アスファルトタンクのベーパー(油煙)臭気対策


人気ブログランキングへ

工事種別

空間噴霧による消臭剤噴霧システム

担当(著者)
臭気判定士 2級管工事施工管理技士 原田隆寛
提出日付
2016年7月25日
施工先
アスファルト製造工場
施工概要
アスファルト製造工場の周辺住民様から、アスファルト臭気に対しての悪臭苦情が発生した。
アスファルト工場では、様々な工程からアスファルト臭や複合臭が発生しており、どの工程のどの臭気が、周辺住民様へ飛散しているのか、わからない状況だった。
施工前状況
・まず、「これが臭気苦情を発生させている工程である」という優先順位を付ける為に、臭気対策のコンサルテーションを実施しました。
・臭気コンサルの結果、アスファルト製造を行った後、タンクに貯蔵し、タンク上部のエア抜きからベーパー(油煙)が漏れて、周囲に飛散していました。
・風量としては小さいものですが、臭気としては物凄く強烈であり、近隣住民様のところまで、その臭気が拡散している事が確認出来ました。
・臭気拡散シミュレーションを行うと同時に、臭気判定士の嗅覚による官能評価も現地にて数日実施した上で、対象臭気をどうやって低減させるかを検討しました。
施策内容
1.お客様のゴール(臭気苦情をなくす)事と、ご予算の都合から、脱臭方法を検討しました。
2.弊社としては、空間で消臭剤を噴霧し、臭気を低減させる方法をご提案しました。
3.臭気の質は、硫黄化合物系だった為、それに見合った消臭剤を選定しました。
4.消臭剤噴霧装置をシステムとして導入し、空間噴霧の為のノズル配管を行いました。
5.エア抜き作業時のみ噴霧できるスプレーシステムは、ランニングコストの削減にも繋がります。
6.設置工事及び稼働時の臭気測定を行い、検収となりました。
装置などの名称・分類
装置の紹介(概要)
  • 拡散シミュレーション
  • 消臭剤(マイクロゲルC-TK)・・・人体に無害で 無臭で 個別にカスタマイズする 超高分子化合物消臭剤
  • 空間への消臭剤噴霧
  • 三点比較式臭袋法による臭気濃度(臭気指数)測定
施工後状況
今回は空間噴霧システムである事と、保証等がない為、臭気濃度測定はしておりません。
この空間への消臭剤噴霧システム導入前は、最大で50m先の民家まで臭気が飛散していたのですが、空間噴霧後は雰囲気が改善され、臭気苦情も収まったと聞いております。
その他補足感想など
  • まともに脱臭対策を行おうとすると、強力な脱臭能力を有する装置が必要であり、お客様のご予算には合わない。
  • かといって、「ただ、付いていれば良い」という安価で効果のない脱臭装置では、臭気苦情の解決にはならない。
  • 消臭剤を空間へ噴霧し、空間で気液接触を行いつつ、臭気を低減する方法は、あまり通常ではセレクトしない消臭方法の一つである。
  • しかし本現場では、いろいろな要因が重なり合い、最終的にこの空間噴霧方式が採用された。
  • 噴霧ノズルの選定や、消臭剤の選定、ノズルの量や噴霧量、噴霧方式等を、弊社の過去の経験値やノウハウから徹底的に検証し、ベストな空間噴霧方式を導入させていただいた。
  • 結果的に、臭気の拡散が低減し、臭気苦情がなくなったという事に貢献出来て、深呼吸空間の創造というミッションをまた一つ、遂行できた。
空間への消臭剤噴霧
空間への消臭剤噴霧
消臭剤スプレー噴霧システムユニット一式
消臭剤スプレー噴霧システムユニット一式
硫黄化合物系臭気に合致する消臭剤(マイクロゲルC-TK)
硫黄化合物系臭気に合致する消臭剤(マイクロゲルC-TK)
希釈液タンク内
希釈液タンク内
臭気判定士の嗅覚による官能評価も現地にて数日実施
臭気判定士の嗅覚による官能評価も現地にて数日実施
三点比較式臭袋法による臭気濃度(臭気指数)測定
三点比較式臭袋法による臭気濃度(臭気指数)測定

今回は、アスファルト製造工場の臭気対策についてお伝えしました。
においでお困りの場合は共生エアテクノまでお気軽にお問合せください。

共生エアテクノへのお問合せはこちら

 

下記のバナーをクリックお願いいたします!
人気ブログランキングへ

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/