅覚による官能評価
臭気判定士の嗅覚による官能評価

今回は、オフイスビルでの異臭調査についてお伝えしました。
脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/