飲食店の臭気調査&除カビ作業


人気ブログランキングへ

工事種別

飲食店の臭気調査&除カビ作業

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2016年8月22日
施工先
地下にある飲食店舗
施工概要
地下にある飲食店舗で、何かしらの異臭が発生しているとの事。
何のニオイか分からない為、異臭原因の判定調査を実施すると同時に、その原因を除去する提案及び対策を行うというもの。
施工前状況
・飲食店にて、しばしばお客様から「クサイ」という臭気苦情がある。
・従業員様はそこでいつも働いておられるからか、その異臭がわからない。
・異臭の原因を臭気調査して、臭気の判定業務を行う。
・異臭原因によっては、それを除去する方法の提案、あるいは脱臭作業等を実施して欲しいという状況であった。
施策内容
1.まず、何の先入観もなしで、臭気調査に熟練している臭気判定士2名にて、現場に入った。
2.天井裏や床面、壁裏、さらには空間と、飲食スペースから倉庫、バックヤード、厨房まで全箇所を臭気確認していった。
3.臭気判定士2名の嗅覚による官能評価と、におい測定機による臭気強度マッピング、さらにはスモークテスターによる気流チェックを行っていき、異臭の原因を確認していった。
4.臭気調査の結果、異臭の原因は「カビ臭」であると判明した。
5.後日、除カビ剤「プロパストップタイプE」にて、飲食店の除カビ作業を実施した。
6.しっかりと乾燥作業を行い、必要に応じて二度噴霧や三度噴霧を実施し、徹底的な除カビ作業を行って撤収した。
装置などの名称・分類
  • 臭気調査、飲食店の異臭判定
  • 臭気判定士による臭気の質の判定
  • 除カビ作業
  • 除カビ剤
装置の紹介(概要)
施工後状況
除カビ作業を二度噴霧、場所によっては三度噴霧にて、きっちり実施した為、当初は除カビ剤として使用しているプロパストップtypeEのアルコール系刺激臭があった。
しかし、時間経過ともにそれらの臭気は揮発してなくなっていき、翌日には特に気になる異臭はなくなったと聞いている。
その他補足感想など
  • 地下の飲食店では、様々な理由により、カビが発生しやすいケースも少なくない。
  • 今回の現場でも、表面的には目視でカビを確認できなかったが、見えないところにはカビが発生していた。
  • 本来であれば、壁紙を剥がし、畳等は取り替えて、極力スケルトンにした状態で、除カビ作業に入らせていただく方が効果的である。
  • その状態であれば、防カビ剤「プロパストップタイプC」を利用して、防カビ作業も実施する事が出来るからだ。
  • 本現場では、スケルトンには出来なかった為、白濁色のプロパストップタイプCは使用せず、除カビ作業のみの実施となった。
  • また、換気状況が良好ではなかった為、ジェットファンと換気ダクトを用いて、しっかり換気回数を増やす事により、除カビ剤の乾燥を促進させた。
  • このように弊社では、臭気調査による異臭発生原因調査を行い、その原因の除去も(弊社で対応可能な場合は)行っている。カビの場合なら、菌数調査→除カビ・防カビ作業→菌数調査等、測定や調査から作業や提案まで、トータルで行える体制を整えている。
臭気判定士の嗅覚による官能評価
臭気判定士の嗅覚による官能評価
除カビ剤「プロパストップタイプE」にて除カビ作業
除カビ剤「プロパストップタイプE」にて除カビ作業
除カビ作業を二度噴霧、三度噴霧にてきっちり実施
除カビ作業を二度噴霧、三度噴霧にてきっちり実施
天井裏を臭気確認
天井裏を臭気確認
床面を臭気確認
床面を臭気確認
臭気強度マッピング
臭気強度マッピング

今回は、飲食店の臭気調査&除カビ作業についてお伝えしました。
においでお困りの場合は共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/