臭いの知識/講習会/セミナー」カテゴリーアーカイブ

研修会や勉強会における臭気対策のセミナー



人気ブログランキング

 
種別

臭気対策のセミナー/研修会/勉強会

担当(著者)
臭気判定士 山田大介
提出日付
2021年8月28日
対応先等
状況等
  • 各種業界の団体や、いろいろな協会より、定期開催している勉強会のテーマとして、臭気対策を検討しているというご相談をしばしば頂戴します。
  • また 会社ごとでも、定例勉強会を開催されている中で、ニオイに関する知識を身に着けることで、少しでもお客様やユーザー様へのカスタマー満足度を向上していきたいというようなお声も頂戴します。
  • 今回もまた、某展示会における発表プレゼンの場にて、弊社臭気対策を一通り実施したいというオファーを頂戴しまして、内容のご相談やお打合せをさせていただきました。
  • その中で、先方様が着目されたのが、弊社ニオイセンサー「デオモニ」でした。deomoniという臭気監視システムを用いたニオイの見える化や、24時間365日のモニタリングが実用的であり、導入したいユーザーも多そうだという事でした。
対応内容
  • よって、展示会での発表プレゼンとしてのメインテーマを「臭気監視システムdeomoniを用いた工場の臭気モニタリング管理」とさせていただき、発表資料の作成に入りました。
  • とはいえ、いきなりニオイセンサーだけをご紹介するという内容では、せっかくご来場いただいたり、オンラインでご覧いただく工場の環境管理のご担当者様等にはわからない部分もあると思われました。
  • さらには、コロナ禍ゆえのバーチャル展示会も含める為、オンラインでの海外からの閲覧や参加をされる方も増えると想定し、弊社で多くの実績があるタイ王国の工場の臭気対策や、中国での臭気対策の実績事例も盛り込んでいくこととしました。
  • まずは、悪臭防止法という法律からスタートしまして、そこに嗅覚であったり、ニオイというものがなにか、という解説を入れさせていただきました。タイの工場でも臭気規制はありますので、そのあたりのご説明が可能であることも、弊社の強みと評価していただきました。
  • そして、実際に行う臭気のコンサルテーションからデモテスト、さらには実機導入へ向けてのスクラバー各種等のご説明をさせていただきました。
  • その後、メインテーマである、ニオイ測定器「deomoni」の特徴や有効性、たくさんの実績事例等をご紹介し、スライドによるご説明を終了致しました。
装置などの名称/分類
  • 臭気対策の勉強会
  • 工場の排気臭対策のセミナー
  • 展示会におけるニオイ関連の発表
装置等の紹介
対応等
  • コロナ禍ゆえ、展示会や勉強会も、バーチャルであったり、オンデマンド方式になっており、それがリアルとは違った形になっているようです。タイの工場の臭気対策につきましては、ワクチンパスポートが可能となり次第、現地へ伺います。(現状も代理店にて対応は継続しております)
その他補足感想など
  • なかなかコロナ禍が終息していかず、感染者数が日本でもタイでも、多くなってしまっている状況の中で、何とかアフターコロナを見据えながら、withコロナに適応していかなくてはなりません。
  • 本来、セミナーの講師をお引き受けしたり、勉強会でのテーマをお任せいただける時は、やはり会場でお話させていただきたいのが本音です。なぜならば、会場に参加いただいている皆様の反応を確認しながら、わかっているから飛ばして軽く説明を行うですとか、ここは興味があるからもっとしっかり説明して欲しいといったことが、臨機応変に行えるからです。
  • 展示会も バーチャルというのは、もちろん良い部分もたくさんある一方、リアリティには欠けてしまうというデメリットもあるため、いろいろなシーンに幅広く対応できるよう、発表する側も創意工夫をこらし、少しでもご理解を深めていただけるようにしていかなくてはなりません。
  • ニオイは目に見えませんし、オンラインでお伝えすることは現時点では不可能です。現場、現地へ行って、ニオイを嗅ぐしかないのです。
  • そういった意味でも、日本国内は何とか対応出来ております(もちろん万全なる感染対策を行った上で出張等を実施しております)が、海外、タイや中国となると残念ながら今は出張が出来ません。
  • ワクチンパスポートによる、国境を開いていく動きがあると聞いておりますので、タイが日本との締結を完了しましたら、弊社臭気判定士と技術責任者が、再びタイに出張しながら、タイの工場の臭気対策も実施して参ります。
  • このようなコロナ禍によるパンデミック状況であっても、日々 多くの臭気対策お問い合わせやご相談を頂戴しております。
  • 弊社では、工場の臭気対策はもちろん、臭気のセミナーや勉強会、講師役等も鋭意、お引き受けしておりますので、各種業界団体様や協会様、もちろん個別企業様も、まずは弊社共生エアテクノまでご相談下さい。
におい監視システムイメージ
におい監視システムイメージ
  

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


臭気の単位(臭気の数値化)



人気ブログランキング

 
種別

臭いの単位

担当(著者)
臭気判定士 シックハウス診断士1級 松林宏治
提出日付
2021年8月17日
対応先等
概要
臭気の測定方法
状況等
  • 弊社が臭気対策の専門会社として一意専心している中で、数多くいただく質問の一つに、「ニオイには単位がありますか?」というものがあります。
  • 確かに、明るさでしたらルクスという単位があり、音にはデシベルという単位があります。視覚や聴覚、そして触覚としては温かい、冷たいという、わかりやすい温度があります。
  • しかし嗅覚ということについては、まずはニオイの感じ方が大きくわかれます。千差万別といっても過言ではありません。
  • 例えば、加齢臭の原因の一つである「ノネナール」を、何のニオイかをアナウンスせずに嗅いでいただくというテレビの企画を担当させていただいたことがあります。その時の結果は、「このニオイ好き」といったご意見もありましたし、「苦手」という方もいらっしゃいました。
  • そして、そこに視覚と聴覚を加え、「加齢臭のもとです」と説明すると、ほぼ全員の皆様が「ええー」となるわけです。
  • それくらい、同じニオイを嗅いでも好き嫌いがわかれたり、同じニオイ成分でも濃度の強弱でニオイが変化してしまうこともあり、ニオイの単位というのは難しく、公式の単位はまだないようです。
対応内容
  • そんな中で、どうやって弊社では臭気を数値化しているのか。について解説させていただきます。
  • まずは6段階臭気強度表示法があります。これは0~5の6段階で感じた感覚で評価していく方法です。0が無臭、1は検知閾値(何かニオうけど質までわからない)、2が認知閾値(臭いの質はわかるけど気にならない)で、3から5にいくに従って強烈な臭いという感覚法です。臭気調査の現場等で弊社臭気判定士が実際に用いる尺度です。
  • 次に、最も公式単位に近いと思われるのが、臭気指数です。もともと臭気濃度がありまして、それはその臭気を何倍の無臭空気で薄めたら、臭わなくなるかという単位でした。そしてそれを人間の嗅覚の感じ方に近づけるために、対数値としたものが、臭気指数です。悪臭防止法でも複合臭の測定方法として定められている重要な指標です。
  • 他にも、古くより用いられている、成分濃度での単位があります。これはニオイの成分ごとに、単一成分としてのppmとかppbを計測するものです。しかし単一で存在するケースは考えにくく、現実的に悪臭の現場ではなかなかニオイの感じ方とリンクしない部分はあるのかなと思います。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応等
その他補足感想など
  • 上述しました臭気指数(臭気濃度)を算出するには、三点比較式臭袋法という公定法を用いて、6名以上のパネルと2名以上の臭気判定士が必要となります。
  • 簡易法にて二点比較法等としても、公定法と同じ道具や臭気判定士を必要とするため、決して誰もが簡単に測定できるわけではありません。(ちなみに弊社はこの簡易法を主としています)
  • そのため、弊社でいえば、deomoniというニオイ測定器を有しており、デオモニが示すセンサー値にいろいろな意味合いをもたせられるようにしております。
  • 例えば工場の排気臭や敷地境界線での臭気監視であれば、臭気指数とセンサー値に検量線を敷くことで、相関関係をある程度、もたせられるようにすることで、24時間365日の連続モニタリングの意味を高められるようにしております。
  • また、ハンディ式臭気発生源調査等で利用するときは、センサー値の上昇や下降にて、臭気のマッピングや臭気のアセスメントにも幅広く活用しております。
  • ちなみに、ニオイセンサーの数値は、弊社を含め、どこのメーカーのにおい計であっても、その数値はあくまで各メーカー独自の指標となり、公式のものではありません。
  • その他、9段階で快・不快度を示す方法もあります。これは、極端に快である+4から、極端に不快である-4までの9段階で評価するものです。あまり弊社では用いるケースは多くありませんが、品質管理とか、香り系が含まれるときの臭気の評価時には取り入れております。
  • それ以外ですと、例えば弊社にも多いカビ対策。この時は、当然、カビの菌数を測定したり、菌種を同定することが、わかりやすい指標となります。
  • あるいは火事のあとの測定では、臭気強度やセンサーを用いますが、お客様のご要望によっては、ダイオキシン類の測定も承っております。
  • 臭気に関することでしたら、測定から対策までワンストップサービスで行っておりますので、弊社共生エアテクノまでご相談下さい。
におい刑事による臭気測定
におい刑事による臭気判定
におい刑事による臭気調査
におい刑事による臭気判定
  

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


令和2年度 嗅覚測定法精度管理


人気ブログランキングへ

 
種別

嗅覚測定法

担当(著者)
臭気判定士 松林宏治
提出日付
2020年12月24日
記事の対象
嗅覚測定法の精度管理
記事の概要
嗅覚測定法クロスチェック
記事の説明
  • 臭気判定士は環境省管轄の国家資格であり、悪臭防止法によって定められているが、それらは公益社団法人におい・かおり環境協会が司っている。
  • 弊社共生エアテクノにも、臭気判定士が6名在籍しており、悪臭防止法によって定められている嗅覚測定法を現場や弊社ラボ等にて頻繁に実施している。
  • 弊社もにおい・かおり環境協会の法人会員として所属しているが、当協会の主催する大切なイベントの一つに、「嗅覚測定法の精度管理」というものがある。
  • これは年に1回、希望する測定機関が参加し協会から送付される試料ガスに対して、三点比較式臭袋法を行い、その結果を提出する事で、いろいろな多岐にわたる統計が算出され、参加機関の嗅覚測定法の精度が向上されていくというものである。
詳細記事
  • 弊社弊社でもここ数年、このクロスチェックイベントに参加している。(去年、令和元年のみ、担当である私、松林が申し込みを忘れてしまうという失態があり不参加であった・・)
  • 今年(令和2年)は忘れず申し込みを行い、無事、11月下旬にお題目となる試料ガスと諸々一式を拝受した。
  • 今回はなんと、環境法を用いるというお題目であった。これは、敷地境界線等で採取した薄い臭気の臭気指数(臭気濃度)を算出するときに用いられる公定法であり、通常の公定法に比べて、計算方法とか測定のやり方が特殊である。というか、圧倒的に測定する検体数が少ないので、オペレーターが慣れていないだけということでもある・・。
  • 弊社臭気判定士と、一部パネル員(嗅覚検査に合格したパネラー)を集めて、三点比較式臭袋法のクロスチェックを実施した。
  • 試料ガスを10倍に希釈し、測定用試料ガスの調製を行う。これには、30Lの採取袋が用意されており、ここから合計3回の測定を実施する為、大切に取り扱う必要がある。
  • オペレーターの臭気判定士は、実際、弊社脱臭装置とか臭気コンサルテーションの現場でも簡易法のオペレーターを担当する事が多く、年間数10件~100件以上を毎年実施するベテラン臭気判定士とした。
  • 想定通り、3回のテストを実施。書式に纏めて協会へ提出した。
装置などの名称/分類
装置などの紹介
  • 公益社団法人におい・かおり環境協会
  • クロスチェック
  • 嗅覚測定法精度管理
効果など
  • 弊社の受付番号が300番台であった為、少なくとも300機関以上が参加していると思われる。それらの結果からいろいろな統計データが算出されるため、毎年、1月頃に開催される統計結果と分析傾向の研修会は大変有意義であり、弊社の測定精度向上にも役立てている。
その他補足感想など
  • 通常の公定法では、嗅覚測定法は三点比較式臭袋法が用いられ、これはオペレーターとして臭気判定士が責任者となり、嗅覚試験に合格したパネルと呼ばれる嗅覚試験員を最低6名に担当していただく。
  • この6名の嗅覚にて、希釈倍率等で臭気判定士が検体を作成したものを嗅いでいく。3つの袋のうち、1つだけにニオイが入れられており、残り2つは無臭空気となっている。この臭気が入れられた袋がどれかを当てられたら、どんどん希釈倍率を薄めていき、6名全員が外すまでこの作業が続けられていく。
  • 嗅覚試験に合格しているからといっても、正常な嗅覚を有しているだけであり、やはりどんな人間でも嗅覚の感度や精度、得意不得意とかその日の体調等によっても変わってくる。よって、この測定法では、上下カットを行い、残り4名の平均値をもって臭気指数(臭気濃度)を算出することとされている。
  • 今回の精度管理では、環境法であった為、〇と×で表示してもらう方法となる。つまり6名が全部正解だと、正答率がどうなって、それが次の希釈倍率を決め、そこから正答率が導き出され、それらを割って足して・・・という計算式の結果、臭気指数が算出される。
  • いずれの場合でも、これらは大変な作業であり、人も多く必要となり、場所もなるべくニオイがなく、温度や湿度もコントロールされていなくてはならない。さらには専用の測定道具や機材もたくさん必要となるため、なかなか簡単ではない。第一種事業所登録をしているのは、現状では2社だけ(だったと記憶している)。
  • 弊社では第二種の環境事業所登録も実施していないが、スクラバーデオキーパー脱臭装置消臭剤噴霧システムやデオミスト等のテスト時は、必ずたくさんの嗅覚測定を自社測定する。
  • 昨今では、協会の主導にて「簡易法」による嗅覚測定マニュアルが出されており、弊社が現場で実施するのはもっぱらその、簡易法に則って実施している。
  • 工場の排気臭の臭気対策のいっかんとして、まずは臭気測定をして把握だけでもしてみたい、というようなケースでももちろん対応しているので、工場の臭気対策をご検討でしたら、弊社共生エアテクノまでまずはご相談下さい。
クロスチェック用試料
クロスチェック用試料
クロスチェック用書類
クロスチェック実施画像
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/