インストール前のデオモニ電波確認


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気対策コンサルタント タイ担当 平山レオ
提出日付
2019年4月12日
施工先
日本及びタイの製造工場
施工概要
インストール前のデオモニ電波確認
施工前状況
  • 日本及びタイ、その他、世界規模にて世界各地に製造工場を持っておられる日本の製造工場はたくさんある。
  • その中の一つの工場様にて、環境問題の一つに「臭気」という分野も盛り込まれていた。
  • 臭気対策を実施していく中で、例えば臭気苦情が発生していても、臭気苦情が発生していなくても、常に、臭気レベルを把握していく事は、環境対策の一つとして必要であると判断された。
  • そこで早速、日本の各地の工場にて、臭気対策の一環として、弊社の24時間臭気モニタニングシステムDeomoniを導入していく事を決定していただいた。
  • 続いて、タイの各地の工場でも同様に、デオモニを設置していく方向性にてお話を頂戴した。
施策内容
  • タイの各工業団地にある工場様にも、弊社の臭気判定士と技術担当役員、そして担当の臭気対策コンサルタントや、タイ現地代理店のマネージャー、タイの臭気判定士や現場担当者らのうちから、スケジュールを調整して、それぞれの工場へ順次お伺いしていった。
  • 例えば工場の見取り図をご用意いただき、まずはどこの場所にデオモニを設置するのがベターかを検討した上で、実際に現地や現場を視認していく作業が必ず必要となる。
  • さらに、コントロールする中央制御場所と、デオモニ設置場所をつなぐ電波の中継機の設置位置も必要となる為、実際にデモ機を持参し、人海戦術で電波状況も確認する作業が必要となる。
  • そして設置できそうな場所や高さ、状況をプロットした上で、最終お見積書提出となる。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 本現場では、当初の想定からの現場での動きで、中継機の台数の算出や、臭気センサーDeomoniの設置位置の把握、風向風速計の必要性等、いろいろより良いご提案をする事が可能となった。 ほかのタイの工場でも、お打ち合わせや現場での電波確認等はほぼ必ず実施させていただく。
その他補足感想など
  • 何もない状況であれば、想定している範囲まで電波が届くのだが、やはり工場では、遮蔽物や障害物も少なくない為、想定している距離ほど電波が届かないケースも多くある。
  • そのため、まずはざっくり概算でのお見積りを出させていただき、ある程度、ご予算と合致する場合は、必ずといっていいほど、電波確認も含めて再度、現場にお伺いさせていただいている。
  • そして、コントロール室として使用する場所から、Deomoniを設置する場所を実際に歩いて、ニオイセンサーの設置する位置の選定提案からはじまり、中継機の設置場所も確認しながら対応している。
  • そして、実際に現場の臭気にて臭気判定士による臭気測定を実施し、臭気濃度(臭気指数)を算出。それと臭気測定器Deomoniとをリンクさせる事で、はじめて、ニオイのモニタリングに意味が出てくるという事になる。
  • 最近では、Deomoniを1台、手持ちで持っておいて、定点観測以外の気になるポイントや、製造物の臭気値による管理もみてみたいというご要望も多く、新たなるバージョン開発も鋭意進めている。
  • 工場の臭気に関する事でしたら、日本でもタイでも、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
デオモニ電波確認
デオモニ電波確認

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/