カテゴリー別アーカイブ: 防カビ・除カビ

改修工事に伴う除カビ・防カビ作業


人気ブログランキングへ

工事種別

某工場の除カビ・防カビ

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2019年1月11日
施工先
某工場
施工概要
工場の改修工事に伴い、発生しているカビの除カビと防カビ対策
施工前状況
  • 某工場において、改修工事が計画され、施工スタートというときに、某所においてカビの発生が大量に認められた。
  • それは、内装材等を剥がして、スケルトン状態になったときに、コンクリート躯体や天井部分にびっしりとカビが発生していた事で発見された。
  • そのまま改修工事を進めていくわけにもいかず、かといって工程に余裕もなく、カビ対策をどうしたらよいのか、建築業者様をはじめ皆様、悩んでおられた。
  • インターネットで、カビ対策業者を検索いただき、弊社共生エアテクノを見つけていただき、お問い合わせいただいた。
  • 弊社の臭気判定士が打ち合わせを実施し、最短での作業日程や作業内容を決定し、除カビ・防カビ作業を正式にご依頼いただいた。
施策内容
  • 通常の改修工事が行われている中で、いわゆる建築現場での他業者さんとの相番にて、カビ対策業務を進めていく事となった。
  • 朝礼前に新規入場者教育を受けて、朝礼では新規入場者として挨拶をしたのち、早速、作業に取り掛かった。
  • 天井高が高い為、足場を用意いただき、まずは除カビ剤であるプロパストップタイプEを用いつつ、ウエスにて除カビと同時にカビの色素の拭き取り作業を実施した。
  • 時間や作業性の関係上、拭き取り作業は出来る範囲でよいと打ち合わせ済であり、その後、噴霧器を使用して、除カビ剤を二度、しっかりといきわたるように噴霧した。
  • 乾燥させたあと、防カビ剤(現:プロパストップNOKIF)を噴霧及び塗布して、作業を完了した。
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • 改修工事が進められていく中で、弊社の除カビ防カビを行った上で、内装を新装した。
  • その後、カビの発生やカビ臭の問題というのは発生していないと聞いている。
  • 条件によってカビの再発は致し方ないが、一度リセットする事で抑制効果は期待出来る。
その他補足感想など
  • 本現場では、最も気を遣ったのは、他業者さんとの相番での作業となったことである。
  • プロパストップタイプEは、除カビ剤という事もあり、刺激的な臭気が発生する。
  • さらに、現場の場所が奥まった場所にあり、満足に換気をしにくい状況であった。
  • 予め、朝礼時での注意勧告もしていただき、弊社としても作業エリアは三角コーン等で明示する事で、カビ対策の作業エリアには立ち入らないように配慮した。
  • もう一つ、天井が高い為、足場を用意いただいたが、特に拭き取り作業時には、いろいろな危険も伴う為、熟練したカビ対策作業員であったが、常に手元や足元への注意を怠らず、安全第一でカビ作業を実施した。
  • 時間的な制約や、他作業との相番という制約等の中で、何とか事前のタイムスケジュール通りに作業を終える事が出来た。
  • 拭き取りに関しては、作業効率や作業内容等の条件で限界があり、やれる範囲での実施ではあったが、お客様からはご満足いただけた。
  • また、除カビ作業防カビ作業においては、十分な薬剤噴霧を実施出来た為、多少、他の作業員さんにご迷惑を掛けつつも、問題なく完了する事が出来た。
  • 除カビ防カビ、カビの菌数測定、カビ臭調査等、カビ対策に関する事でしたら、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
除カビ作業
除カビ剤/防カビ剤 噴霧及び塗布
除カビ剤/防カビ剤
除カビ剤/防カビ剤 噴霧及び塗布

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

 


リニューアルに伴うカビ対策


人気ブログランキングへ

工事種別
担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2018年10月25日
施工先
某施設
施工概要
リニューアルに伴うカビ対策
施工前状況
  • 某教育施設にて、某部屋と倉庫の改修工事が計画されていた。
  • しかし、換気不足等から、カビ臭が問題となっていた。
  • 実際にカビの発生も目に見えて確認出来ていた為、このまま改修工事を進めてよいのか、判断に迷っていた。
  • 建築業者さんも、設備業者さんも、明確なる判断が出来なかった為、カビ関係の専門業者をインターネットで検索し、弊社共生エアテクノにお問合せを頂戴した。
  • 早速、弊社共生エアテクノ臭気判定士が現地へ赴き、カビ対策の現場経験豊富な営業担当者による現地確認を実施させていただいた。
  • その結果、カビ対策として除カビ工事と防カビ工事を施しておいた方が良いとご提案させていただき、ご発注を頂戴した。
施策内容
  • 除カビ工事としては、使用する薬剤を、プロパストップタイプEとした。
  • 防カビ工事としては、使用する薬剤を、プロパストップタイプCとした。※現:プロパストップタイプNOKIFである。
  • 施工期間は1日とし、午前中に除カビ工事を実施。除カビ剤を2度噴霧とした。
  • 業務用のファンとフレキシブルダクトを持ち込み、除カビ工事終了後、お昼休み期間を頂戴し、その間にしっかりとファンを稼働させ、乾燥させた。
  • 躯体はコンクリートであった為、乾燥が早く、しっかりと乾燥したことを確認の上、防カビ剤を噴霧した。防カビ剤は1度噴霧とした。
  • 噴霧作業は2名にて実施し、2名とも弊社の臭気判定士にて実施した。
  • 噴霧器は、電動の散布機と、フォグマスター、そして手動の噴霧器を場所に応じて活用した。
装置などの名称/分類
施工後の状況
その他補足感想など
  • 某教育施設であった為、カビ臭やカビ菌というのは、教育環境上、よくない状況であった。
  • しかし、リニューアルをしてしまえば、カビ臭は抑止できるのではないかと考えておられた。
  • スケルトンにした状態で、弊社がカビのチェックを行ったところ、コンクリートの躯体部分に、カビの発生が目視でも確認でき、このままリニューアルを進めると、また同じようにカビ菌が活動してカビ臭が発生する事が予想出来た。
  • よって、弊社としては、除カビ作業と防カビ作業のご提案を行うとともに、必要に応じてカビ菌の菌数測定をオプションとしておすすめさせていただいた。
  • リニューアル工事のスケジュールでは、日程的にかなりタイトであり、何とか確保出来て1日が限界という事もあり、菌数測定は実施せず、カビ菌のふき取り作業も実施せず、とりあえずカビ菌を退治するべく、除カビ作業と防カビ作業を1日で実施する事となった。
  • 建築業者様も積極的にカビ対策にご協力いただけて、足場の設置や換気設備の補助等、1日という作業期間で対応できるように、全面的に対応いただけた。
  • 弊社からも、カビ対策業務に精通した2名のプロフェッショナルにて、事前準備から綿密に実施し、作業当日も効率よく、除カビや防カビ作業を進められるように作業役割の分担を行い、工程通りに作業を進められた。
  • 弊社共生エアテクノでは、カビ対策業務の全般を行っている。除カビや防カビ、カビ菌の菌数測定や菌種同定等、カビに対するご相談であれば、弊社までお問い合わせ下さい。
防カビ材・除カビ資材
防カビ材・除カビ材の噴霧
防カビ材・除カビ材の噴霧
防カビ材・除カビ材の噴霧

脱臭・消臭等「におい」・「カビ」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/