工場から発生している排気臭気の脱臭対策の為のデモテスト


人気ブログランキングへ

工事種別

工場の臭気対策(悪臭苦情対策・悪臭防止法遵守)

担当(著者)
臭気判定士 山田大介
提出日付
2018年6月19日
施工先
某工業地帯にある工場
施工概要
工場から発生している排気臭気の脱臭対策の為のデモテスト
施工前状況
  • 某工業地帯にある工場からの排気臭が、近隣に飛散し、悪臭苦情となっている。
  • また、悪臭防止法でも、複合臭での臭気指数規制となっており、法令順守も必要であった。
  • いろいろと対策は行ってきたが、中途半端であったり、全ての臭気発生箇所をカバーしきれなかったりで、なかなか臭気苦情は収まらない状態となってしまっている。
  • いよいよ本格的な対応をしっかりと検討する為に、プロジェクトとして工場の臭気対策を実施していく事となった。
  • 以前よりお付き合いのあった弊社にもお声掛けをいただき、臭気のコンサルテーションを実施させていただいた後、本格的な脱臭設備検討の為のデモテストを実施する事となった。
施策内容
  • 事前に実施させていただいた臭気コンサルテーションにより、現状発生している臭気の強さやレベル、それらがどこまで飛散していて、どこまで低減すれば良いのか等を確認済であった。
  • その判断から、実機を検討するにあたり、お客様と弊社営業担当者がお打ち合わせを重ね、現実的なスプレー噴霧システムと、諸条件で要検討だがしっかり対策できるインジェクションスクラバーの2パターンが候補として挙げられた。
  • 臭気の導入する方法や、デモ機を設置する場所、現場での臭気発生状況等から、何度かにわたる現地での脱臭デモテストを実施する事となり、数回にわたり、たくさんのパターンでのテストを実施させていただいた。
  • 最終的に、インジェクションスクラバーwith酸化機能水のパターンがベストマッチである事がわかり、排気ダクトの改造や実機設計をふまえた、トータルでのご提案をさせていただく事となった。
装置などの名称/分類
装置の紹介(概要)
施工後の状況
  • ①原臭臭気濃度1,000(臭気指数30) → 脱臭後臭気濃度250(臭気指数24)
  • ②原臭臭気濃度1,300(臭気指数31) → 脱臭後臭気濃度320(臭気指数25) 他
  • 脱臭効率 ①75% ②75%
その他補足感想など
  • 工場の排気臭気を丸ごと脱臭して、臭気苦情を無くしたいという壮大なプロジェクトであり、その一員として弊社共生エアテクノを選んでいただけた事は、大変光栄である。
  • その分、しっかりとした事前準備や確認作業を徹底して行っておく必要があり、臭気のコンサルテーションだけでも数回にわたり実施した。
  • その結果をもとに、実機の組み立てや設計、ダクトワークまで含めた提案を纏めてお客様と打ち合わせ、より現実的な方向性や、お互いに再検討する部分等をすり合わせていった。
  • その作業がある程度、纏まってきた段階から、同時並行的に実機を見据えた脱臭テストもスタートとなった。
  • 規模が大きい為、いろいろな方法が勘案され、それらを一つずつ、デモテストで確認していく作業を地道に実施していった。
  • 最終的には、諸条件でベターな方法にていけるであろうと判断する結果を得られた。本来はベスト案を推奨したいところだが、予算やユーティリテイ等を鑑みれば、それでも十分結果は出せると思う。
  • これから実機の詳細設計や工事部分の打ち合わせ等、まだまだ本プロジェクトは続いていく。
  • 今、弊社ではこのような規模の脱臭プロジェクト案件が3つ、動いている。大変ありがたい事だし、必要とされる以上、お役に立てるように、弊社の脱臭技術や経験値を活かして、対応していきたい。
  • 工場の臭気対策でしたら、新築、既設、リニューアル、刷新問わず、弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
臭気コンサルテーション
臭気コンサルテーション
脱臭デモ機設置
脱臭デモ機設置

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/