某飲食店で不定期に発生するドブのような臭気の発生源調査


人気ブログランキングへ

工事種別

異臭発生源調査

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年5月22日
施工先
施工概要
某飲食店のVIPルーム(個室)に、不定期に発生するドブのような臭気の発生源調査
施工前状況
  • 飲食店のなぜかVIPルーム(個室)のみ、不定期に突如として、ドブのような悪臭が発生する。
  • お客様から臭気苦情があり、帰ってしまわれるケースもしばしば起こってしまっている。
  • しかし、いざ確認しようとしても、臭気がなく、発生状況も不定期であった。
  • とりあえず、大至急発生原因を特定し、ドブのような臭気の発生をストップしたい。
  • インターネットで検索し、臭気調査を専門で実施している為、調査を依頼した。
施策内容
  • 緊急性の高い臭気調査のご依頼であり、経験豊富な臭気判定士2名にて現場訪問した。
  • 「今日はニオイがない」と聞いていたが、臭気判定士の嗅覚には弱い下水系臭気が感じられた。
  • そのニオイを記憶して、天井裏や壁裏、床下等、嗅げるところを全て確認していった。
  • 次に、スモークテスターを用いて、嗅覚で疑問を持った幾つかの仮説を検証していった。
  • すると、数カ所、風の流れについて、仮説と合致するところが見つかった。
  • さらに、最も怪しいと仮説が立てられた建物内ではないところを調査した。
  • そこでは、常時ではなかったが、調査期間内でおいて、まさにドブのような臭気を感じられた。
  • そのタイミングで、店舗内の該当箇所を確認すると、同様の臭気質が発生していた。
  • お客のスタッフさんからも「まさにこのニオイである」という証言を得られた。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 全ての仮説が一致した為、外部からの臭気侵入ルートを遮断するようにご提案させていただき、臭気調査を一旦終了した。
  • 状況によってはトレースガスの調査を実施するつもりだったが、その処置により、その後は悪臭の発生がなくなった為、そのまま臭気調査は完了となった。
その他補足感想など
  • 悪臭が発生していなくても、臭気調査は可能か?とは、しばしば頂戴するご質問である。
  • 本来、当然の事ながら、その対象臭気を嗅げた方が、異臭発生源調査の確実性は高まる。
  • しかし、下水や汚水のような臭気の場合は、トレースガスを使った調査等で、実際の悪臭が発生していなくても、臭気調査は可能であるともいえる。
  • 他には、図面を見せていただけると、臭気調査はやりやすくなる。
  • 本現場では、わずかでも対象臭気を感じ取れた事と、図面が現認としっかり合致した事から、比較的進めやすい調査となった。
  • さらに、幾つか立てた仮説の中から2つほどが残り、最終的には実際に問題となっている臭気を確認できた為、ばっちり合致した。
  • 本来であればトレースガスで仮説を実証していくのだが、本件ではそれをするまでもなく、仮説がニオイによって真実となったので、対処法をご報告して無事、異臭調査を終了した。
天井裏や壁裏、床下等、嗅げるところを全て確認
臭気判定士の嗅覚による異臭発生源調査
天井裏の嗅覚による異臭発生源調査
天井裏の嗅覚による異臭発生源調査
天井裏や壁裏を確認
天井裏や壁裏の嗅覚による異臭発生源調査
床下等を確認
床下等の嗅覚による異臭発生源調査
臭気発生源特定
異臭発生源確認
異臭発生源特定
異臭発生源確認

今回は、飲食店のVIPルーム(個室)での異臭発生源調査についてお伝えしました。
 ※厨房排気のにおい対策に関してはこちらをごらんください。

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/