Zero Odor Service(ゼロ・オド・サービス)より「ハイブリッド脱臭工法」


人気ブログランキングへ

工事種別

Zero Odor Service(ゼロ・オド・サービス)より「ハイブリッド脱臭工法」

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2017年3月23日
施工先
マンション
施工概要
某マンションの1室にて火災が発生してしまった。 火事の後の焼き焦げ臭が残る為、脱臭をする必要性があった。
施工前状況
  • 現場を臭気判定士にて確認したところ、スス除去作業は完了していた。
  • しかし、臭気判定士の嗅覚にも臭気強度4程度の焼き焦げ臭を感じられるレベルであった。
  • 室内は出来うる限りスケルトン状態であり、すぐにでも脱臭作業に取り掛かれる状況であった。
  • 会社内にて人員調整の上、「ハイブリッド脱臭工法」にて脱臭作業に取り掛かった。
施策内容
  • 脱臭作業のビフォアーとして、臭気判定士の嗅覚による官能評価と、臭気測定機による臭気強度評価の併用により、臭気測定を実施した。
  • ハイブリッド脱臭工法に必要な、高濃度オゾン発生装置(オゾンガス回収機能付)や、消臭薬剤&噴霧装置、ファン&ダクト、デッキブラシ、オゾン濃度測定機等を搬入した。
  • ハイブリッド脱臭工法による脱臭作業をスタートした。
  • 約5日間かけてしっかりと浸み込んでいる焼き焦げ臭を燻蒸脱臭し、徹底的に臭気を除去した。
  • ハイブリッド脱臭工法による脱臭作業完了後、脱臭作業のアフターとして、臭気判定士の嗅覚による官能評価と、臭気測定機による臭気強度評価の併用により、臭気測定を実施した。
  • 目標値まで脱臭できたことを確認し、機器類を搬出し、作業を完了した。
装置などの名称・分類
  • Zero Odor Service
  • ゼロオドサービス
  • ハイブリッド脱臭工法
装置の紹介(概要)
施工後状況
  • 臭気判定士の嗅覚による官能評価にて、ビフォアーは臭気強度4程度であったものが、アフターは臭気強度1程度まで低減した。
  • 臭気測定機「KALMOR-Σ」による臭気強度評価にて、ビフォアーはΣ値が400程度であったものが、アフターはΣ値が220程度まで低減した。
  • お客様にも確認いただき、しっかり脱臭できている事をご確認いただき、無事、検収となった。
その他補足感想など
  • まだ築年数の浅い、新しいマンションであり、ファミリー世帯も多い高層タワーであった。
  • その為、住民様の出入りも多くあり、小さなお子様やお年寄りも多く、安全には万全を期した。
  • 搬入、搬出時は、毎日ご依頼主(建築業者様)に立ち会っていただき、エレベーターや廊下の養生も徹底して行った。
  • また、オゾンガスが万が一でも漏洩する事がないように、濃度管理や隙間の閉塞作業等も、万全の管理を行った。
  • 同時に、朝方や夕方の音についても、極力上下左右の住民様のお邪魔にならないように、音の出ない作業を優先させたり、場合によっては作業を控える等の配慮を行った。
  • これらの安全への配慮を行った事で、作業期間においては一切のトラブルも発生せず、作業を完遂する事が出来た。
  • ご依頼いただいた建築業者様からは過去にも何度かご依頼を受けており、今回の現場でもまた、脱臭作業についてはもちろんだが、安全面でも更なるご信頼をいただく事が出来た。
臭気測定機「KALMOR-Σ」による臭気強度評価
臭気測定機「KALMOR-Σ」による臭気強度評価
各種測定機等ハイブリッド脱臭工法に関わる機器
各種測定機等ハイブリッド脱臭工法に関わる機器
高濃度オゾンガス発生装置「アクティボJ」
高濃度オゾンガス発生装置「アクティボJ」
しっかりと浸み込んでいる焼き焦げ臭を燻蒸脱臭
しっかりと浸み込んでいる焼き焦げ臭を燻蒸脱臭

今回は、火災後の焼き焦げ臭の脱臭作業についてお伝えしました。
「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/