家屋」タグアーカイブ

火災後の建物内の脱臭



人気ブログランキング

 
種別

火事の後の焼き焦げ臭対策

担当(著者)
臭気判定士 作業環境測定士 佐藤元
提出日付
2021年6月26日
対応先
火事の後の建築物
状況等
  • 弊社消臭や脱臭、臭気対策、脱臭作業等々、ニオイに関する事のみを業務として2003年からスタートし、今は第18期を迎えています。
  • 変わっていく脱臭装置や消臭サービスがあれば、その内容を日々、研究したり経験する事で進化させていっているものもあります。
  • そういった、進化していっているサービスの一つに、「火事のあとの焼き焦げ臭の脱臭作業や臭気対策」も挙げられると思います。
  • ここ数か月でまた、10件近くのお問い合わせやご相談を頂戴し、それらがほぼ、受注という事で弊社に脱臭作業のご依頼を頂戴しております。
  • なぜ弊社の脱臭作業をお客様から選択いただけるのか、お客様から頂戴するお声や実際の対応内容でのご感想などから、以下、書かせていただきます。
対応内容
  • まずは多くのケースでは、弊社のホームページブログから、火災後の臭気対策や脱臭について検索され、ヒットした事からお問い合わせを頂戴します。
  • もちろん、2回目以降の場合は直接、ご相談を弊社の担当させていただいた臭気判定士に頂戴しますが、担当者様からのご紹介で、違うエリアの方や、違う会社様からもお問い合わせを頂戴する事があります。そういったご紹介は大変嬉しい事です。
  • 次に、そのエリアによって弊社臭気判定士や臭気対策コンサルタントが対応させていただくのですが、内容をお電話やメールにてやりとりさせていただき、概算や作業内容、スケジュール等が合致しましたら、ほぼ100%近く、現地確認をさせていただいております。
  • その後、最終的な金額や日程、そして作業についての詳細な部分をすり合わせさせていただき、実際に脱臭作業がスタート致します。
  • 具体的には、火事のあとの場合は、
    1. スス除去作業を実施済か、あるいは弊社にて実施するか
    2. 火災によって懸念されるダイオキシンの濃度測定を実施するか否か
    3. 脱臭作業に関する電気や水道の提供等は可能か
    4. 音の問題や作業に関する留意事項等
    などが挙げられます。
  • そして脱臭作業を行い、途中途中、臭気判定士が臭気をチェックしながらしっかり作業を完了させます。
装置等の紹介
対応後の状況
  • 作業中でも、臭気の発生や強弱が変動しますので、それらを臭気判定士や技術員の嗅覚にてチェックしつつ、脱臭作業の内容を細かくニオイに合わせて変えていきます。最後はしっかりセンサー値と臭気判定士の官能評価にてチェック(※契約内容による)し検収となります。
その他補足感想など
  • 今まで、お客様から多くおっしゃっていただいたお言葉として、「脱臭業者は複数、問い合わせしてみたけど、御社が一番しっかりしていたからお願いした」というものがあります。
  • このようにおっしゃっていただいたケースでは、例えば受注させていただくお値段は、決して弊社が安いわけはなく、他業者さんの方が安かったというケースがほとんどのようです。
  • さらに、弊社の場合は、必ずと言っていいほど、即対応が不可能でして、スケジュール面では本件に限らず、お待たせしてしまう可能性が高くあります。なぜなら弊社メンバーは常に複数の案件を抱え、超多忙状態でニオイと戦っているからです。
  • そのような状態にも関わらず、弊社にお願いしたい・・と脱臭作業に限らず、脱臭装置の対応でも、臭気調査でも、ご依頼いただける事は、本当にありがたい事です。
  • ではなぜ、弊社にお声掛けいただけるのか、ご指名いただけるのか、につきましては、いろいろなケースがあるので答えはケースバイケースだと思っております。
  • 例えば、経験豊富である事などは、お客様からも信頼の証だとおっしゃっていただきます。毎年、15件~20件の脱臭作業を実施していけば、18年ですから約300件以上の現場経験があります。これらは常に生きた現場。すべての現場で経験値が蓄積され、より良い脱臭方法を常に模索し、積み上げているというのは、弊社としても自負しております。
  • また他には、お客様から「いろいろな引き出しがあるので安心して任せられる」とも評価いただきました。つまり、決められたやり方のみしかない脱臭方法ではなく、常に現場でニオイを確認しつつ、生きた現場に応じた様々な脱臭ノウハウを駆使して脱臭していくのです。そういった部分を評価していただけるのも、弊社としては大変光栄であり、やりがいに繋がっております。
  • これからも弊社はこの実績に甘んじることなく、もっともっと、臭気対策や脱臭作業、脱臭装置ニオイセンサーで皆様に必要としていただけるよう、日々成長して参ります。
  • 臭気対策に関する事でしたら、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
オゾン脱臭機
火災後の脱臭作業
  

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

 


一般家庭の臭気調査



人気ブログランキング

 
種別
担当(著者)
臭気判定士 第二種電気工事士 中丸晴樹
提出日付
2021年6月7日
対応先
一般の戸建て住宅
概要
戸建て住居の異臭調査
状況等
  • 一般の戸建て住宅にお住まいの住民様が、自宅内にて発生しているという異臭について、気になっておられました。
  • 異臭が気になる箇所としては、玄関周辺と、リビングダイニングという事でした。
  • 入居してからずっと、その臭気が気になっておられるようでしたが、そこまではっきりと強い臭いではなく、住民様のご家族の中でも、ニオイがわかったり、わからなかったり、あるいはニオイを感じられるタイミングと、ニオイがわからなくなるタイミングがあるとの事でした。
  • 建築された工務店さんや、設備関係を工事された設備工事屋さんなども何度か、確認に行ったようですが、全くニオイすらわからなかったようです。
  • そこまで気にはならないものの、どこかに施工不良があったり、健康被害を及ぼすようなケースも考慮し、臭気調査の専門会社として、弊社共生エアテクノにご相談をいただきました。
対応内容
  • 弊社としては、臭気判定士という国家資格を持ち、このような、ご家庭やビル等の異臭調査や臭気のアセスメントの経験が豊富ですので、本件もお問い合わせをいただいたタイミングで、現場経験豊富な臭気判定士が対応に入らせていただきました。
  • 内容と金額をお伝えしたところ、すぐに最短で臭気調査に来てほしいとご依頼をいただきましたので、日程調整の上、臭気判定士3名にて異臭調査に赴きました。
  • まずは先入観を無くして、臭気判定士3名がそれぞれ、住宅内の各所の臭気をチェックしていきました。
  • その後、3名がそれぞれ嗅ぎとった質や、マッピングしたニオイと場所等を照合し、対象臭気を絞り込んでいきました。
  • 気になっていたニオイを絞り込んでいき、住民様にも嗅いでいただきました。
  • 「これこれ、このニオイです!」という発生源が合致したポイントにて、スモークテスターを用いた気流による異臭の侵入状況を見ていただきました。
  • 住民様のご希望により、念のため、トレースガスによる配管からの汚水・下水臭気の漏洩テストも行いましたが、問題なしと判明し、ご安心いただけました。
装置などの名称/分類
装置等の紹介
対応後の状況
  • ご家庭の中には、大変多くのニオイが発生しています。今回は、壁裏や床下から入ってくる建材系臭気が主な異臭の原因と特定出来ました。エアーバランスの改善を中心に、異臭発生源の説明と対策をさせていただきましたところ、大変ご納得いただいた様子でした。
その他補足感想など
  • 建築基準法が改正され、24時間換気システムが義務付けられたあたりから、省エネルギー性の追求や、高気密・高断熱住宅が日本家屋の主流となりました。
  • これらは環境問題への取り組みとしては素晴らしいものがあります。しかし、一つ何かを得ると、その分、何かが犠牲になる可能性があります。
  • 弊社臭気対策のみを生業とする専門業者ですが、そのような珍しい、臭気対策のプロフェッショナルたちから言わせますと、「ニオイ」という点においては、どちらかというと、よろしくない面も出てきてしまっていると言えます。
  • それは、本件もそうなのですが、室内の気密性が高い上に、給気と排気のバランスが悪い状況が出来てしまうため、思わぬところからニオイ、異臭、悪臭を室内に引っ張りこんでしまったり、侵入してきてしまったりするからです。
  • 例えば、本件では、第三種換気方式が採用されていました。日本の多くの住居は、この第三種換気方式が採用されており、これは給気(外から空気を取り入れる)を自然に、排気(家の中の空気を外へ出す)を機械で、という方式です。
  • 具体的には、キッチンの換気扇、お風呂の換気扇、トイレの換気扇、これらは全て排気です。24時間換気システムによるファンも排気です。
  • そしてその出ていった分の空気を、壁や天井等に設置されているOA(アウトサイドエアー=外気)の取り入れ口から入れてあげなくてはなりません。
  • ここを閉めてしまっていたり、粉塵等で閉塞していると、外気が入ってこられなくなり、その分を違うところから引っ張りこんでしまうのです。
  • ご家庭であっても、異臭問題は発生します。建物全般における異臭問題でしたら、まずは弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
トレースガスによる臭気調査
臭気判定士による臭気調査
    

脱臭・消臭等「におい」でお困りの方は、お気軽に弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/