防カビ・除カビ」カテゴリーアーカイブ

プロパストップタイプE及びプロパストップNOKIFを用いた除カビ・防カビ作業


人気ブログランキングへ

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2019年11月15日
施工先
某 ビル
施工前状況
  • 某ビルにおいて、特定部分数か所にてカビが発生していた。
  • 壁裏や床上にも多くカビが目視でも確認できたため、躯体部分を残し、ボードや壁紙等はすべて撤去し、プチリニューアルをすることとなった。
  • せっかくリニューアルするのであれば、現状のカビについては、カビ対策を施しておきたいとのことで、カビ対策業者をインターネット等で検索しておられた。
  • 弊社共生エアテクノにもお声掛けいただき、臭気判定士が現場確認後、お打合せの上、カビ対策のお見積りと作業内容をご提案させていただいた。
施策等の内容
  • 本来であれば、極力スケルトン状態での除カビと防カビの作業を施すのがベストではあるが、作業工程や他作業のスケジュール等もあり、とりあえずやれる範囲での作業にてご発注をいただいた。
  • 一部、作業性の悪いところや、密閉に近い空間もあったため、臭気判定士2名にて現場へ訪問し、除カビ作業や防カビ作業には安全にも細心の注意を払いながら作業を行った。
  • 除カビ剤としては、プロパストップタイプEにて、一回ではなく、二回の施工にて万全を期した。
  • 防カビ剤としては、プロパストップタイプNOKIFにて、防カビ作業を実施した。
  • プロパストップタイプEは、多少の刺激臭もあるため、ファン&ダクトも用いて、換気をしっかりとる事で、乾燥も早める等の処置を行い、滞りなくカビ対策作業は終了した。
装置等の名称/分類
装置等の紹介
  • 臭気判定士によるカビ臭や異臭の調査や測定
  • カビ菌の菌種同定や菌数測定
  • カビ対策のコンサルティング業務
施工後の状況
  • ここ数年、プロパストップタイプEを除カビ剤として活用しており、問題なく除カビ効果を発揮してくれていると感じる。防カビ剤は、プロパストップタイプCが主流だったが、現在はタイプNOKIFが新防カビ剤として出てきており、弊社も全面的にNOKIFを採用している。
その他補足感想など
  • 一昔前は、カビ対策業務というのは、高温多湿な季節(梅雨時等)に多くご依頼があった。
  • 昨今、それに加えて、突発的なカビの発生によるカビ菌の測定や除カビ作業のご依頼も多くなった。突発的なケースの多くは、施工不良やミスによる漏水や雨漏り等に由来するカビの発生及び繁殖である。
  • また都心部では、半地下室を設ける住宅が増えたり、高気密・高断熱住宅が主流となったため、季節を問わず、カビ対策のお問い合わせは多く頂戴するようになっている。
  • 冬でも、暖房と加湿による結露が顕著になり、24時間換気をとめる(寒いとか暖房費用と節約等)ことで、余計にカビの発生を増長してしまう可能性もある。
  • さらに、ここ最近の異常気象も追い打ちをかけるように、河川の氾濫からの床下浸水等では、当然、水が引いたあとや、排水を行ったあとの、カビの発生というのは避けられない可能性が高く、除カビ対策や防カビ対策を行っておく必要があるだろう。
  • カビ菌は、人体にも有害になる可能性があるため、カビ菌が発生したら当然、対策を行うべきであろうし、発生しそうな現象があれば、事前に予防のための対策を行うのも良いだろう。
  • カビ対策、カビ菌測定、除カビや防カビの作業であれば、弊社共生エアテクノまでお問い合わせください。
問い合わせボタン
除カビ・防カビ作業
除カビ・防カビ作業
除カビ・防カビ作業(機材)
除カビ・防カビ作業(機材)
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


除カビ・防カビ作業の請負


人気ブログランキングへ

工事種別

工場のカビ対策

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2019年1月21日
施工先
某工場
施工概要
施工前状況
  • 某食品製造工場にて、工場内にカビが発生し、慢性的なカビの発生に困っていた。
  • 食品工場では、高温多湿な工場内の条件はもちろん、食品の材料や原料はカビ菌の栄養源にもなるうえに、室内循環(害虫や粉塵を入れにくくする為)量も多い為、どうしてもカビの発生は避けられない状況となりやすい。
  • その為、定期的な除カビ作業と防カビ作業を行っていく必要がある。
  • 本件では、過去、特にカビ対策を実施したことはないとの事で、本格的に一度、カビ対策を実施していく必要があると考えていた。
  • 食品へのカビの混在等は、コンプライアンス上にも大きな問題となるし、消費者への健康問題も懸念されるからとの事であった。
  • インターネット等で検索いただき、弊社共生エアテクノにご相談いただいた。
施策内容
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 最後に、施工完了報告書を提出し、お客様からも検収を頂戴出来た。
  • カビの色素を落とす部分は、所掌範囲外としていただいたが、やれる範囲で実施した。
  • 前述の通り、工場のカビは再発しやすく、定期的なカビ対策を推奨させていただいた。
その他補足感想など
  • 上述した通り、本件に限らず、工場の臭気対策では、臭気コンサルテーションにしても、臭気調査にしても、また本件のようなカビ対策業務にしても、それなりに規模が大きくなる。
  • さらに、工場の稼働が基本的には24時間であったり、夜間のみ停止であったり、あるいはお盆や正月等の定期修繕期間しか作業に入れないといったような条件も多くのケースでは発生する。
  • カビ対策の場合は、停止中にしか実施できないし、臭気コンサルテーションや脱臭のデモテストなどは、生産がピークの時に実施するべきだし、弊社も少ない人数で多くの臭気対策現場を対応しているので、毎度毎度、日程調整が最も苦労する業務の一つになってくる。
  • さらに、日本全国の工場だけではなく、昨今ではタイを中心とする東南アジアや、中国を中心とする東アジアからも、工場の臭気対策カビ対策といったお問い合わせが増えており、弊社としてはやれる限り、必要としていただいる以上は、お役に立ちたいと頑張っている。
  • その為、日本各地では施工協力業者さんにビジネスパートナーとなっていただき、アライアンスを形成しながら、特にゼロ・オド・サービスの作業分野は少しでも日程的に早く、迅速かつ質を落とさず、対応出来るように体制を構築しつつある。
  • まだまだこれから、たくさんやっていきたいこともあるが、それらは全て、この全世界の臭気やカビのマーケットから、もっともっと必要とされる為である。
  • 日本、そしてタイの工場において、臭気対策や脱臭、消臭、カビといった問題がありましたら、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
除カビ剤/防カビ剤 噴霧及び塗布
除カビ剤/防カビ剤 噴霧及び塗布
除カビ剤/防カビ剤 噴霧及び塗布
除カビ剤/防カビ剤 噴霧及び塗布

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


改修工事に伴う除カビ・防カビ作業


人気ブログランキングへ

工事種別

某工場の除カビ・防カビ

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2019年1月11日
施工先
某工場
施工概要
工場の改修工事に伴い、発生しているカビの除カビと防カビ対策
施工前状況
  • 某工場において、改修工事が計画され、施工スタートというときに、某所においてカビの発生が大量に認められた。
  • それは、内装材等を剥がして、スケルトン状態になったときに、コンクリート躯体や天井部分にびっしりとカビが発生していた事で発見された。
  • そのまま改修工事を進めていくわけにもいかず、かといって工程に余裕もなく、カビ対策をどうしたらよいのか、建築業者様をはじめ皆様、悩んでおられた。
  • インターネットで、カビ対策業者を検索いただき、弊社共生エアテクノを見つけていただき、お問い合わせいただいた。
  • 弊社の臭気判定士が打ち合わせを実施し、最短での作業日程や作業内容を決定し、除カビ・防カビ作業を正式にご依頼いただいた。
施策内容
  • 通常の改修工事が行われている中で、いわゆる建築現場での他業者さんとの相番にて、カビ対策業務を進めていく事となった。
  • 朝礼前に新規入場者教育を受けて、朝礼では新規入場者として挨拶をしたのち、早速、作業に取り掛かった。
  • 天井高が高い為、足場を用意いただき、まずは除カビ剤であるプロパストップタイプEを用いつつ、ウエスにて除カビと同時にカビの色素の拭き取り作業を実施した。
  • 時間や作業性の関係上、拭き取り作業は出来る範囲でよいと打ち合わせ済であり、その後、噴霧器を使用して、除カビ剤を二度、しっかりといきわたるように噴霧した。
  • 乾燥させたあと、防カビ剤(現:プロパストップNOKIF)を噴霧及び塗布して、作業を完了した。
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 改修工事が進められていく中で、弊社の除カビ防カビを行った上で、内装を新装した。
  • その後、カビの発生やカビ臭の問題というのは発生していないと聞いている。
  • 条件によってカビの再発は致し方ないが、一度リセットする事で抑制効果は期待出来る。
その他補足感想など
  • 本現場では、最も気を遣ったのは、他業者さんとの相番での作業となったことである。
  • プロパストップタイプEは、除カビ剤という事もあり、刺激的な臭気が発生する。
  • さらに、現場の場所が奥まった場所にあり、満足に換気をしにくい状況であった。
  • 予め、朝礼時での注意勧告もしていただき、弊社としても作業エリアは三角コーン等で明示する事で、カビ対策の作業エリアには立ち入らないように配慮した。
  • もう一つ、天井が高い為、足場を用意いただいたが、特に拭き取り作業時には、いろいろな危険も伴う為、熟練したカビ対策作業員であったが、常に手元や足元への注意を怠らず、安全第一でカビ作業を実施した。
  • 時間的な制約や、他作業との相番という制約等の中で、何とか事前のタイムスケジュール通りに作業を終える事が出来た。
  • 拭き取りに関しては、作業効率や作業内容等の条件で限界があり、やれる範囲での実施ではあったが、お客様からはご満足いただけた。
  • また、除カビ作業防カビ作業においては、十分な薬剤噴霧を実施出来た為、多少、他の作業員さんにご迷惑を掛けつつも、問題なく完了する事が出来た。
  • 除カビ防カビ、カビの菌数測定、カビ臭調査等、カビ対策に関する事でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
除カビ作業
除カビ剤/防カビ剤 噴霧及び塗布
除カビ剤/防カビ剤
除カビ剤/防カビ剤 噴霧及び塗布

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/