デオドプロ」タグアーカイブ

産業工場の排気臭対策向け消臭剤 DeodorPro消臭剤のシリーズ



人気ブログランキング

 
種別

産業工場の排気臭対策向け消臭剤

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2021年9月29日
対応先等
産業工場向け(DeodorPro消臭剤のシリーズ)
概要
OSR機能水の水洗塗装ブース向けデータ
状況等
  • 産業工場向けの、業務用のプロ仕様消臭剤として、弊社では、DeodorPro(デオドプロ)シリーズとして、各種消臭剤をラインナップとして揃えております。
  • ニオイ分子の種類は、約40万種類あるという説もあり、各工場様ごとに、発生する臭気の質も強さもそれぞれ異なりますので、それらを1つの消臭剤だけで対応できるとは考えておりませんので、その工場様の臭気や消臭の目的にあった消臭剤をご提案していきたいと思っております。
  • 現状のラインナップとしましては、大きく3区分、1.DeodorPro TypeC TypeO(旧酸化機能水としての消臭剤) 2.DeodorPro TypeOSR(旧OSR機能水としての消臭剤) 3.DeodorPro TypeA TypeS(中和反応型の消臭剤)をご用意しております。
  • このうち、今回は2の、TypeOSRの使用例をご紹介させていただきます。
対応内容
  • DeodorPro TypeOSRの場合は、主に臭気の質としては、「有機溶剤系臭気」(VOC系)をターゲットとして開発されております。
  • 有機溶剤系臭気は、水に溶解しにくいため、例えばスクラバー等で水のみの対策を施しても、なかなか思ったような消臭効果が得られないケースも多々ございます。
  • そこで、このVOC系の臭気を、溶解し、補足促進する添加剤を希釈した消臭剤として、OSR機能水を満を持して発売致しました。
  • よって、弊社インジェクションスクラバーデオミストなどの消臭剤として、OSRを利用することにより、有機溶剤系臭気の低減を実現しました。
  • また、それだけにとどまらず、塗装ミストや油性粉塵、軽粉塵などの補足水としても効果を発揮します。
  • 実際に、多くの塗装や塗料の工場様でお困りである、水洗式塗装ブースの貯水槽に、このTypeOSRを投入することにより、大幅な臭気の消臭を実現することが出来ました。
  • 3種類の添加剤を順次、希釈して投入するという手間はかかりますが、ロングライフを実現しておりますので、一度精製してしまえば、比較的、手間をかけずに運用いただけます。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
  • 消臭剤シリーズ DeodorProブランド
  • 臭気判定士による臭気濃度/臭気指数の測定
  • 水洗式塗装ブースの消臭剤
施工後状況
  • 水洗式塗装ブース貯水槽へOSR消臭剤を投入する方式による消臭効果です。
  • OSR消臭剤の投入前臭気濃度5,000/臭気指数37(排気口にて測定)
  • OSR消臭剤の投入後臭気濃度250/臭気指数24(排気口にて測定) ※95%の消臭効果
その他補足感想など
OSR機能水
OSR機能水の特徴
  

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


工場の排気臭の消臭剤



人気ブログランキング

 
種別

消臭剤(デオドプロ)

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2021年6月17日
対応先
工場(排気臭対策)
概要

工場の排気臭の消臭剤について(有機溶剤系臭気/「DeodorPro(デオドプロ)」シリーズ)

状況等
  • この世の中には、星の数ほどの消臭剤が世の中に出回っています。
  • 弊社ではもともと、代理店として弊社臭気判定士や技術担当者がしっかり検証して、お客様や工場の目的に合った消臭剤を、スクラバー排気ダクト内でのスプレー噴霧システムによる消臭剤の活用方法をご提案して来ました。
  • しかしなかなか、それだけでもカバーしきれない工場の臭気があり、ここ数年は自社製の消臭剤の開発も、弊社の技術開発チームを中心に、日々是研究のベンチャー精神にて試行錯誤を繰り返しながら開発を進めて参りました。
  • 特に難しかったニオイの種類としては、有機溶剤系臭気でした。
  • ちなみに、有機溶剤とは、VOC(Volatile Organic Compounds)の略称であり、揮発性有機化合物の略称となります。
  • この有機溶剤系臭気は、印刷工場や塗装工場等から発生するケースが多く、特に塗装ブース等での排気臭の消臭や循環水からの揮発臭気の消臭は、水溶性ではないため、消臭剤という湿式脱臭方式では、なかなか満足いく脱臭効率を発揮できないでおりました。
対応内容
  • そんな中、弊社の技術開発チームが、弊社臭気判定士とがっちりタッグを組んで、揮発性有機化合物(VOC)系臭気の消臭剤の開発を進めて参りました。
  • VOC系臭気の消臭や脱臭という目的と、VOCの濃度を低減するという目的がある中で、弊社は消臭や脱臭の専門会社ですので、ターゲティングを「有機溶剤系臭気の消臭」を目的とする消臭剤の開発を進めていきました。
  • そして、弊社が有する消臭剤ブランド「DeodorPro(デオドプロ)」シリーズの中で、待望のVOC系臭気の消臭剤がラインナップに加わったのです!
  • 今まで、堆肥工場や養鶏場、養豚場や、排水処理工場や排水設備向け、等々、たくさんの分野の工場の排気臭対策の消臭剤としてラインナップはあったのですが、有機溶剤系臭気向けの消臭剤はどうしても満足のいく消臭剤がありませんでした。
  • 今回、デオドプロ消臭剤シリーズに、VOC系臭気の消臭剤として、「OSR」の各種が正式にラインナップとして加わりました!
装置などの名称/分類
  • DeodorPro(商標登録済)シリーズ
  • 工場の排気臭対策
  • 有機溶剤系臭気向けの消臭剤
装置等の紹介
対応後の状況
  • その一例として、自動車部品の塗装工場において、塗装ブースの消臭剤として、『デオドプロ』シリーズから、OSR機能水を用いました。OSR消臭剤の有無で比較測定をしましたところ、何と!95%もの脱臭効率が確認されました。スクラバーの溜水としてもご使用いただけますね。
その他補足感想など
  • ニオイの種類は、約40万種類あると言われています。
  • 一般のご家庭で発生する臭気レベルであればともかく、弊社のような消臭や脱臭のプロとして、工場等の強くて多種多様にわたるニオイを相手にしていますと、脱臭装置や消臭方法はもちろん、消臭剤も一つだけではとても太刀打ちできませんし、工場様の満足のいく、目的に応じた消臭も果たすことは出来ません。
  • よって、弊社の消臭剤デオドプロシリーズは、いろいろな工場の排気臭に応じて、現状では10種類以上がラインナップされているのです。
  • そして今回の、OSR機能水では、自動車部品の塗装工場における、水洗ブース内に消臭剤として添加することで、何とその臭気を低減することに成功したというわけです。
  • もちろん、スクラバー脱臭装置によって、ニオイを消臭するシステムが用いられているのですが、これがなかなか、しっかりとした脱臭効果を発揮できないでいるのです。
  • 消臭剤を用いる場合の脱臭効率は、『脱臭効率=気液接触率×消臭剤の能力』という方程式によって導かれます。
  • 例えば、消臭剤の消臭能力が99%あったとしても、その消臭剤がニオイ分子と接触しない0%の場合は、そのシーンにおける脱臭効率は0というわけです。当たり前ですよね・・。
  • 弊社では、デオミスト等の消臭剤を噴霧するシステムによる気液接触率の向上と、消臭剤の各種の開発による消臭剤の消臭能力の向上を常に研究開発しております。
  • 工場の消臭剤脱臭装置臭気測定ニオイセンサー等々、臭気対策に関する事でしたら、弊社共生エアテクノまでまずはお問い合わせ下さい。
デオドプロ
デオドプロ
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


消臭剤シリーズ「デオドプロ」の活用方法


人気ブログランキングへ

 
担当(著者)
臭気判定士 二級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2020年11月18日
対応先
タイの工場/日本の工場
概要
消臭剤の簡易噴霧ユニット(消臭剤シリーズ「デオドプロ」の活用)
対応前の状況
  • 日本の工場でも、タイの工場でも、製造現場や製造ラインから臭気が発生し、その臭気は局所吸引や工場内の全体排気から、排気ダクトを通して排気されていく。
  • 多くの場合は、臭気の拡散効果を高めるために、屋上や高いところに排気口を設けている。規模の小さな工場等や、タイの工業団地で周囲に広い敷地がある場合などは、工場建屋の壁面に排気口が設けられることもある。
  • いずれにせよ、そこから排気される工場臭気は、諸条件によって周辺へ拡散され、場合によっては近隣住民や近隣工場、近隣の施設から悪臭苦情となる。
  • 弊社では、臭気対策コンサルテーションを実施し、臭気をどこまで低減すれば悪臭問題を解決できるかご提案させていただいている。
  • それ以外では、工場様から「とりあえず」をご要望いただくケースも多々ある。
対応内容
  • このようなケースでは、弊社としては最低限、簡易的な臭気コンサルテーションを実施させていただくが、場合によってはそれすら省略するケースもある。
  • そのうえで、乾式か湿式かをお客様とご相談しながら、ご要望をふまえ、また現場状況や条件等もかんがみたうえで、簡易的な脱臭装置や消臭方法を決めていく。
  • 乾式の場合は、圧倒的にデオキーパー脱臭装置がセレクトされる。デオキーパーの場合はお客様から、「この風量なのでこの型番」といったようなご指定をいただくケースも少なくない。
  • 湿式の場合は、スクラバー脱臭装置は(簡易的ではないため)難しく、デオミスト消臭剤噴霧システムのようなチャンバー式消臭剤噴霧による消臭方法であれば、簡易的とはいえ、それなりの消臭効果がみこめる。
  • しかしそれすら予算的な問題や、設置スペースの問題、その他の諸条件で難しい場合があり、タイの工場において、消臭剤を噴霧するための簡易噴霧ユニットを要望された。
装置等の紹介
施工後の状況
  • 弊社の技術開発チームが、たくさん実施させていただいているタイの工場での臭気対策の経験をいかし、極力シンプルで、かつしっかりとした噴霧量と消臭剤の噴霧ができる、小型噴霧ユニットを設計開発し、販売させていただいた。日本でも正式発売予定である。
その他補足感想など
  • 一口に「工場の排気臭対策」とか、「工場の臭気対策」といっても、本当に多種多様で、それぞれの工場様において、十人十色の狙いがある。
  • 完全に悪臭苦情を解決したい場合や、悪臭防止法の遵守をしたい場合などは、日本でもタイでも、それなりにしっかりとした一連の臭気対策をステップごとに実施していくケースが圧倒的に多い。
  • 今回のように、「とりあえず、臭気が少しでも低減すればいい」という目的をクリアするためのケースだと、工場様もご予算に限りがあり、またユーティリティの制限も多くなったりする。
  • さらには、ランニングコストを抑えたいとか、メンテナンスにお金をあまりかけられない、といったような、導入後をみすえた部分も重要になってくる。
  • 本件では、既に設置されている排気ダクトをそのまま活用し、弊社が導入させていただいた小型消臭剤噴霧ユニットから配管工事を実施し、ノズルを排気ダクト内に設置するという、湿式脱臭方式としては最も簡易的な方法の一つと思われる対策を実施いただいた。
  • もちろん弊社も、臭気判定士と技術責任者がタイの現地工場へ行き、臭気の確認や試運転、操作方法のご説明等まで実施し、より消臭効果の発揮できるノズル選定や設置個所の選定、噴霧径から消臭剤の選定までお手伝いさせていただいた。
  • 消臭剤も、弊社デオドプロシリーズは種類があるため、少しでも工場の臭気にマッチする消臭剤を選定することが必要である。
  • 今後、日本の工場でも、簡易噴霧ユニットを商品化し、販売していく予定である。
  • 日本の工場はもちろん、タイの工場でも、臭気対策をご検討でしたら、弊社共生エアテクノまでまずはお問い合わせ下さい。
消臭剤小型噴霧ユニット
消臭剤小型噴霧ユニット
消臭剤小型噴霧ユニット
 

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

問い合わせボタン

下記のバナーをクリックお願いいたします!
ブログランキングバナー人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/